育て方

野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。


 
 スポンサードリンク

記事一覧

ジャンボニンニクとは?

2018-07-26 香味野菜
とにかく大きくて、食べ出がありますジャンボニンニクは身体によくて臭いが気にならないと言われます。大きくて臭いが少ない、ジャンボニンニクとはどのような植物なので…

記事を読む

ニンニク 収穫物が小さい|原因と対策は?

2018-07-25 香味野菜
良質の種球を手でばらし、小さいもの傷のあるものは除きますニンニクは食卓には欠かせない食材です。オリーブオイルとニンニクで炒めるだけで、野菜も海鮮もグッとおいし…

記事を読む

8月の野菜栽培 |夏野菜収穫のピーク、朝採りを!

2018-07-20 野菜栽培 12ヶ月
トマトが甘くて美味しいです、こちらは桃太郎ファイト今年は、集中豪雨の被害が大きく異常な猛暑で、夏野菜も育ちにくいです。8月の暑さも続く見込み。熱中症に気をつけ…

記事を読む

ジャンボニンニクとは?

jumbo ninniku.jpg
とにかく大きくて、食べ出があります


ジャンボニンニクは身体によくて臭いが気にならないと言われます。
大きくて臭いが少ない、ジャンボニンニクとはどのような植物なのでしょう?



■ジャンボニンニクとは?

1.ジャンボニンニクの品種は?
ジャンボニンニクは、ニンニクと同じネギ属の植物ですが、
ニンニクとは種が異なります。

ポロネギやリーキと同じ種の変種なんですね。
臭いは、ポロネギやリーキよりもニンニクに近い香りがします。

ニンニク特有のピリピリとした刺激が少なく、
生食でもマイルドな食感を感じることができます。


Jumboninniku (2).JPG
家で収穫のジャンボニンニク、ちょっと小さいけれど美味


2.ジャンボニンニクの大きさは?
ジャンボニンニクというくらいなので、大きさは驚くほどです。

ニンニクはいくつかの片りんが集まってできていますが、
ジャンボニンニクの片りん一個は、
通常のニンニク1個よりも大きくなります。

手のひらに乗せてはみ出すくらいの大きさで、
収穫時の重さは水分を多く含んでいることもあり、1kgを超します。

気温の高い環境でよく育つため、
温暖な地方で育つほど大きいジャンボニンニクができる傾向があります。


Jumboninniku (1).JPG
ニンニクの芽をベーコンと炒めたらビールにぴったりです♪


3.ジャンボニンニクの栄養成分は?
ニンニクはアリシンという成分を多く含んでいます。

アリシンは、ビタミンB1の吸収を助けるため、
疲労回復の効果があります。

ニンニクと種が違うジャンボニンニクですが、
栄養素は通常のニンニクとほぼ同じだという分析結果が出ています。

4.ジャンボニンニクが臭わない理由は?
ニンニクと同じ栄養成分を持つジャンボニンニクですが、
別名「無臭ニンニク」と呼ばれるほど、臭いは穏やかです。

臭いは、通常のニンニクの1割程度だといわれています。
ジャンボニンニクの臭いがしない秘密は、アリシンにあります。

強い疲労回復効果のあるアリシンですが、ニンニクの臭いの元凶でもあります。
アリシンは、アイシンという成分が、
アリイナーゼという成分と反応することで出来上がります。

無臭ニンニクのアイシンは、天然の成分でコーティングされていて、
アリシンになりにくいのではないかと考えられています。

アイシンは、アリシンになる前の状態ですが、
アイシンのままでも疲労回復効果があります。

■ニンニクのわかりやすい育て方
・ニンニクの育て方|おいしい球を肥大させるコツ
・ニンニクのプランター栽培|病害虫知らず乾燥気味に育てるのがコツ
・ニンニクとは?|様々な薬効を持つ強壮野菜
・ニンニクの芽の栽培方法
・ニンニク 収穫物が小さい|原因と対策は?
・ニンニク 水やりは?
◎ジャンボニンニクの育て方|9〜10月が植え付け適期
スポンサードリンク

ニンニク 収穫物が小さい|原因と対策は?

ninniku (2).JPG
良質の種球を手でばらし、小さいもの傷のあるものは除きます


ニンニクは食卓には欠かせない食材です。
オリーブオイルとニンニクで炒めるだけで、
野菜も海鮮もグッとおいしい一品に仕上がりますよね。

最近は、たっぷりのニンニクと鷹の爪を入れて、
エビやタコ、キノコ類やブロッコリーなどをオイル煮にする、
イタリア料理「アヒージョ」も大人気です。

ニンニクを一生懸命育てたのに、
収穫したニンニクが思いのほか小さいことがあります。
その原因をご紹介します。

» 続きを読む

スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ

8月の野菜栽培 |夏野菜収穫のピーク、朝採りを!

niwa5.jpg
トマトが甘くて美味しいです、こちらは桃太郎ファイト


今年は、集中豪雨の被害が大きく異常な猛暑で、
夏野菜も育ちにくいです。

8月の暑さも続く見込み。
熱中症に気をつけて、菜園作業を行いましょう。

日中は暑さでぐったりしている野菜たちも、
早朝は朝露に濡れて生き生きとしています。

朝採りの野菜が一番おいしいといわれるのも、
うなずけますね。

朝ならば日差しも弱く、気温も低くて作業しやすいので、
一石二鳥です。

8月は厳しい暑さで、野菜にとって過酷な時期ですが、
野菜によっては秋植えの栽培が始まります。


*青いリンクをクリックすると、
わかりやすい育て方のページに飛びます

» 続きを読む

スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ



管理人=fuji 野菜栽培19年♪
「猫の額 菜園」で、
野菜や果樹を栽培中!
土と植物からエネルギーをもらっています♪

〒メール

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
ブログランキングならblogram

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
●写真協力
・写真素材 フォトライブラリー
・草花写真館
・季節の花300
Add to Google
My Yahoo!に追加
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
相互リンク