ベリー類のカテゴリ記事一覧

野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。


 
 スポンサードリンク

カテゴリ:ベリー類

ベリー類のカテゴリ記事一覧。野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。
ビルベリーとは?|ブルーベリーの約4倍のアントシアニン!

2014-10-24 ベリー類
ビルベリーの花■ビルベリーとはビルベリーは、別名ホワートルベリー、ヨーロッパブルーベリー、とも呼ばれ、ブルーベリーの野生種にあたります。3種類のアメリカ原産種…

記事を読む

ビルベリーの食べ方は?

2014-06-13 ベリー類
ジャムを作っておくと便利ですビルベリーの効果を発見するに至る有名なエピソードがあります。第二次世界大戦中、ビルベリージャムが大好きで、毎日のように食べていたイ…

記事を読む

ビルベリーの増やし方は?

2014-06-12 ベリー類
ビルベリーはブルーベリーの野生種、原生種といわれていますが、ブルーベリーは北アメリカ原産ですが、ビルベリーは北ヨーロッパが原産地です。ビルベリーは、ブルーベリ…

記事を読む

ラズベリー 枯れる理由

2013-09-21 ベリー類
一季なりのラズベリーは収穫後枯れるのが普通ですラズベリーは古くからヨーロッパで栽培されたのが始まりです。レッドラズベリーとブラックベリーの2系統に大きく分類で…

記事を読む

ラズベリー 留守の水やり

2013-09-20 ベリー類
留守で枯らさないよう気をつけますラズベリーは品種によって赤、黒紫、黄色と実の色が違います。大きく分類すると、とげがある品種とない品種と2系統あります。とげがな…

記事を読む

ブルーベリー 剪定方法

2013-08-07 ベリー類
冬季剪定を主に行いますブルーベリーはアメリカ原産の果樹です。主な品種はハイブリッシュ・ブルーベリーと、ラビットアイ・ブルーベリーの2系統に分類できます。5月上旬…

記事を読む

ブルーベリーの休眠枝ざし

2013-08-05 ベリー類
休眠枝ざしが増やしやすいですブルーベリーは根が浅いので、乾きの激しい場所は適しません。日当たりがよく、水はけのよい酸性土壌を好みます。ブルーベリーは1本でも実…

記事を読む

ブラックベリー 梅雨の栽培

2013-08-04 ベリー類
梅雨時が苦手ですブラックベリーの品種はほとんどの品種が、温かい地域での栽培が向いています。とげがない「サテン・ブラック」「マートン・ソーンレス」や早生種の「ボ…

記事を読む

ブラックベリー 剪定のコツ

2013-08-03 ベリー類
ブラックベリーはバラ科の落葉低木です。別名クロミキイチゴとも呼ばれています。原産地はヨーロッパやアメリカで、キイチゴ類の仲間です。極端に乾燥地や過湿地でなけれ…

記事を読む

ビルベリーとブルーベリーの違い

2013-05-23 ベリー類
C)Thomas Mues ノルウェーの野生のビルベリー。ビルベリー類は、世界の温帯や亜寒帯地域で、栄養不足で酸性度が高い土壌でよく見かけます。ブルーベリーやハックベリーと…

記事を読む

ビルベリー栽培のコツ

2013-05-22 ベリー類
ビルベリーは家庭果樹だからこそ味わえますビルベリーは市場に出回るのが難しい果樹です。理由はブルーベリーよりも実が柔らかく汁が出やすいため、輸送するのに手間がか…

記事を読む

ビルベリーの育て方 鉢植え|小さなスペースで楽しめます

2013-05-12 ベリー類
実の色が美しく変わっていきます、紅葉もみごとですビルベリーはツツジ科スノキ属の低木です。別名はマウンテンベリー、ホワートルベリーなど呼ばれています。樹高は0.3…

記事を読む

ビルべリーの育て方 庭植え|夏の乾燥に注意します

2013-05-11 ベリー類
アントシアニンが多く話題のベリーです名前が似ているブルーベリーは20世紀はじめアメリカが、原生種から性質の優れたところを掛け合わせ、品種改良から生まれた栽培用の…

記事を読む

ブラックベリーの育て方 鉢植え|雨上がり後は収穫を控えます

2013-05-02 ベリー類
丈夫ですが乾燥には弱いですブラックベリーはバラ科キイチゴ属の落葉小低木です。自生地は北アメリカです。別名はクロミキイチゴと呼ばれています。古くからヨーロッパで…

記事を読む

ブラックベリーの育て方 庭植え|ラズベリーより耐乾性耐暑性が強い

2013-05-01 ベリー類
ラズベリーよりやや酸味が強いですブラックベリーは北アメリカ原産の木イチゴの仲間です。ラズベリーよりも寒さには強くありません。病害虫に強く1本でも結実し、人工受…

記事を読む

ラズベリーの育て方 鉢植え|低木性で比較的栽培が簡単です

2013-04-30 ベリー類
ラズベリーの花、もう実の形がわかりますラズベリーはバラ科キイチゴ属の落葉小低木です。自生地は北アメリカ、ヨーロッパです。古くからヨーロッパで栽培されてきました…

記事を読む

ラズベリーの育て方 庭植え|寒さに強く2季なり性品種も人気

2013-04-29 ベリー類
人工授粉の必要もなく人気がありますラズベリーはヨーロッパ、北アメリカ原産の木イチゴの仲間です。ブラックベリーよりも寒さに強い品種です。病害虫に強く1本でも結実…

記事を読む

ブルーベリーの育て方 鉢植え|夏の乾燥に注意して水を与えます

2013-04-25 ベリー類
色変わりしています妖精みたいな愛らしさですブルーベリーはツツジ科スノキ属の落葉低木です。自生地は北アメリカです。品種改良は主にアメリカではじまりました。200種…

記事を読む

ブルーベリーの育て方 庭植え|ピートモスで土壌改良します

2013-04-24 ベリー類
ブルーベリーも人気のある果樹ですブルーベリーは病害虫にも強く、背丈もあまり大きくならないので、初心者にも育てやすい家庭果樹のひとつです。ブルーベリーは大きく2…

記事を読む

ビルベリーとは?|ブルーベリーの約4倍のアントシアニン!

Bilberry.jpg
ビルベリーの花


■ビルベリーとは

ビルベリーは、別名ホワートルベリー、ヨーロッパブルーベリー、
とも呼ばれ、ブルーベリーの野生種にあたります。

3種類のアメリカ原産種のビルベリーを、
交配して作られたのがブルーベリーです。

ブルーベリーは実を房なりにつけますが、
ビルベリーは単独または2つ一緒の実を付けます。

また、ビルベリーはブルーベリーより、
果肉が小さく青色をしているのに対し、
ブルーベリーは緑がかっているのも相違点です。

また、栄養成分も異なり、ビルベリーには、
ブルーベリーの約4倍のアントシアニンが含まれているとされています。

そのため、サプリメントの原料として利用されることが多いです。


■ビルベリーの栄養は

ビルベリーは、前述したとおりブルーベリーの、
約4倍ものアントシアニンが含まれていることが最大の特徴です。

アントシアニンは青紫色の色素ですが、
目の働きを良くする効果があることで知られています。

そのため、ビルベリーはサプリメントの原料として、
よく利用されています。

アントシアニンには、その他にも、体に悪影響を及ぼす、
活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用もあります。

その他にも、ブルーライトのダメージを抑える働きや、
血流改善、毛細血管の保護、炎症抑制、腸内環境の改善などに、
効果があるといわれています。

ビルベリーのその他の栄養としては、ミネラル類のうち、
亜鉛とマンガンが他のベリー類と比べて、
非常に多く含まれていることが特徴です。

亜鉛は、鉄の次に多く体内に存在しているミネラルで、
酵素の材料や、細胞の代謝を促進するなど、
様々な働きをしています。

また、不足すると味覚障害を生じることで知られています。

マンガンは、骨を丈夫にしたり、抗酸化作用があります。


Bilberry20(2).jpg
ビルベリーの実


■ビルベリー栽培の楽しみ

ビルベリー栽培の楽しみは、何と言っても、
市場に出回りにくいビルベリーを食することができることでしょう。

ビルベリーは、ブルーベリーよりも実が柔らかく、
少しの衝撃で皮が破れて汁が出やすいため、
輸送には向かないのです。

ビルベリーは自家結実性あるので、家庭に1本あれば、
瑞々しいビルベリーの実を味わうことができます。

ビルベリーはブルーベリーと同じような栽培法で育てることができますが、
時々販売店でブルーベリーと混同して売られていることもあるため、
苗は信頼の置ける種苗店で買い求めましょう。


■ビルベリーのおいしい食べ方

ビルベリーの希少性を味わうなら、
何と言ってもフレッシュな生が一番です。

ただし、ブルーベリーよりも酸味が強いので、
ジャムにしてもよいでしょう。

その他にもドライフルーツやジュース、シロップ漬にして、
楽しむ方も多いです。

ケーキやパイ、パンなどに入れてもよいですね。

■ビルベリーのわかりやすい育て方
・ビルべリーの育て方 庭植え|夏の乾燥に注意します
・ビルベリーの育て方 鉢植え|小さなスペースで楽しめます
・ビルベリー栽培のコツ
・ビルベリーとブルーベリーの違い
 カテゴリ
 タグ

ビルベリーの食べ方は?

Bilberry (3).jpg
ジャムを作っておくと便利です


ビルベリーの効果を発見するに至る有名なエピソードがあります。
第二次世界大戦中、ビルベリージャムが大好きで、
毎日のように食べていたイギリス海軍のパイロットがいました。

そのパイロット、夜間や明け方などの視界が悪い時間帯でも、
「薄明かりの中でも、ものがはっきり見える」と証言したそう。

それがきっかけでビルベリーをはじめとする、
ブルーベリーの研究が始まったと言われます。


berry  (1).jpg
パンやお菓子に入れても美味しいです


■ビルベリーの食べ方は?

1.ビルベリーの味は?

アントシアンが多く含まれているビルベリー。
アントシアンは基本的には無味・無臭だといわれています。

しかし、アントシアンが果実や野菜に含まれる場合、
渋みをもたらすことがあります。

ビルベリーも、甘みがほとんどなくやや酸味があります。

2.ビルベリーの保存方法
ビルベリーは、実が小さくて柔らかいためつぶれやすく、
また果汁がでやすいことから保存はあまりできません。

冷凍するか、収穫後みずみずしく鮮度が高いうちに、
加工するのがお勧めです。

3.ビルベリーの食べ方
ビルベリーはヨーロッパでは生で食されますが、
アントシアンを多く含んでいるために、
一度に大量に食べ過ぎるとお腹を壊してしまう場合があるので、
生で食べるよりもジャムなどにする方が適しています。

アントシアンは加工や冷凍に強く、
その効果を失うことはありませんので安心です。

・ビルベリージャム
・ビルベリードライフルーツ
・ビルベリーのフルーツソース
・ビルベリー酢
・ビルベリー果汁ジュース
・ビルベリーのシロップ漬け
・ビルベリー酒
・パンや洋菓子に混ぜる

最近は、玄米などといっしょに炊く「ビルベリーご飯」も、
若い女性を中心に注目を集めています。
ビルベリーはサプリメントも人気です。

4.ビルベリーの効果
・視力改善
・血流をよくする
・花粉症予防
・美肌効果
・炎症を抑制する
・腸内環境を整える

5.ビルベリーの葉の利用
ビルベリーの葉のエキスも美肌効果や抗酸化作用があります。
ビルベリーの葉から抽出したエキスは肌荒れを防いだり、
肌の潤いを保ったりする働きがあると言われています。

■ビルベリーのわかりやすい育て方
・ビルべリーの育て方 庭植え|夏の乾燥に注意します
・ビルベリーの育て方 鉢植え|小さなスペースで楽しめます
・ビルベリー栽培のコツ
・ビルベリーとブルーベリーの違い

 カテゴリ
 タグ

ビルベリーの増やし方は?

Bilberry (1).jpg


ビルベリーはブルーベリーの野生種、原生種といわれていますが、
ブルーベリーは北アメリカ原産ですが、
ビルベリーは北ヨーロッパが原産地です。

ビルベリーは、ブルーベリーの中でも、
青紫色の色素「アントシアニン」が最も多く含まれています。
欧州では医薬品として商品化されるほどの人気ぶりです。

「アントシアニン」というと視力改善に効果がある、
ということで日本でも注目されています。

アントシアニンを多く含むようになったのは、
一日中太陽が沈まない白夜との関係が深いといわれています。

紫外線から実を守るためにアントシアニンを生成し、
強い抗酸化力をもつよになったようです。
さらに、ミネラルの一種である亜鉛とマンガンも多く含まれています。

ビルベリーは、実が柔らかいために市場に出回りにくいです。
家庭菜園で収穫できると嬉しいですね。


■ビルベリーの増やし方は?

ビルベリーは挿し木がいちばん増やしやすいです。
しかし、発根までに時間がかかりますので、
ゆっくりと生長を見守りましょう。

1.挿し木の時期
3月上旬頃の休眠枝挿し(休眠期の枝を使用する挿し木)と、
6月から7月にかけての緑枝挿し(新梢を用いる挿し木)の2つの適期があります。

緑枝挿しは夏にはいってくるので管理がやや難しくなります。
家庭での挿し木は休眠枝挿しがお勧めです。 

ただし、一般的な挿し木に慣れている方は、緑枝挿しでも問題ないと思います。

2.挿し穂の選び方と保存方法
・12月から3月上旬、発芽前までの間に採取します
・不要な枝を剪定したときに充実した発育枝で、
できれば太くしっかりとした一年枝を選び保管しておくのも良いです
・挿し穂を採取してから春先の挿し木の時期までに期間がある場合は、
ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保管します
・初心者は、挿し木直前に挿し穂を採取する方が成功率が高くお勧めです 

3.挿し床を整える
・挿し木時期は、3月上旬〜中旬が適期です
・挿し床は、挿し箱か素焼きの鉢を用意します
・通気性をよくするために、鉢の底に軽石をいれます
または、挿し床を直接地面に置かずに台などの上に置いて通気性を保ちます
・土はピートモスを単独で使うか、
ピートモスと鹿沼土細粒を1対1で混ぜます
・極端に湿っている場所や乾燥している場所に挿し床を置くのは避けましょう
・挿し木をする前には挿し床には十分に水をかけておきます

*ピートモス
水苔やシダなどが堆積されてできた強酸性用土
*鹿沼土
軽石質の火山砂礫が風化してできた黄色の土
肥料分をほとんど含まず、通気性・保湿性がよいのが特徴

4.挿し穂の準備を整える
・花芽がついている部分は切除し、
葉芽が4〜5枚ついている10cmくらいの長さにします
・挿し穂を水、または発根剤に2時間ほどつけます
・挿し穂の基部をナイフで斜めに削ります、
難しい場合は剪定バサミで基部を斜めに切るだけでも良いです
・品種がいくつかある場合は、わからなくならないように、
色つきのビニールテープを穂木にまいておくと便利です

5.挿し穂を植える
・挿し穂の三分の二程度(または2芽入る程度)の深さの穴を、
箸などで開けておき挿し穂を土に挿し込みます
・挿し穂の間は5cmくらいずつ間隔を開けておきましょう

6.挿し木後の管理方法
・表面が乾燥しないように注意します
・木漏れ日が当たる所に置いておきましょう
・湿度を保つために、霧を吹いたりラップでくるむのも良いです
・挿し穂から芽が出て伸長を停止するまで、
だいたい6月中旬〜下旬頃までは十分に水を与えます
・伸長が停止したら、しばらくは水やりを減らし発根を促します
・梅雨時は根腐れの可能性がありますので雨よけをしましょう

ビルベリーは挿し木後の生長が遅いです。
挿し木後約一ヶ月で新芽が生長し、約2〜3か月後に発根します。 

途中で諦めてしまったりせずに水やりをしながら気長に育てましょう。

7.発根確認のポイント
・一度伸長を停止した穂木から、再び新しい芽がでてきたら発根の証拠です!
・発根を確認できたら鉢上げをしますが、
発根状態が悪いときは無理に鉢上げをしても、
枯れてしまう可能性が高いので、秋や来春まで鉢上げを待ちましょう

8.発根を確認できたら
・根を切らないように注意しながら鉢上げをします
・鉢上げ後も表面が乾かないように、十分に水を与えましょう
・肥料は緩効性の弱い肥料を与えるか、何も与えなくてもよいです

■ビルベリーのわかりやすい育て方
・ビルべリーの育て方 庭植え|夏の乾燥に注意します
・ビルベリーの育て方 鉢植え|小さなスペースで楽しめます
・ビルベリー栽培のコツ
・ビルベリーとブルーベリーの違い
・ビルベリーの食べ方は?
 カテゴリ
 タグ

ラズベリー 枯れる理由

raspberry2.jpg
一季なりのラズベリーは収穫後枯れるのが普通です


ラズベリーは古くからヨーロッパで栽培されたのが始まりです。
レッドラズベリーとブラックベリーの2系統に大きく分類できます。

日本国内の生産地はまだ多くありません。
ラズベリーの果実が傷みやすいので、
市販用に売られているのはほとんど早摘みです。

完熟した実の美味しさを知るには、
家庭栽培しか方法はありません。

果実は生で食べる他にジュース、果実酒、
お菓子の飾りなどに利用できます。


■ラズベリー 枯れる理由

1.ラズベリーの特徴
一季なりのラズベリーは、
実がついた枝は冬までに枯れてしまいます。

これはキイチゴの一般的な特徴です。
実をつけた枝が黄色く枯れこんでも、
とくに心配はありません。

春に株元から発生するシュートや地下茎から生えてくるサッカーは、
冬の寒い気温にあうと結果母枝になります。

そして翌春に結果母枝の芽から伸びる結果枝の先に実がなります。
この後にこの枝はだんだん衰弱していき、
冬を迎えるころには枯れてしまいます。

2.枝が枯れた後の対処方法
枯れた枝をそのまま冬の剪定時に切り落としてもかまいません。
しかし実を収穫した部分が枯れこんでいき、
病気をまねく原因になる可能性があります。
また、枝先は必ず切断します。

風通しが悪かったり、サッカーの生長を妨げる時は、
株元から切断して対処します。

また来年の結果母枝として残した枝以外の、
あとから伸びてきたシュートやサッカーも切り落としましょう。
 カテゴリ
 タグ

ラズベリー 留守の水やり

raspberry.jpg
留守で枯らさないよう気をつけます


ラズベリーは品種によって赤、黒紫、黄色と実の色が違います。
大きく分類すると、とげがある品種とない品種と2系統あります。

とげがない品種の方が栽培する際、扱いやすいです。
しかし風味はとげがある品種の方が優れています。

ラズベリーは日本のモミジイチゴやバライチゴのように、
実が熟すと果托から簡単に離れます。

2年目の枝は収穫後枯れてしまいます。
苗木を選ぶ時は、1年目の枝の状態が元気なものを選びます。


■ラズベリー 留守の水やり

1.ラズベリーの特徴
ラズベリーは乾燥にとても弱い果樹です。
家を長期間留守にする時は、
親戚やご近所の人に水やりをお願いできれば、
いちばん理想的で安心です。

しかしいつもお願いできるとは限りません。

また7月〜8月は、来年の結果母枝の花芽が分かれる時期です。
株をしおらせてしまうと葉が落ち、
ひどい場合には株全体が枯れてしまいます。

2.水やりの工夫について
どうしても人手が見つからない場合、
いろいろ工夫をしてみれば、
数日間は、水やりをしなくても栽培は可能です。

たとえば水を入れたバケツに鉢ごと入れたり、
鉢ごと土に埋める方法もあります。

最近ではタンクや水道にとりつける
タイマーつきの給水器もあります。
ペットボトルで少しずつ補給する方法でも良いでしょう。

いずれにしても留守にする前に、
どれぐらい水分を維持できるのか、
一度テストを行い試してみましょう。

このテストをせずに、ぶっつけ本番ですと、
失敗する可能性も高くなりますので念を入れてください。。

また家に戻ったらたっぷりと水を与えておきます。

■ラズベリーのわかりやすい育て方
・ラズベリーの育て方 庭植え
・ラズベリーの育て方 鉢植え
 カテゴリ
 タグ

ブルーベリー 剪定方法

blueberry (2).jpg
冬季剪定を主に行います


ブルーベリーはアメリカ原産の果樹です。
主な品種はハイブリッシュ・ブルーベリーと、
ラビットアイ・ブルーベリーの2系統に分類できます。

5月上旬〜中旬にツボのようは形をした可憐な花をつけます。
7月〜8月にかけて実を収穫できるようになります。

ハイブリッシュ系は冷涼な高冷地が適しています。
ラビットアイ系は全国どこでも栽培が可能です。

「ブルーベリーは水で育てる」と言われるほど、
水を必要とする果樹です。
用土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。


■ブルーベリー 剪定方法

1.剪定の目的は?
剪定を行うことによって、隔年結果を防ぎます。
樹形を整えることによって、毎年の収穫量を安定させます。
そして実の品質を上げていくためにも必要です。

また光が内部に入るようにしたり、
風通しをよくすることにより、
病害虫が出てこないよう防止につながります。
できれば毎年剪定を行うのが理想的です。

2.剪定方法
剪定は12月〜2月ごろに行う冬季剪定をメインに行います。
5月ごろの夏季剪定は補助的にします。 


4年ぐらい年数が経っていると、
株元がかなり込み入っているはずです。
思い切って主枝になる枝5本程度を選び、あとは剪定します。

また交差した枝、枯れ枝、徒長枝、
基部から出るシュート、サッカーを除去します。
こうすると樹冠の中の風通しも日当たりもよくなります。
そして樹形も美しく整います。

次の年から主枝にした枝を更新していきながら、
樹形や樹勢を保つようにしていきます。

シュートの先を1/3ほど切り戻し、結果枝を出させます。
そして主軸枝にしてきます。

ブルーベリーは1年生枝の先とその下の数節に花芽がつきます。
全体のバランスを確認しながら花芽を整理すると、
隔年結果にならなくて済むケースもあります。

■わかりやすい育て方
・ブルーベリーの育て方 庭植え|ピートモスで土壌改良します
・ブルーベリーの育て方 鉢植え|夏の乾燥に注意して水を与えます
 カテゴリ
 タグ

ブルーベリーの休眠枝ざし

blueberry (1).jpg
休眠枝ざしが増やしやすいです


ブルーベリーは根が浅いので、乾きの激しい場所は適しません。
日当たりがよく、水はけのよい酸性土壌を好みます。

ブルーベリーは1本でも実がつきます。
しかし花が咲く時期が同じものを2種類以上近くに植えると、
実のつき方よくなります。

果実は生で食べる他に、ジャムやジュースに加工して利用されます。
最近では視力がよくなる効果があると言われるようになってから、
サプリメントにもよく使われるようになりました。


sasiki.JPG
ペットボトルでも挿し木ができます


■ブルーベリーの休眠枝ざし

1.ブルーベリーの増やし方について
ブルーベリーの増やし方で一般的なのは挿し木です。

挿し木の方法には2種類あります。
春に行う休眠枝ざしと6月〜7月の梅雨の時期に行う緑枝さしがあります。

品種によって成功率が違いますが、比較的楽に苗を育てることが可能です。
緑枝さしは温度管理が少し難しいので、休眠枝ざしの方をおすすめします。

2.休眠枝ざしの方法
1月〜2月に休眠している枝を採取します。
そして厚手のビニール袋に入れて密封し、冷蔵庫に入れて保管します。

挿し木は3月下旬〜4月上旬が適しています。
用土は鹿沼土とピートモスを同量よく混ぜたものを使います。

この時ピートモスは水を吸いにくい性質をもっているので、
前もって水とよくなじませておくと扱いやすくなります。

挿し穂は太くて充実している1年生枝を選びます。
花芽を切り取り、10cmぐらいの長さに切ります。

基部はナイフを使って斜めに切りそろえます。
その切り口には発根促進剤を塗っておきます。
そして5cm間隔あるいはポットに1本ずつさしていきます。

3.挿し木後の管理方法
挿し木が終わった後は水を十分に与え、半日蔭に置きます。
乾燥が厳しい場合は寒冷紗、ビニールなどで覆い、毎日水を与えます。
7月以降新しい梢が生長してきたら、発根がうまくいった証拠です。

なるべく大きく育てたい時は、
9月ごろ一回り大きなサイズのポットに植え替えます。

地上部の生長が多少悪くても、
来年の春先にはバランスがよい苗に生長しています。

■わかりやすい育て方
・ブルーベリーの育て方 庭植え|ピートモスで土壌改良します
・ブルーベリーの育て方 鉢植え|夏の乾燥に注意して水を与えます
 カテゴリ
 タグ

ブラックベリー 梅雨の栽培

Blackberry(1).jpg
梅雨時が苦手です


ブラックベリーの品種はほとんどの品種が、
温かい地域での栽培が向いています。

とげがない「サテン・ブラック」「マートン・ソーンレス」や
早生種の「ボイセンベリー」が育てやすいです。

暑さ寒さに強く、樹勢が強い果樹です。
一度実をつけた枝は弱っていくので、新梢に更新していきます。

ラズベリーと違うところは、実と花托が離れません。
収穫時はヘタも一緒に摘み取ります。


■ブラックベリー 梅雨の栽培

1.梅雨時期と収穫時期が重なる品種
ブラックベリーの早生種「ボイセンベリー」は、
実がなる時期と梅雨の時期が重なるので、果実が傷つきやすいです。

また傷ついた実から病気にかかり、株全体が弱ってしまうこともあります。

2.梅雨時期の栽培方法
庭植えをする場合は、雨を避けるためにビニールをかぶせます。
鉢植えは雨が降った時は室内や軒下に入れるなど、
鉢を移動して雨に濡れないようにします。

3.夏季剪定が大切
果実が成熟に近づく6月〜7月にかけて気温が上がり、
雨も多くなるので、シュートやサッカーがどんどん生長します。

そのため放置しておくと、枝や葉が実がなっている場所を覆ってしまい、
日照不足や風通しを悪くしてしまう環境になっていきます。
樹形を整える意味でも夏季剪定は必要になります。

4.収穫時の注意点
ブラックベリーの収穫は2〜3日に1、回成熟したものから摘み取ります。
熟しすぎるとショウジョウバエなどが発生し、
これから摘む予定の果実に影響を与えるので、注意が必要です。

■わかりやすい育て方

・ブラックベリーの育て方 庭植え|ラズベリーより耐乾性耐暑性が強い
・ブラックベリーの育て方 鉢植え|雨上がり後は収穫を控えます

 カテゴリ

ブラックベリー 剪定のコツ

Blackberry.jpg


ブラックベリーはバラ科の落葉低木です。
別名クロミキイチゴとも呼ばれています。

原産地はヨーロッパやアメリカで、キイチゴ類の仲間です。
極端に乾燥地や過湿地でなければ、土壌はあまり選びません。

ブラックベリーは、キイチゴの中では寒さにあまり強くありません。
やや暖かい地域での栽培が適しています。

赤から黒へと実が熟すにつれて色が変化していきます。
果実酒、ジャム、シロップ漬けなどに利用されます。


■ブラックベリー 剪定のコツ

1.ブラックベリーの特徴
ブラックベリーの中で「マートン・ソーレンス」は樹勢が強く、
短期間でフェンスいっぱいに枝が広がってしまいます。
定期的な剪定が不可欠です。

2.ブラックベリーの冬季剪定
冬季剪定は12月〜2月ごろが適しています。
まずは誘引したひもを取り外します。

3本ぐらいの結果母枝を残し、2mぐらいの背丈に揃えます。
側枝は2芽ぐらいを残して切り詰めます。
するとそれぞれの芽から短果枝が生長し、その先に実がつきます。

ブラックベリーの枝は細くて柔らかいので弱いです。
剪定した部分から枯れこまないように、芽と芽の間で切り戻します。 


枯れてしまった枝は株元から切断して処分します。

最後に枝が交差しないようにバランスよく配置し、
枝を30cmずつフェンス全体に誘引します。

垣根仕立てが仕上がっていくと日当たりもよく、
栽培管理や収穫作業も効率よくなり収穫量も増えます。

垣根仕立ては奥行きを必要としないので、
庭の背景としても利用でき、人気が高いです。

■わかりやすい育て方

・ブラックベリーの育て方 庭植え|ラズベリーより耐乾性耐暑性が強い
・ブラックベリーの育て方 鉢植え|雨上がり後は収穫を控えます
 カテゴリ

ビルベリーとブルーベリーの違い

Bilberry (2).jpg
C)Thomas Mues ノルウェーの野生のビルベリー。


ビルベリー類は、世界の温帯や亜寒帯地域で、
栄養不足で酸性度が高い土壌でよく見かけます。
ブルーベリーやハックベリーと近縁種です。

ビルベリーは別名ブレーベリー 、ヨーロッパブルーベリー、
ホワートルベリー 、ウィンベリーなどとも呼ばれています。

ビルベリーの果実はブルーベリーと比べると小さく、黒紫色をしています。
果肉は紫色か赤色で、生の果実を食べると唇や手に色がつきます。


blueberrynew.jpg
ブルーベリーは育てやすい


■ビルベリーとブルーベリーの違い

1.ビルベリーの特徴
ビルベリーはスノキ属ミルティリス節に分類されます。
東部ヨーロッパからスカンジナビア半島にかけてよく自生し、
南部ヨーロッパでは標高が高く涼しい地域で自生しています。

果実の大きさは7mmぐらいと大変小さいです。
肉質が柔らかく、汁も多いためつぶれやすいです。

ですので輸送がたいへん難しく、
生のビルベリーを市場で売ることはありません。

また酸味が大変強いので、生で食べる機会も少ないです。
現地ではジャム、ジュースなどに加工してから利用します。


Bilberry (1).jpg
フィンランドのビルベリー


2.国内栽培は限られた地域のみです
ビルベリーの原種苗を繁殖、販売しているところはほとんどありません。
北海道と東北地方の一部で栽培が可能です。

一部アメリカの野生種や交雑種をビルベリーとして販売している場所があります。
しかし本来ヨーロッパで自生している種類とは異なります。

今のところはビルベリーの品種改良が進み、
暖かい地域でも栽培可能な品種ができることを待ち望みましょう。
日本国内ではブルーベリーの方が育てやすいです。


■ビルベリーのわかりやすい育て方
・ビルべリーの育て方 庭植え|夏の乾燥に注意します
・ビルベリーの育て方 鉢植え|小さなスペースで楽しめます
・ビルベリー栽培のコツ
・ビルベリーとブルーベリーの違い
・ビルベリーの食べ方は?
 カテゴリ
 タグ

ビルベリー栽培のコツ

Bilberry (6).jpg
ビルベリーは家庭果樹だからこそ味わえます


ビルベリーは市場に出回るのが難しい果樹です。
理由はブルーベリーよりも実が柔らかく汁が出やすいため、
輸送するのに手間がかかるからです。

ビルベリーの果実は、生で食べる他に、
ジャム、ジュース、パイに使われます。

ヨーロッパでは、リキュールのベースとして、
シャーベットなどのデザートにも使用します。

ビルベリーは抗酸化作用があり、
アントシアニンが豊富に含まれているので、
目にもよいとされています。


blueberry (5).jpg
ブルーベリーも人気ですね


■ビルベリー栽培のコツ

1.植え付けと置き場所の注意点
植え付け適期は、9月中旬〜12月上旬の秋植えか、
温かくなってくる3月ごろが適しています。

水はけ、水もちのよい肥沃な土を好みます。
酸性度を保つために、ピートモス7割、鹿沼土3割ぐらいの混合土に植え、
水を切らさないように管理します。

日当たりを好みますが、西日は苦手です。
さえぎるような木陰が近くにあれば最適です。

水を大変好む果実です。特に夏の乾燥に注意が必要です。
鉢、プランターでの栽培は用土の表面が乾いたら、
鉢底から水が流れ出るまで水を多く与えます。

2.肥料の与え方
休眠期の1〜2月に窒素、リン酸、カリウムを2対1対2割合の
緩効性化成肥料を施し、ビートモスを敷いて軽くすき込みます。
しばらく様子を見ても元気がない時は、追肥をします。

3.鉢植え栽培の注意点
花芽を作るためには、7℃以下の低温に800時間置くことが条件になります。
冬に暖かい室内へずっと取り込んでいると、いつまでも花が咲きません。
日中暖かい時間帯は外に出すようにします。

■ビルベリーのわかりやすい育て方
・ビルべリーの育て方 庭植え|夏の乾燥に注意します
・ビルベリーの育て方 鉢植え|小さなスペースで楽しめます
・ビルベリーとブルーベリーの違い
・ビルベリーの食べ方は?
 カテゴリ
 タグ

ビルベリーの育て方 鉢植え|小さなスペースで楽しめます

Bilberry (2).jpg

Bilberry (5).jpg
実の色が美しく変わっていきます、紅葉もみごとです


ビルベリーはツツジ科スノキ属の低木です。
別名はマウンテンベリー、ホワートルベリーなど呼ばれています。

樹高は0.3〜0.6m、結果年数は2〜3年ぐらいです。
1本で結実し、受粉樹が不要なので初心者に扱いやすい果樹です。

ビルベリーの果実はブルーベリーの果実よりも小さいサイズです。
しかし味わい深く、アントシアニンが豊富に含まれています。

ビルベリーの実はそのまま生で食べても、ジャムにしても美味しいです。
また眼にもよいと健康食品にもよく利用されています。


[ビルベリー 鉢植えの育て方]


■植え付け

ビルベリーは弱酸性土を好みます。
鉢植えの場合は3月ごろ市販の培養土に4割ほどビートモスをまぜます。
ブルーベリーの専用土を利用してもかまいません。

日当たりがよく、しかし西日が強い場所は避けます。
また風通しの良い場所を選びます。


Bilberry (3).jpg
花ひろばオンラインさんで良い苗が売られています
写真3点 C)花ひろばオンライン


■仕立て方と剪定

基本的にはあまりいじらず、自然に任せます。
株立ちのブッシュ仕立てが適しています。

剪定は1年目のシュートや3年未満の若い枝についた花芽は、
株を充実させるために切り戻します。

4年目以降主幹になる枝を5本ほど選び、
それ以外の不要な枝は株元から切り落とします。


■栽培管理

・水やり
冬場は鉢の表土が乾いたら、軽く水を与えます。
夏場は鉢底から水が流れるぐらい、たっぷりと与えます。

特に実がなっている時に乾燥ささせてしまうと、
実がしぼんで落ちてしまうので注意します。

・施肥
3月上旬の発芽前に、玉肥を鉢のふちに押し込むように与えます。
追肥として6月上旬ごろ、即効性の化成肥料を与えてもよいでしょう。

■ビルベリーのわかりやすい育て方
・ビルべリーの育て方 庭植え|夏の乾燥に注意します
・ビルベリー栽培のコツ
・ビルベリーとブルーベリーの違い
・ビルベリーの食べ方は?
 カテゴリ
 タグ

ビルべリーの育て方 庭植え|夏の乾燥に注意します

Bilberry (6).jpg
アントシアニンが多く話題のベリーです


名前が似ているブルーベリーは20世紀はじめアメリカが、
原生種から性質の優れたところを掛け合わせ、
品種改良から生まれた栽培用の果樹です。

ビルベリーはヨーロッパに自生している果実を指します。
眼によいとされている成分『アントシアニン』が
ブルーベリーの約3〜5倍含まれているのが大きな特徴のひとつです。

ビルベリーの果実は生で食べる他に、ジャム、ジュース、
パイなどに利用されます。またイタリアやフランスでは、
シャーベットなどのデザートに使う香味料としても愛用されています。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.自家結実性があり丈夫なので育てやすいです
2.根が浅く初夏に水切れをしやすいので注意が必要です
3.カルシウムを補給できる専用肥料を与えるとよく育ちます



[ビルベリー 庭植えの育て方]


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
植え付け時期を注意すれば、寒冷地でも栽培は可能です。
東北〜九州、沖縄で栽培できます。

・品種選び
ビルベリーは数多く品種があります。
その中でもアントシアニンが圧倒的に多く含む、
北欧産のビルベリーが優秀なので、医薬品や健康食品に利用されています。


■植え付け

9月中旬〜12月上旬の秋植え、あるいは3月ごろの春植えが適しています。
暖かい地方では真冬でも大丈夫です。
しかし寒冷地では春植えの方が無難です。


■仕立て方

ブルーベリー同様、株元から枝が出やすい性質を持っています。
自然の樹形を生かした株仕立てにします。


■剪定

一年枝のシュートは忘れずに切り戻します。
樹形を乱すサッカーや根元の弱い枝は取り除きます。

交差しあっている枝は間引き剪定をします。
これから伸ばそうとしている枝は、花芽部分を取り除きます。

5年ぐらいたった古い主幹は結実数が少なくなります。
間引いて更新するか、切り戻して若返らせます。


■栽培管理

・施肥
3月ごろと収穫後、土壌のpHを上昇、変化させずに、
カルシウムを補給できるブルーベリー専用肥料を与えると育てやすいです。

寒肥として12月〜2月、牛ふんや油かすなどの有機肥料を施します。

・受粉
ビルベリーは自家結実性あるので1本で結実します。
植え付け1年目から実がなることがありますが、
あせらずに最初は実をならせない方が長期間楽しめます。


■収穫

収穫時期は8月上旬〜9月上旬ごろが適しています。
そのまま生で食べても、ジャムに加工してもおいしいです。
また冷蔵保存しておくと、長期間利用できます。


Bilberry (10).jpg
美味しいので鳥害に気をつけます


■病害虫

特に問題になる病害虫はいません。
たまにマメコガネ、ミノガなどに葉を食べられてしまうケースがあります。
見つけ次第捕殺します。

また鳥に狙われやすいので、収穫時期が近づいたら支柱を立て、
ネットをかけて防御します。

■ビルベリーのわかりやすい育て方
・ビルベリーの育て方 鉢植え|小さなスペースで楽しめます
・ビルベリー栽培のコツ
・ビルベリーとブルーベリーの違い
・ビルベリーの食べ方は?
 カテゴリ
 タグ

ブラックベリーの育て方 鉢植え|雨上がり後は収穫を控えます

Blackberry (5).jpg
丈夫ですが乾燥には弱いです


ブラックベリーはバラ科キイチゴ属の落葉小低木です。
自生地は北アメリカです。別名はクロミキイチゴと呼ばれています。

古くからヨーロッパで栽培されてきました。
ラズベリーと合わせて丈夫で育てやすい果実です。

5月上旬頃に白くてとっても可愛い花が咲きます。
6月上旬頃から実がなります。
最初は赤色ですが、1週間〜10日ほどで真っ黒になったら収穫します。

甘すっぱいブラックベリーはベリーソースにすると美味しいです。
レアチーズやアイスクリームにかけても楽しめます。


Blackberry (6).jpg
5月上旬くらいに愛らしい花が見られます


[ブラックベリー 鉢植えの育て方]


■植え付け

発芽前の3月上旬〜中旬ごろが適しています。
市販培養土にピートモスを3割ほど混ぜたものを使います。

日当たりと水はけの良い場所で育てます。
新梢がよく出た苗木を選びます。


Blackberry (1).jpg
実がついてきました


■仕立て方

枝を3本ほど選び、あんどん仕立てにします。
あるいは株仕立てにします。

つる性のブラックベリーはトレリスを立て、
つるを誘引して垣根仕立ても可能です。

根が一杯になってしまうと枯れてしまう原因につながります。
1〜2年ごとに植え替えます。


■剪定

剪定の適した時期は12月〜2月です。

ブラックベリーは発育旺盛で樹勢が強いため、
枝の途中で切り戻すと枝数が増えてしまいます。
必ずつけ根で切り戻します。

3〜4年たった枝は実つきが悪くなります。
株元から切り取って新しいシュートに更新します。


Blackberry (7).jpg
雨が続くときは、取り込みます


■栽培管理

・水やり
乾燥に弱いので鉢土が乾いたら、たっぷりと水を与えます。
雨が続く時は、雨に当たらないよう軒下や室内に取り込みます。


・施肥
植えつけ1ヶ月後、毎年春と初秋に玉肥4個ほどを鉢の縁に押し込み与えます。
夏に生育が悪くなり、葉が元気がなくなったら
速効性の化成肥料を施します。


Blackberry (4).jpg
ベリーでケーキを


>>ブラックベリーの育て方 庭植えもあわせてご覧ください。

 カテゴリ

ブラックベリーの育て方 庭植え|ラズベリーより耐乾性耐暑性が強い

Blackberrynew (4).jpg
ラズベリーよりやや酸味が強いです


ブラックベリーは北アメリカ原産の木イチゴの仲間です。
ラズベリーよりも寒さには強くありません。

病害虫に強く1本でも結実し、人工受粉も必要ありません。、
樹高も高くないので、栽培しやすい家庭果樹として人気が高いです。

日光を大変好みます。庭植えの植えつけ場所、鉢植えの置き場ともに
日当たりの良い場所を選んで栽培します。

果実はジャム、果実酒、シロップ漬けなどに加工できます。
生で食べるのは酸味が強いものもあるので好き嫌いがあるかもしれません。
ジャムやパイなどのお菓子に使うとたいへん美味です。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.果実の成熟期がやや遅いので、温暖な地域に適しています
2.実がついた枝は新梢に更新しながら枝数を調整していきます
3.保水性と水はけのよい土壌を好みます



[ブラックベリー 庭植えの育て方]


Blackberry (2).jpg
鑑賞していても楽しめる果樹です


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
関東地方以西の地域が適しています。

・品種選び
多くのブラックベリーはトゲがついており、
家庭果樹にはむいていないところがあります。
トゲがない品種としては「ソーンフリー」や「ポイセンベリー」があります。

ただし本来はトゲがある果樹なので、トゲがある品種の方が美味しいです。
ラズベリーと違って一年に一度しか実がなりません。


Blackberry (3).jpg
花も愛らしく人工授粉の必要はありません


■植え付け

ラズベリーと同じようにブラックベリーの植えつけは
温暖地は11月、寒さが厳しい地域は気温が上がった3月に植え付けます。

土壌は適応性が高いので、比較的選ばなくてかまいません。
苗木は一年目の枝が良い状態のものを選びます。

植え穴は直径40cm、深さ40cmほどに掘ります。
その掘り上げた土の1/3に堆肥を入れて先に埋めます。

その後に残りの土を入れ、中央がやや盛り上がるようにします。
苗木は20cmぐらいの長さに切り戻して深植えにします。

ブラックベリーは乾燥に弱いので、株元を中心にビニールなど覆うと
雑草が生える防止や土壌乾燥防止につながります。


Blackberrynew (3).jpg
実り始め色が変わっていきます


■仕立て方

樹形は品種によって地面をはうように伸びるほふく性、
枝が上に伸びる直立性、アーチ状に曲がる半直立性があります。

用途に応じて支柱に絡ませる棒仕立て、
垣根に絡ませる垣根仕立て、自然に任せる株仕立てなどがあります。


■剪定

ブラックベリーの剪定は、夏季剪定(5月中旬〜6月)と
冬季剪定(12月〜3月)2回行います。

ブラックベリーの枝はやわらかく弱いので、
切った個所から乾燥して枯れてしまうケースがあります。
芽を守るため芽と芽の間を切りこむように注意します。

・夏季剪定
株元から20節ぐらいの葉と葉の間を切り返します。
高さは1.5mぐらいが目安です。
切ったことにより枝が分かれ、来年実がつく量が増えます。

・冬季剪定
主な枝は基部から20〜30節ぐらい、側枝は先端を切り戻します。
側枝は基部から5芽は葉芽なので、残すように注意します。

収穫後果実をつけた枝は枯れてしまうので、株元から間引きます。


Blackberrynew (1).jpg
赤い色から黒い色へと熟していきます


■栽培管理

・施肥
肥料がなくても栽培は可能です
春先に化成肥料を施すと株元からシュートが伸びてきます。
収穫後、配合肥料を控えめに施します。

人工授粉、摘果は必要ありません。


■収穫

果実種は一度赤くなってから熟すと黒くなります。
濃い色になった実から収穫していきます。
7月下旬〜8月中旬ごろが目安です。

鋭いトゲを持っているので厚めの手袋を用意しましょう。
ラズベリーと違ってブラックベリーはヘタがとれません。
ヘタをつけたまま果梗の部分から摘み取るようにします。


Blackberry3.jpg
ケーキにも


■病害虫

・カイガラムシ
枝に貝殻状のものがついてしまいます。
見つけ次第、古い歯ブラシなどでこすりとります。

・灰色かび病
梅雨の季節に発生し、果実を腐らせます。
予防としては、花が終わったら薬剤をまきます。

・マメコガネ
葉を食害するので、見つけ次第捕殺します。

・コウモリガ
6月下旬〜7月に茎に入り込み中を食害します。
対処法は株の周りの雑草を取り除き、
株元を腐葉土やわらで覆うと防ぐことが可能になります。
 カテゴリ

ラズベリーの育て方 鉢植え|低木性で比較的栽培が簡単です

raspberry (3).jpg
ラズベリーの花、もう実の形がわかります


ラズベリーはバラ科キイチゴ属の落葉小低木です。
自生地は北アメリカ、ヨーロッパです。

古くからヨーロッパで栽培されてきました。
ブラックベリーと合わせて丈夫で育てやすい果実です。

ラズベリーは日本のバライチゴやモミジイチゴと同じように、
実が熟すと果托から簡単に離れます。
収穫した果実は中が空洞になるので果粒が離れやすくなります。

果実は生で食べる他に、ジャム、果実酒、ジュース、
ケーキやお菓子の材料に使われます。


raspberry (2).jpg
西日が苦手です


[ラズベリー 鉢植えの育て方]


■植え付け

発芽前の3月上旬〜中旬、霜が降りない温暖な地域では11月頃が適しています。
用土の配合は庭土2、ビートモス3、赤玉土4、砂1がよいでしょう。
3〜4芽を残して切り詰めます。

どの品種も鉢やプランターで栽培が可能です。
乾燥を防ぐために木材チップなどを鉢土の表面を覆います。

夏は高温になり過ぎると生育不良になるので、
西日が当たらない場所に置きます。


raspberry (4).jpg
鉢植えは、1〜2年おきに植え替えます


■仕立て方

枝を3本ほど選び、あんどん仕立てにします。
あるいは株仕立てにします。

根が一杯になってしまうと枯れてしまう原因につながります。
1〜2年ごとに植え替えます。


■剪定

冬には花芽がついてきます。
あんどん仕立てにした場合、支柱より飛び出した部分は切り戻します。

翌年花芽から新梢が出て花を咲かせ、実をつけます。
収穫後つけ根から切り取ります。更新のためのシュートを伸ばしておきます。


raspberry (10).jpg
よ〜く見ると、実がたくさんできています


■栽培管理

・水やり
乾燥に弱いので鉢土が乾いたら、暖かい日中に少量の水を与えます。

・施肥
3月と収穫後に玉肥4個ほどを鉢の縁に押し込み与えます。
夏に生育が悪くなり、葉が元気がなくなったら
速効性の化成肥料を施します。

>>ラズベリーの育て方 庭植えもあわせてご覧ください。

 カテゴリ
 タグ

ラズベリーの育て方 庭植え|寒さに強く2季なり性品種も人気

raspberry (7).jpg
人工授粉の必要もなく人気があります


ラズベリーはヨーロッパ、北アメリカ原産の木イチゴの仲間です。
ブラックベリーよりも寒さに強い品種です。

病害虫に強く1本でも結実し、人工受粉も必要ないので、
栽培しやすい家庭果樹として人気が高いです。

果実の色は赤、黒、青緑、黄色など
品種によってバリエーションに富んでいます。

国内の生産地はあまり多くありません。
果実が傷みやすいため完熟した実を味わうには、
家庭で栽培するしかないということです。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.自家受粉をする2季なり性品種が人気が高いです
2.古枝を新梢に更新し、大きく生長したら株分けをします
3.収穫時期が梅雨とぶつかるので、雨よけの準備をします



[ラズベリー 庭植えの育て方]


raspberry (11).jpg
野性味があります


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
関東地方以北の地域と中部地方の高冷地が適しています。

・品種選び
ラズベリーには、ほとんどの品種にとげがあるので注意します。

ニ季なり性の「インディアンサマー」、「セプテンバー」
「サマーフェスティバル」、「ヘリテージ」や
黄色い実をなたせる「ファールゴールド」「ゴールデンクィーン」
などがおすすめです。


■植え付け

ラズベリーの植えつけは温暖地は11月、
寒さが厳しい地域は気温が上がった3月に植え付けます。

土壌は適応性が高いので、比較的選ばなくてかまいません。

植え穴は直径40cm、深さ40cmほどに掘ります。
その掘り上げた土の1/3に堆肥を入れて先に埋めます。

その後に残りの土を入れ、中央がやや盛り上がるようにします。
苗木は20cmぐらいの長さに切り戻して深植えにします。

ラズベリーは乾燥に弱いので、株元を中心に落ち葉、
木材チップ、稲わらなどで覆って土壌が乾かないようにします。


raspberry (5).jpg
ラズベリーの花


■仕立て方

ラズベリーは品種によって株元から枝がまっすぐに伸びる直立性、
枝が弓なり状にあんる半直立性があります。

自然の樹形を活かした垣根仕立て、株仕立てもむいています。


■剪定

ラズベリーの剪定は、夏季剪定(6月)と冬季剪定(12月〜3月)2回行います。

・夏季剪定
6月ごろ勢いよく伸びるシュートを切り戻し、樹形を整えます。
枝を分かれさせて収穫量増加させます。

・冬季剪定
休眠時期の12月〜3月に前年に実をつけて枯れた枝、弱った枝を元から切り戻します。
株元から伸びたシュートは、長い枝で25節ぐらい、中ぐらいの枝で20節ぐらい
残るように切り戻します。


■栽培管理

・施肥
肥料がなくても栽培は可能です
春先に化成肥料を施すと株元からシュートが伸びてきます。

人工授粉、摘果は必要ありません。


raspberry (8).jpg
トゲに気をつけて収穫!


■収穫

ニ季性の品種では7月〜8月上旬と9月中旬〜10月上旬の2回収穫が可能です。
茎や葉にトゲがあるので、厚手の手袋をはめて収穫します。

熟すとヘタから果実が簡単に離れます。
果実の中が空洞になり、形がいびつになりやすいので気をつけます。

たくさん収穫した時は、果実酒やジャムなどに加工したり冷凍保存します。


raspberry (6).jpg
果実酒♪


■病害虫

・灰色かび病
梅雨の季節に発生し、果実を腐らせます。
予防としては、花が終わったら薬剤をまきます。

・マメコガネ
葉を食害するので、見つけ次第捕殺します。

・コウモリガ
6月下旬〜7月に茎に入り込み中を食害します。
対処法は株の周りの雑草を取り除き、
株元を腐葉土やわらで覆うと防ぐことが可能になります。



 カテゴリ
 タグ

ブルーベリーの育て方 鉢植え|夏の乾燥に注意して水を与えます

blueberrynew (3).jpg
色変わりしています


blueberrynew (2).jpg
妖精みたいな愛らしさです


ブルーベリーはツツジ科スノキ属の落葉低木です。
自生地は北アメリカです。

品種改良は主にアメリカではじまりました。
200種類以上ありますが、
大きく分類してハイブッシュ系と、
ラビットアイ系と2種類あります。

北海道から鹿児島県までほぼ全国的に栽培できますが、
寒い地域はハイブッシュ系、
暖かい地域はラビットアイ系が適しています。

1種類では結実しにくいので、
同じ系統の2品種以上を混植するようにします。


[ブルーベリー 鉢植えの育て方]


blueberry (1).jpg
水切れに注意します


■植え付け

暖かくなった3月ごろ、市販の腐葉土に、
4割ほどピートモスを混ぜて植え付けます。

大きなプランターか6〜8号鉢を用意します。
風通しの良い場所で、水切れに注意します。

■仕立て方

庭植えと同じように株仕立てがむいています。
また観賞用としてはスタンダード仕立て、模様木仕立てもできます。


blueberry (5).jpg
熟れたものから収穫します


■剪定

主枝は鉢の大きさにもよりますが、2本〜4本ぐらいを選びます。
他の枝は地ぎわから切り戻します。

3〜4年ぐらい実をつけた枝は切り戻し、
勢いよく伸びる新梢に更新していきます。


blueberry (7).jpg
たくさん収穫できたらジャムがおいしいです


blueberryA (8).jpg
アイスクリームもgood!


■栽培管理

・水やり
冬は鉢土が乾いたら、暖かい日中に少量の水を与えます。
春から夏は鉢底から水が流れ出すぐらいたっぷりと与えます。

特に夏は乾燥と地温上昇の影響で、果実の品質不要につながります。
用土が乾いたら多めに水を与えます。

・施肥
3月上旬の萌芽前に玉肥を鉢の縁に押し込み与えます。
発育の様子を見ながら追肥として6月ごろ、速効性の化成肥料を施します。

>>ブルーベリーの育て方 庭植えもあわせてご覧ください。

■わかりやすい育て方
・ブルーベリー 剪定方法
 カテゴリ
 タグ

ブルーベリーの育て方 庭植え|ピートモスで土壌改良します

blueberrynew.jpg
ブルーベリーも人気のある果樹です


ブルーベリーは病害虫にも強く、背丈もあまり大きくならないので、
初心者にも育てやすい家庭果樹のひとつです。

ブルーベリーは大きく2系統に分類できます。
寒さに強く涼しい気候を好むハイブリッシュ系と
寒さに弱く暑さに強いラビットアイ系があります。

春には白いドウダンツツジのような小花が咲き、
秋の紅葉も美しく、季節ごとに色彩の変化を楽しめる果樹です。

果実はアントシニアンを多く含んでいるので、
目によいと注目されています。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.土壌は酸性を好むので、石灰をまかないように注意が必要です
2.収穫時間が長いので何回かにわけて行います
3.野鳥の食害と夏場の水切れに注意します



[ブルーベリー 庭植えの育て方]


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地

ハイブリッシュ系は細い根が浅く広がります。
夏が涼しい高冷地や東北地方が適しています。

ラビットアイ系は根が深いので比較的暑さに強いです。
しかし寒さに弱いので関東以西の地方が適しています。

・品種選び

ハイブリット系は1本でも結実しますが、
2種類以上植えた方が良く実がつきます。

「ウェイマウス」「スパルタン」「ダロウ」
「ブルークロック」「ブルーレイ」 
などがおすすめです。

ラビットアイ系は自分の花粉では結実しにくい性質です。
別の品種と組み合わせて植えます。
早生種〜晩性種まであるので、組み合わせを工夫すると長期間楽しめます。

「ホームベル」「ティフブルー」「ウッダード」などがおすすめです。


blueberry (6).jpg
花の形も綺麗です


■植え付け

ブルーベリーの植えつけは関東地方以西地域では11月〜12月、
寒さが厳しい地域は気温が上がった3月に植え付けます。

まずピートモスは乾燥していると土になじまないため、
事前に水を加えて混ぜておきます。

植え穴は直径50cm〜60cm、深さ40cmほどに掘ります。
掘り上げた土に同量のビートモスをまぜます。
その1/3に堆肥を入れて先に埋めます。

その後に残りの土を入れ、中央がやや盛り上がるようにします。
苗木は40cm〜50cmぐらいの長さに切り戻します。

ブルーベリーは乾燥に弱いので、株元を中心に落ち葉、
木材チップ、稲わらなどで覆って土壌が乾かないようにします。


blueberrynew (6).jpg
まだ緑のブルーベリー


■仕立て方

ブルーベリーは株元から枝が出やすい性質を持っています。
自然の樹形を生かした株仕立てが適しています。

植え付けてから1〜2年目は、結実させるよりも枝の充実を優先します。
樹勢がつくように、強い剪定は行いません。

3年目以降は実がなるように剪定を行います。
充実した花芽がついた枝を残し、弱った枝、込み入った枝などは
透かし剪定を行います。


blueberry.jpg
夏季剪定をすると実が多くつきます


■剪定

ブルーベリーの剪定は、夏季剪定(6月〜7月)と冬季剪定(12月〜3月)2回行います。

・夏季剪定
6月ごろ勢いよく伸びる新梢の先端1/3ぐらいを切り戻します。
7月以降切り返した場所から枝が分かれ、翌年の花芽がつく枝が伸びます。
果実をたくさんつけたい時は、夏季剪定をすると果実数が増えます。

・冬季剪定
休眠時期の12月〜3月に前年に実をつけて枯れた枝、弱った枝を切り戻します。
また内向枝を処理したり、間引き剪定を行います。

主幹を中心に外側へ行くにしたがって高さを低くしていくと、
すべての枝に光が当たるようになります。


■栽培管理

・施肥
元肥として12月に、堆肥、油かす、鶏ふんなどの有機質肥料を施します。
3月には化成肥料と硫安を施します。

追肥として速効性で酸性肥料の硫安を施します。

・受粉
1品種では結実しにくいので、別の品種の花粉を受粉した方が実がつきます。
ハイブリット系とラビットアイ系の間では受粉しません。
必ず同じ系統同士の品種を受粉させます。

・摘果
2〜3年目から実はなります。しかし幼木のうちに多く実をつけると
枝が伸びずに枯れてしまい、新梢の伸びも悪くなります。
3年目までは花芽をすべて取ってしまい、実がつかないようにします。


blueberry.jpg
大収穫!


■収穫

まとまった収穫ができるのは4〜5年目の7月〜9月下旬です。
緑色から赤、そして青紫色に変わり、つまむと簡単に取れる時期が適しています。

一度に熟さないので、熟したものから収穫していきます。
収穫後は生で食べるか、ジャムなどに加工します。
すぐに食べない分は冷凍保存します。


blueberrynew (5).jpg
タルトやパンにも良いですね


■病害虫

特に問題になる病害虫はいないので、薬剤散布は不要です。
たまにイラガ、マメコガネ、ミノガが葉をくい散らすことがあるので、
見つけ次第捕殺します。

鳥に実を狙われやすいので、収穫時期が近づいたらネットで覆います。

■わかりやすい育て方
・ブルーベリーの育て方 鉢植え|夏の乾燥に注意して水を与えます
・ブルーベリー 剪定方法
 カテゴリ
 タグ



管理人=fuji 野菜栽培18年♪
「猫の額 菜園」で、
野菜や果樹を栽培中!
土と植物からエネルギーをもらっています♪

〒メール

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
ブログランキングならblogram

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
●写真協力
・写真素材 フォトライブラリー
・草花写真館
・季節の花300
Add to Google
My Yahoo!に追加
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
相互リンク