人気の果樹のカテゴリ記事一覧

野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。


 
 スポンサードリンク

カテゴリ:人気の果樹

人気の果樹のカテゴリ記事一覧。野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。
ウメの実 収穫時期は?

2017-03-01 人気の果樹
ウメは使用目的で収穫時期を変えますウメには、花を楽しむ花梅と、実を楽しむ実梅の二つの種類があります。実を楽しむ実梅でも、美しい花を楽しむことはできます。ウメの…

記事を読む

キンカン 剪定方法は? 図解

2017-02-18 人気の果樹
ほうき仕立てが向いていますまず剪定の時期ですが、3月頃行います。 キンカンは春に新しく枝を伸ばし、その先に花を咲かせます。枝が伸びた後に剪定してしまうと、せっ…

記事を読む

ユズのトゲ

2017-02-07 人気の果樹
ユズは庭木としても人気の高い果樹です温暖な気候を好む柑橘類の中でも耐寒性が強く日本でも育てやすいです。性質も丈夫で、果樹を初めて育てる人にも栽培しやすいのです…

記事を読む

果樹 冬支度

2016-12-30 人気の果樹
ミカン畑果樹は庭植えでも鉢植えでも育てられるものが多くなり、最近では記念樹やシンボルツリーとしても人気があります。日本の冬に耐えられる品種であっても、冬支度の…

記事を読む

ユズ プランターの育て方

2016-11-22 人気の果樹
ユズ、鉢やプランターで栽培できますユズを育てたいと思っていても、庭を持っていなかったり、スペースが限られていて、断念する人も多いでしょう。けれど、ユズはプラン…

記事を読む

ユズ 日当たりは?

2016-11-11 人気の果樹
鉢植えなら、日当たりの良いところに移動できますユズは庭木として花や実を見て楽しむこともできますし、実や蕾を収穫して料理に使うこともできるため、昔からとても人気…

記事を読む

キウイフルーツ 受粉

2016-10-26 人気の果樹
キウイフルーツフルーツに実をつけさせるためには、雌しべに花粉をつける人工受粉が必要です本来は風や虫によって、自然に受粉されるものですが、自然に任せているだけで…

記事を読む

パッションフルーツの冬越し方法

2016-10-25 人気の果樹
パッションフルーツの取り込みは、9月下旬〜10月上旬までにしますパッションフルーツは南国の植物で近日人気ですね。日本の冬はどのように栽培したら良いのでしょうか?…

記事を読む

レモン 葉面散布

2016-10-17 人気の果樹
レモンを育てていると、葉の色が薄くなることがありますレモンの葉は栄養状態や病気の発生などを見るバロメーターでもあります。葉の色が薄くなったりした時には、株元へ…

記事を読む

レモン 実が落ちる

2016-08-18 人気の果樹
レモンの花レモンを育て、やっと花が咲いた後、小さな実を発見すると、飛びあがるほど嬉しい気分になります。ところが、小さな実が大きくなることなく、ぽとりと落ちるこ…

記事を読む

レモン 収穫時期

2016-08-16 人気の果樹
こんな小さなレモンが……レモンの花が初夏から夏に咲き、その後に実がついて、少しずつ大きく膨らんでくるのを見ると、気になるのがいつ収穫するかです。レモンは一般的…

記事を読む

サクランボの肥料は?

2015-12-22 人気の果樹
サクランボの木を充実させて、良い花をたくさん咲かせ、おいしい実をつけさせるには、適切な施肥を行う必要がありますとはいえ、無闇に肥料を与えても、実がつかなかった…

記事を読む

クランベリーの用土は?

2015-07-29 人気の果樹
クランベリーは、美しい実と葉色も楽しめる植物ですしかし、クランベリーは栽培が少し難しい植物で、私も、枯らしたり、開花したのに結実できなかったことがあります。ま…

記事を読む

キンカンぷちまるは育てやすい!

2015-06-27 人気の果樹
キンカンぷちまる C)花ひろばオンライン■キンカンぷちまるは育てやすい!1. キンカンぷちまるとは? ぷちまるは、「ナガミキンカン」と「4倍体ニンポウキンカン」を、…

記事を読む

果樹 梅雨対策

2015-06-21 人気の果樹
梅雨には、サクランボ、ビワ、アンズ、モモなどが結実します梅雨で雨が続くと、せっかく大事に育てている果樹も、元気がなくなってしまいます。果樹の梅雨対策はどのよう…

記事を読む

キウイフルーツ 種からの育て方

2015-06-19 人気の果樹
種をみると、どうも育てたくなります■キウイフルーツ 種からの育て方 市販されているキウイフルーツ(kiwifruit)から種をとり、それをまいて育てることは十分可能です…

記事を読む

キウイフルーツ 苗木の植え方

2015-06-17 人気の果樹
キウイフルーツは雌雄異株のため、実の収穫をする場合は、雌株と雄株の両方を育てる必要があります。どちらも基本的には地植え・鉢植えどちらでも育てられますが、実をつ…

記事を読む

シークワーサー 苗木販売

2015-05-30 人気の果樹
シークワーサー、3〜4月が植え付け適期で、6月中旬くらいでも、よく育ちますシークワーサーは沖縄原産の柑橘系の果樹です。耐寒性はよく、関東地方でも路地植えが可能で…

記事を読む

モモ 病気と対策

2015-03-13 人気の果樹
モモの木の調子が悪いとき、どのように対処したら良いのでしょうモモ(桃)を大切に育てて、ようやく実がなっても、病害虫にやられて収穫量が少なくなってしまうのが悩み…

記事を読む

モモ 実がならない理由は?

2015-03-12 人気の果樹
モモ、ジューシーで美味ですモモ(桃)は夏のわずかなシーズンにだけ、味わうことができる果実です。モモは果樹の中でも実がつきやすい方だと言われますが、一向に実が付…

記事を読む

ウメの実 収穫時期は?

ume-mi02.jpg
ウメは使用目的で収穫時期を変えます


ウメには、花を楽しむ花梅と、実を楽しむ実梅の二つの種類があります。
実を楽しむ実梅でも、美しい花を楽しむことはできます。

ウメの実は、梅酒や梅干し、梅ジュースなど、
いろいろな方法で楽しむことができます。

栽培も難しくなく、庭に植えておくと春は花を楽しみ、
夏は実を収穫できて美味しいです。 


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

キンカン 剪定方法は? 図解

kinkan (4).jpg
ほうき仕立てが向いています


まず剪定の時期ですが、3月頃行います。 
キンカンは春に新しく枝を伸ばし、その先に花を咲かせます。

枝が伸びた後に剪定してしまうと、
せっかくできた花芽を切り落とすことになりますので注意します。

キンカンは枝が暴れるということはありませんので、
自然な樹形を生かしたほうき仕立てと呼ばれる、
仕立て方をするといいでしょう。


仕立て方と剪定方法は以下の通りです。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ユズのトゲ

yuzu.jpg
ユズは庭木としても人気の高い果樹です


温暖な気候を好む柑橘類の中でも耐寒性が強く日本でも育てやすいです。
性質も丈夫で、果樹を初めて育てる人にも栽培しやすいのですが、
少々難点もあります。それがトゲです。

トゲが出る植物は色々とありますし、
柑橘類はどれもトゲが多少なりとも出てきます。

その中でも、ユズやレモンといった人気の高い柑橘は、意外とトゲが鋭いのです。
トゲを放っておくと危なそうだけれど、
すべて切り取ってしまっても良いものか悩みます。

ユズを育てる上で、トゲはどう処理していけばよいのでしょうか。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

果樹 冬支度

mikan.jpg
ミカン畑


果樹は庭植えでも鉢植えでも育てられるものが多くなり、
最近では記念樹やシンボルツリーとしても人気があります。

日本の冬に耐えられる品種であっても、
冬支度の一工夫で、生長が良くなり病害虫の被害が減ります。

寒さに少し弱い品種の場合は、本格的な寒さがやってくる前に、
防寒や枝折れなどの作業を済ませておきましょう。

寒くなる前にやっておきたい、果樹の冬支度をまとめました。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ユズ プランターの育て方

yuzu2016-004.jpg
ユズ、鉢やプランターで栽培できます


ユズを育てたいと思っていても、庭を持っていなかったり、
スペースが限られていて、断念する人も多いでしょう。

けれど、ユズはプランター(コンテナ)や鉢で育てられる柑橘類です。
ベランダや庭で、実をつけたユズを見て楽しみ、
収穫して料理や飲み物に使って楽しむことができます。 


プランターなどの容器栽培で、ユズを育てるポイントをご紹介します。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ユズ 日当たりは?

yuzu2016-005.jpg
鉢植えなら、日当たりの良いところに移動できます


ユズは庭木として花や実を見て楽しむこともできますし、
実や蕾を収穫して料理に使うこともできるため、昔からとても人気があります。

柑橘類は温暖な気候を好むものが多く、寒さが苦手な場合が多いのですが、
ユズは柑橘類の中では耐寒性が高いのが特徴です。


耐寒性の高さも、日本で人気が衰えない理由の1つでしょう。
品種を選べば、鉢植えでの栽培も比較的簡単にできます。

ユズを育てるためのには、どのような日当たり、環境が適しているのでしょうか。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

キウイフルーツ 受粉

kiwifruit-new02.jpg
キウイフルーツフルーツに実をつけさせるためには、
雌しべに花粉をつける人工受粉が必要です


本来は風や虫によって、自然に受粉されるものですが、
自然に任せているだけでは、思うように大きな実が育たなかったり、
受粉せずに実がつかないことがあります。

» 続きを読む

 カテゴリ

パッションフルーツの冬越し方法

Passion fruit (5).jpg
パッションフルーツの取り込みは、9月下旬〜10月上旬までにします


パッションフルーツは南国の植物で近日人気ですね。
日本の冬はどのように栽培したら良いのでしょうか?

» 続きを読む

 カテゴリ

レモン 葉面散布

lemon (11).jpg
レモンを育てていると、葉の色が薄くなることがあります


レモンの葉は栄養状態や病気の発生などを見るバロメーターでもあります。

葉の色が薄くなったりした時には、
株元への追肥よりも、葉面散布(ようめんさんぷ)の方が有効な場合があります。

葉面散布を行い、効率的に影響を吸収させ、元気な状態を保つようにしましょう。


[レモン 葉面散布]


■葉面散布が必要な時

レモンの葉面散布が必要な時は、養分などが不足して、葉の色が薄くなった時です。
基本の追肥を行っていても、土の状態や株の生育状況によって、
不足する成分が出ることがあります。

例えば、葉の緑色がだんだんと薄くなり、黄色くなっていくのは、
窒素が不足しているサインです。
酷い時には、全体が黄色く変色し、落葉します。

また、役目を終えて不要になった葉も、
黄色くなって自然に落葉することがあります。

症状が似ているため、勘違いすることが多いのですが、
自然に落葉する場合は数が少ないのが特徴です。

窒素不足による落葉は、葉の変色のスピードが早く、落葉する枚数も多くなります。
また、マンガンが不足している場合は、
葉脈が黄色く変色し、葉に模様ができたようになります。

単純に土中のマンガンが少なくなっている場合にも症状が出ますが、
土がアルカリ性に傾くと、マンガンが吸収できずに症状が出ることがあります。

レモンは根からだけでなく、葉からも栄養分を吸収することができます。
特に窒素やマンガンなどの微量成分を吸収しやすいので、
こういった症状が出た時には葉面散布がお勧めです。


■葉面散布するもの

葉面散布する時は、市販されている液体肥料で構いません。
他にも、園芸用の尿素などがお勧めです。
どちらも必ず薄めてから使うようにします。

液体肥料の場合は、リン酸が少し多めのものを使うと良いでしょう。
窒素・リン酸・カリが6:10:5くらいのものが良いです。


液体肥料の場合は、水で1000倍に薄めて散布します。
園芸用の尿素を使う場合は、粉末タイプを300倍に溶かして使います。


■葉面散布するタイミング

葉面散布するなら、効率的に栄養を吸収しやすく、
また効果的な時期を選ぶと良いでしょう。

1. 春枝を充実
レモンは春になると、新しい枝を伸ばし始めます。
この枝の伸びが止まる6月上旬頃が、葉面散布にお勧めの時期です。

このタイミングで葉面散布することで、
春に出た新しくてまだ柔らかい枝や葉に栄養を与え、春枝を充実させるのが目的です。
6月上旬に7日おきに2回散布しましょう。

2. 樹勢回復
レモンの実を収穫した後、樹勢を回復させるために葉面散布を行います。
だいたい11月中旬〜11月下旬頃、7日おきに2回散布するのがお勧めです。

実を育てて疲れている株を、このタイミングで樹勢回復させることで、
翌年の生育にも大きく影響してきます。

3. その他
時期は特に関係なく、葉色が薄いなと感じた時に葉面散布するのもお勧めです。
根から吸収するよりも直接的なため、効果が見えやすくなります。


hunnmuki.jpg
蓄圧式噴霧器4LグリーンガーデンGG4.0L 1,880円 C)ガーデニングどっとコム


■葉面散布の方法

葉面散布をする時は、薄めた養液(園芸用尿素や液体肥料)を、
スプレーなどを使って散布します。
中に入れるのは液体なので、市販の安いスプレーで構いません。

株がすでに大きくなっている場合は、園芸用の噴霧器などが便利です。
噴霧器の中にも、手動のものや電動のものがあり、
値段も様々ですので、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

ただし、葉面散布する時のスプレーや噴霧器は、
他の薬剤を散布する時のものとは分けた方が安心です。 


もし同じ容器を使用する場合は、よく洗ってから葉面散布に使用するようにします。
薬剤散布に使った後の容器は、意外と薬剤が残っていることがあります。
養液と混ざってしまうといけないので、水でよく洗い流しましょう。

散布する時は、葉の表面だけでなく、裏側にも散布するようにします。
葉は表面だけでなく、裏側からも栄養を吸収するため、裏側にもたっぷりとかけておきます。

散布の時に枝や実に養液がかかっても、特に問題はありません。
散布していない部分が出ないよう、しっかりと散布しておきます。

■レモンのわかりやすい育て方
・レモンの葉が枯れる理由
・レモン 鉢植えのコツ
・レモンの木の育て方のコツ
・レモンの育て方 庭植え|低温に弱いので冬は防寒対策を
・レモン栽培 鉢植えと庭植え|長所と短所は?
・レモンの育て方 鉢植え|春の花だけ結実させて立派な実に
・レモン 花は咲くが実がならない
・レモン 花が咲かない理由は?
・レモン 剪定方法は?
・レモン 室内での育て方
・レモン 種からの育て方
・レモン ベランダでの育て方
・レモン 収穫時期
・レモン 実が落ちる
・レモンの肥料
・レモン 無農薬の育て方
・レモン 収穫して保存するには?
・レモン 購入して保存するには?
・レモンの病気
・レモン トゲ取り
 カテゴリ
 タグ

レモン 実が落ちる

lemon03.jpg
レモンの花


レモンを育て、やっと花が咲いた後、小さな実を発見すると、
飛びあがるほど嬉しい気分になります。

ところが、小さな実が大きくなることなく、ぽとりと落ちることがあります。
着果直後の、ほとんど膨らみのない実はもちろん、
膨らんで収穫できるまで育つのではと期待していた実も落ちることがあります。

レモンの実が落ちてしまう原因は、1つとは限りません。
原因と突き止めることで、翌年以降の実付きが改善することもあるので、
何か理由がないかチェックしてみましょう。


lemon0604.JPG
レモンの若い実


■レモン 実が落ちる

1.木が若い
レモンは結実できるようになるまで、少し時間がかかります。
購入した接ぎ木苗であっても、初めて実をつけて収穫できるようになるまでに、
少なくとも3年はみておいた方が良いでしょう。

花自体は、植え付けをした翌年に咲かせることもありますが、
その後着果して実を肥らせるほどの体力は、小さなレモンの木にはありません。


そのため、株が大きくなって充実してくるまでは、実はつきにくくなります。
開花して小さな実がついたとしても、ある程度まで育つと、
ぽとぽとと実が落ちるのは、実を育てる力がまだないということです。

種から育てた実生苗であれば、接ぎ木よりもさらに収穫まで時間がかかります。
柑橘類は植え付けから収穫までに時間がかかるので、気長に待ってあげましょう。


lemon01.JPG
レモンのつぼみ、この時点でドキドキしていました(笑


2.葉数が少ない
前年、あるいはその年の葉が少ないと、実がついても途中で落ちてしまいます。
レモンは常緑性の果樹です。

本来は冬の間も葉は残りますが、品種や育てている地域によっては、
冬の間の寒さで葉が落ちてしまうことがあります。

葉の数が極端に少ないと、春以降の立ち上がりが悪く、
光合成して体力を補うことができません。

春以降も、アゲハの幼虫などに葉を食害され、丸裸になってしまうと、
やはり実を育てるほどの養分を作ることができず、実が落ちます。

冬の間は、寒い地域では、室内に取り入れた方が安全です。
窓辺の日当たりの良い場所に置き、
日中が暖かい場所なら、葉をつけた状態で越冬が可能です。

暖地など、冬の間が比較的暖かい場所であれば、
寒冷紗などで株を覆い、軒下などに置いておくことで冬越しが可能になります。

ただし、暖地であってもまだ株が若いうちは、寒さに耐える力が弱いので、
戸外よりは室内に取り込んで過ごす方が安心です。

3.隔年結果のため
レモンに限らず、柑橘などの果樹には隔年結果という現象があります。
これは花がたくさん咲いて実がたくさんできる年と、そうでない年があります。

実がたくさんできる年を表年、そうでない年を裏年と呼ぶこともあります。
この表年の時に、つけられるだけ実をつけてしまうと、体力が激減します。

すでに大株に育っているレモンであっても、
表年で実をつけすぎると、翌年の実が減ります。

裏年は、花が開花したとしても、着果した後にどんどん実が自然落下します。
これはレモン自身が、育てられるだけの実を残し、あとは落とす生理現象です。

病気ではないので、その後に枯れるということは心配しなくても大丈夫です。
表年に実をつけすぎると、裏年の収穫量の減少が著しく出ることがあるため、
できれば摘果を行うようにします。

レモンの場合、だいたい葉8枚に対して1個の実が残るように摘果すると、
その年に体力を使いすぎることがありません。


毎年できるだけコンスタントに収穫したいのであれば、
摘果も大事な作業の1つとなります。


lemon (13).jpg
摘果は、ちょっと勇気が必要です


4.肥料が適していない
レモンを育てるためには、肥料が欠かせません。
ただ、肥料の種類がレモンに合っていなかったり、
与えるタイミングが悪かったり、量が間違っていたりすると、実がつきにくくなります。

肥料には色々と種類がありますが、
レモンを育てる時には骨粉や油カスが含まれているような有機質の肥料と、
緩効性の化成肥料、即効性の化成肥料を使い分けます。


油カスや骨粉が含まれている肥料は、窒素が多めのことが多いですが、
緩効性と即効性の化成肥料は、窒素・リン酸・カリが同等のものを選びます。

すべての肥料を窒素が多いものだと、枝葉だけが育って実付きが悪くなります。

5.剪定が良くない
レモンの花が咲きやすいのは、節間の広い長い枝よりも、節間の狭い短い枝です。
剪定を行う時は短い枝を優先的に残り、長く伸びすぎた枝を選んで切ります。

レモンを剪定する時に迷うのが、中くらいの長さの枝です。
この枝は軽く切り返すことで、短枝を出します。

その年には実をつけませんが、短枝が発生することで、
翌年に花が咲くので、中枝は切り返すようにします。

ただし、切り返す位置を間違えると、徒長枝が発生しやすいので注意します。
徒長枝は枝を伸ばす力が強く、花が咲いても数が少ないことが多く、
そのまま実をつけても落ちてしまうことも多いのです。


できるだけ徒長枝が出ないように剪定するのがポイントです。

■レモンのわかりやすい育て方
・レモンの葉が枯れる理由
・レモン 鉢植えのコツ
・レモンの木の育て方のコツ
・レモンの育て方 庭植え|低温に弱いので冬は防寒対策を
・レモン栽培 鉢植えと庭植え|長所と短所は?
・レモンの育て方 鉢植え|春の花だけ結実させて立派な実に
・レモン 花は咲くが実がならない
・レモン 花が咲かない理由は?
・レモン 剪定方法は?
・レモン 室内での育て方
・レモン 種からの育て方
・レモン ベランダでの育て方
・レモン 収穫時期
 カテゴリ
 タグ

レモン 収穫時期

lemon.JPG
こんな小さなレモンが……


レモンの花が初夏から夏に咲き、その後に実がついて、
少しずつ大きく膨らんでくるのを見ると、気になるのがいつ収穫するかです。

レモンは一般的には、黄色いイメージですが、
栽培している果実が緑色でも収穫して使うと美味なんですね。

グリーンレモンという名前で、スーパーなどでもたまに売られています。
グリーンレモンは、そういう品種が特別にあるのではなく、
一般的な品種のレモンを若どりしたものです。

レモンの実は、最初濃い緑色をしていますが、
少しずつ熟してくると、緑が薄くなり、明るい色になってきます。

さらに熟してくると黄色くなり、よく知っているレモンの色になっていきます。

では、グリーンレモンとイエローレモン、
それぞれの収穫適期はいつごろなのでしょうか。


lemon (2).JPG
今日現在、こんなに大きく♪


[レモン 収穫時期]


■グリーンレモン

グリーンレモンは、表面の皮が緑色をしているので、そう呼ばれています。
青臭そうに見えますが、適期に早採りしたグリーンレモンは本当おいしいです。

収穫が早すぎると、青臭かったり果肉が硬すぎてしまうことがありますが、
適期内であれば、イエローレモンにはないスパイシーな独特の香りが楽しめます。

熟し具合もまだ若いので、果汁も酸味が強いのが特徴です。
皮が硬く、イエローレモンに比べると果肉も硬く日持ちがするのも嬉しいところ。

グリーンレモンの場合は、だいたい10月上旬〜10月下旬くらいに収穫が始まります。
最初は濃い緑色だった果皮が、だんだんと緑が薄くなり、黄緑色になっていきます。

この黄緑色になったくらいが、グリーンレモンの収穫適期です。
また、表面にある細かい凹凸が滑らかになるのも、収穫が可能になったサインです。

これを過ぎると、イエローレモンに近くなっていき、
独特のスパイシーさが減ってしまいます。

反対にタイミングが早すぎると、香りも味もまだのっておらず、
十分に美味しさを楽しむことができません。

最初は色からタイミングをはかるのが難しいかもしれませんが、
よく観察しながら収穫をしていると、ベストタイミングが分かるようになります。


lemon20(5).jpg
イエローも美味しいですが、グリーンは本当新鮮な味わいです!


■イエローレモン

グリーンレモンとして収穫できるようになった後、そのまま木につけておくと、
緑色だった果皮が黄色くなっていきます。

皮の硬さも弱くなり、表面には弾力が出てきます。
こうなってきたら、イエローレモンとして収穫ができるようになっています。

イエローレモンは、グリーンレモンのようなスパイシーな香りはありませんが、
代わりにフルーティーな香りが加わります。

鋭かった酸味も角がとれ、柔らかくなります。
果肉も柔らかくなり水分をたっぷり含んでいるので、絞れば果汁がたっぷりととれます。

11月中旬頃からイエローレモンとして収穫できるようになりますが、
気候によってはそれよりも前に収穫適期を迎えることもあります。

イエローレモンとして収穫できる頃になると、気候も寒いくらいになってきます。
気温が低くなると、実が熟すスピードが遅くなります。

すでに株が大きくなっていて、たくさんの実がなっている場合、
必要な時に収穫するようにしておくと、
いつでもフレッシュなイエローレモンを楽しめます。

ただし、実を木につけたままにしておくというのは、レモンにとっては負担です。
大株に育っているものであっても、できるだけ早く収穫しましょう。
本格的に寒くなる前には、すべての実を収穫すると良いです。

■レモンのわかりやすい育て方
・レモンの葉が枯れる理由
・レモン 鉢植えのコツ
・レモンの木の育て方のコツ
・レモンの育て方 庭植え|低温に弱いので冬は防寒対策を
・レモン栽培 鉢植えと庭植え|長所と短所は?
・レモンの育て方 鉢植え|春の花だけ結実させて立派な実に
・レモン 花は咲くが実がならない
・レモン 花が咲かない理由は?
・レモン 剪定方法は?
・レモン 室内での育て方
・レモン 種からの育て方
・レモン ベランダでの育て方
 カテゴリ
 タグ

サクランボの肥料は?

sakuranbo2.jpg
サクランボの木を充実させて、良い花をたくさん咲かせ、
おいしい実をつけさせるには、適切な施肥を行う必要があります


とはいえ、無闇に肥料を与えても、実がつかなかったり、
サクランボの株が弱ることもあるので要注意です。

サクランボは、肥料の与え過ぎが問題になることが多いので、
必要な時期に適量を与えることが大切です。


与える肥料は、基本的には窒素・リン酸・カリのリン酸が、
少し多めのものを選ぶと良いでしょう。

窒素が多いと枝葉ばかりが伸び、
カリが多いと実の色が悪くなってしまうので注意します。


[サクランボの肥料は?]


■元肥の与え方

・地植え
11月〜3月、深さ40cm、直径40cmほどの植え穴を掘ります。
掘った土は二等分し、その一つの半分量に腐葉土を混ぜ込み、
残りの半分量に鶏ふん、油かすなどの堆肥をよく漉き込みます。

腐葉土や鶏ふんを漉き込んだ土を、まず植え穴へ戻し、
何もしていない土をその上に埋め戻します。

・鉢植え
12月〜3月が苗木の植え付け適期です。
6〜8号の鉢を用意し、鉢底石をいれて、
少しずつ用土を入れて苗木とていねいに馴染ませます。

果樹の培養土を使うと元肥が入っていて便利です。
自作用土の割合は、赤玉土6、腐葉土3、川砂1くらいが良いようです。

元肥は、果樹の肥料や緩効性肥料を規定通り混ぜ込みます。


sakuranbo3.jpg
花も実も楽しめるのが魅力です


■追肥の時期

サクランボに追肥を与える時期は、1年に3回あります。

どれもサクランボが充実した株になり、
おいしい実をつけるのに必要な肥料です。
地植えでも、鉢植えでも、肥料を与える時期は同じです。

・3月初旬
春から動き出す根や芽に、必要な養分を与えるための肥料です。
この時の肥料は、即効性のある化成肥料を与えます。
量はあまり多く与えず、少量にしておきましょう。

・7月中旬〜7月下旬
実の収穫が終わったら、肥料を与えます。
この時期、実を大きく育てた後の株は疲れています。

体力を消耗している状態の株を、
肥料を与えることで回復させるための追肥です。

しっかりと肥料を与えておかないと、株は弱ったままになり、
翌年に、実付きや花付きが悪くなってしまうことがあります。
できるだけ早く体力を回復させるため、即効性の化成肥料を与えます。

・12月〜1月
冬の時期は、葉が落ち、表面上は休眠している状態です。
ところが、この時期は花芽を作るための大切な時期なのです。

春に充実した花をたくさん咲かせるために、この追肥が必要になります。
この時の肥料は、有機質肥料が適しています。
鶏ふんや油カス、骨粉などを与えましょう。


sakuranbo1.jpg
サクランボができています


■追肥の与え方

地植えも鉢植えも、肥料の与え方はほとんど同じですが、
多少の違いがあるので参考にしてください。

・地植え
肥料を与える時、できるだけ根が肥料に触れないようにします。
幹に近いところは避け、少し離れたところにばらまくように与えます。

化成肥料を与える時は、土の表面にぱらぱらと播くだけで問題ありません。
冬に与える有機質肥料の場合は、万遍なくばらまいた後、
土をかぶせるか、軽くすきこんでおきます。

有機質肥料が土と混ざることで、分解が早まり、
肥料効果がよく出るようになります。

・鉢植え
地植えと同じように、幹に近い部分は避け、
できるだけ根に肥料が当たらないようにします。
化成肥料の場合は、土の上にばらまくだけで大丈夫です。

冬の肥料を与える時、地植えのような鶏ふんや油カス単体の肥料ではなく、
それらを固めて丸めてある「玉肥」を使うと便利です。

玉肥を与える時は、少し土に埋め込むようにすると、
成分がよく浸み込んで、効きが良くなります。

■わかりやすい育て方
・サクランボの育て方 庭植え|成熟期の裂果に注意します
・サクランボの育て方 鉢植え|夏の西日を避け過湿に注意します
・サクランボ 剪定のコツ
・サクランボの実がならない理由
 カテゴリ
 タグ

クランベリーの用土は?

Cranberry (1).JPG
クランベリーは、美しい実と葉色も楽しめる植物です


しかし、クランベリーは栽培が少し難しい植物で、
私も、枯らしたり、開花したのに結実できなかったことがあります。

まず、クランベリーは土の配合を間違えると枯れることもあります。
クランベリーの好む用土はどのようなものでしょう。


■クランベリーの用土は?

1.好む環境は?
クランベリーは北米原産の常緑の植物です。
もともと、沼地などの湿地帯に生息している植物です。

そのため、湿り気のある土壌を好みます。
クランベリーの根は浅く、乾燥には大変弱い植物です。

2.好む用土は?
クランベリーは酸性の土壌を好む植物です。
土壌の酸性度が好みに合わないと、株がすぐに弱ってしまいます。

もともと湿地帯に生息している植物なので、
本来は過湿には強く水を欲しがる植物です。

クランベリーは寒い地域の植物で、寒さには大変強いのですが、
暑さにはとても弱い植物です。

日本の夏はクランベリーにとっては過酷な環境になります。
夏の高温に加えて過湿の状態になると、
湿地の植物であっても根腐れを起こしてしまいます。

東北や北海道のような寒冷地以外の栽培では、
酸性土壌にすることに加え、水はけも良くしておく必要があります。


Cranberry (2).JPG
用土に気遣うと、元気に育ちます


3.土の配合は?
クランベリーの用土は、基本的には市販の、
ブルーベリーの用土でも良いでしょう。

しかし、関東以西の地方ではパーライトや砂を混ぜ、
水はけを良くしておきます。

自分で用土を配合するのであれば、
鹿沼土に酸度無調整のピートモスを1:1で配合します。

酸度を調整しているピートモスは中性に調和されています。
酸度調整をされたピートモスではクランベリーの好む、
酸性の土壌をつくることができません。

ピートモスを購入するときは、
必ず酸度無調整であることを確認しましょう。

肥料に鶏糞など有機肥料を使うと、
寒冷地以外では根腐れをおこしやすくなります。
肥料は化成肥料を使うと安心です。

4.鉢の管理は?
クランベリーは酸性度の高い用土を好みます。
しかし、用土は時間の経過とともに酸性度が弱酸性に傾いていきます。
そのため、クランベリーの鉢は、
2年に一度は植え替えを行う必要があります。

植え替えは、11月か2月中旬〜3月中旬が適しています。

■クランベリーのわかりやすい育て方
・クランベリーの育て方 庭植え|小さい高原性の果実
・クランベリーの育て方 鉢植え|小さく仕立てても数多く収穫
・クランベリー 実がならない原因は?
・クランベリーの植え替えは?
・クランベリーの剪定方法
 カテゴリ
 タグ

キンカンぷちまるは育てやすい!

puchimaru.jpg
キンカンぷちまる C)花ひろばオンライン


■キンカンぷちまるは育てやすい!

1. キンカンぷちまるとは? 
ぷちまるは、「ナガミキンカン」と「4倍体ニンポウキンカン」を、
かけあわせた品種で、1999年に開発された新しい品種です。

この品種は従来のものよりも小型で、種なしの実が生ります。
コンパクトに育てられるということは、
鉢やプランターでの容器栽培でも育てやすいです。

実は果汁が少ないものの、キンカン特有の苦みが少なく、
甘みが強い味をしています。

キンカンはあの小さな実の中にたくさんの種が入っているため、
少々食べにくく感じることがありましたね。

ところがぷちまるは種なし品種のため、味もよくとても食べやすいです。
キンカンの食べ方としては、甘露煮か生食が一般的ですが、
苦みや酸味のせいで生食には向かないこともあります。

ぷちまるは皮ごと丸かじりしても甘くおいしく食べられるので、
生食することも、できます。

もちろん、甘露煮にしてもおいしくいただけます。
しかも一本で結実するため、
ベランダや栽培スペースが限られている方にもおすすめです。

他にも、耐寒性・耐病性・害虫にも強くトゲもないので、
柑橘類を育てるのが初めてという方でも育てやすいでしょう。

2. ぷちまるを収穫したら種があるのは?
キンカンの一品種である「ぷちまる」は、確かに種なしの品種です。
ところが、まだ株が若い間は種のある実がつくことがあります。

どの程度の比率で出るのかは、株の生長具合や充実具合によって違います。
収穫した実のうち、すべてに種が入っていたり、
育てて10年以上経っているのに種が入っている場合は、
もしかしたら品種違いの可能性があります。

けれど、育てて数年しか経っておらず、
初めて収穫した実に種が入っていたということであれば、
決定的に品種違いということにはなりません。

収穫した実に、種のあるものとないものが混じっている場合は、
あと数年育てて様子をみてみましょう。

■キンカンのわかりやすい育て方
・キンカンの育て方 庭植え|耐寒性が強く栽培しやすいです
・キンカンの育て方 鉢植え|実も花も楽しめ美味です
・キンカン 実がならない理由は?
・キンカン 剪定方法は? 図解
・キンカン 肥料の与え方は?
・キンカン鉢植えの植え替え時期と方法
・キンカンの栄養
・キンカン 種からの育て方
・キンカンの種類は?
・キンカン 枯れる原因は?
・キンカンの病害虫は?
 カテゴリ

果樹 梅雨対策

sakuranbo.jpg
梅雨には、サクランボ、ビワ、アンズ、モモなどが結実します


梅雨で雨が続くと、せっかく大事に育てている果樹も、
元気がなくなってしまいます。

果樹の梅雨対策はどのようにしたら良いでしょう。


■果樹 梅雨対策

1.梅雨時期の被害は?
梅雨時期は、天候不良による日照不足と、
長雨や集中豪雨による過湿による被害が起こりやすくなります。

日照不足になると、葉が光合成を十分にできなくなります。
そのため、新梢の発育が遅れたり、花芽の発育が遅れ、
開花が遅れたり花数が少なくなってしまいます。

過湿状態が長く続くと、根が腐ってしまいます。
腐ってしまった根は、給水する機能が弱くなり、
梅雨が明けて晴天が続くと、樹が水分不足に陥ります。

過湿によって枝や葉が蒸れたり、雨水が跳ねたりすると、
水分を媒介とする病気が発生しやすくなります。

また、梅雨時期は、地中の微生物が目覚めて活動を始める時期です。
微生物が活動を始める時に、土壌の酸素を必要とします。

雨が続くと、土壌の酸素が不足し、微生物は生き延びるために、
有機物や無機物と結びついている酸素を奪い取ってしまいます。

酸素を奪われた有機物や無機物は、
根に強い毒性を持つ物質へと変化をします。

この毒性のある物質によって、
果樹の根が痛み、枯れてしまうのです。


sumomo.jpg
スモモも食べごろです


2.日照不足への対策は?
余分な枝を間引き、樹の内側に日の光が入りやすいようにします。
ただし、あまりにもたくさんの枝を切り落としてしまうと、
新梢が伸びやすくなってしまうので注意します。

木の根元に、シルバーのシートを敷いて、
日光の照り返しを確保するのも良い方法です。

また、日照不足になると、
果実は充分に成熟しないうちに色づいていきます。

収穫は、果実の色で判断せず、
味を見てから収穫したほうが確実です。


ame.jpg
排水に気をつけます

3.降雨への対策は?
大雨で冠水してしまったら、
24時間以内に排水をしないと、根が腐ってしまう可能性が高くなります。

木の根元に土を高く持っておいたり、排水溝への傾斜を確保し、
降雨時に雨が溜まりにくい環境を作っておきましょう。

■関連記事
・育てやすい果樹 7選
・ベランダで育てやすい果樹 7選
 カテゴリ
 タグ

キウイフルーツ 種からの育て方

kiwifruit 007.jpg
種をみると、どうも育てたくなります


■キウイフルーツ 種からの育て方

市販されているキウイフルーツ(kiwifruit)から種をとり、
それをまいて育てることは十分可能です。

ただ、種をまいても満足に発芽しない場合もありますし、
発芽した後も、花が咲くようになるまでは長い年月がかかります。

・種の準備

もし乾燥した状態の種が手に入ったのであれば、
一晩水につけておき、十分に水を吸わせておきます。

市販されているキウイフルーツから種をとる場合は、
種の部分をスプーンなどで実から取ります。

目の細かいざるなどに入れてよく洗い、
種のまわりについている果肉をよく落とすようにします。

洗った後、キッチンペーパーなどの上にあけて、
一度軽く水気をふきます。

この時、種のまわりに果肉が残っていたら、
できるだけ取り除くようにしておきます。

実から直接種をとった場合は乾燥していませんが、
念のため一晩水につけておくようにします。

・種まき
キウイフルーツは気温が合えば年中発芽しますが、
本来の生育期は春から秋までです。

春に発芽させて育てることで、
晩秋に落葉した後も枯れずに越冬できる可能性が高くなります。
そのため、種まきを試すのであれば、4月〜5月頃がおすすめです。 

種まきをするときの用土は、
市販の種まき用の用土、小粒の赤玉土でも十分です。

鉢や小さなプランターに用土を入れ、あらかじめ湿らせておきます。
用土の上から種をばらまきします。

上から土をかける必要はありませんが、
用土が乾くと発芽率が悪くなるので、
発芽するまでは用土が乾かないように注意します。

日当たりの良い場所でも発芽はしますが、用土が乾きやすいので、
半日陰〜明るい日陰程度の場所に置き、発芽を待ちます。


kiwifruit 005.jpg
雌雄が分からないのが、難しいところです


・芽が出たら
環境さえ合えば、2週間ほどでぽつぽつと小さな芽が出始めます。
まだ小さいうちは乾燥と強い光に弱いため、用土が乾燥しないように注意し、
半日陰〜明るい日陰の場所で育てるようにしましょう

発芽直後、あまりに込み合っている場合は、間引きを行います。
ピンセットなどを使って、生長の悪いものや葉が欠けたりしているもの、
などを選んで間引き、芽と芽の間に隙間を作ります。

芽が出てすぐのキウイフルーツは、
根も浅く、間引きはさほど難しくありませんが、
隣り合った芽がひきずられて抜けてしまうことがあるので、
作業はそっと行いましょう。

・ポット上げ
春にまいた種が発芽して順調に育つと、
7月頃には本葉が数枚くらいになっているはずです。

ここまできたら、1株ずつポットに移植しましょう。
移植する時、根を傷めないようにする必要があります。

スーパーやコンビニなどでもらえるプラスチック製のスプーンや、
不要になったティースプーンなどを使うと、
比較的容易に株を分けることができます。

ポットに入れる用土は、市販されている園芸用の培養土で十分です。
キウイフルーツは元々あまり肥料を必要としませんので、
しばらくは培養土に入っている元肥だけでも問題ありません。

ポットに移植した後は、まだ根づいていないため、
水切れを起こしやすくなっています。

あまり用土が乾かないように管理し、
最初は半日陰〜明るい日陰に置いて育てます。

株が大きくなるに従い、
徐々に日当たりの良い場所に移動させるようにしましょう。

・栽培管理
ポット上げをした後は、底から根が見えるようになるまで育て、
その後はまた一回りか二回り大きい鉢に移植して苗を育てます。

秋が深まり、寒くなってくるとキウイフルーツは落葉します。
落葉している間は休眠状態ですので、ほとんど根は動きません。

けれどまだ小さな苗の状態では、本来ある耐寒性も弱いです。
できれば霜に当たらないよう、
日当たりがよい軒下などに置いておく方がいいでしょう。

ある程度まで苗が大きく育てば、
その後は通常と同じように管理して問題ありません。


kiwifruit  (3).jpg
中心に膨らみのあるのが雌花だそうです


・雌雄の見分け方
キウイフルーツには雌株と雄株があり、
どちらか片方だけ育てていても、実をつけることができません。

種から育てた場合、どの芽が雌株なのかは、
花が咲いてみるまで判別することはできません。

しかも花が咲くようになるまで、早くて3年はかかります。
選んだ2株が必ずしも雌株と雄株であるとは限らないので、
複数の株を残して育てる必要があります。

一説によると、雌株と雄株では生長の速度が違い、
生長が早い方が雄株である可能性が高いそうです。

生長のスピードの差が出るのは以外と早く、
本葉が1枚か2枚出る頃には差が歴然となる場合もあるようです。

そのため、間引きをする時には少し注意する必要があります。
育ちが悪いからといって、小さな芽をすべて間引いてしまうと、
それが雌株である可能性があるため、雄株ばかり残ります。

ある程度、そろって発芽したものをよく観察し、
生長の早いものと遅いもの、両方を残して育てるようにします。

■キウイフルーツのわかりやすい育て方
・キウイフルーツの育て方 庭植え|収穫後の冬剪定が大切
・キウイフルーツの育て方 鉢植え|水切れに注意します
・キウイフルーツ 実がならない
・キウイフルーツ 追熟のコツ
・キウイフルーツ 苗木の植え方
 カテゴリ

キウイフルーツ 苗木の植え方

kiwifruit  (2).jpg


キウイフルーツは雌雄異株のため、実の収穫をする場合は、
雌株と雄株の両方を育てる必要があります。

どちらも基本的には地植え・鉢植えどちらでも育てられますが、
実をつけた時に水分を特に欲しがるため、
雌株は地植えにしておいた方が無難です。

キウイフルーツを、どうしても鉢植えで育てたい場合は、
必ず10号鉢(直径30p)以上の鉢を使うようにし、
夏場の水切れにはくれぐれも注意しましょう。

キウイは雌株も雄株もよく伸びるため、スペースに限りがある場合は、
雌株を地植えにして雄株を鉢植えで育てるという方法もあります。


■キウイフルーツ 苗木の植え方

・植え付け時期
キウイフルーツは落葉樹のため、
落葉期である12月〜3月の間が植え付けの適期となります。

寒冷地の場合は、3月か4月頃に植え付けると良いです。
芽が動きだしてから霜にあってしまうと、
芽が傷んで生長できなくなることがあるので注意します。

・環境
キウイフルーツは、日当たりと風通しの良い場所を好みますが、
鉢植えにしているなどの理由で水切れが心配な場合は、
夏場だけ半日陰に移動させることも可能です。

枝が折れてしまうことがあるので、強風の吹く場所は避けます。
鉢植えでも地植えでも、枝を誘引するための場所が必要となるため、
支柱や棚を設置できるスペースを確保する必要があります。

・土
キウイフルーツは乾燥と過湿に弱いため、
水はけと水もちの良い土に植え付ける必要があります。

鉢植えの場合は、市販されている果樹用の培養土で充分ですが、
土を自作する場合は小粒の赤玉土6に腐葉土4を加えて、
よく混ぜたものを使うようにしましょう。

地植えの場合は苗を植え付ける、
2週間以上前に土作りを終えておくようにしましょう。


kiwifruit (2).jpg
キウイフルーツを美味しく育てるのは難しいそうです


◎地植えの場合
キウイフルーツを植え付ける2週間以上前に、土作りを行います。
まず、苗を植え付ける予定の場所を耕します。

深さ・幅ともに40cm〜50cmは耕すようにします。
よく耕したら、底から半分くらいが埋まるように、
土・腐葉土・油かす・牛糞堆肥・苦土石灰を混ぜたものを入れます。

その上から土・腐葉土・苦土石灰を混ぜたものを入れて、
耕した部分が埋まるようにします。

キウイフルーツは酸性土壌を嫌うため、
苦土石灰は必ず入れるようにします。

苗木の根鉢がすっぽり入るくらいの穴をあけ、そこに植え付けます。
水はけに少し不安がある場合は、
少し土を盛り上げてから植え付けると、水はけがよくなります。

植え付けが終わった後は、水をたっぷりと与えておきましょう。

◎鉢植えの場合
10号以上のサイズの鉢を用意します。
鉢穴が大きなものの場合は、まず鉢底ネットを底に敷きます。

その上から鉢底石を底が隠れる程度に入れ、
さらにその上から市販の培養土や自作した用土を、
鉢の縁から2cm〜3cmほど下まで入れます。

キウイフルーツの苗木の根鉢を少し崩してから、
苗木の根鉢が入るくらいの植え穴をあけ、そこに苗木を植え付けます。
植え付けた後は、たっぷりと水やりをしておきます。

キウイフルーツを鉢植えで育てる場合は、そのままにしておくと、
鉢の中が根でいっぱいになって根詰まりを起こしてしまいます。
2年3年に1回は植え替えをするようにしましょう。

■キウイフルーツのわかりやすい育て方
・キウイフルーツの育て方 庭植え|収穫後の冬剪定が大切
・キウイフルーツの育て方 鉢植え|水切れに注意します
・キウイフルーツ 実がならない
・キウイフルーツ 追熟のコツ
 カテゴリ

シークワーサー 苗木販売

sikuwasa20(4)-396f4.jpg
シークワーサー、3〜4月が植え付け適期で、6月中旬くらいでも、よく育ちます


シークワーサーは沖縄原産の柑橘系の果樹です。
耐寒性はよく、関東地方でも路地植えが可能です。

さわやかな酸味はジュースにしても、お酒で割っても、
そのまま食べてもおいしいですね。


sikuwasa.jpg
花は南国調の甘い香りで、白くかわいらしい姿が魅力的です


■シークワーサー 苗木販売

魅力的な果実なのですが、
生の果実を手に入れるのは、なかなか困難です。

庭に一本植えておくと、
さわやかな果実を楽しむことができていいですね。

でも、シークワーサーの苗木を売っている店舗は少なく、
苗木を入手しにくい果樹です。

通信販売であれば入手することができますが、
実際に手に取って選ぶことができないというのは、
生きているものだけに不安ですね。

品質の良い苗木を販売している、
信頼できる販売店をご紹介いたします。

1.花広場オンライン
http://search.rakuten.co.jp/search/inshop-mall/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC/-/sid.221694-st.A

日本最大級の総合園芸通販サイトです。
果樹、庭木、バラ苗、宿根草の苗を幅広く取り扱っています。
品ぞろえが大変多く、花広場オンラインさんでしか、
手に入らないような珍しい苗木もたくさんあります。

シークワーサーの苗木は、こちらのお店こだわりの、
ロングスリットポットという鉢に入って届きます。

ロングスリットポットというのは、ポットに縦に切れ目が入っていて、
そこから根がはみ出せるようになっている鉢です。

根の生長を邪魔しないので、同じ2年生の苗木でも、幹の太さが違います。
ホームページでそれぞれの苗木の育て方を、
詳しく紹介してくれているので、初心者でも安心して購入できるお店です。

2.日本花卉ガーデンセンター
http://item.rakuten.co.jp/nihonkaki/448034/

日本最大級の園芸通販サイトです。
取り扱っているのは、果樹苗、庭木、観葉植物、山野草のほか、
熱帯果樹苗など珍しい果樹など、盛沢山です。

園芸資材も豊富に取り扱っているので、
日本花卉ガーデンセンターさんで必要なものをほとんどそろえることができます。

趣味の園芸など、信頼できるメディアにも多く取り上げられているので、
信頼度も高いお店です。
シークワーサーの苗木の簡単な育て方を、
購入ページで紹介してくれているのもうれしいところです。

3.竹原松寿園
http://item.rakuten.co.jp/shojyuen/c/0000000402/

主に造園業者や果樹農家に果樹を卸販売している果樹苗と植木苗の専門店です。
植栽基盤士補がそれぞれの品種の果樹に合わせて土壌の管理を行い、
緑の安全管理士が病害虫や施肥の管理を行っています。

プロがプライドを持って育てている果樹は、
品質が良く、安心して購入することができます。

竹原松寿園さんで取り扱っているシークワーサーは5〜6年生の大苗で、
購入した年から収穫を期待することができます。

4.渓風園(keifuen)
http://item.rakuten.co.jp/keifuen/kus-921/

体にいい果樹をお求めやすい価格設定でお届けする、
ということをコンセプトにしているお店です。

果樹は全て接ぎ木のもので、できる限り大苗に育てて、
出荷することを信条としているとても誠実なお店です。

渓風園さんのシークワーサーの苗木は接ぎ木なので病害虫に強く安心です。
20000円以上購入すると、送料が無料になります。

5.あなたの街のお花屋さんイングの森
http://search.rakuten.co.jp/search/inshop-mall/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC/-/sid.212152-st.A

果樹のほか、花苗や野菜苗、ハーブ、球根、園芸資材と、
幅広く園芸用品を取り扱っています。

新潟県の自社農場で生産しているので、品質はとても良いものばかりです。
イングの森さんで取り扱っているシークワーサーは3年生の大苗です。

切り戻し剪定をし、切り口の処理をしてから販売しています。
他の業者の苗木より、一見小さく見えますが、
切り戻し剪定をすることによって、樹は無理なく生長することができ、
数年後には目を見張るほど立派に生長してくれます。

栽培説明書付きなのも、うれしいところです。

■参考
・シークワーサーの育て方 庭植え|日当たりのよい場所が好きです
・シークワーサーの育て方 鉢植え|水はけのよい土壌を作ります
・シークワーサー 沖縄以外で栽培できる?
・シークワーサー 実がならない理由は?
・シークワーサーの剪定方法は?
 カテゴリ

モモ 病気と対策

momo.jpg
モモの木の調子が悪いとき、どのように対処したら良いのでしょう


モモ(桃)を大切に育てて、ようやく実がなっても、
病害虫にやられて収穫量が少なくなってしまうのが悩みです。

モモがかかる病気の種類と対処法を調べてみました。


[モモの病気と対策]


1.モモがよくかかる病気
モモの病気として代表的なものに、縮葉病と灰星病があります。

・縮葉病
症状:若い葉が赤くなり、縮れてくる病気です。
進行すると葉全体が白いカビで覆われ、落ちてしまいます。

原因:縮葉病の原因菌は冬の間枝や葉の表面について越冬しています。
低温と過湿に強い菌なので、新梢が生える時期に、
低温と長雨が続くと発生しやすくなります。

対処方法:病気になった葉は切り取ります。
菌やカビが飛び散ると来春また被害に合うので、
切り取った葉は焼却処分か、離れた場所の地中に埋めてしまいます。

菌は枝や葉の表面についているので、休眠期に念入りに、
菌を洗い流すようにオーソサイト水和剤などを散布すると、
ほぼ完全に予防することができます。

・灰星病
症状:モモの実の収穫の直前に淡褐色、水浸状、円形の病斑が発生します。
2〜3日で実全体を覆って灰色の胞子を吐き出し、被害を広げます。
大量発生すると、収穫量を大幅に減らしてしまう怖い病気です。

原因:雨粒に交じっている菌に果実が感染して起こります。
感染するとカビが発生し、カビが胞子を出して増えていきます。

対処方法:病気にかかった実はすぐに取り除き、
できるだけ離れたところの土壌に埋めてしまいます。

病気になった実を触った手で続けて作業を行うと、
感染の原因になるので、手も良く消毒します。

病気が発生した実がなっていた枝は根元から切り取り処分します。
薬剤を散布するのも確実に予防する方法です。

ストロビルリン系薬剤はとても良く効きますが、
耐性菌もできやすいので使用は年に2回ほどにとどめます。

2.モモによくつく害虫
モモによく取りつく害虫には、
コスカシバ、モモハモグリガ、シンクイムシなどがあります。

・コスカシバ
病状:幹や枝が食い荒らされます。取りつかれた幹の表面に、糞の塊が付着します。
食害にあった木は、生育が悪くなり、最悪の場合は枯れてしまいます。

対処方法:糞が付着している木の皮のそばに幼虫がいることが多いので、
木槌などでたたいて処分します。
薬剤は効きにくいのですが、スミオチン乳剤は有効です。

・モモハモグリガ
病状:モモの葉を食害します。食害された葉はふちが茶色くなります。
モモの葉の中央に入り込んで、丸く食害することもあります。

対処方法:9月〜10月にネオニコチノイド系殺虫剤やフェニクッス顆粒水和剤を散布します。


momo.jpg
モモを食べようとしたら実が変色していることがあります


・シンクイムシ
症状:モモの実に潜り込んで、実を食害します。表面はきれいなため、
食害していることに気が付きにくいのが難点です。
食害された実の中身は茶色く変色してしまいます。

対処方法:実に袋をかけることで予防することができます。      
  
3.モモの病気の予防方法
モモの病気や害虫による被害を防ぐためには、まず、品種選びが大切です。
モモにはたくさんの種類がありますが、
家庭での果樹栽培では病害虫に強いものや栽培期間の短い品種が良いでしょう。

「白桃」「あかつき」「大久保」は病気に強く育てやすいのでお勧めの品種です。
家庭で果樹を育てるのであれば、農薬の散布はできるだけ控えたいです。

果樹の周囲の除草をこまめに行うと、
害虫の発生を抑えることができます。
モモは乾燥気味の環境を好みます。

縮葉病や灰星病は雨が多い方が発生しやすいので、
雨が続くときは果樹の観察をこまめに行い、
病気を早期に発見し、できるだけ早く対処しましょう。

病害虫も、早めの発見に努めることで、
被害を最小限に抑えることができます。

また、早めに実に袋をかけることで、
実が害虫に食害されるのを防ぐことができます。

それでも、病害虫を完全に防ぐことは難しいかもしれません。
適切な時期に行えば、農薬の散布を最小限に抑えることができます。

とくに、前年にかかった病気は次の年にも現れる可能性があります。
前年度に病気にかかった果樹は農薬で殺菌しておくと、
病害虫に荒らされる可能性が少なくなります。

■モモのわかりやすい育て方
・モモの育て方 庭植え|水はけと通気性のよい土を
・モモの育て方 鉢植え|根が詰まりやすいので浅植えに
・モモをおいしく育てるコツ
・モモ 自家受粉できる品種は?
・モモの用土は?
・モモ 袋かけは必要?
・モモ 花が咲かない理由は?
・モモ 実がならない理由は?
 カテゴリ
 タグ

モモ 実がならない理由は?

momo.jpg
モモ、ジューシーで美味です


モモ(桃)は夏のわずかなシーズンにだけ、
味わうことができる果実です。

モモは果樹の中でも実がつきやすい方だと言われますが、
一向に実が付かないことがあります。

モモの実がならない原因には、
どのようなことが考えられるのでしょう。


■モモ 実がならない理由は?

1.花付きが悪い原因は?
モモの実がならない原因の一つに、
花芽が付かずに花が咲かないことが挙げられます。

モモの花付きが悪い原因は、
冬剪定の時に花芽を切り取ったことが考えられます。

モモの木は日当たりがとても大切で、
剪定を行わないと枝への日当たりが悪くなり、
花芽が付かない原因になります。

そのため、強剪定を行う必要があります。
強剪定は、花が咲き終わった後か冬に行いますが、
冬に行うと花芽を切り取ってしまうことが多いようです。

花芽が付く枝を見極める自信がない場合には、
剪定は花後に行った方が良いでしょう。

花芽が付かない原因に、日照不足と、
土壌の窒素成分が多すぎることも考えられます。


momo11.jpg
摘果も必要ですね


2.実付きが悪い原因は?
モモの花が咲いたのに、実が付かないこともあります。
この時に一番原因として考えられるのが、
雌しべが受粉できなかったということです。

モモは品種によって、花に雌しべと雄しべがある完全花が咲くものと、
雄しべが退化してしまっている花が多く咲く品種とがあります。

白モモ系は雄しべが退化している花が多く咲きます。
このような品種では、雄しべの多い品種をそばに置くか、
人工授粉させる必要があります。

木に元気がなくても、実付きが悪くなる原因になります。
モモの栽培では、収穫が終わってから与えるお礼肥えが必要です。

お礼肥えが足りないと、木が栄養不足になり、
冬季に冷害に合いやすくなります。

冷害にあった木は、雌しべが役割を果たせなくなってしまい、
実をつけることができなくなります。


momo13.jpg
実が大きくならない理由は?


3.実が大きくならない原因は?
実が大きくならないときには、まず品種を確認しましょう。
モモには、食用のものと観賞用のものとがあります。

美しい花を咲かせたのにもかかわらず、
実がピンポン玉くらいの大きさにしかならず、
ピンク色に熟さないのなら、観賞用である可能性が高いでしょう。

食用のモモの木で、実が大きくならない原因は、実のなりすぎです。
モモはたくさんかわいい花を咲かせますが、そのすべてが実になり、
生長すると栄養分が足りなくて実が大きく育つことができません。

大きくておいしいモモの実を育てるためには、
蕾を取り除く摘蕾や、花を摘み取る摘花、実を取り除く摘果が必要です。
葉15枚に1個の割合で実がなるように調節していきます。 


momo10.jpg
落ちてしまうのは何故でしょう?


4.実が落ちる原因は?
モモの実がなったのに、生長する前に落ちてしまうことがあります。
受粉をしていない実は自然に落果してしまいます。

また、実が大きくなる途中で栄養不足に陥ると、
実が大きくなれずに落ちてしまいます。

単純に肥料不足であることもありますが、
新梢と実が栄養分を取り合い実に栄養が行かないことも考えられます。

■モモのわかりやすい育て方
・モモの育て方 庭植え|水はけと通気性のよい土を
・モモの育て方 鉢植え|根が詰まりやすいので浅植えに
・モモをおいしく育てるコツ
・モモ 自家受粉できる品種は?
・モモの用土は?
・モモ 袋かけは必要?
・モモ 花が咲かない理由は?
 カテゴリ
 タグ



管理人=fuji 野菜栽培19年♪
「猫の額 菜園」で、
野菜や果樹を栽培中!
土と植物からエネルギーをもらっています♪

〒メール

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
ブログランキングならblogram

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
●写真協力
・写真素材 フォトライブラリー
・草花写真館
・季節の花300
Add to Google
My Yahoo!に追加
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
相互リンク