人気の果樹のカテゴリ記事一覧

野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。


 
 スポンサードリンク

カテゴリ:人気の果樹

人気の果樹のカテゴリ記事一覧。野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。
ユズ 実をならせるには?

2017-04-02 人気の果樹
空と似合い美しいですユズ(柚子)の苗を大切に育てているのに、花が咲かない、実がならないという悩みが多いですね。うちの本ユズも、接ぎ木苗から実るまで3年かかりま…

記事を読む

ユズ 仕立て方と剪定方法は? 図解

2017-03-30 人気の果樹
ユズを上手に剪定し仕立てると安定した収穫が!庭や鉢でユズ(柚子)を育てようと思っても、どう仕立てて剪定したら良いのかわからないことがあります。こちらでは、ユズ…

記事を読む

本ユズ 庭植えの育て方

2017-03-23 人気の果樹
本ユズは、お料理に添えると抜群ですねユズは、香りがよく、料理に添えると味をぐんとひきたててくれます。ユズには本ユズとハナユがあります。ハナユは樹形もコンパクト…

記事を読む

本ユズ 鉢植えの育て方

2017-03-20 人気の果樹
家の本ユズ、側枝を紐で水平に誘引したら花がつきましたユズが家にあると、思いついたときに料理に使えて便利です。ユズは樹勢が強く、庭植えでは樹形の仕立て方や剪定に…

記事を読む

キンカン 肥料の与え方は?

2017-03-15 人気の果樹
子供のころから大好きなキンカン「キンカン」は秋の季語にもなっている馴染み深い果樹です。庭樹としても昔から人気があります。ミカン科の果樹に多く見受けられる*隔年…

記事を読む

キンカン 種からの育て方

2017-03-11 人気の果樹
キンカンの種を見ると、育てたくなりますね C)季節の花300キンカン(金柑)をおいしくいただくと、皮ごと食べられるので種だけが残ります。この種から、キンカンの木を…

記事を読む

キンカンの育て方 鉢植え|実も花も楽しめ美味です

2017-03-11 人気の果樹
ガーデン ストーリーさんの苗です、2000円台からあり品質もサービスも良いのが嬉しい♪キンカンの鉢植えの育て方を分かりやすくご紹介します。 キンカンはミカン科キン…

記事を読む

キンカンの育て方 庭植え|耐寒性が強く栽培しやすいです

2017-03-09 人気の果樹
金冠とも書き幸運をもたらす縁起の良い木ですキンカンは中国産の果物です。耐寒性は温州ュウミカンと同じぐらいあり、暑さにも強い果樹です。果実は10〜20グラムと小ぶり…

記事を読む

ウメの品種の選び方

2017-03-07 人気の果樹
ウメは品種選びに気を配りますウメには、いろいろな品種があり、選ぶのに迷います。2品種以上を植えると実がなりやすく、その選び方のコツもご紹介します。 ウメ(梅)…

記事を読む

ウメの実 収穫時期は?

2017-03-01 人気の果樹
ウメは使用目的で収穫時期を変えますウメには、花を楽しむ花梅と、実を楽しむ実梅の二つの種類があります。実を楽しむ実梅でも、美しい花を楽しむことはできます。ウメの…

記事を読む

キンカン 剪定方法は? 図解

2017-02-18 人気の果樹
ほうき仕立てが向いていますまず剪定の時期ですが、3月頃行います。 キンカンは春に新しく枝を伸ばし、その先に花を咲かせます。枝が伸びた後に剪定してしまうと、せっ…

記事を読む

ユズのトゲ

2017-02-07 人気の果樹
ユズは庭木としても人気の高い果樹です温暖な気候を好む柑橘類の中でも耐寒性が強く日本でも育てやすいです。性質も丈夫で、果樹を初めて育てる人にも栽培しやすいのです…

記事を読む

果樹 冬支度

2016-12-30 人気の果樹
ミカン畑果樹は庭植えでも鉢植えでも育てられるものが多くなり、最近では記念樹やシンボルツリーとしても人気があります。日本の冬に耐えられる品種であっても、冬支度の…

記事を読む

ユズ プランターの育て方

2016-11-22 人気の果樹
ユズ、鉢やプランターで栽培できますユズを育てたいと思っていても、庭を持っていなかったり、スペースが限られていて、断念する人も多いでしょう。けれど、ユズはプラン…

記事を読む

ユズ 日当たりは?

2016-11-11 人気の果樹
鉢植えなら、日当たりの良いところに移動できますユズは庭木として花や実を見て楽しむこともできますし、実や蕾を収穫して料理に使うこともできるため、昔からとても人気…

記事を読む

キウイフルーツ 受粉

2016-10-26 人気の果樹
キウイフルーツフルーツに実をつけさせるためには、雌しべに花粉をつける人工受粉が必要です本来は風や虫によって、自然に受粉されるものですが、自然に任せているだけで…

記事を読む

パッションフルーツの冬越し方法

2016-10-25 人気の果樹
パッションフルーツの取り込みは、9月下旬〜10月上旬までにしますパッションフルーツは南国の植物で近日人気ですね。日本の冬はどのように栽培したら良いのでしょうか?…

記事を読む

サクランボの肥料は?

2015-12-22 人気の果樹
サクランボの木を充実させて、良い花をたくさん咲かせ、おいしい実をつけさせるには、適切な施肥を行う必要がありますとはいえ、無闇に肥料を与えても、実がつかなかった…

記事を読む

クランベリーの用土は?

2015-07-29 人気の果樹
クランベリーは、美しい実と葉色も楽しめる植物ですしかし、クランベリーは栽培が少し難しい植物で、私も、枯らしたり、開花したのに結実できなかったことがあります。ま…

記事を読む

キンカンぷちまるは育てやすい!

2015-06-27 人気の果樹
キンカンぷちまる C)花ひろばオンライン■キンカンぷちまるは育てやすい!1. キンカンぷちまるとは? ぷちまるは、「ナガミキンカン」と「4倍体ニンポウキンカン」を、…

記事を読む

ユズ 実をならせるには?

yuzu (5).jpg
空と似合い美しいです


ユズ(柚子)の苗を大切に育てているのに、
花が咲かない、実がならないという悩みが多いですね。
うちの本ユズも、接ぎ木苗から実るまで3年かかりました。

ユズの実をならせるコツをご紹介しましょう。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ユズ 仕立て方と剪定方法は? 図解

yuzu (6).jpg
ユズを上手に剪定し仕立てると安定した収穫が!


庭や鉢でユズ(柚子)を育てようと思っても、
どう仕立てて剪定したら良いのかわからないことがあります。

こちらでは、ユズの仕立て方と剪定方法を図版を交えて、
わかりやすくご紹介していきます。


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

本ユズ 庭植えの育て方

yuzu.jpg
本ユズは、お料理に添えると抜群ですね


ユズは、香りがよく、料理に添えると味をぐんとひきたててくれます。
ユズには本ユズとハナユがあります。
ハナユは樹形もコンパクトで実付きも良く、育てやすいのが魅力です。

ですがやはり、すっきりとしたまろやかな香りは本ユズに限ります。
本ユズは多少栽培にコツが必要ですが、
こちらのポイントさえ押さえれば毎年実をならせることができます。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

本ユズ 鉢植えの育て方

myyuzu.JPG
家の本ユズ、側枝を紐で水平に誘引したら花がつきました


ユズが家にあると、思いついたときに料理に使えて便利です。
ユズは樹勢が強く、庭植えでは樹形の仕立て方や剪定に、
気を使わないと大きくなりすぎてしまいます。

また、庭植えでは隔年結果にならないように果実管理が大変です。
鉢植えでは、根の発育が制限されるので樹形をコンパクトに保ちやすく、
環境的に隔年結果が起こりにくくなります。

庭植えで伸び伸びとユズを育てるのも良いのですが、
鉢植えで育てるのにも向いた果樹だといえます。
ユズの鉢植えのわかりやすい育て方をご紹介します。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

キンカン 肥料の与え方は?

kinkan (10).jpg
子供のころから大好きなキンカン


「キンカン」は秋の季語にもなっている馴染み深い果樹です。
庭樹としても昔から人気があります。

ミカン科の果樹に多く見受けられる*隔年結果などがなく、
毎年黄色くかわいらしい実をたくさんつけてくれます。

*隔年結果とは、たくさん実がなった次の年には実がならない、
というように豊作と不作を繰り返すことです


キンカンの効果的な肥料の与え方をご紹介します。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

キンカン 種からの育て方

kinkan (1).jpg
キンカンの種を見ると、育てたくなりますね C)季節の花300


キンカン(金柑)をおいしくいただくと、
皮ごと食べられるので種だけが残ります。

この種から、キンカンの木を育てて、
実をならせることはできるのでしょうか? 


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

キンカンの育て方 鉢植え|実も花も楽しめ美味です

kinkanbig (3).jpg
ガーデン ストーリーさんの苗です、
2000円台からあり品質もサービスも良いのが嬉しい♪

キンカンの鉢植えの育て方を分かりやすくご紹介します。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

キンカンの育て方 庭植え|耐寒性が強く栽培しやすいです

kinkan.jpg
金冠とも書き幸運をもたらす縁起の良い木です


キンカンは中国産の果物です。
耐寒性は温州ュウミカンと同じぐらいあり、暑さにも強い果樹です。

果実は10〜20グラムと小ぶりで、皮ごと食べることができます。
ビタミンCを多く含むので、風邪予防にもつながります。

香りが高く甘い果実を楽しむことはもちろん、
刈り込みにも耐えるので生け垣にも利用できます。

年に3回咲く花と黄色い実が美しく、鑑賞が楽しめます。
自家受粉をしてくれ、病害虫にも強いので育てやすい柑橘類です。
具体的な育て方を、分かりやすくご紹介します。 


» 続きを読む続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ウメの品種の選び方

ume (7).jpg
ウメは品種選びに気を配ります

ウメには、いろいろな品種があり、選ぶのに迷います。
2品種以上を植えると実がなりやすく、その選び方のコツもご紹介します。 


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ウメの実 収穫時期は?

ume-mi02.jpg
ウメは使用目的で収穫時期を変えます


ウメには、花を楽しむ花梅と、実を楽しむ実梅の二つの種類があります。
実を楽しむ実梅でも、美しい花を楽しむことはできます。

ウメの実は、梅酒や梅干し、梅ジュースなど、
いろいろな方法で楽しむことができます。

栽培も難しくなく、庭に植えておくと春は花を楽しみ、
夏は実を収穫できて美味しいです。 


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

キンカン 剪定方法は? 図解

kinkan (4).jpg
ほうき仕立てが向いています


まず剪定の時期ですが、3月頃行います。 
キンカンは春に新しく枝を伸ばし、その先に花を咲かせます。

枝が伸びた後に剪定してしまうと、
せっかくできた花芽を切り落とすことになりますので注意します。

キンカンは枝が暴れるということはありませんので、
自然な樹形を生かしたほうき仕立てと呼ばれる、
仕立て方をするといいでしょう。


仕立て方と剪定方法は以下の通りです。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ユズのトゲ

yuzu.jpg
ユズは庭木としても人気の高い果樹です


温暖な気候を好む柑橘類の中でも耐寒性が強く日本でも育てやすいです。
性質も丈夫で、果樹を初めて育てる人にも栽培しやすいのですが、
少々難点もあります。それがトゲです。

トゲが出る植物は色々とありますし、
柑橘類はどれもトゲが多少なりとも出てきます。

その中でも、ユズやレモンといった人気の高い柑橘は、意外とトゲが鋭いのです。
トゲを放っておくと危なそうだけれど、
すべて切り取ってしまっても良いものか悩みます。

ユズを育てる上で、トゲはどう処理していけばよいのでしょうか。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

果樹 冬支度

mikan.jpg
ミカン畑


果樹は庭植えでも鉢植えでも育てられるものが多くなり、
最近では記念樹やシンボルツリーとしても人気があります。

日本の冬に耐えられる品種であっても、
冬支度の一工夫で、生長が良くなり病害虫の被害が減ります。

寒さに少し弱い品種の場合は、本格的な寒さがやってくる前に、
防寒や枝折れなどの作業を済ませておきましょう。

寒くなる前にやっておきたい、果樹の冬支度をまとめました。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ユズ プランターの育て方

yuzu2016-004.jpg
ユズ、鉢やプランターで栽培できます


ユズを育てたいと思っていても、庭を持っていなかったり、
スペースが限られていて、断念する人も多いでしょう。

けれど、ユズはプランター(コンテナ)や鉢で育てられる柑橘類です。
ベランダや庭で、実をつけたユズを見て楽しみ、
収穫して料理や飲み物に使って楽しむことができます。 


プランターなどの容器栽培で、ユズを育てるポイントをご紹介します。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ユズ 日当たりは?

yuzu2016-005.jpg
鉢植えなら、日当たりの良いところに移動できます


ユズは庭木として花や実を見て楽しむこともできますし、
実や蕾を収穫して料理に使うこともできるため、昔からとても人気があります。

柑橘類は温暖な気候を好むものが多く、寒さが苦手な場合が多いのですが、
ユズは柑橘類の中では耐寒性が高いのが特徴です。


耐寒性の高さも、日本で人気が衰えない理由の1つでしょう。
品種を選べば、鉢植えでの栽培も比較的簡単にできます。

ユズを育てるためのには、どのような日当たり、環境が適しているのでしょうか。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

キウイフルーツ 受粉

kiwifruit-new02.jpg
キウイフルーツフルーツに実をつけさせるためには、
雌しべに花粉をつける人工受粉が必要です


本来は風や虫によって、自然に受粉されるものですが、
自然に任せているだけでは、思うように大きな実が育たなかったり、
受粉せずに実がつかないことがあります。

» 続きを読む

 カテゴリ

パッションフルーツの冬越し方法

Passion fruit (5).jpg
パッションフルーツの取り込みは、9月下旬〜10月上旬までにします


パッションフルーツは南国の植物で近日人気ですね。
日本の冬はどのように栽培したら良いのでしょうか?

» 続きを読む

 カテゴリ

サクランボの肥料は?

sakuranbo2.jpg
サクランボの木を充実させて、良い花をたくさん咲かせ、
おいしい実をつけさせるには、適切な施肥を行う必要があります


とはいえ、無闇に肥料を与えても、実がつかなかったり、
サクランボの株が弱ることもあるので要注意です。

サクランボは、肥料の与え過ぎが問題になることが多いので、
必要な時期に適量を与えることが大切です。


与える肥料は、基本的には窒素・リン酸・カリのリン酸が、
少し多めのものを選ぶと良いでしょう。

窒素が多いと枝葉ばかりが伸び、
カリが多いと実の色が悪くなってしまうので注意します。


[サクランボの肥料は?]


■元肥の与え方

・地植え
11月〜3月、深さ40cm、直径40cmほどの植え穴を掘ります。
掘った土は二等分し、その一つの半分量に腐葉土を混ぜ込み、
残りの半分量に鶏ふん、油かすなどの堆肥をよく漉き込みます。

腐葉土や鶏ふんを漉き込んだ土を、まず植え穴へ戻し、
何もしていない土をその上に埋め戻します。

・鉢植え
12月〜3月が苗木の植え付け適期です。
6〜8号の鉢を用意し、鉢底石をいれて、
少しずつ用土を入れて苗木とていねいに馴染ませます。

果樹の培養土を使うと元肥が入っていて便利です。
自作用土の割合は、赤玉土6、腐葉土3、川砂1くらいが良いようです。

元肥は、果樹の肥料や緩効性肥料を規定通り混ぜ込みます。


sakuranbo3.jpg
花も実も楽しめるのが魅力です


■追肥の時期

サクランボに追肥を与える時期は、1年に3回あります。

どれもサクランボが充実した株になり、
おいしい実をつけるのに必要な肥料です。
地植えでも、鉢植えでも、肥料を与える時期は同じです。

・3月初旬
春から動き出す根や芽に、必要な養分を与えるための肥料です。
この時の肥料は、即効性のある化成肥料を与えます。
量はあまり多く与えず、少量にしておきましょう。

・7月中旬〜7月下旬
実の収穫が終わったら、肥料を与えます。
この時期、実を大きく育てた後の株は疲れています。

体力を消耗している状態の株を、
肥料を与えることで回復させるための追肥です。

しっかりと肥料を与えておかないと、株は弱ったままになり、
翌年に、実付きや花付きが悪くなってしまうことがあります。
できるだけ早く体力を回復させるため、即効性の化成肥料を与えます。

・12月〜1月
冬の時期は、葉が落ち、表面上は休眠している状態です。
ところが、この時期は花芽を作るための大切な時期なのです。

春に充実した花をたくさん咲かせるために、この追肥が必要になります。
この時の肥料は、有機質肥料が適しています。
鶏ふんや油カス、骨粉などを与えましょう。


sakuranbo1.jpg
サクランボができています


■追肥の与え方

地植えも鉢植えも、肥料の与え方はほとんど同じですが、
多少の違いがあるので参考にしてください。

・地植え
肥料を与える時、できるだけ根が肥料に触れないようにします。
幹に近いところは避け、少し離れたところにばらまくように与えます。

化成肥料を与える時は、土の表面にぱらぱらと播くだけで問題ありません。
冬に与える有機質肥料の場合は、万遍なくばらまいた後、
土をかぶせるか、軽くすきこんでおきます。

有機質肥料が土と混ざることで、分解が早まり、
肥料効果がよく出るようになります。

・鉢植え
地植えと同じように、幹に近い部分は避け、
できるだけ根に肥料が当たらないようにします。
化成肥料の場合は、土の上にばらまくだけで大丈夫です。

冬の肥料を与える時、地植えのような鶏ふんや油カス単体の肥料ではなく、
それらを固めて丸めてある「玉肥」を使うと便利です。

玉肥を与える時は、少し土に埋め込むようにすると、
成分がよく浸み込んで、効きが良くなります。

■わかりやすい育て方
・サクランボの育て方 庭植え|成熟期の裂果に注意します
・サクランボの育て方 鉢植え|夏の西日を避け過湿に注意します
・サクランボ 剪定のコツ
・サクランボの実がならない理由
 カテゴリ
 タグ

クランベリーの用土は?

Cranberry (1).JPG
クランベリーは、美しい実と葉色も楽しめる植物です


しかし、クランベリーは栽培が少し難しい植物で、
私も、枯らしたり、開花したのに結実できなかったことがあります。

まず、クランベリーは土の配合を間違えると枯れることもあります。
クランベリーの好む用土はどのようなものでしょう。


■クランベリーの用土は?

1.好む環境は?
クランベリーは北米原産の常緑の植物です。
もともと、沼地などの湿地帯に生息している植物です。

そのため、湿り気のある土壌を好みます。
クランベリーの根は浅く、乾燥には大変弱い植物です。

2.好む用土は?
クランベリーは酸性の土壌を好む植物です。
土壌の酸性度が好みに合わないと、株がすぐに弱ってしまいます。

もともと湿地帯に生息している植物なので、
本来は過湿には強く水を欲しがる植物です。

クランベリーは寒い地域の植物で、寒さには大変強いのですが、
暑さにはとても弱い植物です。

日本の夏はクランベリーにとっては過酷な環境になります。
夏の高温に加えて過湿の状態になると、
湿地の植物であっても根腐れを起こしてしまいます。

東北や北海道のような寒冷地以外の栽培では、
酸性土壌にすることに加え、水はけも良くしておく必要があります。


Cranberry (2).JPG
用土に気遣うと、元気に育ちます


3.土の配合は?
クランベリーの用土は、基本的には市販の、
ブルーベリーの用土でも良いでしょう。

しかし、関東以西の地方ではパーライトや砂を混ぜ、
水はけを良くしておきます。

自分で用土を配合するのであれば、
鹿沼土に酸度無調整のピートモスを1:1で配合します。

酸度を調整しているピートモスは中性に調和されています。
酸度調整をされたピートモスではクランベリーの好む、
酸性の土壌をつくることができません。

ピートモスを購入するときは、
必ず酸度無調整であることを確認しましょう。

肥料に鶏糞など有機肥料を使うと、
寒冷地以外では根腐れをおこしやすくなります。
肥料は化成肥料を使うと安心です。

4.鉢の管理は?
クランベリーは酸性度の高い用土を好みます。
しかし、用土は時間の経過とともに酸性度が弱酸性に傾いていきます。
そのため、クランベリーの鉢は、
2年に一度は植え替えを行う必要があります。

植え替えは、11月か2月中旬〜3月中旬が適しています。

■クランベリーのわかりやすい育て方
・クランベリーの育て方 庭植え|小さい高原性の果実
・クランベリーの育て方 鉢植え|小さく仕立てても数多く収穫
・クランベリー 実がならない原因は?
・クランベリーの植え替えは?
・クランベリーの剪定方法
 カテゴリ
 タグ

キンカンぷちまるは育てやすい!

puchimaru.jpg
キンカンぷちまる C)花ひろばオンライン


■キンカンぷちまるは育てやすい!

1. キンカンぷちまるとは? 
ぷちまるは、「ナガミキンカン」と「4倍体ニンポウキンカン」を、
かけあわせた品種で、1999年に開発された新しい品種です。

この品種は従来のものよりも小型で、種なしの実が生ります。
コンパクトに育てられるということは、
鉢やプランターでの容器栽培でも育てやすいです。

実は果汁が少ないものの、キンカン特有の苦みが少なく、
甘みが強い味をしています。

キンカンはあの小さな実の中にたくさんの種が入っているため、
少々食べにくく感じることがありましたね。

ところがぷちまるは種なし品種のため、味もよくとても食べやすいです。
キンカンの食べ方としては、甘露煮か生食が一般的ですが、
苦みや酸味のせいで生食には向かないこともあります。

ぷちまるは皮ごと丸かじりしても甘くおいしく食べられるので、
生食することも、できます。

もちろん、甘露煮にしてもおいしくいただけます。
しかも一本で結実するため、
ベランダや栽培スペースが限られている方にもおすすめです。

他にも、耐寒性・耐病性・害虫にも強くトゲもないので、
柑橘類を育てるのが初めてという方でも育てやすいでしょう。

2. ぷちまるを収穫したら種があるのは?
キンカンの一品種である「ぷちまる」は、確かに種なしの品種です。
ところが、まだ株が若い間は種のある実がつくことがあります。

どの程度の比率で出るのかは、株の生長具合や充実具合によって違います。
収穫した実のうち、すべてに種が入っていたり、
育てて10年以上経っているのに種が入っている場合は、
もしかしたら品種違いの可能性があります。

けれど、育てて数年しか経っておらず、
初めて収穫した実に種が入っていたということであれば、
決定的に品種違いということにはなりません。

収穫した実に、種のあるものとないものが混じっている場合は、
あと数年育てて様子をみてみましょう。

■キンカンのわかりやすい育て方
・キンカンの育て方 庭植え|耐寒性が強く栽培しやすいです
・キンカンの育て方 鉢植え|実も花も楽しめ美味です
・キンカン 実がならない理由は?
・キンカン 剪定方法は? 図解
・キンカン 肥料の与え方は?
・キンカン鉢植えの植え替え時期と方法
・キンカンの栄養
・キンカン 種からの育て方
・キンカンの種類は?
・キンカン 枯れる原因は?
・キンカンの病害虫は?
 カテゴリ



管理人=fuji 野菜栽培19年♪
「猫の額 菜園」で、
野菜や果樹を栽培中!
土と植物からエネルギーをもらっています♪

〒メール

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
ブログランキングならblogram

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
●写真協力
・写真素材 フォトライブラリー
・草花写真館
・季節の花300
Add to Google
My Yahoo!に追加
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
相互リンク