人気の果樹のカテゴリ記事一覧

野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。


 
 スポンサードリンク

カテゴリ:人気の果樹

人気の果樹のカテゴリ記事一覧。野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。
キウイフルーツ 種からの育て方

2021-03-25 人気の果樹
種をみると、どうも育てたくなります■キウイフルーツ 種からの育て方 市販されているキウイフルーツ(kiwifruit)から種をとり、それをまいて育てることは十分可能です…

記事を読む

キウイフルーツ 実がならない

2021-03-24 人気の果樹
花も愛らしいです市販のキウイフルーツはいっせいに収穫するので、熟度が各々違ってきます。家庭栽培には熟した果実から順番に収穫していくので、追熟していくのに無駄が…

記事を読む

キウイフルーツの育て方 鉢植え|水切れに注意します

2021-03-20 人気の果樹
うぶ毛がかわいい♪キウイフルーツはマタタビ科マタタビ属の落葉つる性です。自生地は中国が原産で5月中旬ごろ白い花を咲かせます。キウイフルーツは雌雄異株なので、実…

記事を読む

キウイフルーツの育て方 庭植え|収穫後の冬剪定が大切

2021-03-19 人気の果樹
ビタミンも豊富で育てやすいですキウイフルーツは中国が原産地です。ニュージーランドで改良されたものが日本に1960年代輸入されました。名前の由来は、ニュージーランド…

記事を読む

キンカン 枯れる原因は?

2021-02-24 人気の果樹
冬は−5℃以下になる環境は、キンカンには辛いです大切に育てているキンカン(金柑)の葉が落ちて、幹だけになってしまったり枯れ込んでくることがあります。キンカンが…

記事を読む

キンカンの育て方 庭植え|耐寒性が強く栽培しやすいです

2021-02-23 人気の果樹
金冠とも書き幸運をもたらす縁起の良い木ですキンカンは中国産の果物です。耐寒性は温州ュウミカンと同じぐらいあり、暑さにも強い果樹です。果実は10〜20グラムと小ぶり…

記事を読む

キンカン 剪定方法は? 図解

2021-02-14 人気の果樹
ほうき仕立てが向いていますまず剪定の時期ですが、3月頃行います。 キンカンは春に新しく枝を伸ばし、その先に花を咲かせます。枝が伸びた後に剪定してしまうと、せっ…

記事を読む

ユズ 種からの育て方と接ぎ木方法

2021-01-20 人気の果樹
種から育ててみませんか?ユズの果汁をしぼったら、種がたくさん残りますね。この種を栽培したら、ユズの実がなるのでしょうか? 結実を早くする接ぎ木の仕方も図版を用…

記事を読む

ユズ 冬越し

2020-12-23 人気の果樹
ユズ、柑橘類のなかでは耐寒性が強いですユズは柑橘類の中でも耐寒性が高く、日本でも育てやすい果樹として親しまれています。春〜夏は白い花が楽しめ、樹が成熟すれば実…

記事を読む

果樹苗植え付け時期

2020-12-17 人気の果樹
庭植えや畑の脇に植えるのに定番のカキやミカン、ユズの他にも、最近はバナナやマンゴーといった、トロピカルフルーツの苗まで流通するようになりました。果樹苗にはそれ…

記事を読む

ユズ 枯れる原因は?

2020-12-14 人気の果樹
ユズの調子が悪いと心配ですユズ(柚子)は収穫時期によって「青ユズ」と「黄ユズ」に分けられます。8月から9月の未成熟の段階で収穫されたものが「青ユズ」で、11月から…

記事を読む

ユズ 実をならせるには?

2020-12-06 人気の果樹
空と似合い美しいですユズ(柚子)の苗を大切に育てているのに、花が咲かない、実がならないという悩みが多いですね。うちの本ユズも、接ぎ木苗から実るまで3年かかりま…

記事を読む

レモンの育て方 鉢植え|春の花だけ結実させて立派な実に

2020-12-02 人気の果樹
レモンがいっぱいなると幸せです!レモンは、ミカン科ミカン属の常緑高木です。原産地はインド・ヒマラヤ山脈東部山麓と言われています。レモンは強い酸味と香りがよい柑…

記事を読む

レモンの葉が枯れる理由

2020-11-26 人気の果樹
レモンがじょうぶに育ってほしいですレモンは柑橘類の中で一番寒さに弱い種類です。国内では関東南部以西の太平洋岸の温かい地域、瀬戸内海付近やや紀伊半島ではでは庭植…

記事を読む

ザクロの休眠枝さし

2020-11-25 人気の果樹
ザクロの鮮烈な色の花ザクロはシルクロードから中国に伝わり持ち込まれた果樹です。花を観賞する目的、実を収穫する目的と大きく2つの分類できます。原産地はアフガニス…

記事を読む

ザクロ 実がならない

2020-11-24 人気の果樹
ザクロ、飾っておくのも素敵ですザクロは虫がつきにくい果実です。乾燥にも強く、年平均気温が15℃以上あれば全国どこでも栽培可能です。ザクロには甘味種と酸味種があり…

記事を読む

ザクロの育て方 鉢植え|花、枝ぶりとも美しい樹です

2020-11-23 人気の果樹
絵に描きたくなる形ですザクロはザクロ科ザクロ属の落葉高木です。自生地は西アジアで、樹高は3〜4mほどに生長します。果実はほとんど市販されていません。樹の上で完全…

記事を読む

リンゴの花が咲かない理由

2020-11-20 人気の果樹
5月ころ、美しい花をたくさん付けますリンゴはバラ科リンゴ属の落葉高木で、樹高は2.5m〜3mぐらいに生長します。原産地は東ヨーロッパや西アジアです。涼しい気候を好み…

記事を読む

モモ 自家受粉できる品種は?

2020-11-19 人気の果樹
家庭栽培のモモは甘くてジューシーモモは邪気を払う力があると言い伝えがある果樹です。ひな祭りでも使われるぐらい昔から日本人に親しまれてきました。全国的に栽培は可…

記事を読む

ナシの育て方 鉢植え|2種以上の品種で結実します

2020-11-18 人気の果樹
梨の実りナシはバラ科リンゴ属の落葉高木です。ナシは日本ナシ、西洋ナシ、中国ナシと大きく3種類に分かれます。日本ナシには赤ナシと青ナシと2種類あります。赤ナシは「…

記事を読む

キウイフルーツ 種からの育て方

kiwifruit 007.jpg
種をみると、どうも育てたくなります


■キウイフルーツ 種からの育て方

市販されているキウイフルーツ(kiwifruit)から種をとり、
それをまいて育てることは十分可能です。

ただ、種をまいても満足に発芽しない場合もありますし、
発芽した後も、花が咲くようになるまでは長い年月がかかります。

・種の準備

もし乾燥した状態の種が手に入ったのであれば、
一晩水につけておき、十分に水を吸わせておきます。

市販されているキウイフルーツから種をとる場合は、
種の部分をスプーンなどで実から取ります。

目の細かいざるなどに入れてよく洗い、
種のまわりについている果肉をよく落とすようにします。

洗った後、キッチンペーパーなどの上にあけて、
一度軽く水気をふきます。

この時、種のまわりに果肉が残っていたら、
できるだけ取り除くようにしておきます。

実から直接種をとった場合は乾燥していませんが、
念のため一晩水につけておくようにします。

・種まき
キウイフルーツは気温が合えば年中発芽しますが、
本来の生育期は春から秋までです。

春に発芽させて育てることで、
晩秋に落葉した後も枯れずに越冬できる可能性が高くなります。
そのため、種まきを試すのであれば、4月〜5月頃がおすすめです。 

種まきをするときの用土は、
市販の種まき用の用土、小粒の赤玉土でも十分です。

鉢や小さなプランターに用土を入れ、あらかじめ湿らせておきます。
用土の上から種をばらまきします。

上から土をかける必要はありませんが、
用土が乾くと発芽率が悪くなるので、
発芽するまでは用土が乾かないように注意します。

日当たりの良い場所でも発芽はしますが、用土が乾きやすいので、
半日陰〜明るい日陰程度の場所に置き、発芽を待ちます。


kiwifruit 005.jpg
雌雄が分からないのが、難しいところです


・芽が出たら
環境さえ合えば、2週間ほどでぽつぽつと小さな芽が出始めます。
まだ小さいうちは乾燥と強い光に弱いため、用土が乾燥しないように注意し、
半日陰〜明るい日陰の場所で育てるようにしましょう

発芽直後、あまりに込み合っている場合は、間引きを行います。
ピンセットなどを使って、生長の悪いものや葉が欠けたりしているもの、
などを選んで間引き、芽と芽の間に隙間を作ります。

芽が出てすぐのキウイフルーツは、
根も浅く、間引きはさほど難しくありませんが、
隣り合った芽がひきずられて抜けてしまうことがあるので、
作業はそっと行いましょう。

・ポット上げ
春にまいた種が発芽して順調に育つと、
7月頃には本葉が数枚くらいになっているはずです。

ここまできたら、1株ずつポットに移植しましょう。
移植する時、根を傷めないようにする必要があります。

スーパーやコンビニなどでもらえるプラスチック製のスプーンや、
不要になったティースプーンなどを使うと、
比較的容易に株を分けることができます。

ポットに入れる用土は、市販されている園芸用の培養土で十分です。
キウイフルーツは元々あまり肥料を必要としませんので、
しばらくは培養土に入っている元肥だけでも問題ありません。

ポットに移植した後は、まだ根づいていないため、
水切れを起こしやすくなっています。

あまり用土が乾かないように管理し、
最初は半日陰〜明るい日陰に置いて育てます。

株が大きくなるに従い、
徐々に日当たりの良い場所に移動させるようにしましょう。

・栽培管理
ポット上げをした後は、底から根が見えるようになるまで育て、
その後はまた一回りか二回り大きい鉢に移植して苗を育てます。

秋が深まり、寒くなってくるとキウイフルーツは落葉します。
落葉している間は休眠状態ですので、ほとんど根は動きません。

けれどまだ小さな苗の状態では、本来ある耐寒性も弱いです。
できれば霜に当たらないよう、
日当たりがよい軒下などに置いておく方がいいでしょう。

ある程度まで苗が大きく育てば、
その後は通常と同じように管理して問題ありません。


kiwifruit  (3).jpg
中心に膨らみのあるのが雌花だそうです


・雌雄の見分け方
キウイフルーツには雌株と雄株があり、
どちらか片方だけ育てていても、実をつけることができません。

種から育てた場合、どの芽が雌株なのかは、
花が咲いてみるまで判別することはできません。

しかも花が咲くようになるまで、早くて3年はかかります。
選んだ2株が必ずしも雌株と雄株であるとは限らないので、
複数の株を残して育てる必要があります。

一説によると、雌株と雄株では生長の速度が違い、
生長が早い方が雄株である可能性が高いそうです。

生長のスピードの差が出るのは以外と早く、
本葉が1枚か2枚出る頃には差が歴然となる場合もあるようです。

そのため、間引きをする時には少し注意する必要があります。
育ちが悪いからといって、小さな芽をすべて間引いてしまうと、
それが雌株である可能性があるため、雄株ばかり残ります。

ある程度、そろって発芽したものをよく観察し、
生長の早いものと遅いもの、両方を残して育てるようにします。

■キウイフルーツのわかりやすい育て方
・キウイフルーツの育て方 庭植え|収穫後の冬剪定が大切
・キウイフルーツの育て方 鉢植え|水切れに注意します
・キウイフルーツ 実がならない
・キウイフルーツ 追熟のコツ
・キウイフルーツ 苗木の植え方
 カテゴリ

キウイフルーツ 実がならない

kiwifruitB.jpg
花も愛らしいです


市販のキウイフルーツはいっせいに収穫するので、
熟度が各々違ってきます。

家庭栽培には熟した果実から順番に収穫していくので、
追熟していくのに無駄がありません。

キウイフルーツは病気にかかりにくく、
生育旺盛で花芽につきやすく、手間がかからない果樹です。

耐寒性もあり、庭植えは東北南部あたりまで可能です。
鉢植えは日本全国どこでも栽培可能です。


kiwifruit20(4).jpg
着果したばかりのようす

» 続きを読む続きを読む

 カテゴリ

キウイフルーツの育て方 鉢植え|水切れに注意します

kiwifruit1.jpg
うぶ毛がかわいい♪


キウイフルーツはマタタビ科マタタビ属の落葉つる性です。
自生地は中国が原産で5月中旬ごろ白い花を咲かせます。

キウイフルーツは雌雄異株なので、実をならすためには、
雌株と雄株2種類を用意するか、人工授粉が必要です。
キウイフルーツの鉢植えの育て方をご紹介しましょう。

» 続きを読む

 カテゴリ

キウイフルーツの育て方 庭植え|収穫後の冬剪定が大切

kiwifruit (1).jpg
ビタミンも豊富で育てやすいです


キウイフルーツは中国が原産地です。
ニュージーランドで改良されたものが日本に1960年代輸入されました。

名前の由来は、ニュージーランドの国鳥キウイに
似ていることからキウイフルーツと呼ばれるようになりました。

褐色の外見からは想像がつかない、
明るいエメラルドグリーンの色が印象的な果肉を持っています。
ビタミンCが豊富なので、健康や美容に気をつけている人に人気があります。

キウイフルーツは生育旺盛で性質も強く、栽培も容易で良い実がなります。
病害虫にも強いので、家庭果樹として向いています。 

» 続きを読む

 カテゴリ

キンカン 枯れる原因は?

kinkan (6).jpg
冬は−5℃以下になる環境は、キンカンには辛いです


大切に育てているキンカン(金柑)の葉が落ちて、
幹だけになってしまったり枯れ込んでくることがあります。

キンカンが枯れる原因は、
どのようなことが考えられるでしょうか。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

キンカンの育て方 庭植え|耐寒性が強く栽培しやすいです

kinkan640.jpg
金冠とも書き幸運をもたらす縁起の良い木です


キンカンは中国産の果物です。
耐寒性は温州ュウミカンと同じぐらいあり、暑さにも強い果樹です。

果実は10〜20グラムと小ぶりで、皮ごと食べることができます。
ビタミンCを多く含むので、風邪予防にもつながります。

香りが高く甘い果実を楽しむことはもちろん、
刈り込みにも耐えるので生け垣にも利用できます。

年に3回咲く花と黄色い実が美しく、鑑賞が楽しめます。
自家受粉をしてくれ、病害虫にも強いので育てやすい柑橘類です。
具体的な育て方を、分かりやすくご紹介します。 


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

キンカン 剪定方法は? 図解

kinkan (4).jpg
ほうき仕立てが向いています


まず剪定の時期ですが、3月頃行います。 
キンカンは春に新しく枝を伸ばし、その先に花を咲かせます。

枝が伸びた後に剪定してしまうと、
せっかくできた花芽を切り落とすことになりますので注意します。

キンカンは枝が暴れるということはありませんので、
自然な樹形を生かしたほうき仕立てと呼ばれる、
仕立て方をするといいでしょう。


仕立て方と剪定方法は以下の通りです。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ユズ 種からの育て方と接ぎ木方法

yuzu (13).jpg
種から育ててみませんか?


ユズの果汁をしぼったら、種がたくさん残りますね。
この種を栽培したら、ユズの実がなるのでしょうか? 


結実を早くする接ぎ木の仕方図版を用いて分かりやすくご紹介します。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ユズ 冬越し

yuzu2016-01.jpg
ユズ、柑橘類のなかでは耐寒性が強いです


ユズは柑橘類の中でも耐寒性が高く、日本でも育てやすい果樹として親しまれています。
春〜夏は白い花が楽しめ、樹が成熟すれば実を楽しむこともできます。

耐寒性が強いとされるユズですが、冬の間に枯れたという話を時々聞きます。
寒さに強いはずのユズが、何故冬の間に枯れてしまうのでしょうか。


また、ユズを無事に冬越しさせるコツを分かりやすくご紹介していきます。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

果樹苗植え付け時期

ringo.jpg


庭植えや畑の脇に植えるのに定番のカキやミカン、
ユズの他にも、最近はバナナやマンゴーといった、
トロピカルフルーツの苗まで流通するようになりました。

果樹苗にはそれぞれ植え付けに適した時期があります。
植え付け時期を間違えると、
根や芽を傷めて枯らせてしまうこともあります。

果樹を元気に育てるために、
育てたい果樹苗の植え時をチェックしておきましょう。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ユズ 枯れる原因は?

yuzu (2).jpg
ユズの調子が悪いと心配です


ユズ(柚子)は収穫時期によって「青ユズ」と「黄ユズ」に分けられます。

8月から9月の未成熟の段階で収穫されたものが「青ユズ」で、
11月から1月頃に収穫されたものが「黄ユズ」といわれます。 


デリケートな和食の味を引き立ててくれる脇役として、
秋から冬にかけて大活躍するユズですが、
実は果肉よりも果皮の方が栄養価が高い果実です。

ビタミンC をはじめ、ビタミンB、鉄分、カリウム、カルシウムなども、
含まれていて美容にも健康にもよいと言われています。


yuzu (3).jpg
元気に実をつけて欲しいです


■ユズ 枯れる原因は?

ユズはある程度の寒さにも耐えるので初心者でも育てやすい果樹ですが、
葉が枯れるなどのトラブルが発生することがあります。

原因はいくつか考えられます。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ユズ 実をならせるには?

yuzu (5).jpg
空と似合い美しいです


ユズ(柚子)の苗を大切に育てているのに、
花が咲かない、実がならないという悩みが多いですね。
うちの本ユズも、接ぎ木苗から実るまで3年かかりました。

ユズの実をならせるコツをご紹介しましょう。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

レモンの育て方 鉢植え|春の花だけ結実させて立派な実に

lemon1 (11).jpg
レモンがいっぱいなると幸せです!


レモンは、ミカン科ミカン属の常緑高木です。
原産地はインド・ヒマラヤ山脈東部山麓と言われています。

レモンは強い酸味と香りがよい柑橘類です。
料理の香りづけ、果実酒に利用されています。
レモンの鉢植えの育て方をご紹介します。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

レモンの葉が枯れる理由

lemon1 (5).jpg
レモンがじょうぶに育ってほしいです


レモンは柑橘類の中で一番寒さに弱い種類です。
国内では関東南部以西の太平洋岸の温かい地域、
瀬戸内海付近やや紀伊半島ではでは庭植えが可能です。

実はもちろん、葉も花もレモン特有の香りがします。
結実させない花は、室内で観賞するのも一つの案です。

レモンは完熟すると香りが薄くなる性質を持っています。
色づきはじめたら収穫し、室内で追熟させます。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ザクロの休眠枝さし

zakuro (3).jpg
ザクロの鮮烈な色の花


ザクロはシルクロードから中国に伝わり持ち込まれた果樹です。
花を観賞する目的、実を収穫する目的と大きく2つの分類できます。

原産地はアフガニスタン、ヒマラヤです。、
南ヨーロッパや北アメリカなどでも果樹として栽培されています。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ザクロ 実がならない

zakuro.jpg
ザクロ、飾っておくのも素敵です


ザクロは虫がつきにくい果実です。乾燥にも強く、
年平均気温が15℃以上あれば全国どこでも栽培可能です。

ザクロには甘味種と酸味種があります。
酸味種は生で食べるには適していません。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ザクロの育て方 鉢植え|花、枝ぶりとも美しい樹です

zakuro.jpg
絵に描きたくなる形です


ザクロはザクロ科ザクロ属の落葉高木です。
自生地は西アジアで、樹高は3〜4mほどに生長します。

果実はほとんど市販されていません。
樹の上で完全に熟したタイミングで食すると、
酸味と甘みが絶妙なバランスで大変美味しいです。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

リンゴの花が咲かない理由

apple.jpg
5月ころ、美しい花をたくさん付けます


リンゴはバラ科リンゴ属の落葉高木で、樹高は2.5m〜3mぐらいに生長します。
原産地は東ヨーロッパや西アジアです。

涼しい気候を好み、暑さ対策と病害虫除去が必要な果樹です。
気温が高く雨が多い地域では、実が着色する前に熟してしまいます。
強い西日を避け、夏を涼しく過ごせるよう環境を整えます。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

モモ 自家受粉できる品種は?

Peach20(1).jpg
家庭栽培のモモは甘くてジューシー


モモは邪気を払う力があると言い伝えがある果樹です。
ひな祭りでも使われるぐらい昔から日本人に親しまれてきました。

全国的に栽培は可能ですが、糖度の高い甘い果実を作るには、
山形県、福島県より以南が適しています。

モモは大きく育つので、植え場所にはスペースに余裕があることが大切です。
剪定で小さくコンパクトにまとめていきます。

夏の高温時期に熟すので果実は傷みやすいです。
果汁が滴るような塾した実は、市販で食べるのは難しいです。
家庭栽培だからこそ楽しめる果実の味です。


momo.jpg
モモは人工授粉したほうが確実に実ります


■モモ 自家受粉できる品種は?

1.モモの特徴
モモは自家結実性で1本でも実がなります。
しかし白桃系では花粉がほとんどない品種もあります。

そこで品種によっては花粉が多い品種を近くに植える必要が出てきます。
例えば「白桃」「倉方早生」「浅間白桃」にはほとんど花粉がありません。
「白鳳」「あかつき」など花粉の多い品種をもう1本植えた方が無難です。

2.モモ 自家受粉できる品種
1本でも実がなるモモの品種には「ちよひめ」「さおとめ」、
「白鳳」「あかつき」「白秋」「なつおとめ」などたくさんあります。

ネクタリンの品種にはほとんど花粉があるので、
1本だけ植えても実がなります。


1-1248161812Gr7S-thumbnail2.jpg
ネクタリン


3.人工授粉で確実に
花粉が多い品種でも雨などの悪天候の影響で実がつかないケースがあります。
確実に実をつけるためには人工授粉を行います。

最近ではベランダ、都市部、人通りが多い場所など、
訪問昆虫の数が減り、受粉が行われないことが多くなっています。
従って昔より実がなる数が減っている傾向があります。

樹の花が7割程度咲いている時期に直接花と花をつけるか、
花粉を集めて筆や綿棒で受粉作業を行いましょう。

■わかりやすい育て方

・モモの育て方 庭植え|水はけと通気性のよい土を
・モモの育て方 鉢植え|根が詰まりやすいので浅植えに
 カテゴリ
 タグ

ナシの育て方 鉢植え|2種以上の品種で結実します

nasinomiA.jpg
梨の実り


ナシはバラ科リンゴ属の落葉高木です。
ナシは日本ナシ、西洋ナシ、中国ナシと大きく3種類に分かれます。

日本ナシには赤ナシと青ナシと2種類あります。
赤ナシは「豊水」や「幸水」など果皮が茶色いものを指します。
多湿にも強く、家庭園芸として育てやすい品種です。
青ナシは「ニ十世紀」など雨の少ない地域に適しています。

西洋ナシはラ・フランスやパートレットが代表的な品種です。
果実は独特の舌触りと香りに魅力があります。
中国ナシはほとんど市販では売られていません。

西洋ナシと中国ナシは追熟する必要があります。


[ナシ 鉢植えの育て方]


nasinohanaC.jpg
バラ科だけあって、花も美しいです


■植え付け

苗木の植え付けは庭植えと同じように2種類以上用意し、
3月ごろに行います。

6〜7号鉢を用意し、水はけ、水もちのよい用土に植えます。
用土は赤玉土6、腐葉土3、川砂1の割合で作ります。
鉢の底には軽石や大粒の赤玉土を入れておきます。

根が十分に広がるようにして、接ぎ木部が土から5cmぐらいになるよう植え付けます。
高さは30cmぐらいになるよう切り詰めます。


■仕立て方

ナシは模様木仕立てが適しています。
必要に応じて枝をひもや針金などで誘引し、水平に開きます。
こうすると花芽ができ実の付き方がよくなり、バランスが良い樹形を保てます。


■剪定

1月〜2月に鉢の高さの2.5倍〜3倍の高さに切り戻します。
植え付けてから3年目の冬、主枝は枝の長さ半分ぐらいの位置で、
枝の傾きと逆の眼のすぐ上で切ります。

枝は左右交互になるようバランスをとります。
並行している枝はどちらかを切り、短果枝を残します。


rahuransu300.jpg
西洋ナシも鉢植えできます


■栽培管理

・水やり
果実が生長する6月〜7月は朝と夕方1日2回、
鉢底から水が流れ出すぐらいたっぷりと水を与えます。

収穫が近くなったら水やりを控えめにし、土が乾いてから与えると、
果実の甘みが増します。

・施肥
発芽する4月上旬と根が伸びきる9月ごろに、
骨粉や油かすなどの玉肥を施します。
冬の休眠時期は肥料を与える必要はありません。

■ナシのわかりやすい育て方
・ナシの育て方 庭植え|豊水、幸水が育てやすいです
・ナシの葉に斑点ができるのは?
・ル・レクチェの追熟方法は?
・庭植えに適したナシは?
・ナシ 摘果のコツ
・ナシ 受粉樹と品種
・サルナシの育て方

 カテゴリ
 タグ



管理人=fuji 野菜栽培19年♪
「猫の額 菜園」で、
野菜や果樹を栽培中!
土と植物からエネルギーをもらっています♪

〒メール

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
●写真協力
・写真素材 フォトライブラリー
・草花写真館
・季節の花300
Add to Google
My Yahoo!に追加
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
相互リンク