果菜類のカテゴリ記事一覧

野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。


 
 スポンサードリンク

カテゴリ:果菜類

果菜類のカテゴリ記事一覧。野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。
ゴーヤーのプランター栽培|若どりで長期間おいしく収穫!

2018-06-13 果菜類
ゴーヤは狭い場所でも元気に育ちますゴーヤは暑さが大好きな高温性の野菜で、夏に非常に旺盛に生育します。病気にもとても強いため、作りやすい野菜です。ゴーヤ特有の苦…

記事を読む

ゴーヤ 摘芯のコツ

2018-06-12 果菜類
ゴーヤの摘芯にもコツがありますゴーヤをたくさん収穫したり、ゴーヤのカーテンを茂らすためには、「摘芯」と呼ばれる作業が必要で重要になります。親づるはもちろん、脇…

記事を読む

ハヤトウリ 漬物の作り方は?

2018-06-11 果菜類
さっぱりしてクセのない美味しさです大正初期に鹿児島に導入されたハヤトウリ(隼人瓜)。薩摩隼人からこの名前がつきました。緑色種と白色種があり白色種のほうが、やわ…

記事を読む

ハヤトウリとは?|多収穫でグリーンカーテンも人気

2018-06-10 果菜類
100個は、収穫できるそうですこちらでは、ハヤトウリの歴史やおいしい食べ方をご紹介しています。■ハヤトウリとはハヤトウリは、熱帯アメリカ原産のウリ科の野菜です。…

記事を読む

ハヤトウリの育て方|グリーンカーテンにも最適です

2018-06-09 果菜類
C)mogurax000 みごとな棚作りですハヤトウリは上手に育てると、1株から100個以上もの実を収穫できることもあるため、”センナリウリ”とも呼ばれています。ほとんど…

記事を読む

マクワウリの育て方|連作障害に気をつけて

2018-06-08 果菜類
香りが良くおいしいですお盆のお供えには欠かせない野菜です。ウリ科キュウリ属の一年草でインドが原産と言われています。マスクメロンと祖先が同じだそうで、東洋では、…

記事を読む

ウリの育て方|つるを摘芯して孫つるに結実

2018-06-07 果菜類
ウリの雌花キュウリやスイカの仲間ですが、作ってみると、漬け物はもちろん、サラダや煮物に活躍します。栽培ポイント1.発芽から生育初期にかけては保温を必要とします…

記事を読む

オクラ 害虫対策は?

2018-06-06 果菜類
オオタバコガの幼虫、トマトやピーマンに穴をあけて食っていますオクラが順調に育っていたのに、害虫にやられてしまったようです。オクラにはどのような害虫がつくのでし…

記事を読む

オクラの間引き

2018-06-05 果菜類
オクラ畑オクラの苗は、一つのポットに2本〜3本の株が植えてあります。2〜3本ともこのまま育てていても良いのでしょうか?それとも、3本を別々の場所に植えたり、途中で…

記事を読む

オクラのプランター栽培|肥料切れに注意し若どりで長期収穫

2018-06-03 果菜類
オクラのつぼみオクラの花オクラはアフリカ原産といわれているため、暑さにとても強く、日本の夏と相性がいい野菜です。ほとんどの野菜が夏枯れしてしまう時期でも、青々…

記事を読む

オクラ 初心者向きの育て方

2018-06-02 果菜類
オクラは花も美しく、実もおいしい夏野菜です。健康に良い成分をたくさん含んでいるので、夏バテ防止にも、ぜひチャレンジしてみたい野菜です。オクラを育てるのはそれほ…

記事を読む

ナス 苗が枯れる

2018-05-16 果菜類
ナスの苗が、元気がなくなり萎れたり枯れてしまうことがありますナス苗が、なぜ枯れてしまったか原因が分からないこともありますが、こちらでは、ナスの苗が枯れる原因を…

記事を読む

スイカ 玉直しの仕方は?

2018-05-10 果菜類
スイカの玉直しをすると、全体に糖度が上がり形も良くなりますスイカの実がなって収穫が待ち遠しいところです。実の下の方がまだ白っぽいのですが、このまま放っておいて…

記事を読む

スイカ 誘引方法は?

2018-04-26 果菜類
空中栽培で着果したスイカスイカを大きく美味しく育てるためには、つるの誘引の仕方が大切です。スイカの誘引はどのように行ったらよいのでしょう?■スイカ 誘引方法は…

記事を読む

スイカ黒玉の種類は?

2018-04-20 果菜類
スイカ黒玉タヒチの種黒玉スイカは、インパクトがあり美味、プレゼント用にも人気が出ています。黒玉スイカには、どんな種類があるのでしょうか?■スイカ黒玉の種類は?…

記事を読む

ワイルドストロベリーの利用法

2018-01-26 果菜類
ワイルドストロベリー(Fragaria vesca)は、野苺の一種で、ヘビイチゴとはまた違いますが、エゾヘビイチゴといった別名を持ちます。主に利用するのは、葉と実の部分で、…

記事を読む

ワイルドストロベリー 実が赤くならないのは?

2018-01-25 果菜類
あれ? 実が茶色っぽいですかわいらしい花と実をつけることで大人気の「ワイルドストロベリー」。ワイルドストロベリーは、ふつうのイチゴと比べて、害虫にも強く、寒さ…

記事を読む

ワイルドストロベリー 実がならない原因は?

2018-01-24 果菜類
ワイルドストロベリー 実がならない原因をご紹介します 「ワイルドストロベリーを植えて実がなると結婚できる!」、というジンクスがブームになり、一躍有名になったワ…

記事を読む

ワイルドストロベリーの育て方|一般的なイチゴ栽培と同様です

2018-01-23 果菜類
野イチゴは、食べると病みつきになるおいしさですワイルドストロベリーは、野生のイチゴで、いわゆる野イチゴの一種です。幸せを招き入れるという伝説があります。ワイル…

記事を読む

キュウリ 肥料は?

2015-07-21 果菜類
キュウリの実りキュウリは初心者向けの野菜とされますが、実際には、病気にかかりやすく施肥にも繊細ですね。放任していても実をつけてくれますが、元気のよい株に育てる…

記事を読む

ゴーヤーのプランター栽培|若どりで長期間おいしく収穫!

  •  投稿日:2018-06-13
  •  カテゴリ:果菜類
goya020.jpg
ゴーヤは狭い場所でも元気に育ちます


ゴーヤは暑さが大好きな高温性の野菜で、
夏に非常に旺盛に生育します。
病気にもとても強いため、作りやすい野菜です。

ゴーヤ特有の苦味成分は、胃の調子を整え、
食欲を増進し、血糖値を下げる働きがあるとされています。
疲労回復に役立つビタミンCやカロテンも豊富で、
まさに夏バテ予防野菜といえます。

エコや節電のために、ゴーヤの緑のカーテンも注目されています。
ゴーヤのプランター栽培の方法をご紹介しましょう。

» 続きを読む

 カテゴリ

ゴーヤ 摘芯のコツ

  •  投稿日:2018-06-12
  •  カテゴリ:果菜類
nagaresisi.jpg
ゴーヤの摘芯にもコツがあります


ゴーヤをたくさん収穫したり、ゴーヤのカーテンを茂らすためには、
「摘芯」と呼ばれる作業が必要で重要になります。


親づるはもちろん、脇に出てくる子づる、孫づるも、
この「摘芯」を必ず、行うようにします。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ハヤトウリ 漬物の作り方は?

  •  投稿日:2018-06-11
  •  カテゴリ:果菜類
hayatouri.jpg
さっぱりしてクセのない美味しさです


大正初期に鹿児島に導入されたハヤトウリ(隼人瓜)。
薩摩隼人からこの名前がつきました。

緑色種と白色種があり白色種のほうが、
やわらかくクセがないと言われています。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ハヤトウリとは?|多収穫でグリーンカーテンも人気

  •  投稿日:2018-06-10
  •  カテゴリ:果菜類
hayatouri1101.jpg
100個は、収穫できるそうです


こちらでは、ハヤトウリの歴史やおいしい食べ方をご紹介しています。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ハヤトウリの育て方|グリーンカーテンにも最適です

  •  投稿日:2018-06-09
  •  カテゴリ:果菜類
hayatouri (2).jpg
C)mogurax000 みごとな棚作りです


ハヤトウリは上手に育てると、
1株から100個以上もの実を収穫できることもあるため、
”センナリウリ”とも呼ばれています。

ほとんどが水分で、栄養はそれほどありませんが、
食物繊維がビタミンCが含まれ、
シャキシャキした歯ごたえが好まれています。

味噌漬や塩漬、粕漬、炒め物、酢の物など、
様々な料理に利用されます。

ハヤトウリの育て方をご紹介しましょう。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

マクワウリの育て方|連作障害に気をつけて

  •  投稿日:2018-06-08
  •  カテゴリ:果菜類
makuwauri (2).jpg
香りが良くおいしいです


お盆のお供えには欠かせない野菜です。
ウリ科キュウリ属の一年草でインドが原産と言われています。

マスクメロンと祖先が同じだそうで、
東洋では、果物として発達してきました。

日本でも古くから栽培されています。
黄色のもの、縦縞が入っているもの、
色が違うものなど多くの系統が存在しています。

マクワウリの育て方をご紹介します。

» 続きを読む続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ウリの育て方|つるを摘芯して孫つるに結実

  •  投稿日:2018-06-07
  •  カテゴリ:果菜類
uri hana.jpg
ウリの雌花

キュウリやスイカの仲間ですが、
作ってみると、漬け物はもちろん、サラダや煮物に活躍します。


» 続きを読む

 カテゴリ

オクラ 害虫対策は?

  •  投稿日:2018-06-06
  •  カテゴリ:果菜類
ootabakoga.jpg
オオタバコガの幼虫、トマトやピーマンに穴をあけて食っています


オクラが順調に育っていたのに、
害虫にやられてしまったようです。

オクラにはどのような害虫がつくのでしょうか?

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

オクラの間引き

  •  投稿日:2018-06-05
  •  カテゴリ:果菜類
okura.jpg
オクラ畑


オクラの苗は、一つのポットに2本〜3本の株が植えてあります。
2〜3本ともこのまま育てていても良いのでしょうか?


それとも、3本を別々の場所に植えたり、
途中で間引いて1本にしたほうがよいのでしょうか?

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

オクラのプランター栽培|肥料切れに注意し若どりで長期収穫

  •  投稿日:2018-06-03
  •  カテゴリ:果菜類
okura (3).jpg
オクラのつぼみ


okura (4).jpg
オクラの花


オクラはアフリカ原産といわれているため、
暑さにとても強く、日本の夏と相性がいい野菜です。
ほとんどの野菜が夏枯れしてしまう時期でも、
青々とみずみずしく生育してくれます。

逆に低温は苦手なので、早植えは避けます。

若どりの本当にやわらかくて、
新鮮な実を食べられるのも、
プランター栽培の醍醐味です。

黄色の大きな花は美しく観賞用としても楽しめます。

たいへん丈夫で育てやすいので、
初心者でも簡単に育てられます。



okura (5).jpg
オクラ畑


■栽培管理

・容器
土量の大きい容器ほど良く生育し、
長期栽培でも樹勢が衰えません。

とはいえ、標準プランターでもそれなりに生育するので、
栽培スペースに応じて容器を選びましょう。

標準プランターなら4〜5株、菜園プランターなら8〜10株、
発泡スチロール箱なら6〜8株が目安です。

・用土
用土は標準のものや、古土を再生したものでかまいません。

ただしオクラは連作を嫌うので、できれば3〜4年は、
オクラを栽培していない土を使います。


okura003.jpg
オクラの発芽


・タネまき
オクラは高温を好み、寒さに弱いので、早植えは避けます。
5月に入って地温が十分に上がってから、
タネをまくと失敗がありません。

オクラは直根性で植え傷みしやすいので、
直まきの方が生育が順調です。

種は皮が硬く、吸水しにくいので、
水またはぬるま湯に1昼夜〜2日ほどつけ、
十分に吸水させてからまきます。

株間13cmで、1ヶ所あたり3〜4粒まきます。
発芽するまでは湿度を維持させるため、
ぬれた新聞紙などをかぶせておいてもよいでしょう。
種まき後10日くらいで発芽します。


okura009.jpg
1メートルくらいの支柱を立ててあげます


・間引きと支柱立て
本葉2枚のころ、各場所1本に間引きます。
ハサミを使って地際から切り取ると、残す株の根を
傷めません。

樹が倒れたり傾いたりしないように、なるべく
支柱を立ててあげましょう。
プランター栽培では背丈はそれほど伸びないので、
1m程度の支柱でよいです。

・肥料
オクラは肥料を大変好みます。
しかも長期にわたって収穫するため株が疲れやすいので、
定期的に追肥して、肥料切れやスタミナ切れをさせないのが
オクラ栽培のコツです。

最終間引き時に元肥を、その後は20日おきに
5回追肥します。

標準プランターで20g、菜園プランターや
発泡スチロール箱なら40gを目安とします。

・水やり
毎日水をやります。
暑いほど生育が旺盛になるので、水もよく吸います。
真夏は1日二回は水やりをしましょう。


okura001.jpg
新鮮なオクラと納豆で、スタミナごはん


■収穫

花が咲いて5〜10日ほどで収穫適期になります。
8cm前後の若くやわらかいうちに収穫すると、
樹も疲れず、結果的に多収となります。

オクラの実はあっという間に大きくなるので、
採り遅れないように注意します。
大きくなりすぎると硬く、繊維質になり、
味も食感も落ちます。


■病害虫

オクラはナメクジが大変好んで食べます。
ナメカットなどの誘殺ペレットを雨に当たらないように、
プランターの隅に置くとよいでしょう。

暑くて乾燥していると、ダニが出やすくなります。
水圧で落とすか、モレスタン水和剤で防除します。

アブラムシにはオルトラン水和剤が有効ですが、
収穫7日前までしか使えないので注意します。
 カテゴリ

オクラ 初心者向きの育て方

  •  投稿日:2018-06-02
  •  カテゴリ:果菜類
okura20(1)-1fa47.jpg


オクラは花も美しく、実もおいしい夏野菜です。
健康に良い成分をたくさん含んでいるので、
夏バテ防止にも、ぜひチャレンジしてみたい野菜です。

オクラを育てるのはそれほど難しくありませんが、
初心者が失敗しやすいポイントがいくつかあります。
そのポイントを押さえて、元気なオクラを育ててみましょう。


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ナス 苗が枯れる

  •  投稿日:2018-05-16
  •  カテゴリ:果菜類
nasunae.jpg
ナスの苗が、元気がなくなり萎れたり枯れてしまうことがあります


ナス苗が、なぜ枯れてしまったか原因が分からないこともありますが、
こちらでは、ナスの苗が枯れる原因を探ってみました。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

スイカ 玉直しの仕方は?

  •  投稿日:2018-05-10
  •  カテゴリ:果菜類
suika.jpg
スイカの玉直しをすると、全体に糖度が上がり形も良くなります


スイカの実がなって収穫が待ち遠しいところです。
実の下の方がまだ白っぽいのですが、

このまま放っておいても大丈夫なのでしょうか?
「玉直し」をしたほうがよいのでしょうか?


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

スイカ 誘引方法は?

  •  投稿日:2018-04-26
  •  カテゴリ:果菜類
suika.jpg
空中栽培で着果したスイカ


スイカを大きく美味しく育てるためには、つるの誘引の仕方が大切です。
スイカの誘引はどのように行ったらよいのでしょう?


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

スイカ黒玉の種類は?

  •  投稿日:2018-04-20
  •  カテゴリ:果菜類
tahiti.jpg
スイカ黒玉タヒチの種


黒玉スイカは、インパクトがあり美味、プレゼント用にも人気が出ています。
黒玉スイカには、どんな種類があるのでしょうか?


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ワイルドストロベリーの利用法

  •  投稿日:2018-01-26
  •  カテゴリ:果菜類
Fragaria vesca04.jpg


ワイルドストロベリー(Fragaria vesca)は、
野苺の一種で、ヘビイチゴとはまた違いますが、
エゾヘビイチゴといった別名を持ちます。

主に利用するのは、葉と実の部分で、
果実は、イチゴ同様、甘酸っぱく、とても美味しく食べられます。
葉は、ハーブティーにできます。

また、ワイルドストロベリーの利用法は食用にするだけではなく、
さまざまな方法がありますので、ぜひ活用してみてください。

» 続きを読む

 カテゴリ

ワイルドストロベリー 実が赤くならないのは?

  •  投稿日:2018-01-25
  •  カテゴリ:果菜類
Wild Strawberry2.jpg
あれ? 実が茶色っぽいです


かわいらしい花と実をつけることで大人気の「ワイルドストロベリー」。

ワイルドストロベリーは、ふつうのイチゴと比べて、害虫にも強く、
寒さにも耐えることができるので初心者にも育てやすい植物です。

しかし、ワイルドストロベリーが赤く色づかないことがあります。
その原因をご紹介しましょう。 


» 続きを読む

 カテゴリ

ワイルドストロベリー 実がならない原因は?

  •  投稿日:2018-01-24
  •  カテゴリ:果菜類
Fragaria vesca01.jpg
ワイルドストロベリー 実がならない原因をご紹介します 

» 続きを読む

 カテゴリ

ワイルドストロベリーの育て方|一般的なイチゴ栽培と同様です

  •  投稿日:2018-01-23
  •  カテゴリ:果菜類
wild strawberry (1).jpg
野イチゴは、食べると病みつきになるおいしさです


ワイルドストロベリーは、野生のイチゴで、
いわゆる野イチゴの一種です。

幸せを招き入れるという伝説があります。
ワイルドストロベリーの育て方をご紹介していきます。

» 続きを読む

 カテゴリ

キュウリ 肥料は?

  •  投稿日:2015-07-21
  •  カテゴリ:果菜類
kyuri005.jpg
キュウリの実り


キュウリは初心者向けの野菜とされますが、
実際には、病気にかかりやすく施肥にも繊細ですね。

放任していても実をつけてくれますが、
元気のよい株に育てるにはタイミングの良い追肥が必要だそうです。
キュウリはどのように肥料をやるとよいのでしょう。


■キュウリ 肥料は?

1.キュウリの元肥は?
キュウリは元肥を早めに準備します。
畑の準備は植え付けよりも3週間ほど前から始めます。

植え付けの3週間前に、
1uあたり150gの苦土石灰を撒き、よく耕しておきます。

植え付けの2週間前に、
1uあたり堆肥を5s、油かすと化成肥料を100g、
魚粉を60g入れて耕し、畝を作って置きます。

キュウリの土づくりで大切なことは、
肥料過多にならないように注意することです。

特に窒素成分が多いと葉ばかりが茂って実が付きにくくなります。


kyuri006.jpg
朝、つる先が上がるくらいが調子が良いようです


2.キュウリの追肥は?
キュウリは、追肥を少量ずつ頻繁に施していきます。
最初の追肥は株がしっかりと生長を始めたころです。

株の周囲に化成肥料を20gほど播きます。
その後は、2週間に1回を目安に20gずつ、2回に分けて追肥を行います。

この時の追肥は、畝の片側に土と混ぜるようにして化成肥料を入れます。
2回目と3回目の追肥はキュウリの株が生長するために、
とても大切な肥料になります。

その後の追肥は、株の様子を見ながら行っていきます。

3.肥料過多と肥料不足の見分け方は?
・肥料過多の症状
元肥の窒素成分が多いと、葉ばかりが茂って、
実が付きにくいつるぼけの症状が出ます。

葉の色が極端に濃くなり、葉が丸まっていきます。
窒素過多の症状が見られたら、
周辺に小松菜などの葉物野菜を植えるとよいでしょう。

・肥料不足の症状

肥料が足りないと、葉の色が薄くなり、生長が遅くなります。
ツルが下向きに伸びるようになったら、肥料が不足しているサインです。

追肥を行って栄養分を補給してあげましょう。
キュウリの追肥は、少量ずつ行っていきます。

たくさんの量を一度に与えると、実が苦くなってしまいます。

一度に与える肥料は、
化成肥料で20gを2週間に一度を目安に施します。
液体肥料は適切な量に薄め、1週間に一度を目安に施します。

・追記
先日、水やりしているときに眩暈がして倒れてしまいました。
倒れるときに頭と顔は、手で覆い守った記憶があります。
身体の数か所に痣ができましたが、大怪我はしませんでした。
皆さまも、暑いですから気をつけてくださいね。

■キュウリのわかりやすい育て方
・キュウリの病気?|実が細い、茎が割れる
・キュウリ 曲がる理由は?
・キュウリの葉に黄色い斑点、褐色の模様が!
・キュウリの仕立て方
・夏キュウリの育て方とじょうずな摘芯
・キュウリの育て方(地植え)|若採りでおいしい実を収穫するコツ
・キュウリのプランター栽培|耐病性品種で無農薬栽培もできます
・秋キュウリの育て方は?
・キュウリ 花が咲かない理由は?
 カテゴリ
 タグ



管理人=fuji 野菜栽培19年♪
「猫の額 菜園」で、
野菜や果樹を栽培中!
土と植物からエネルギーをもらっています♪

〒メール

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
●写真協力
・写真素材 フォトライブラリー
・草花写真館
・季節の花300
Add to Google
My Yahoo!に追加
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
相互リンク