ハーブ類のカテゴリ記事一覧

野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。


 
 スポンサードリンク

カテゴリ:ハーブ類

ハーブ類のカテゴリ記事一覧。野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。
クレソンの増やし方

2014-09-04 ハーブ類
 クレソンの実後味のよいほんのりとした辛みと香りが人気のクレソン。その爽やかな風味からお肉やお魚料理に、添えられていることがよくありますよね。また、たくさん収…

記事を読む

クレソン プランター栽培コツは?

2014-09-03 ハーブ類
清流を好むクレソンですクレソンは、サラダや炒め物や天ぷら、鍋もの、またステーキの付け合わせなどさまざまな使い方ができますね。「ウォータークレス」「オランダガラ…

記事を読む

アニスの効用

2014-08-31 ハーブ類
アニス C)井出商会■アニスとはアニスは、古代エジプト時代から薬効が知られ、利用されていた歴史の古い薬用ハーブです。アニスはセリ科のハーブであり、甘みのある強い…

記事を読む

アカンサスとは?|スピノサス種ならプランター栽培も

2014-08-30 ハーブ類
アカンサス■アカンサスとはアカンサス(Acanthus)は、和名をハアザミともいいます。全世界で50種類ほどの品種がありますが、一般的にアカンサスというと、観賞用にされる…

記事を読む

ディルの効用と利用方法

2014-08-29 ハーブ類
■ディルとはディル(dill)は、イノンド(蒔蘿、Anethum graveolens)とも呼ばれ、紀元前4000年より利用されてきたと言われているほど、歴史の古いハーブです。日本…

記事を読む

ローゼルとは?|ハイビスカス・ティー 酸味と紅色が特徴

2014-08-28 ハーブ類
ローゼル■ローゼルとはローゼル(Roselle)は、西アフリカ原産のハーブで、レモネードブッシュとも呼ばれる亜低木です。ローゼルの果実には酸味があり、生で食べられます…

記事を読む

キャラウェイの効用

2014-08-27 ハーブ類
キャラウェイの花■キャラウェイとはキャラウェイ(Caraway)はセリ科のハーブで、甘く、爽やかな香りがします。古代エジプト時代から利用されていて、歴史の最も古いハー…

記事を読む

カラミントとは?|ミントに似た香りと愛らしい花が人気

2014-08-17 ハーブ類
花壇の彩りとしても人気です C)みんなの花図鑑■カラミントとはカラミントは、ギリシア語で「美しいミント」の意味ですが、名前の通り、香りのよい、淡い薄紫色の小さな…

記事を読む

サフラワーとは ?|ハーブとして利用、染色にも

2014-08-09 ハーブ類
サフラワーは活用範囲が広いです■サフラワーとはサフラワーは和名をベニバナ(紅花)と言います。古名を末摘花(すえつむはな)ともいい、同名の姫が源氏物語に登場するほど…

記事を読む

ローズマリーとは?|抗菌効果が高く丈夫で育てやすい

2014-07-11 ハーブ類
よく育ち挿し木でも増やせるローズマリー■ローズマリーとはローズマリーは地中海沿岸原産の常緑樹です。爽やかな香りと、1年中利用できることから、ヨーロッパでは古く…

記事を読む

レモンバーベナの効能は?

2014-07-03 ハーブ類
レモンバーベナ C)Public Domainレモンバーベナは、17世紀にスペインによってヨーロッパにもたらされ、18世紀からイギリスでハーブティーとして、そしてヨーロッパ大陸…

記事を読む

ヤグルマギクエキス効果は?

2014-07-02 ハーブ類
ヤグルマギク(矢車草、コーンフラワー)ヤグルマギクは、地中海沿岸に分布する草花で、日本には明治の中頃に入ってきたといわれています。白、青、ピンク、紫、紅などさ…

記事を読む

ミントの種類 画像付き

2014-06-24 ハーブ類
日本のハッカです■ミントとはミントはさわやかな風味が魅力のハーブです。ミントはペパーミント系とスペアミント系の2つに大きく分けられます。ペパーミント系はメント…

記事を読む

レモンティーツリーの育て方|良い香りで観葉植物にも

2014-06-10 ハーブ類
葉が美しく花も愛らしいですレモンの香りのような爽やかな香りを漂わせるレモンティーツリー。葉や茎も細く繊細な雰囲気ですので、ガーデニングや寄せ植えの材料として人…

記事を読む

クミンの使い方は?

2014-05-31 ハーブ類
スパイスがたくさんあると料理も楽しみです「カレー」の香りとして日本人にも馴染みが深い「クミン」。古代エジプトの頃から薬効が高いとされ使用され続けてきました。今…

記事を読む

クミンの効能は?

2014-05-30 ハーブ類
クミンシードカレー粉の主成分として知られているクミンは、世界中で人気のあるスパイスです。セリ科の一年草で、エジプトが原産地。食欲のシンボルといわれるほど親しま…

記事を読む

チコリのおいしい料理法は?

2014-05-28 ハーブ類
花も人気ですヨーロッパ原産のキク科の野菜「チコリ(chicory)」。フランス名でアンデ−ブ、和名はキクニガナです。白菜の芯のような白い紡錘形をしています。ヨーロッパ…

記事を読む

バジルとは?|手軽に栽培できる栄養豊富なハーブ

2014-05-27 ハーブ類
バジルは育てやすいです■バジルとはバジルは、シソ科メボウキ属の多年草です。シソ科ですので、風味も若干シソに似ていますね。以前、バジルが今ほど一般的ではなかった…

記事を読む

カモミールの増やし方は?

2014-05-26 ハーブ類
こぼれ種で増えるジャーマンカモミールヨーロッパ原産のキク科カモミールは日本でもよく知られたハーブです。「カモミール」という名前は、リンゴの香りがすることに由来…

記事を読む

カモミール 種類と見分け方は?

2014-05-25 ハーブ類
ジャーマンカモミール、花の中央が盛り上がっています多くの効能を持つキク科のカモミールは、日本でも人気のあるハーブの一種です。鎮静作用、炎症や痙攣を防ぐ、消化促…

記事を読む

クレソンの増やし方

Watercress (1).jpg 
クレソンの実


後味のよいほんのりとした辛みと香りが人気のクレソン。
その爽やかな風味からお肉やお魚料理に、
添えられていることがよくありますよね。

また、たくさん収穫してサラダとして食べてもおいしいです。
栄養価も高く、カルシウム、リン、鉄分、ビタミンC、カロチンなどが、
豊富に含まれています。

冷涼な気候で8℃以下にならない場所ですと一年中収穫が可能です。
外が寒い場合は、室内やベランダでの栽培も可能です。
栽培難易度が低くたくさん収穫できますので初心者にもオススメです。


Watercress (2).jpg
自生しているクレソンも多いです


■クレソンの増やし方

もともとクレソンは湿地に生育しています。
ヨーロッパ原産ですが世界中に自生しているほど強健です。

スーパーなどで食材として売っているクレソンを、
水挿ししておくだけで簡単に発根し、
それを育てていけば、どんどん増やしていくことができます。

1.クレソン栽培の特徴
・多年草ですので、一度植えると長く収穫できます
・半日陰でも育ちますので場所を選びません
・15〜20℃が生育適温となります
・定植後2週間ほどで収穫が可能です
・水耕栽培が可能です

2.クレソンを上手に増やすには?
・砂利などをいれて水耕栽培を始めますが、
元肥入培養土を用いると程度肥料も入っていますので良く生長します。

・暑さに弱いので夏の直射日光にあたると枯れてしまう可能性があります。

・水耕栽培の水は多少汚くても育ちますが、
虫などが発生しますので、こまめに入れ替えましょう。

・生長期には10日おきに収穫できるほど勢いがあります。
収穫をどんどんしたほうが新芽の生長がはやいです。

・葉が水につくと枯れる原因になります。

・水耕栽培の場合そこまで間引きをする必要はありませんが、
込み合いすぎて日当りが悪くなってきたり風通しが悪くなってきていたら、
適度に間引きをします。

・トウ立ちしてきたら早めに摘み取り脇芽を出させていきます。

・花を咲かせると茎や葉が硬くなりますので、切り戻しをしましょう。

■クレソンのわかりやすい育て方
・クレソンの育て方|1年中収穫できてお料理に便利です!
・クレソン 害虫対策は?
・クレソンの水耕栽培
・クレソン プランター栽培コツは?

 カテゴリ
 タグ

クレソン プランター栽培コツは?

Watercress (2).jpg
清流を好むクレソンです


クレソンは、サラダや炒め物や天ぷら、鍋もの、
またステーキの付け合わせなどさまざまな使い方ができますね。

「ウォータークレス」「オランダガラシ」とも呼ばれています。
クレソンがあるだけで家庭の食卓がちょっとオシャレになります。

使い道が豊富なクレソンですが、実は育て方もとっても簡単です。
多年草ですので、一度植えると長い間楽しめるというのも嬉しいです。

もちろん、ベランダ菜園、プランターでの栽培も可能です。


Watercress (1).jpg
愛らしい花ですが、切り戻したほうが葉は美味しいです


■クレソン プランター栽培コツは?

1. クレソンのプランター栽培の長所
・多少日当りが悪くても育てられます
・病害虫に強いのでお手入れが楽、しかも無農薬での栽培が可能
・生長が早いので収穫がすぐにできて嬉しい
・多年草で長い間楽しめます


2. クレソン栽培の基本
クレソンはアブラナ科の多年草植物です。
強健で冷涼で風通しのよい場所を気候を好み、
夏の激しい暑さは苦手です。

春と秋が生育期となります。

・種まき 3〜4月、9月ごろ
・発芽・生育適温  15〜20℃
・発芽日数 5〜10日後
・開花時期 4月〜9月ごろ
・収穫時期 3月〜11月ごろ

3. クレソン プランター栽培のコツ
・種や苗も販売されていますが、
スーパーなどで販売されているクレソンを購入して、
「水挿し」をして発根させてから植え付けできます

・砂土を好むので、砂土を入れ底に受け皿を置いて、
常に水を溜めておくのがオススメです

・発泡スチロールでも栽培が可能ですが、壊れやすいので注意しましょう。
ポリ容器で栽培する場合は、水温が高くなりすぎないようにします。

・乾燥には強いですが、基本的には湿り気を好みますので、
こまめな水やりが必要です。

・食用にする場合、花が咲くと葉や茎が硬くなりますので、
開花前に収穫するか、切り戻しをして花芽を付けさせないようにしましょう。
そうすると長くおいしく収穫を楽しめます。

・収穫後にちょこちょこと追肥を行います。
液肥や化成肥料をクレソンに直接あたらないようにしましょう。

・夏は日よけ、冬は霜よけをしてあげると長持ちします。

■クレソンのわかりやすい育て方
・クレソンの育て方|1年中収穫できてお料理に便利です!
・クレソンの増やし方
・クレソン 害虫対策は?
・クレソンの水耕栽培

 カテゴリ
 タグ

アニスの効用

anice.jpg
アニス C)井出商会


■アニスとは

アニスは、古代エジプト時代から薬効が知られ、
利用されていた歴史の古い薬用ハーブです。

アニスはセリ科のハーブであり、甘みのある強い香りは、
同じセリ科であるフェンネルによく似ています。


■アニスの効用

◎消化促進作用
アニスには胃腸の働きを促して消化を助けてくれる、
消化促進作用があります。
食べ過ぎた時には、アニスシードのハーブティーを飲むと、
胃もたれを防いでくれます。

その他にも、胃腸内にたまったガスを排出させ、
ガスによる圧迫感を除く駆風(くふう)作用があり、
お腹が張って苦しいときにもアニスシードの、
ハーブティーを飲むと楽になりますね。

安眠作用もあるため、眠れない夜はホットミルクに、
アニスシードを浮かべて飲んでみてはいかがでしょうか。

◎咳や痰に
アニスに含まれているサポニンは去痰作用があり、
痰を除く手助けをしてくれるため、
風邪やぜんそくの咳を鎮めるのにも効果があります。

サポニンには気管の分泌液の分泌を促進させる働きがあります。
気管の分泌液には、肺に侵入してきたゴミや異物を、
排除する役割があるため、このような作用が期待できます。

◎口臭防除
アニスには口臭を防ぐ働きもあります。
インドでは、食後にアニスシードをかじる風習がありますが、
香りの強いカレーを食べる国ならではのエチケットとだそうです。

アニスシードのハーブティーでうがいをしても、
消臭効果を得られます。

◎女性にやさしい作用
アニスの甘みのある強い香りはアネトールという成分によるものです。
アネトールには女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用を持ちます。

ホルモン分泌の調整などにより、更年期障害の予防や改善、
月経痛の軽減や月経周期を整えるなど、
女性特有のトラブルに効果的とされています。

ただし、女性ホルモンに影響を及ぼすことから、
妊娠中・授乳中、乳がんを患っている人は使用を避けます。
乳幼児にも与えないほうが良いでしょう。

◎殺虫成分
アニスシードには殺虫成分があり、ペットの蚤の駆除などに利用できます。
ペットを洗う際、最後にアニスシードの煮出し液を塗ってあげたり、
アニスシードを小袋に詰めてペットの首輪につけてあげるとよいでしょう。

アニスシードの殺虫力は、医薬品の軟膏として、
害虫防止用塗布薬(キモノシラミの駆除)に用いられることもあるほどです。


anise.jpg
アニスシード


■アニスの利用法

アニスの種子は、”アニスシード”として利用されています。

アニスの香り成分は揮発性のため、粉にするとすぐに香りが飛んでしまいます。
使うたびに種子を砕いて使用するとよいでしょう。

アニスの生の葉も、利用することができます。
ピリッとした辛みがあるので、サラダのアクセントや、
スープの浮き身などによく合います。

ハーブティーには、種子だけでなく、乾燥した葉も利用できます。

>>アニスの育て方|過湿に注意し水やりは控えめに
 カテゴリ
 タグ

アカンサスとは?|スピノサス種ならプランター栽培も

Acanthus (4).jpg
アカンサス


■アカンサスとは

アカンサス(Acanthus)は、和名をハアザミともいいます。
全世界で50種類ほどの品種がありますが、
一般的にアカンサスというと、観賞用にされるA.molisをさします。

アカンサス(A.molis)の優美な姿はヨーロッパで古くから愛され、
アザミに似た形の葉は、古代ギリシア時代より、
装飾のモチーフとされてきたほどです。

アカンサスのモチーフは、古代ギリシア建築の柱の上部(柱頭)に、
よく施されています。
"コリント式の柱頭"というと、わかる方もいらっしゃると思います。

現在でも、ギリシアの国花となっているほど、
ギリシャ人にとって大切な植物です。


Acanthus (2).jpg
花のアップ


■アカンサスの効用と利用方法

アカンサスは、紀元1世紀の書物に、
捻挫や痙攣などに効果があると記されています。

また、その樹液は強壮剤や興奮剤として、
利用されてきたと言われています。

現在でも民間療法として葉と根が利尿、止血、下痢止めに、
根が痙攣やヘルニアに利用されています。

また、変わった使用例としては、アカンサスの抽出液を、
巻き髪の作成・維持に用いる特許が出願されています。


Acanthus (3).jpg
葉が装飾モチーフとされます


■アカンサス栽培の楽しみ

アカンサスは地中海沿岸原産ではありますが、意外と耐寒性が強く、
関東以西なら霜よけなしで冬越しできます。
花付きは悪くなりますが、日陰でも育ちます。

高さ1mほどの株に、2mにもなる茎が伸びて、花が咲きます。
大きな花穂と、深い切れ込みが美しい濃緑色の光沢のある葉。
雰囲気のある植物のため、その存在感に負けない、
重厚感のある洋風建築によく合います。

華やかな外観をしていますが、意外と丈夫で管理に手間がかからず、
育てやすい植物です。

アカンサスは、ほとんど流通していない植物のため、挑戦しがいがあります。
花だけでなく葉も存在感があるので、ほぼ1年中鑑賞できます。

アカンサスで最も一般的なA.molisは上記の通り重厚感があり、
スペースも必要としますが、
スピノサス種(トゲハアザミ)は小型のため、
プランターでも栽培できます。

>>アカンサスの育て方|花がらを摘むと美しい花が次々と
 カテゴリ
 タグ

ディルの効用と利用方法

dill (2).JPG


■ディルとは

ディル(dill)は、イノンド(蒔蘿、Anethum graveolens)とも呼ばれ、
紀元前4000年より利用されてきたと言われているほど、
歴史の古いハーブです。

日本ではまだなじみの薄いスパイスですが、欧米や東南アジア、
中近東ではよく用いられています。


■ディルの効用

ディルには、d-カルボン、d-リモネン、フェランドリンなどの、
精油成分が含まれていて、様々な薬効があります。

ディルには鎮静作用があり、特に頭痛に効くと言われています。

さらに、消化を助け、胃もたれや腹痛を緩和してくれる働きや、
利尿作用があります。

ディルの爽やかできりっとした香りには、神経を落ち着かせ、
リラックスさせてくれる効果もあります。


■ディルの利用方法

魚の臭みを消してくれるため、魚料理と相性がよく、
「魚のハーブ」と呼ばれているほどです。

さらにディルの葉には殺菌作用があるため、
生の魚介類の付け合わせに最適です。

とはいえ、ディルの爽やかできりっとした香りは、
肉料理など、どんな食材にも合います。

野菜をゆでるときにディルを少量入れると、
野菜にほのかに香りがついて気の利いた一品となります。

ディルを加えたポテトサラダは、やさしい香りが引き立ち、
欧米でも人気のレシピです。

ディルには胃腸を整え、消化を助ける作用があるため、
食後にハーブティーとして飲むとお腹がスッキリします。
さらに口臭予防にも効果があります。

◎ディルのハーブティー
穏やかな催眠効果もあるため、眠れない夜に飲んでも良いでしょう。

ディルのハーブティーは、主に種子を利用します。
1杯分ティースプーン1杯のディルシードが目安です。

ディルのハーブティーは、ぜんそくの鎮静にも効果的とされています。
この場合は、飲むよりも、熱い湯気を胸いっぱいに吸い込みます。

ディルの催眠効果は、ラベンダーのように香りによるもののため、
ドライディルリーフやシーズを枕に入れても、効果があります。
ポプリやサシェにして、枕元においても良いでしょう。


ディルは乾燥すると香りが失われてしまうので、
できればフレッシュなものを手に入れたいものです。

日本ではなかなかフレッシュなディルを入手する機会はないため、
家庭菜園で育ててみてはいかがでしょうか?

ディルは地中海〜西アジアの広い範囲に分布するハーブですので、
温暖な気候を好みます。
日当りの良い場所に植え付けると良いでしょう。

 カテゴリ
 タグ

ローゼルとは?|ハイビスカス・ティー 酸味と紅色が特徴

Roselle (5).jpg
ローゼル


■ローゼルとは

ローゼル(Roselle)は、西アフリカ原産のハーブで、
レモネードブッシュとも呼ばれる亜低木です。

ローゼルの果実には酸味があり、生で食べられます。
その他にも、ジャムやゼリーハーブティーにも利用されます。

ローゼルの花もハーブティーに、そして葉は野菜として、
茎は繊維として利用される、大変利用価値の高い植物です。

ところで、ローゼルの花と実のハーブティーは、
何と呼ばれているかご存知ですか?

実は、「ハイビスカス・ティー」なのです。

ローゼルは、アオイ科フヨウ属の植物ですが、
フヨウ属は、実は”Hibiscus”と表記されるのです。

日本で「ハイビスカス」と呼ばれている植物は、
アオイ科フヨウ属の中のいくつかの品種を指しています。
代表的な「ハイビスカス」は、ブッソウゲ(仏桑花、
Hibiscus rosa-sinensis)ですが、
ローゼルは(Hibiscus sabdariffa)であり、近縁種といえましょう。

ちなみに「ハイビスカス」のブッソウゲの方は、
食用や飲用には適しません。


Roselle (3).jpg
ローゼルの実


■ローゼルの効用は

「ハイビスカス・ティー」を飲んだ事のある方は多いでしょうが、
酸味がありますよね。

この酸味は、ビタミンCやクエン酸です。
クエン酸は、疲労回復に効果があります。

ハイビスカス・ティーの美しい紅色はアントシアニンによるものですので、
疲れ目にも効果が期待できます。

そのほかにも、カリウムや鉄分、カルシウムなどの、
ミネラルも含まれています。

効能としては、疲労回復や眼精疲労予防の他、利尿作用、
消化促進、強壮、風邪予防が期待できます。

このように様々な効能があるローゼルは、
漢方では洛神花という生薬として利用されています。


Roselle (1).jpg
かわいらしい花です


■ローゼル栽培の楽しみ

ローゼルは熱帯原産のため寒さには弱く、本来は多年草ですが、
日本の冬を越す事ができず、一年草扱いとなっています。

しかし、寒さに弱い以外は非常に丈夫で、
日当りと水はけさえ良ければ全く管理の手間がかからず、
失敗知らずの植物です。

草丈は2mにもなるので、1株あると、
菜園や庭園でトロピカルな雰囲気が楽しめます。


■ローゼルの利用方法

「ハイビスカス・ティー」に利用するのが一般的です。
花や実を乾燥させて作りますが、
ローズヒップとの相性が非常に良いです。

ローゼルの実を乾燥させるには、少しコツがいります。
ローゼルの実の茎の法をナイフで切り落とし、
ガクを外してバラバラにします。

ガク部分だけを集めてよく洗い、ザルなどにあけて、
天日でよく乾燥させます。

ティーカップ1杯につき、乾燥ローゼル2つまみくらいが適量です。
お湯を注ぐと、美しい紅色のハイビスカス・ティー、
(ローゼル・ティー)の出来上がりです。

乾燥ローゼルは、お酒に浸けても良いでしょう。
さわやかな酸味のある、美しい紅色のお酒になります。

一方、ローゼルの生の花や実は、
ジャムや料理のソースに利用できます。

ローゼルの若葉も食べることができ、
サラダやカレー料理に利用されています。

種子は煎って、代用コーヒーとして利用されています。

また、ローゼルの花はオクラに似て美しいため、
花壇に植え付けて観賞用にしている方も多いです。

ちなみに、ローゼルの名前の由来は、
花の形がバラに似ている事によるそうですが、
私はどう見てもオクラの方に似ていると思いますが、
どうでしょう?

>>ローゼルの育て方|寒さに弱いので早めに植えて収穫
 カテゴリ
 タグ

キャラウェイの効用

Caraway (1).jpg
キャラウェイの花


■キャラウェイとは

キャラウェイ(Caraway)はセリ科のハーブで、
甘く、爽やかな香りがします。

古代エジプト時代から利用されていて、
歴史の最も古いハーブの一つとされています。


■キャラウェイの効用

キャラウェイの香りの主成分はd-カルボンです。
d-カルボンは甘く爽やかな香りを持ち、
消化作用を助け、胃腸の調子を整える働きがあります。

そのため、食後にキャラウェイのハーブティーを飲むと、
消化不良の予防になります。
口臭を消してくれる働きもあるので、一石二鳥です。

さらに、お腹の張りを直してくれる駆風剤としての働きもあります。
お腹の張りを解消すると、体内に毒素がたまりにくくなるため、
体力回復効果も期待できます。

便秘や下痢にも効果があるとされています。


Caraway (2).jpg
キャラウェイの種


科学的にも、キャラウェイとペパーミントの入ったカプセルと、
入っていないカプセルを約1ヶ月間、
消化不良で悩んでいる方々に投与したところ、
胃の圧迫感や満腹感、重苦しさの改善効果があったとの報告があります。

キャラウェイ特有の甘く、少し酸味のある香りは、
リラックス効果をもたらしてくれます。

お菓子に入れたり、ハーブティー、ハーブバス、
ポプリなどで利用するとよいでしょう。


nikomiryori.jpg
キャベツの煮込み料理に


■キャラウェイの利用法

キャラウェイは汎用性が高く、卵料理やキャベツ料理、
パン、ケーキ、ビスケット、チーズ、焼きリンゴなど、
幅広く利用されています。
そして何と言っても、カレーには欠かせないスパイスです。

キャラウェイには肉の臭みを消してくれる作用があります。
特にマトンに効果を発揮します。

マトンの場合は、シナモンと併用すると、
消臭効果がさらにアップします。

シナモンを肉に利用するなど、日本人には思いつかない発想ですが、
古代エジプト以降中東で長い間利用されてきた方法ですので、
効果は抜群です。


Curry.JPG
カレーにも美味しい


キャラウェイは一般的に種子をスパイスとして利用しますが、
若葉もハーブとして利用できます。

家庭菜園などで若葉が手に入ったら、パセリと同じように、
スープやサラダなどの彩りに利用できます。

キャラウェイの根も食べることができます。
茹でてから、シチューやクリーム煮などに利用されています。

家庭菜園などで栽培したら、ためして見てはいかがでしょうか。

>>キャラウェイの育て方|キャベツのコンパニオンプランツにも
 カテゴリ
 タグ

カラミントとは?|ミントに似た香りと愛らしい花が人気

lesser calamint (2).jpg
花壇の彩りとしても人気です C)みんなの花図鑑


■カラミントとは

カラミントは、ギリシア語で「美しいミント」の意味ですが、
名前の通り、香りのよい、淡い薄紫色の小さな愛らしい花を咲かせます。

カラミントの花は次から次へと長期間咲き続けるので、
花壇の彩りとしても最適です。

葉に触れるとミントに似た爽やかな香りがするところも、
人気の一つです。

以前は強壮薬として利用されていましたが、
現在はもっぱら観賞用として愛されています。


■カラミントの効用は

カラミントには、シトラールやネロール、シトロネロール、
リモネンなどの精油成分が含まれています。

これらの香りがリラックス効果をもたらすため、
ストレスの緩和や不眠症の解消などの効果が期待できます。


calamint1.jpg
小さい青い花が綺麗です


■カラミント栽培の楽しみ

カラミントは日向を好みますが、半日陰でも育つため、
庭の立地が悪い人でも楽しめます。

ただし、あまりにも日当たりが悪いと徒長してしまうため、
混み合ったところはこまめに剪定し、
株全体に日が当たるようにしましょう。

丈夫で、病害虫の心配がなく、水はけが良ければ、
土を選ばないところもうれしいですよね。

人気がある品種は、「ネペタ」です。
薄紫色の花を咲かせますが、花期が長く、丈夫なので、
初心者でも長く花を楽しめます。

「グランディフローラ」も人気のある品種です。
カラミント類の中では花が大きく、ピンク色の花を咲かせます。


■カラミントの利用方法

花は、花壇の彩りや花束に、
または乾燥させてポプリなどに利用します。

ミントに似た清々しい香りがするため、
若葉を料理の風味付けや、
肉や魚介類の臭み消しなどに利用できます。

花も香りがあるため、冷たい飲み物の香り付けに、
利用するとおしゃれです。

ただし、カラミントは、
以前は強心剤として利用されてきたハーブです。

あまり多く摂取しないように気をつけます。
特に妊婦は摂取しないようにしましょう。

>>カラミント類の育て方|花期が長くガーデンの色どりに重宝
 カテゴリ
 タグ

サフラワーとは ?|ハーブとして利用、染色にも

Safflower (4).jpg
サフラワーは活用範囲が広いです


■サフラワーとは

サフラワーは和名をベニバナ(紅花)と言います。
古名を末摘花(すえつむはな)ともいい、
同名の姫が源氏物語に登場するほど、
古来より日本人に親しまれてきた植物です。

オレンジから黄色のアザミに似た花を咲かせ、
料理の色付けや、発酵・乾燥させてから、
染料や着色料(食品添加物、口紅など)に利用されています。

種子からは、サフラワー油をとります。


Safflower (2).jpg
山形のベニバナ畑


■サフラワーの栄養は

サフラワーの花を彩りに散らしても、
それほどの量は食べられないため、
サフラワーそのものの食品成分は測定されていません。

しかし、サフラワー油としては測定されています。

サフラワー油は、脂肪油の8割弱が必須脂肪酸のリノール酸で、
植物油の中で最も多い含有量です。

リノール酸には血液中のコレステロールを減らす働きがあり、
動脈硬化を予防し、高血圧を改善する働きがあります。

また、リノール酸同様の働きをする、
オレイン酸も豊富に含まれています。

ただし、リノール酸は熱によって酸化されやすいので、
ドレッシングやマリネなど、非加熱品に向いています。

一方オレイン酸は熱に強いので、
品種改良によりオレイン酸の含有量が多い、
サフラワー油も開発されています。

このように、サフラワーは主に油の栄養成分が研究されている一方、
サフラワーの花は、漢方薬として利用されています。

乾燥させたサフラワーの花は紅花(こうか)として、
日本薬局方に収録されています。

紅花には血行促進作用があり、主に婦人病薬として、
冷え性や更年期障害の治療に利用されています。

身近なところでは、養命酒にも配合されているんですね。

また、最近の研究で、紅花には抗炎症作用や鎮静作用、
鎮痛作用などがあることが報告されています。

ただし、子宮刺激作用があるため、
妊娠中の方には使用が禁止されています。


Safflower (1).jpg
トゲが多いので種を採るのがたいへんです


■サフラワー栽培の楽しみ

サフラワーの花は、観賞用だけでなく、
料理の色付けに利用したり、ハーブとしての利用や、
草木染めにも利用できます。

これだけ多彩に利用できる植物は、なかなかありません。

とくに染色の場合は、染めの工程の違いで、
2色に染め分けることができます。

サフラワーの花は、黄色の部分とオレンジ色の部分がありますね。
黄色と紅色、それぞれの色に染めることができるのです。

まず、花びらを潰して乾燥させ、水に漬けると、黄色の液が出ます。
この液で、黄色に染めることができます。

花びらから黄色の液が出なくなるまで何度も水を替え、
残った花びらに炭酸カリを加えると、紅色の液が得られます。
この液で、紅色に染めることができます。

ご自宅で栽培したサフラワーで、
草木染めにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

古代エジプトのミイラを覆っていた布は、
サフラワーで染められていました。
サフラワーによる染色は、最古の染色方法とも言われています。


■サフラワーのおいしい食べ方

サフラワーは、サフランのように、食品の色付けに利用できます。

漬物を漬ける時に入れたり、ご飯を炊く時に一緒に炊き込むと、
綺麗な黄色に仕上がります。

また、乾燥させたサフラワーに熱湯を注げば、
サフラワーティーになりますし、
浴槽に入れてハーバルバスにしても、身体が温まります。

ドライフラワーも簡単にできるので、
ポプリやリースの材料としても利用できます。

ただし、サフラワーには子宮刺激作用があるため、
妊娠中の方は食品やハーブティーなど、
口に入れるものに使用しないでください。

■サフラワーのわかりやすい育て方
・サフラワーの育て方|多湿が苦手、肥料は控えめに
 カテゴリ
 タグ

ローズマリーとは?|抗菌効果が高く丈夫で育てやすい

rosemary (3).jpg
よく育ち挿し木でも増やせるローズマリー


■ローズマリーとは

ローズマリーは地中海沿岸原産の常緑樹です。
爽やかな香りと、1年中利用できることから、
ヨーロッパでは古くから利用されてきました。

抗菌効果があるため、冷蔵庫のない時代は、
肉料理に欠かせないハーブでした。


■ローズマリーの効果は

ローズマリーには、ロズマリン酸やカフェ酸、
カルノシン酸、カルノソール、α-ピネン、
などの成分が含まれています。

このうち、ロズマリン酸には、
花粉症を軽減する働きがあると言われています。

また、カルノシン酸とカルノソールには、
解毒作用を高める働きがあります。

さらにカルノシン酸は、神経系を健全に保つことに、
大きく関与しているという研究結果があり、
アルツハイマー病の症状改善の可能性が期待されています。

その他にも、ローズマリーの抽出物には大きな消臭効果があり、
その効果の高さは、市販の消臭剤に利用されているほどです。

ローズマリーの消臭効果や抗菌・抗酸化作用は、
昔から知られていて肉料理に利用されてきました。

最近では、複数のハーブと組み合わせて使用すると、
血行促進などの作用により、育毛作用があることが、
注目を集めており、研究が進められています。


rosemary (1) .jpg
花色が美しく香りも良いです


■ローズマリー栽培の楽しみ

ローズマリーは丈夫で乾燥に強いので、
栽培が楽なハーブの一つです。

蒸れに弱いため、
梅雨前に収穫を兼ねて風通し良く剪定することと、
冬氷点下になる地域では屋内に取り込んで、
越冬することがポイントです。

ローズマリーには、高さ2m程度に生長する立性と、
高さ30cmほどで、這うように広がっていくほふく性、
高さ30~80cmの半ほふく性の3タイプがあるため、
好みやスペースに合わせて選びましょう。

花色も、水色や青、白、ピンク色など様々な色があります。


rosemary (2).jpg
乾燥保存もできます


■ローズマリーの保存と利用方法

フレッシュのほか、陰干しした乾燥品も、
保存がきき同様に利用できます。

一般的に肉料理に利用することが多いです。
特に鶏肉とジャガイモとの相性は抜群で、
欧米では定番の組み合わせです。

グリルや煮込み料理のほか、クリームチーズにいれて
ハーブチーズにしても美味しいです。

ハーブ以外の利用法ですが、高さがあまり高くならず、
感想や病害虫に強いため管理が簡単でよく茂るため、
生垣や庭木、街路樹としてもよく使われています。

■ローズマリーのわかりやすい育て方
・ローズマリーの育て方|育てやすく用途の多いハーブです
・ハーブの大量収穫時の保存と活用
 カテゴリ
 タグ

レモンバーベナの効能は?

Aloysia citrodora (1).jpg
レモンバーベナ C)Public Domain


レモンバーベナは、17世紀にスペインによってヨーロッパにもたらされ、
18世紀からイギリスでハーブティーとして、
そしてヨーロッパ大陸で人気を集めてきました。

芳香高いリキュールにも使用されるほど素敵なレモンの香りを漂わせます。
「ハーブティーの女王」の名にふさわしい、万人に愛されるハーブです。

清々しいレモンの香りは世界中で大人気です。
ヨーロッパではフィンガーボールの水に、
レモンの香りをつけるために利用されていました。

フランスではどこの喫茶店にも必ずある、
伝統的なハーブティーとして知られています。


■レモンバーベナの効能は?

体調の維持、自己免疫力を高めるために、
就寝前や食後にレモンバーベナのハーブティーを飲むと効果的、
と言われるくらいさまざまな効能を持ちます。

1.代謝を高める
血行を促進する働きがあるといわれています。
体を温めてくれるため毎日飲むと免疫力アップが期待できます。

2.神経過敏を抑える
神経が高ぶる、逆に自信をなくすなど神経過敏になっているときに、
気持ちを鎮め安定させてくれ、元気にしてくれます。

3.不眠症の改善
心を落ち着ける効果があるとして、
フランスでは安産のために飲むとよいとされていたようです。
不安な気持ちを改善してくれるため不眠症にも効果があります。

4.偏頭痛の改善
風邪や生理ときの偏頭痛を和らげてくれるといわれています。
血行促進効果があるので普段の偏頭痛にもお勧めです。

5.鼻粘膜の炎症緩和
気管支や鼻の粘膜の充血、喉の痛み、口臭にも効果的です。

6.躁鬱改善・リラックス効果
ストレスを和らげる効果があります。
ストレス性の頭痛、腹痛などを軽減します。

7.消化不良など胃腸の不快解消
胃腸の調子を整え、消化を促進する効果がありますので、
食後のハーブティーとしてお勧めです。


Aloysia citrodora (2).jpg
ハーブティー、人気があります


■レモンバーベナの利用方法

・ハーブティーとして(フレッシュでもドライでもOKです)
・香水の原料として
・ポプリやサシェ(香り袋)に入れて
・水に入れてレモンバーベナウォーターとして
・リネンウォーターとして
・アイロン時のスプレーとして
・入浴剤として

■レモンバーベナのわかりやすい育て方
・レモンバーベナの育て方|強いレモンの香りのするハーブ
 カテゴリ

ヤグルマギクエキス効果は?

yagurumagiku (4).jpg
ヤグルマギク(矢車草、コーンフラワー)


ヤグルマギクは、地中海沿岸に分布する草花で、
日本には明治の中頃に入ってきたといわれています。

白、青、ピンク、紫、紅などさまざま色と品種があります。
最近は、ブラックボールなど「黒色」が大人気です。

花言葉は「教育・信頼・優雅・独身生活」です。
強健な植物で適切な場所に植えてあげると、
花がら摘み以外には手入れもいらないほど、
手間がかかりませんので初心者にもお勧めの植物です。


yagurumagiku (1).jpg
育てやすく、エキスにはさまざまな効果があります


■ヤグルマギクエキス効果は?

別名「ヤグルマソウ」とも言われているヤグルマギク。
可愛らしい花を咲かせるだけではなく私たちにとって、
さまざまな効果を与えてくれる花としても知られています。

気管支炎、咳止め、目の炎症を抑える目薬として使われてきました。
また、花から抽出されるヤグルマギクエキスも、
化粧品やシャンプー、ヘアローションに配合されています。

ヤグルマギクエキスは黄褐色から褐色の液体で、
わずかに独特のにおいがあります。

1.ヤグルマギクエキス効果の成分
アントシアン、アントシアニジン誘導体、クマリン誘導体など

2.ヤグルマギクエキス効果
・抗菌作用
・消炎作用
・保護作用
・*収れん作用
・皮膚細胞の活性化作用
*収れん作用とは、タンパク質を変性させることで、
組織や血管を縮める作用のこと。
止血、鎮痛剤、防腐などの効果があり化粧品や医薬品に用いられる


yagurumagiku (2).jpg
ピンクや白も愛らしいですね


◎美容対策としてのヤグルマギクエキスの効果
なめらかで潤いのある肌を目指すために用いられます。
肌荒れやニキビなどの肌トラブルの防止のために、

収れん剤、皮膚コンディショニング剤として、
化粧品にはヤグルマエキスが配合されています。
・皮膚を保護する
・肌荒れを防ぐ
・清涼感を与える
・肌を引き締める
・口内炎の改善
・あせもやニキビを防ぐ

◎アンチエイジング対策としてのヤグルマギクエキスの効果
アンチエイジングにも効果があるとされています。
主にアンチエイジング対策の化粧品に配合されています。
シャンプーや入浴剤に配合されていることもあります。
・しわ、たるみを抑える
・頭皮をしっかり引き締め育毛にも効果あり
・頭皮のかゆみ・炎症を抑える

■ヤグルマギクのわかりやすい育て方
・コーンフラワー(ヤグルマギク) の育て方|肥えた日照の良い所で

ミントの種類 画像付き

hakka (1).jpg
日本のハッカです


■ミントとは

ミントはさわやかな風味が魅力のハーブです。
ミントはペパーミント系とスペアミント系の2つに大きく分けられます。

ペパーミント系はメントールの含量が多く、香りが強いです。
チューインガムやキャンディなどに多く利用されています。
日本に自生しているハッカも、ペパーミント系のミントです。

一方、スペアミント系の香りはやや弱く、甘い香りが混じります。
チューインガムや歯磨き粉などに利用されています。

ミントは交雑して変種ができやすいため、600種以上もの
変種が存在するといわれています。

代表的な品種をご紹介します。


◎ペパーミント系


hakka (2).jpg
・ハッカ
日本の他、中国やシベリアなどに自生しています。
ミントの中でもメントールの含有量が多いことが特徴です。


Peppermint.jpg
・ペパーミント(Peppermint)
別名を西洋ハッカといいます。
粘膜に強い刺激とひんやり感を与える風味が特徴です。


Colognemint.jpg
・オーデコロンミント(Colognemint)
レモンのような風味があり、
ポプリの材料として人気があります。


Black peppermint.jpg
・ブラックペパーミント(Black peppermint)
葉や茎が暗めの紫色をしています。
丈夫で非常に育てやすい品種です。


◎スペアミント系


Spearmint.jpg
・スペアミント(Spearmint)
別名をオランダハッカ、ミドリハッカといいます。
ペパーミントより清涼感が弱いですが、香りに甘みがあります。


・カーリーミント(Karr Lee Myint)
別名をチリメンハッカといい、
葉が縮れているのが特徴です。(画像準備中です)


Apple Mint.jpg
・アップルミント(Apple Mint)
甘いリンゴにミントを合わせたような香りがし、
とても人気のあるミントです。


Pennyroyal.jpg
・ペニーロイヤルミント (Pennyroyal)
ペパーミントの香りを強くしたような香りがします。


ミントは地下茎と種子で繁殖しますが、非常に繁殖力が旺盛なため、
いったん植え付けると駆除が大変で、しばしば雑草扱いされます。

栽培する際は、地下茎が伸びないようレンガなどを埋め込むなどして、
対策を立ててから植え付けましょう。


■ミントの効用は

ミントの特徴的なさわやかな香りはメントールによるものです。

メントールには胃の働きを活発にする作用があるため、
食欲増進や消化不良の改善などの効果が期待できます。

食前にミント系のガムをかんだり、
食前や食後にミントティーを飲むとよいでしょう。

また、痛みを緩和する働きもあるため、
痛い部分にミントオイルを2〜3滴つけてマッサージします。

リラックス効果もあり、気分を鎮めるので、情緒不安定の改善や、
不眠の改善にも効果があります。
ミントオイル2〜3滴をこめかみに塗ったり、
オイル5〜10滴を入浴剤代わりに浴槽に入れるとよいでしょう。

鼻づまりを緩和する働きもあります。
鼻の下にオイル1滴を塗りこんだり、
入浴剤代わりにオイル5〜10滴をいれてから入浴するとよいでしょう。

ミントは”薄荷葉(はっかよう)”として漢方薬とでも用いられており、
清涼、解熱、健胃、発汗などの目的で用いられます。


■ミント栽培の楽しみ

ミントは花が咲いてしまうと、エネルギーが花に奪われ、
香りが弱くなってしまいます。

そのため、花が咲く前に最初に刈り取ったミントは、
”初摘みミント”と呼ばれて珍重されます。

市場にはなかなか出回らない初摘みミントも、
家庭菜園なら簡単に入手できます。

香りの違いをぜひ体感してみてください。


■ミントの利用法

ミントは、お茶や料理、お菓子、カクテル、薬用酒などに利用されます。

ミントの香りは、肉の獣臭や魚の生臭さを消す働きがあるため、
ミントを加えて調理をすると、不快臭を消し、清涼感のある風味になります。

ミントのおすすめの使用方法は、ミント氷とミントシロップです。

ミント氷は、製氷皿で氷を作る際、ミントの葉を入れるだけ。
アイスドリンクに入れると、見た目も涼しく、香りも少しずつ出てくるので、
香りの変化が楽しめます。

ミントシロップは、水1カップに砂糖100g〜130g、
ミントの葉10g程度を鍋に入れ、10分程度煮出します。

冷めたらペーパータオルなどで濾し、
密閉容器に入れて冷蔵庫で保管します。

アイスティーや、レモンスカッシュなどに入れると、
ミントの香りはほとんどしませんが、のどが清涼感を感じるため、
暑い夏の日に欠かせません。

ミントの香りが苦手な方は、紅茶を出すときにミントの葉を1枚入れた、
プチミントティーをぜひ試してみてください。
ミントに香りはほとんどせず、爽やかさが増しておいしいです。

■ミントのわかりやすい育て方
・ミントの利用方法|ティー、入浴剤、酒、虫除けや消毒に
・ミントの育て方|葉が茂ったら風通しが良く なるよう収穫
 カテゴリ
 タグ

レモンティーツリーの育て方|良い香りで観葉植物にも

lemonTea tree  (2).jpg
葉が美しく花も愛らしいです


レモンの香りのような爽やかな香りを漂わせるレモンティーツリー。

葉や茎も細く繊細な雰囲気ですので、
ガーデニングや寄せ植えの材料として人気の高い植物です。

見た目がティーツリーという植物にそっくりなことから、
この名前がついたと言われますが別属の植物です。


科名:フトモモ科
英名:lemon scented tea tree
性質:常緑低木
利用箇所:葉



arrow46-011.gif栽培ポイント
1.耐寒性が低いため、暖地以外では冬場は室内での管理が必要です
2.水切れに弱いですので、土が乾かないように水やりをしましょう
3.鉢植えの場合は2年に一度の植え替えを 



ユーカリとともに最近人気が出始めている、
レモンティーツリーですが、まだまだ流通が少ないのが現状です。

5月〜6月にはきれいな花を咲かせますし、
香りもよく葉も涼しげで爽やかですので、
シンボルツリーとしてもお勧めです。

ハーブとしては殺菌力、虫除け効果があるといわれています。


■栽培管理

・植え場所
日当りの良い場所を好みます。

・植え付け
4月〜6月頃、日当りの良い場所に腐葉土などを混ぜ、
水はけをよくしてから植え付けます。

・追肥
春と秋に固形油かすなどを与えます。
花を咲かせますので花用の液体肥料も与えましょう。

・剪定
ティーツリーよりも大きめで、およそ高さ4m、幅3mほどに生長します。
樹形が乱れてきた場合は剪定をしましょう。

・水やり
水切れには弱いですので注意します。
夏場は乾燥しすぎると枯れてしまいますのでこまめに水やりをしましょう。
冬は土が乾いてきたら水を与えます。

・冬越し
暖地では多少の葉の痛みはありますが地植えでも冬越しできます。
それ以外の地域では室内での管理が必要になります。

・増やし方
挿し木で増やすことができます。
5月〜6月に行うのが理想的です。


lemonTea tree  (1).jpg
レモンユーカリのような香りがします


■収穫

葉を切りとって収穫します。
レモンティーツリーはハーブティーやアロマオイル、
お風呂にいれたりして利用できます。


■病害虫

強健で病害虫もほとんどつきませんので神経質になる必要はありませんが、
風通しが悪いとカイガラムシがつくことがあります。
見つけたらこすり落とします。

*お写真の苗は、
千草園芸さんで販売しています。

>>ティーツリーの育て方|森林浴のさわやかな香りが人気

 カテゴリ

クミンの使い方は?

cumin (4).jpg
スパイスがたくさんあると料理も楽しみです


「カレー」の香りとして日本人にも馴染みが深い「クミン」。
古代エジプトの頃から薬効が高いとされ使用され続けてきました。

今では古い歴史をもつスパイスのひとつとなっています。
クミンの和名は「ばきん、うまぜり」と言いますが、
「クミン」という名前の方がよく知られています


cumin (1).jpg
インド料理


■クミンの使い方は?

スパイスとして世界中で親しまれているクミン。
さまざまな使い方があります。
主にクミンシードとクミンパウダー、アロマ精油にわけられます。

1.クミンの種類と使い方
・クミンシード
クミンはセリ科の一年草です。
クミンシードはその種子のことをさします。

炒めものの最初に油を熱してクミンシードを入れて、
香りを十分に引き出してから食材を炒めると、
とても香り高い一品に仕上がります。

クミンシードははねやすいですので、熱するときには弱火にします。

・クミンパウダー
クミンシード(種子)を粉状に挽いたものです。
クミンパウダーは食材をある程度炒めた後に加えて、
いっしょに軽く炒めて使用します。

また、下ごしらえの時に振りかけたり、
仕上げに一振りしてコクを出すこともできます。

・アロマ精油
クミンはアロマとしても利用されます。
光毒性がありますので、注意して使用します。

保存する時には、密封容器で直射日光の当たらない、
場所で保管するようにしましょう。


cumin (3).jpg
夏の野菜カレー


2.クミンを使った料理
もっともポピュラーな料理はカレーです。
あの食欲をそそるスパイシーな香りはクミンによるもの。
クミンはさまざまな料理に使用することができます。

・シチューやカレーなどの煮込み料理
・メキシコ料理
・トルコ料理
・パンやクッキー、ケーキなど
・北アフリカ料理「クースクース」
・クミン入りチーズ
・キュンメル酒
・野菜炒め
・肉料理
・ピクルス
・漢方

基本的には、ニンジンなどの野菜とも相性が良いので、
炒めものなどにはよく合います。

食欲増進、胃腸を整える、体を温める、消化促進など、
さまざまな効能があります。

お料理のアクセントしとして家庭でも活躍するスパイスです。

■クミンのわかりやすい育て方
・クミンの育て方|日当たりが良く水はけの良い場所で栽培
・クミンの効能は?
 カテゴリ
 タグ

クミンの効能は?

cumin (2).jpg
クミンシード


カレー粉の主成分として知られているクミンは、
世界中で人気のあるスパイスです。

セリ科の一年草で、エジプトが原産地。
食欲のシンボルといわれるほど親しまれてきました。

また、中世のヨーロッパでは、クミンの香りが、
恋人の心がわりを防ぐパワーがあるといわれていました。

結婚式の花嫁、花婿の衣装のポケットに忍ばせておく、
という風習があったとも伝えられています。


Curry.JPG
ミートボールカレーを作ってみました


■クミンの効能は?

古代エジプト時代から使われていたというクミン。
食欲増進効果だけではなくさまざまな効能があります。

カレーの主成分であるクミン。
「朝カレー」が人気になったのも納得の効能の数々です。

1.クミンの体への効能

・食欲増進
カレーはみんな大好きですよね

・消化促進
体内の循環がスムーズになり体内環境がよくなります

・駆風作用
胃や腸に溜まったガスを分解してくれ、
お腹の張りや腹痛を和らげてくれます

・抗ガン作用
最近、カレーがガンやボケ防止に良いと、
注目されていますがクミンの力も大きいです

・疲労回復
栄養の吸収を助ける働きもあるので元気になれます

・生理不順の改善
昔から効果があるといわれていますので、
気になる方はチェックしてみて下さい

・デトックス作用
お肌に効果的です。女性には嬉しい効能です

そのほか、胃痛の緩和、鎮静作用、免疫増進作用、
貧血の防止などの効能もあります。


cumin.jpg
種からも育てられます


2.クミンの心への効能

クミンはアロマテラピーに使われることもあります。

・心を強壮し活性化させる

・リラックス効果がある

・安心感を与えてくれる

クミンは光毒性、肌についた状態で紫外線にあたると、
皮膚にダメージを与えることあるといわれています。

アロマテラピーで使用する際には直射日光を避け、
大量に使用しないようにしましょう。

クミンを食べる場合には、光毒性はほとんど影響ありません。

クミンにはさまざまな効能がありますが、
一度の摂取で効能が現れるわけではありません。

定期的に摂取すると、より緩やかな効果が期待できますので、
日常的な、お料理などに活用できると良いですね。

■クミンのわかりやすい育て方
・クミンの育て方|日当たりが良く水はけの良い場所で栽培
 カテゴリ
 タグ

チコリのおいしい料理法は?

chicory (2).jpg
花も人気です


ヨーロッパ原産のキク科の野菜「チコリ(chicory)」。
フランス名でアンデ−ブ、和名はキクニガナです。
白菜の芯のような白い紡錘形をしています。

ヨーロッパでは馴染みある食材で、
フランス料理にはとても大切な食材です。

日本での知名度はまだ低いですが、人気上昇中の野菜です。
日本で流通しているチコリはほとんどが輸入されていますが、
近日では国内でのチコリ栽培も始まっています。


chicory (6).jpg
こちらを軟白させて食べます


■チコリのおいしい料理法は?

1・チコリの栄養と味の特徴
チコリは食物繊維が含んでいますので、
便秘解消や脂肪吸収を抑える効果があります。

また、チコリ酸という独特の成分を含みますので、
消化促進、解毒作用が期待できます。

白菜に似た食感でみずみずしいですが、
甘さと独特の苦さがあるのが特徴です。

2.ヨーロッパでのチコリの食べ方
ヨーロッパではチコリは日本のキャベツやレタスのような食材です。
葉を一枚ずつ剥がし、しばらく水につけ、その後水切りをします。

タマネギやエビ、ホタテなどのシーフードと混ぜて、
ドレッシングをかけサラダとして食べるのが一般的です。

また、チコリの根を乾燥させ、刻んで粉末状にしたものを、
コーヒーに混ぜて飲むこともあります。
苦みが増し、大人の味となりファンも多いです。

3.チコリの旬の時期
輸入されてくるチコリは一年間流通していますが、
国産のチコリの旬は年末から春先までとなります。


chicory.jpg
茹でたチコリにハムを巻きグラタンに


4.チコリを使ったレシピ
サラダ以外にもさまざまな調理法があります。

・チコリグラタン
チコリを茹でて利用します。
茹でたチコリにハムを巻いてグラタンに。
ベルギー料理の代表的なメニューです。

・チコリの天ぷら
芯を残したまま、縦に4等分にして天ぷらに。

・チコリのパスタ
白菜のように使うこともできますので、
パスタの具にしてもオーケーなんです。

その他、炒め物も美味です。
チコリの苦みは、水にさらす、
もしくは火を通すことによってやわらぎます。

5.チコリの保存方法
チコリは日持ちがしません。
立てたままの状態で冷蔵庫で保存し、
早めに食べると味を損ないません。

■チコリのわかりやすい育て方
・チコリの育て方|土壌はアルカリ性に改良します
 カテゴリ
 タグ

バジルとは?|手軽に栽培できる栄養豊富なハーブ

Basil (1).jpg
バジルは育てやすいです


■バジルとは

バジルは、シソ科メボウキ属の多年草です。
シソ科ですので、風味も若干シソに似ていますね。

以前、バジルが今ほど一般的ではなかった時代、
スパゲッティボンゴレを作る際、バジルの代替として、
シソを用いることもよくありました。

バジルが多年草ということを、
意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
日本ではバジルは越冬できないため、
一年草として扱われています。

ところでバジルは"メボウキ"属の植物ですが、
和名も実はメボウキです。

メボウキ(目箒)といえば、漢方薬の一つで、
種子に水を含ませて膨らませ、得られたゼリー状物質で、
目の汚れを取る目薬として利用されてきました。

日本に新しく入ってきたハーブかと思っていたのですが、
意外と歴史は古いのです。


basil.jpg
バジルの発芽のようす


■バジルの栄養は

バジルには、βカロテンが非常に多く含まれていて、
その抗酸化作用より、アンチエイジング効果が期待できます。

その他にも、ビタミンEや、カルシウム・マグネシウム・鉄、
などのミネラル分も豊富です。

また、バジルは爽やかな香りがしますが、
香りによる刺激で食欲を促したり、
胃腸の働きを改善する作用があると言われています。

リナロール、カンファー、オイゲノールなどの香気成分には、
鎮静作用があるため、リラックス効果があります。

シネオールという香気成分は蚊が嫌がるため、
蚊避けにもなるということです。


soup.jpg
夏野菜のスープ、トマトとバジルで美味です


■バジル栽培の楽しみ

バジルはとても育てやすいハーブなので、
初心者だけでなく、お子さんの家庭菜園デビューにも最適なハーブです。

キッチンに一鉢あると、トマトサラダなどに重宝しますし、
たくさん育てて、ジェノベーゼソースにチャレンジしても楽しいですね。

草丈15cmほどになったら芯を摘んで脇芽を出させ、
その後は収穫しつつ柔らかい芽先を摘んでいくのがポイントです。
脇芽が増えて、こんもりしてきます。

ところで、バジルにはたくさんの品種があります。
いろいろな種類のバジルを栽培してみて、
好みの香りを見つけてみてはいかがでしょうか。

◎バジルの種類
・スイートバジル…最も一般的なバジルです。
・ブッシュバジル…スイートバジルに似た香りで、コンパクトに育ちます。
・レモンバジル…レモンに似た香りがします。
・シナモンバジル…シナモンに似た香りがします。
・ホーリーバジル…タイではガパオと呼ばれ、ガパオライスの材料として利用されます。


basil (4).jpg
ジェノベーゼ


■バジルのおいしい食べ方

バジルはその爽やかな香りを活かして、
パスタやサラダに利用されることが多いです。

特にトマトとの相性はバツグンで、
スイートバジルとトマトとモッツァレラチーズのサラダは、
"インサラータ・カプレーゼ(カプリ風サラダ)"といい、
イタリアを代表するサラダです。
日本でもおなじみですね。

家庭菜園でバジルがたくさん採れたら、
ジェノベーゼに挑戦してみてください。

バジルとオリーブオイル、ニンニク、粉チーズ、
松の実で作るペーストのソースですが、
フレッシュバジルから作ったものは、
市販品とは香りが違います。

その他にも、オリーブオイルやビネガーに漬け込むと、
オシャレで気の利いた調味料になります。

風味は弱くなりますが、乾燥させて保存するのもお勧めです。

■参考

・ハーブの大量収穫時の保存と活用
・バジルの利用方法|バジルペーストやオイルの作り方!
・バジルが細く伸びて、葉が小さくなる理由は?
・バジルの育て方(地植え)|摘芯して、わき芽を増やします
・バジルのプランター栽培|小スペースで初心者にも育てやすいハーブ
 カテゴリ
 タグ

カモミールの増やし方は?

kamiture.jpg
こぼれ種で増えるジャーマンカモミール


ヨーロッパ原産のキク科カモミールは日本でもよく知られたハーブです。
「カモミール」という名前は、
リンゴの香りがすることに由来しているといわれてます。
和名は、和名はカミツレ(加密列)です。

ちなみに花言葉は「逆境に耐えるエネルギー・親交」。
カモミールは、鎮静作用や抗菌作用、消化促進作用など、
さまざまな効能を持っています。

実は植物にも良い影響を与えると言われています。
弱った植物の近くにカモミールを植えると、
その植物は元気を取り戻すそうなので試してみますね。


Roman chamomile.jpg
挿し木や株分けで増やせるローマンカモミール


■カモミールの増やし方は?

ハーブとして用いられているカモミールは、
「ジャーマンカモミール」と「ローマンカモミール」の2種類あります。

種まきはともに秋のお彼岸のころから10月ごろまで。
発芽適温は15〜20℃で、1〜2週間ほどで発芽します。

苗は強いので一般的な水やりで大丈夫ですが、
過湿は嫌いますので、梅雨前には、切り戻しをして、
風通しをよくしておくと株が長持ちします。

ジャーマンカモミールは肥料は必要ありませんが、
ローマンカモミールは開花ころに化成肥料を少し与えます。
チッ素成分が多いと花つきが悪くなります。

1.ジャーマンカモミールの増やし方
夏に水切れになると株が弱りますので、
乾燥しないように水やりをします。

ジャーマンカモミールは、種を採取し、
秋にまいて増やします。

一年草のジャーマンカモミールは一度植えると、
こぼれ種で増えていきます。

開花後の花をすべて摘み取ってしまうと、
種ができなくなってしまいますので、
花を少し残しておくことがポイントです。

ただし、だんだん香りが弱くなってきますので、
そのときには新しい種を入手してまきましょう。

2.ローマンカモミールの増やし方
多年草のローマンカモミールは挿し木や株分けで、
増やしていくことができます。

多年草ですので放っておくと生長が悪くなりますので、
春に株分けをすることをお勧めします。

・挿し木
植物の繁殖方法の代表的な方法で、枝や茎・葉の一部を、
切り取って発根させて増やしていきます。

・株分け
植物の一部を根とともに母植物から切り離して、
新しい株を増やしていく方法。

■カモミールのわかりやすい育て方
・カモミールの利用方法|リラックスや更年期障害にも効果!
・カモミールの育て方|夏の直射日光が当たらない場所で栽培
・カモミール 種類と見分け方は?
 カテゴリ
 タグ

カモミール 種類と見分け方は?

German chamomile.jpg
ジャーマンカモミール、花の中央が盛り上がっています


多くの効能を持つキク科のカモミールは、
日本でも人気のあるハーブの一種です。

鎮静作用、炎症や痙攣を防ぐ、消化促進、抗菌、
殺菌作用、利尿作用があるとされています。

また、リラックス効果もあり、
寝る前にカモミールティーを飲むと、
たいへんよく眠れると言われています。

カモミールは染料として使われるもの、
観賞用として用いられるものなどさまざま種類がありますが、
その中でハーブとして使えるカモミールは、2種類あります。


Roman chamomile.jpg
ローマンカモミール、葉や茎など全体に香りがあります


■カモミール 種類と見分け方は?

1.ローマン種とジャーマン種
「植物のお医者さん」といわれるカモミール。
ハーブとして使えるのは「ローマン種」と、
「ジャーマン種」の2種類となります。

2.ジャーマンとローマンの違いと見分け方
見かけ上はとてもよく似ていますが、
ジャーマンカモミールは一年草で小型、
ローマンカモミールは多年草で大型です。

ちょっとみただけで区別するのは難しいですが、
いくつか見分けるポイントがあります。

・ジャーマンカモミールは花だけが香り、
ローマンカモミールは葉や茎など全体的に香りがある

・ジャーマンカモミールは小型で、
花の中央の黄色い部分がやや盛り上がっている

・ジャーマンカモミールの方が、開花がやや早い

2種類があれば、区別がしやすいのですが、
1種類しかない場合は香る場所で区別するのがわかりやすいですね。

3.ジャーマンとローマンの使われ方の違い
ドイツのコミッションE(薬用植物の専門委員会)では、
ジャーマンカモミールは治療目的での使用が認められていますが、
ローマンカモミールは未承認となっています。

◎ジャーマンの用途
ジャーマンカモミールはさっぱりとした味ですので、
ハーブティーに適しています。

また「カマズレン」といわれる炎症を鎮める成分が含まれていて、
皮膚のかゆみを緩和したり、皮膚の再生を促す作用があります。

また、更年期障害や生理痛、消化器系の不調にも効果が期待できます。

◎ローマンの用途
一方、ローマンカモミールの場合は、
甘いリンゴのような香りが強いために、
エッセンシャルオイルや入浴剤などに使われています。

リラックス効果もありますし、
消化器系のトラブルにも効果もあるといわれています。

■カモミールのわかりやすい育て方
・カモミールの利用方法|リラックスや更年期障害にも効果!
・カモミールの育て方|夏の直射日光が当たらない場所で栽培
 カテゴリ
 タグ



管理人=fuji 野菜栽培19年♪
「猫の額 菜園」で、
野菜や果樹を栽培中!
土と植物からエネルギーをもらっています♪

〒メール

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
ブログランキングならblogram

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
●写真協力
・写真素材 フォトライブラリー
・草花写真館
・季節の花300
Add to Google
My Yahoo!に追加
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
相互リンク