葉菜類のカテゴリ記事一覧

野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。


 
 スポンサードリンク

カテゴリ:葉菜類

葉菜類のカテゴリ記事一覧。野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。
アスパラガス 肥料は?

2018-01-09 葉菜類
家庭菜園のアスパラガスは甘くて柔らかくて美味しいですアスパラガスは他の野菜とはひと味違う特徴をもった野菜です。トマトやキュウリ、ナスなどとは違い、一度植えたら…

記事を読む

アスパラガスの植え替え時期は?

2018-01-08 葉菜類
アスパラ、植え替えをすると、どんどん増えます 最近、健康効果にも注目が集まっているアスパラガス。野菜としては豊富なタンパク質が含まれていますし、さらにアミノ酸…

記事を読む

アスパラガスの増やし方は?

2018-01-07 葉菜類
アスパラガスは、オシャレな野菜というイメージがありますベーコン巻きにしたりディップにしたりする、簡単レシピでもとてもおいしくいただけます。全体的に緑色が濃く、…

記事を読む

アスパラガスのプランター栽培|毎年の植え替えで元気に育ちます

2018-01-06 葉菜類
アスパラ、もうすぐ収穫です!アスパラガスは収穫できるようになるまで時間がかかり、その分根が深く張るので、地植えの方が適していますが、工夫すればプランター栽培も…

記事を読む

アスパラガスの育て方|10年も続けて収穫できます

2018-01-05 葉菜類
アスパラガス畑、きれいです家庭菜園のアスパラガスは、歯触り、香りが格別です。アスパラガスの育て方をわかりやすくご紹介します。栽培ポイント1.苦土石灰をまいて酸…

記事を読む

アスパラガス 冬の育て方は?

2018-01-04 葉菜類
美味しいアスパラガス栽培は冬の手入れが大切ですアスパラガスは上手に育てると、10年以上は楽しむことができる宿根性の野菜です。私たちが日頃食用にしているのは、発芽…

記事を読む

ハクサイの結球を大きくするコツは?

2017-12-21 葉菜類
冬野菜の代表格であるハクサイは、鍋物や漬物に欠かせません。煮ると甘みがでて料理の味を、いっそう引き立ててくれます。農家では春にタネまきをして初夏に収穫する、春…

記事を読む

ハクサイ 巻かない原因は?

2017-12-20 葉菜類
ハクサイは例年通り、巻くと安心していましたが今シーズンは、初めてハクサイ作りに失敗しました。結球しそうだな、と思っているうちに花芽ができ、可憐な美しい黄色の花…

記事を読む

タマネギ トウ立ちの原因は?

2017-09-28 葉菜類
トウ立ちすると味が落ちてしまいますねタマネギは、4000年以上前から栽培されていたといわれます。ビタミンCを多く含み消化を助ける働きもあります。カレーやサラダ、ハ…

記事を読む

ダイコンが太らない理由は?

2017-09-12 葉菜類
ダイコン、太ってくると嬉しいですねダイコンは長い根が太りますので、土を耕したり肥料をまいたりする際は、できるだけ深くよく土を耕し、用土を細かくしてあげましょう…

記事を読む

三太郎ダイコン

2017-09-08 葉菜類
20リットルの袋栽培で大型が3本、深型プランターで中型が10本以上収穫できました三太郎ダイコンは、春まき、秋まきのできるダイコンです。プランター栽培や袋栽培で手軽…

記事を読む

ベビーリーフ 育て方

2017-01-31 葉菜類
ベビーリーフは、ワンプレートの朝食に添えたり、サラダの彩りに使ったり、汁物に入れたりと様々な料理に活躍してくれますベビーリーフは、アブラナ科やキク科の葉物野菜…

記事を読む

オカヒジキの保存方法

2015-07-20 葉菜類
美容にいいものは、たくさん食べたいです♪オカヒジキは収穫期間が長く、病気や害虫に強い育てやすい野菜です。ビタミンや鉄分が豊富で美容と健康に良い健康野菜です。シ…

記事を読む

ブロッコリーが美味しい

2015-03-14 葉菜類
ブロッコリー1個目収穫です2個目ですこんな狭いベランダで、よく大きくなってくれましたブロッコリーには、まだ脇芽がついているので、当分食べられそうです。庭のブロッ…

記事を読む

タカナの漬け方

2015-01-27 葉菜類
タカナの漬物は作っておくと便利ですねタカナ(高菜)は、独特の風味がありピリッとした辛みのある、漬物にぴったりの野菜です。数枚の葉から樽いっぱいの量まで、都合に…

記事を読む

タアサイの栄養

2015-01-25 葉菜類
タアサイは、見た目よりやわらかく美味しいですタアサイは、中国野菜の一つです。スプーン型の濃い緑色の葉をしており、かたくてゴワゴワしていそうな外観をしていますが…

記事を読む

オカヒジキの栄養

2015-01-11 葉菜類
夏野菜と食べると美味ですねオカヒジキは、日本全国の海岸の砂地に自生している植物です。海藻のヒジキに似ていることからこのように名付けられました。ビタミンやミネラ…

記事を読む

ツルムラサキの栄養

2015-01-10 葉菜類
ツルムラサキは、コップにさしておくだけで発根します、挿し木も容易(20度以上くらい)ちょっと気が早いですが、ツルムラサキのことを調べてみました。ツルムラサキは、…

記事を読む

アシタバとは?|超栄養野菜 βカロテン格別!

2015-01-03 葉菜類
若い芽を摘んでもすぐに葉が展開します■アシタバとはアシタバは、漢字では「明日葉」と表記します。その名のとおり、今日葉を摘んでも明日には、もう新しい葉が出ている…

記事を読む

サントウサイ 山東菜の栄養

2014-12-31 葉菜類
ハクサイより栄養が高いですサントウサイ(サントウナ)は、漢字では山東菜と書きます。中国の山東省原産であることが、名前の由来です。葉の形や味がハクサイによく似て…

記事を読む

アスパラガス 肥料は?

  •  投稿日:2018-01-09
  •  カテゴリ:葉菜類
Asparagus-new (4).jpg
家庭菜園のアスパラガスは甘くて柔らかくて美味しいです


アスパラガスは他の野菜とはひと味違う特徴をもった野菜です。
トマトやキュウリ、ナスなどとは違い、
一度植えたら7、8年、うまく育てれば10年ほど収穫ができます。

クサキカズラ科の多年草です。
旬は5月から7月。
湯がいてマヨネーズをかけて食べるだけで、とてもおいしいですね。

アスパラガス栽培のコツをつかんで、毎年採れたての、
甘いアスパラガスを食べることができたら幸せです。


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

アスパラガスの植え替え時期は?

  •  投稿日:2018-01-08
  •  カテゴリ:葉菜類
Asparagus-new (6).jpg
アスパラ、植え替えをすると、どんどん増えます 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

アスパラガスの増やし方は?

  •  投稿日:2018-01-07
  •  カテゴリ:葉菜類
Asparagus.jpg
アスパラガスは、オシャレな野菜というイメージがあります


ベーコン巻きにしたりディップにしたりする、
簡単レシピでもとてもおいしくいただけます。

全体的に緑色が濃く、太さが均一なもの、穂先がピンとはっていて、
しっかりしまっているものがよいアスパラガスだといわれています。

スーパーではけっこうなお値段がしてしまうアスパラガス。
家庭菜園で増やして収穫する方法をご紹介します。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

アスパラガスのプランター栽培|毎年の植え替えで元気に育ちます

  •  投稿日:2018-01-06
  •  カテゴリ:葉菜類
Asparagus004.jpg
アスパラ、もうすぐ収穫です!


アスパラガスは収穫できるようになるまで時間がかかり、
その分根が深く張るので、地植えの方が適していますが、
工夫すればプランター栽培も可能です。

アスパラガスは最初は細いですが、
だんだんと大きくりっぱに育ちます。

しかし、太いアスパラガスができるようになっても、
株の保護のために何本かを残すようにします。

収穫しすぎず、株をがっちりと育て、
じゅうぶんに葉を茂らせ、養分を蓄えさせることが、
アスパラガスのプランター栽培のコツです。

» 続きを読む

アスパラガスの育て方|10年も続けて収穫できます

  •  投稿日:2018-01-05
  •  カテゴリ:葉菜類
Asparagusnew (4).jpg
アスパラガス畑、きれいです


家庭菜園のアスパラガスは、歯触り、香りが格別です。
アスパラガスの育て方をわかりやすくご紹介します。

» 続きを読む

 カテゴリ

アスパラガス 冬の育て方は?

  •  投稿日:2018-01-04
  •  カテゴリ:葉菜類
Asparagus.jpg
美味しいアスパラガス栽培は冬の手入れが大切です


アスパラガスは上手に育てると、
10年以上は楽しむことができる宿根性の野菜です。

私たちが日頃食用にしているのは、発芽直後の若い芽の部分です。
アスパラガスは江戸時代に観賞用として日本に持ち込まれました。

その後明治時代になると食用としても栽培されるようになります。
現在では、食用として定着していますね。

慣れると楽しいアスパラガス栽培、
菜園で育てると格段に美味で挑戦しがいのある野菜です。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ハクサイの結球を大きくするコツは?

  •  投稿日:2017-12-21
  •  カテゴリ:葉菜類
hakusai2.jpg


冬野菜の代表格であるハクサイは、
鍋物や漬物に欠かせません。
煮ると甘みがでて料理の味を、
いっそう引き立ててくれます。

農家では春にタネまきをして初夏に収穫する、
春まきをするところもありますが、
ハクサイは暑さに弱く、寒さに強いため、
家庭菜園では、晩夏にタネまきをして、
冬に収穫する秋まきが育てやすいです。

では、ハクサイの結球を大きくするコツをご紹介します。

» 続きを読む

ハクサイ 巻かない原因は?

  •  投稿日:2017-12-20
  •  カテゴリ:葉菜類
hakusai13.JPG
ハクサイは例年通り、巻くと安心していましたが


今シーズンは、初めてハクサイ作りに失敗しました。
結球しそうだな、と思っているうちに花芽ができ、
可憐な美しい黄色の花が咲いてしまったのです。

では、ハクサイが巻かない原因をご紹介します。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

タマネギ トウ立ちの原因は?

  •  投稿日:2017-09-28
  •  カテゴリ:葉菜類
tamanegi-hana (1).jpg
トウ立ちすると味が落ちてしまいますね


タマネギは、4000年以上前から栽培されていたといわれます。
ビタミンCを多く含み消化を助ける働きもあります。

カレーやサラダ、ハンバーグと食卓には欠かせない野菜です。
そんなタマネギですが、栽培難易度は高いです。

種まきから収穫までに半年以上かかるほか、
玉割れやトウ立ちの心配もあります。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ダイコンが太らない理由は?

  •  投稿日:2017-09-12
  •  カテゴリ:葉菜類
daikon (15).jpg
ダイコン、太ってくると嬉しいですね


ダイコンは長い根が太りますので、
土を耕したり肥料をまいたりする際は、
できるだけ深くよく土を耕し、用土を細かくしてあげましょう。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

三太郎ダイコン

  •  投稿日:2017-09-08
  •  カテゴリ:葉菜類
santarou2016-1.JPG
20リットルの袋栽培で大型が3本、深型プランターで中型が10本以上収穫できました


三太郎ダイコンは、春まき、秋まきのできるダイコンです。

プランター栽培や袋栽培で手軽に育てられるダイコンを探していた時、
苗種屋さんに紹介されたのが、この三太郎です。

株間や深さによって、大小のダイコンが育てられると聞き、
毎年、栽培するようになりました。

駅や農協の野菜の直売所でも人気があるそうですが、
近年は家庭菜園にも向いていると実証され? 人気があります。


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ベビーリーフ 育て方

  •  投稿日:2017-01-31
  •  カテゴリ:葉菜類
Baby-leaf02.jpg
ベビーリーフは、ワンプレートの朝食に添えたり、サラダの彩りに使ったり、
汁物に入れたりと様々な料理に活躍してくれます


ベビーリーフは、アブラナ科やキク科の葉物野菜を種から育て、
小さいうちに収穫したものを総称して呼ぶことが多いです。

収穫したてのフレッシュなベビーリーフは、安全で格別です。
ベビーリーフの育て方とコツをご紹介します。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

オカヒジキの保存方法

  •  投稿日:2015-07-20
  •  カテゴリ:葉菜類
068.JPG
美容にいいものは、たくさん食べたいです♪


オカヒジキは収穫期間が長く、
病気や害虫に強い育てやすい野菜です。

ビタミンや鉄分が豊富で美容と健康に良い健康野菜です。
シャキシャキとした食感が魅力ですが、
すぐに傷んでしまうのが悩みどころです。

せっかくたくさん収穫できたオカヒジキを、
できるだけ長く楽しむ方法はあるのでしょうか?


■オカヒジキの保存方法

1.冷蔵保存の方法
オカヒジキはシャキシャキとした食感が魅力です。
豊富な栄養価を損なわないためにも、
収穫したらできるだけ早く食べたい野菜です。

たくさん収穫して一度に食べきれないときは、冷蔵庫で保存します。
ラップでしっかりを包み、
空気に触れないようにして野菜庫で保存します。

冷蔵庫で保存するときは、
できるだけ3日以内に食べきるようにしましょう。

2.冷凍保存の方法
オカヒジキがたくさん収穫できて、
食べきれないときは冷凍保存することができます。

ただ、食感を残して冷凍するのはなかなか難しいかもしれません。
オカヒジキを冷凍するときは、下ゆでをします。

沸騰した湯に塩を一つまみ入れ、オカヒジキをさっと茹でます。
あえ物などにして食べる時はオカヒジキは2分ほど茹でます。

冷凍にするときは、それよりも短くゆでます。
茹でた後はすぐに冷水に取り、しっかりと水分をしぼります。

一回に食べる分ずつ分けてラップに包み、平らにします。
ジッパー付きの保存袋に入れ、空気を抜いて冷凍庫に入れます。


051.JPG
買うと高くて、今一鮮度が


3.オカヒジキの保存食
・漬物
オカヒジキを漬物にすると、
シャキシャキとした食感を楽しむことができておいしいです。

市販のキュウリ漬けの素を使うと簡単に漬けることができます。
冷蔵庫で1週間ほど保存することができます。

・乾燥オカヒジキ
オカヒジキを乾燥させると、長期間保存することができます。
天気の良い日にオカヒジキをザルにひろげ、
風通しの良いところで乾燥させます。

完全に乾燥したらジッパー付きの保存袋やガラス瓶に入れて保存します。
食べる時は水に浸して戻してから調理します。
コリコリとした食感で、サラダにしてもおいしくいただけます。

■オカヒジキのわかりやすい育て方
・オカヒジキの育て方|タネまき適期を守り軟葉を収穫!
・オカヒジキの食べ方は?
・オカヒジキの栄養
 カテゴリ
 タグ

ブロッコリーが美味しい

  •  投稿日:2015-03-14
  •  カテゴリ:葉菜類
huyuyasai13.jpg
ブロッコリー1個目収穫です


huyuyasai12.jpg
2個目です


huyuyasai10.jpg
こんな狭いベランダで、よく大きくなってくれました


ブロッコリーには、まだ脇芽がついているので、当分食べられそうです。
庭のブロッコリーも大きくなってきました。

虫が好むらしく、葉っぱを随分食べられましたが、
いくら見ても、アオムシとかいないんです、どこにいるのでしょうか?


huyuyasai15.jpg
クリームシチューに添えてみます、きれい♪


huyuyasai14.jpg
蟹と海老のパエリアにもちょこん!


自宅で採れたブロッコリーは、市販のものより茹るのが早いですね。
そして、青臭くなく甘くて美味しいです♪

■ブロッコリーのわかりやすい育て方
・ブロッコリーの栽培時期|夏まきが育てやすい!
・ブロッコリーの脇き芽も収穫するコツは?
・ブロッコリーの育て方(地植え)|このコツで翌春まで季節の収穫が楽しめます
・ブロッコリーのプランター栽培|脇き芽も伸ばして長期収穫!
・ブロッコリー 大きくならない
 カテゴリ
 タグ

タカナの漬け方

  •  投稿日:2015-01-27
  •  カテゴリ:葉菜類
takana.jpg
タカナの漬物は作っておくと便利ですね


タカナ(高菜)は、独特の風味がありピリッとした辛みのある、
漬物にぴったりの野菜です。

数枚の葉から樽いっぱいの量まで、都合に合わせて漬けられます。
タカナ漬けを常備しておけば、
ちょっとした料理にすぐに使えて、とても便利です。


■タカナの漬け方

・材料
タカナ……漬けたい分量
塩……タカナの重さの2%〜4%の量(例:タカナが100gの場合、塩は2g〜4g)
鷹の爪、昆布……好みで

・作り方
@ 用意したタカナはよく洗い、水気を切る。

A 水気を切ったタカナを1日〜2日の間、天日干しする。

B 天日干ししたタカナに、塩をよく揉み込む。

C 漬ける容器に、塩を揉み込んだタカナを敷き詰め、重石を乗せる。

D 水分が出てきたら、タカナの高さ以上の水分は捨てる。

E 1日〜3日ほど漬けたら、水気をよく絞る。
浅漬けで食べる場合は、この時点で食べても大丈夫。

F 本漬けを行う場合は、水気を絞ったタカナを、また容器に並べていく。
塩を新たに並べたタカナの上に軽くふり、好みで刻んだ鷹の爪や昆布も乗せ、
その上から重石を寄せる。

G 水分がたくさん出てきたら、余分な分はその都度捨てる。

H 1日漬けたところから食べられます。


takana (2).jpg
ちょっとしたコツでおいしく漬けられます


■タカナの漬け方のコツ

・天日干し
水洗いした後、水気を切って天日干しすることで、
タカナの味がよくなる上に漬かりやすくなります。

株ごと収穫したものは、株ごと物干し竿などにひっかけて干すと、
一度にたくさんのタカナを干すことができます。

少量の場合は、葉を一枚一枚はがして、ザルなどの上に並べて干します。
半日干したら裏返すようにすると、まんべんなく干すことができます。

・塩の揉み込み
タカナの量が少ない場合は、指先に力を入れて塩をよく揉み込みます。
タカナの量が多い場合は、清潔な大きな袋にタカナと塩を入れて、
まず軽く手で揉み込みます。

その後、袋から塩やタカナが出ないように口と閉じて、
上から体重をかけて揉み込みます。

袋の上に乗り、足で踏むとさらに揉み込む時間が短くて済みます。

タカナは株元が分厚くなっていて、
なかなかうまく揉み込めないことがありますが、
めん棒などで軽く叩いて繊維をつぶしておくと、
その後の作業が楽になります。

・塩の分量
塩の分量に差があるのは、個人の好みもありますが、
使う塩によって味が変わるからです。

本漬けに入る前に、水を切ったタカナを少し味見してみて、
塩が足りないようであれば、本漬けの際に塩を多めにします。

・食べ方
浅漬けや本漬けしてまだ間もないタカナ漬けの場合は、
お漬物としてそのまま食べるのがやはり一番おいしい食べ方です。

熱々の白いご飯と一緒に刻んだタカナ漬けを食べたり、
おにぎりをタカナ漬けで巻いて食べるとおいしいです。

古漬けになったものは、軽く塩抜きをしてからそのまま食べたり、
混ぜご飯にしたり焼き飯やパスタに使ったりすることもできます。

たくさん漬けてすぐには食べきれない、
できるだけ浅漬けの状態で保存したい場合は、
小分けにして冷凍しておくことができます。

食べやすいサイズにあらかじめ切っておくことで、
使いたい時に使うことができます。

>>タカナのプランター栽培|追肥で丈夫に育て長期収穫!
>>タカナとは?|日本三大漬菜の一つ 菜花も美味
 カテゴリ
 タグ

タアサイの栄養

  •  投稿日:2015-01-25
  •  カテゴリ:葉菜類
tasai1.jpg
タアサイは、見た目よりやわらかく美味しいです


タアサイは、中国野菜の一つです。
スプーン型の濃い緑色の葉をしており、
かたくてゴワゴワしていそうな外観をしていますが、
見た目よりも葉や茎はやわらかく、味にも癖がありません。


■タアサイの栄養

タアサイは緑黄色野菜です。
緑が濃いため、βカロテンを非常に多く含んでいるのが特徴です。

◎βカロテン
βカロテンは、体内に吸収されると、必要量だけビタミンAに変わり、
皮膚や粘膜を強化して、風邪を予防する働きや、
喉や肺などの呼吸器系統を守る働き、
視力維持や髪の健康維持などの働きがあります。

βカロテンもビタミンAも抗酸化作用がつよいですが、
タアサイには同様に抗酸化力が強いビタミンCやビタミンEも、

比較的豊富に含まれていることから、
抗がん作用や老化抑制に相乗作用が期待できます。

◎カリウム
ミネラルでは、過剰なナトリウムを排出し、
高血圧を予防するカリウムが多く含まれています。

カリウムにはその他にも、
筋肉の働きや神経の伝達を正常に保つ働きがあります。

◎カルシウム
カリウムに次いでは、カルシウムが多く含まれています。
カルシウムには心臓の機能を調整する働きがあるため、
カリウムの働きとあわせて、血圧の安定に効果が期待できます。

カルシウムは骨や歯の形成に欠かせないミネラルですが、
タアサイには、同様に骨の生成に関与するビタミンKも豊富に含まれ、
骨粗鬆症の予防に大きな力を発揮します。

◎アリルイソチオシアネート
タアサイはアブラナ科の植物のため、
アブラナ科の植物に共通に含まれている、
辛味物質であるアリルイソチオシアネートを含んでいます。

アリルイソチオシアネートには、
抗がん作用や、血栓ができるのを防止する働きがあります。

◎グルコシノレート
また、同様にアブラナ科の植物に含まれている、
グルコシノレートという成分も含んでいます。

グルコシノレートは、解毒機能を強化し、
発がん物質等を体外に排出するデトックス作用があります。

タアサイにはまた、食物繊維も豊富に含まれています。
食物繊維は腸内の善玉菌を活性化し、
腸内環境を整える働きがあります。


tasai.jpg
トウが立つ前にいただきましょう


■タアサイの利用法

タアサイは味にクセがないため、煮物から炒め物まで幅広く利用できます。
アクが少ないので下ゆでの必要がないのがうれしいですね。

脂溶性のβカロテンを豊富に含むため、
調理には植物油を取り入れたいものです。

炒め物が一番手っ取り早いですが、
煮物にも、胡麻油を回しかけると、
βカロテンの吸収率がアップします。

火の通りが早いので、手早く加熱するのがポイントです。

タアサイ自身もカルシウムを豊富に含みますが、
牛乳を用いた料理に利用すると、
カルシウムの吸収率が高まるのでオススメです。

>>タアサイの育て方|栽培時期により株間を変えましょう
 カテゴリ
 タグ

オカヒジキの栄養

  •  投稿日:2015-01-11
  •  カテゴリ:葉菜類
okahijiki001.JPG
夏野菜と食べると美味ですね


オカヒジキは、日本全国の海岸の砂地に自生している植物です。

海藻のヒジキに似ていることからこのように名付けられました。
ビタミンやミネラルの豊富さも、海藻レベルです。

そのため、”陸の海藻”とも呼ばれています。

現在販売されているオカヒジキは栽培された物ですが、
虫が付きにくい性質があるので無農薬栽培というのも安心ですね。


■オカヒジキの栄養

オカヒジキには、海藻のようにビタミンやミネラルが、
豊富に含まれています。

◎βカロテン
特に、体内でビタミンAに変化するβカロテンの含有量は、
飛び抜けて高いのです。

βカロテンやビタミンAは強い抗酸化作用を持つため、
がんや動脈硬化を防ぎ、アンチエイジング効果も期待できます。

◎ミネラル
ミネラルも豊富に含まれていて、
特にカリウムとカルシウムが多いのが特徴です。

カリウムは、ナトリウムを排泄する働きがあるので、
高血圧の予防や、むくみの解消に効果があります。

さらに、骨を丈夫にするための栄養素が複数含まれているので、
骨粗しょう症予防として非常に有効な野菜です。

前述のカルシウムは、骨を形成する働きがありますし、
摂取したカルシウムを骨に取り込む働きのあるビタミンKは、
100g中に1日の摂取目安量の5倍も含まれています。

オカヒジキは大抵1パック100g前後で販売されているため、
わずか1/5パック食べるだけで1日に必要なビタミンKを摂取できます。 


そのほかにも、骨を形成するためには欠かせない、
リンや鉄分、マグネシウムも豊富に含まれています。

オカヒジキには食物繊維も豊富なので、便秘にも効果的です。


okahijiki002.JPG
ゆでたオカヒジキ


■オカヒジキの利用法

オカヒジキは、味にクセがなく、シャキシャキした食感を楽しむため、
さっとゆでて和え物やサラダ、おひたし、汁の実などに利用します。

根元のかたい部分は切り落としてから、
塩を少々入れたお湯で、1分〜1分半ほどゆでます。
ゆであがったらすぐに冷水にとって冷やし、水を切ります。

βカロテンは脂溶性ビタミンのため、
油と一緒に食べると吸収率がアップします。

炒め物にしたり、かき揚げなどにすると良いでしょう。

■オカヒジキのわかりやすい育て方
・オカヒジキの育て方|タネまき適期を守り軟葉を収穫!
・オカヒジキの食べ方は?
 カテゴリ
 タグ

ツルムラサキの栄養

  •  投稿日:2015-01-10
  •  カテゴリ:葉菜類
turumurasaki004.JPG
ツルムラサキは、コップにさしておくだけで発根します、挿し木も容易(20度以上くらい)


ちょっと気が早いですが、
ツルムラサキのことを調べてみました。

ツルムラサキは、肉厚な葉と艶のある茎を持ち、
加熱すると軽くぬめりが出る緑黄色野菜です。

栄養が非常に豊富で、古くは薬草としても利用されていました。


■ツルムラサキの栄養

◎カルシウム
ツルムラサキは非常に栄養豊富なことで知られており、
カルシウムはなんとホウレンソウの約3倍も含まれています。

骨の形成を促す働きのあるビタミンKも多く含まれて
いるため、カルシウムとの相乗効果が期待できます。

そのほかにも、βカロテンやビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類や、
カリウム、マグネシウム、鉄分などのミネラル類も豊富です。

◎βカロテン
βカロテンはそれ自体も抗酸化作用が強く、
がんや細胞の老化を防いでくれますが、
体内では必要な量だけビタミンAに変化します。

◎ビタミン
ビタミンAもまた抗酸化作用が強く、ビタミンAとβカロテン、
そしてビタミンC、ビタミンEと、抗酸化ビタミンが多く含まれているので、
抗がん作用や動脈硬化の予防、
アンチエイジング作用が期待できます。

◎葉酸
また、葉酸も多く含まれています。

葉酸は赤血球の生成を助け、たんぱく質や細胞を作る際に必要となる、
核酸の合成に関わる成分のため、
特に胎児の成長に欠かせない成分として知られています。

最近では認知症や脳梗塞の予防にも効果がある、
という報告があり、注目を集めています。

◎ムチン
ツルムラサキのぬめりは、ムチンによるものです。
ムチンはオクラやサトイモにも含まれている成分で、
胃腸の粘膜を保護したり、細胞を活性化する作用があるといわれています。


turumurasaki001.JPG
ツルムラサキって高いのですね


■ツルムラサキの利用法

さっとゆでてお浸しにしたり、炒め物や天ぷらにするのが一般的ですが、
脂溶性のβカロテンの吸収を高めるには、油を合わせた調理がオススメです。

ツルムラサキ独特のぬめりが苦手な方は、
一度軽くゆでてから調理すると良いでしょう。

独特のにおいが気になる方は、
ゴマ油で炒めてニンニクで風味をつけたりと、
香辛料などを工夫したり、天ぷらにしたりすると、においが気になりません。
卵とじにしても良いでしょう。

ツルムラサキに豊富に含まれているビタミンCには、
鉄の吸収をアップする働きがあるため、レバーやアサリなど、
鉄を多く含む食材と共に食べると効果的です。


turumurasaki003.JPG
ニンニクを入れると、食べやすいです


家庭でツルムラサキを栽培したら、
ツルムラサキ茶を作ってみてはいかがでしょうか。

硬くて食べられなくなった茎を刻んで天日で乾かし、
お茶とします。

ツルムラサキの栄養素が溶け出ているので栄養満点です。
特に貧血の方にオススメです。

■ツルムラサキのわかりやすい育て方
ツルムラサキの育て方(地植え)|栽培しやすく放任してもグングン生長!
ツルムラサキのプランター栽培|暑い夏に生長、緑のカーテンにも
・ツルムラサキ 食べ方は?
 カテゴリ
 タグ

アシタバとは?|超栄養野菜 βカロテン格別!

  •  投稿日:2015-01-03
  •  カテゴリ:葉菜類
asitaba.jpg
若い芽を摘んでもすぐに葉が展開します


■アシタバとは

アシタバは、漢字では「明日葉」と表記します。
その名のとおり、今日葉を摘んでも明日には、
もう新しい葉が出ていると言われるほど、
成長力が強い植物です。

それほど成長力が強い植物ですから、栄養も豊富で、
古くから食用にされてきました。


■アシタバの栄養は

アシタバは「明日葉」の名の通り成長力が強く、
栄養豊富な野菜です。

江戸時代の貝原益軒による「大和本草」にも、
滋養強壮によい薬草として紹介されています。

中国でも薬用に用いられています。
特に根は、朝鮮人参の代用品として珍重されています。

アシタバは緑黄色野菜であり、βカロテンを多く含んでいます。

βカロテンを多く含む野菜として有名なのはケールですが、
アシタバのβカロテンの含有量は、ケールを上回ります。

さらに食物繊維含有量もケールを上回っているため、
ケールと並んで青汁に欠かせない原料となっています。

アシタバを切るとネバネバした液体が出てきますが、
これは「カルコン」とよばれるフラボノイドの一種です。

カルコンには、強い抗酸化作用や、
抗ガン作用があると言われています。


asitaba002.jpg
健康野菜なので、一隅に育てておくと便利です


■アシタバ栽培の楽しみ

今日葉を摘んでも明日新しい葉が出ると言われるほど、
成長力が旺盛なアシタバは、
その名の通り何回も収穫できるお得な野菜です。

とはいえ、気をつけるべきポイントが3つあります。

1.収穫期を見極める
成長力が旺盛とはいえ、一年中は収穫できない事です。
冬期はもちろんですが、八丈島原産でありながら、
実は暑さにもあまり強くありません。
そのため、夏と冬は収穫を控えます。

2.収穫の工夫
アシタバは、他の一般的な植物同様、
タネをまくとまず子葉が生えてきます。

子葉が出てからしばらくすると、新芽が茎の根元から出てきて、
子葉はだんだん茶色くなって枯れてきます。

しばらくすると、新芽の茎の根元から、
次の新しい新芽が出てきます。

収穫する際は、必ず一番下の葉茎を残すようにします。
残った葉茎が光合成をして、アシタバの生長を支えてくれます。

夏期や冬期には、古い茎葉も枯れてしまう事があります。
しかし心配はいりません。

気候が良くなれば新しい新芽が出てくるので、
一番最初に出てきた新芽を親葉とし、新しい新芽を収穫します。

収穫したら、必ず追肥を与えましょう。

3.こまめに収穫する
アシタバは花が咲くと種子を実らせて、その後枯れてしまいます。
そのため、花を咲かせないために、こまめに収穫するようにします。

アシタバは多年草ですので、こまめに収穫する事により、
2〜3年は収穫が楽しめます。


■アシタバのおいしい食べ方

アシタバには少しクセがあるため、
そのクセが馴染むような調理をすると良いでしょう。

相性が良いのは油です。
天ぷらや炒め物にすると、クセが抜け、
むしろ味のアクセントになります。

クセをなくすため、一度茹でこぼしてもよいでしょう。
茎の部分は火が通りにくいため、先に茎を1分程度お湯に浸してから、
葉の部分をサッとお湯にくぐらせます。

この時、アクをしっかりと抜くため、
お湯に塩を入れておくのがコツです。

茹でたアシタバは、お浸しなどにしてもよいですが、
油と相性が良いため、オススメはマヨネーズ和えです。

漬物もおすすめです。
いったん塩漬けにしてから塩出しをし、調味液に浸けかえると、
クセが和らぎ、おいしく漬け上がります。

ところでアシタバは、薬草として利用されているほど、
薬効に富んだ野菜です。

体調が悪いときは、生のアシタバを食べてみたらいかがでしょうか?
クセはありますが、生で食した方が薬効が期待できます。

>>アシタバの育て方|株を育て本格的収穫は2年目から!
 カテゴリ
 タグ

サントウサイ 山東菜の栄養

  •  投稿日:2014-12-31
  •  カテゴリ:葉菜類
santosai.jpg
ハクサイより栄養が高いです


サントウサイ(サントウナ)は、漢字では山東菜と書きます。
中国の山東省原産であることが、名前の由来です。

葉の形や味がハクサイによく似ていますが、
ハクサイより葉色が濃く、結球しないのが特徴です。


■サントウサイの栄養

サントウサイはハクサイに似ていますが、
ハクサイよりも多くの栄養分を含んでいます。

◎βカロテン
ハクサイより葉色が濃いため緑黄色野菜となり、
抗酸化作用に優れ、活性酸素の働きを抑える作用のある、
βカロテンが豊富なことが特徴です。

βカロテンは体内で必要量だけビタミンAに変わるため、
ビタミンAの作用である皮膚や粘膜を健康に保つ働きや、
視力維持、髪の健康維持効果が期待できます。

◎カルシウム
サントウサイのもう一つの特徴が、
牛乳をしのぐほどのカルシウムの含有量です。

牛乳に含まれるカルシウムの含有量は、100gあたり110mgですが、
サントウサイにはなんと140mgも含まれています。

カルシウム摂取量が全年代で足りていない私たち日本人にとって、
もっと積極的に摂りたい野菜の一つです。

◎ビタミンK
サントウサイには、
丈夫な骨作りに寄与する働きのあるビタミンKも多く含まれているため、
カルシウムとの相乗効果も期待でき、
とくに骨粗鬆症になりやすくなる50代以上の女性にオススメの野菜です。

◎葉酸
また、サントウサイには葉酸も多く含有されていることも特徴です。

葉酸には造血作用や、認知症予防の働きがあると言われています。

さらに、胎児の成長に欠かせない成分で、
欠乏すると障害のリスクが増えるため、積極的に摂りたい栄養素です。

妊娠初期には、普段の必要量の約1.7倍の摂取が必要と言われています。

◎アリルイソチオシアネート
サントウサイはごくわずかに辛味を感じることもありますが、
これは辛味成分のアリルイソチオシアネートによるものです。

アリルイソチオシアネートは、ワサビやダイコンなど、
アブラナ科の植物に含まれている成分で、
血栓をできにくくしたり、抗がん作用があると言われています。


happosai.jpg
炒め物に最適!


■サントウサイの利用法

サントウサイに多く含まれているβカロテンは、
油に溶ける脂溶性ビタミンのため、油と組み合わせて調理するのが、
効率よく摂取するポイントです。

手早く炒めれば、熱に弱いビタミンCの損失も抑えられ、
シャキシャキした食感も残ります。

油揚げや牛乳など、脂肪分を含む食材と煮ても良いでしょう。

ちょうど、チンゲンサイと同じような感覚で利用します。

また、サントウサイにはアクがないため、
生で食べることもできます。

生食する場合は、植物油を使用したドレッシングをかけたりして、
上手に油分と組み合わせましょう。


tukemono.jpg


さらに漬物にすると独特の風味が出て美味しいです。

>>サントウサイの育て方|栽培期間が短く収穫までが楽で美味
 カテゴリ
 タグ



管理人=fuji 野菜栽培19年♪
「猫の額 菜園」で、
野菜や果樹を栽培中!
土と植物からエネルギーをもらっています♪

〒メール

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
ブログランキングならblogram

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
●写真協力
・写真素材 フォトライブラリー
・草花写真館
・季節の花300
Add to Google
My Yahoo!に追加
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
相互リンク