野菜栽培の基本のカテゴリ記事一覧

野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。


 
 スポンサードリンク

カテゴリ:野菜栽培の基本

野菜栽培の基本のカテゴリ記事一覧。野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。
タネまきと間引き|健康な苗を育てる方法とコツ!

2011-10-11 野菜栽培の基本
タネまき、簡単なようで意外に難しいですプランター栽培では、タネ、苗を選ぶときに、耐病性があり生命力が強く、早く収穫できる早生の品種を選びます。ミニ品種もおすす…

記事を読む

水やりの方法|時間、タイミング、強さを変えて

2011-10-11 野菜栽培の基本
トマトに水やり、朝夕たっぷりと与えます水やりは、野菜など植物を栽培するのに、もっとも基本的で難しい作業です。水は、与えるのを忘れると枯れてしまい、与えすぎても…

記事を読む

土づくりのコツ|水はけ通気性が良く肥料もちの良い土を

2011-09-22 野菜栽培の基本
プランターでもりっぱなナスが収穫できますプランター栽培は、畑に比べて根のはれるスペースが少なく、根詰まりで根が酸欠になりやすいです。さらに、毎日の水やりで土の…

記事を読む

プランター栽培の容器|廃材のリサイクルでも栽培

2011-09-22 野菜栽培の基本
トロ箱を利用した栽培、元気に育ちます野菜のプランター栽培は、広い庭や畑がなくても、ベランダ、屋上、車庫の上、玄関先、塀の上など、太陽がいっぱい当たるところなら…

記事を読む

追肥・中耕・土寄せ|このステップが野菜類を元気に

2011-09-21 野菜栽培の基本
追肥をしながら土寄せができる作業機も活躍■追肥野菜は、最初にたっぷり元肥を施して、十分に初期生長を促すのが一般的です。生育期間の短い葉物野菜を中心に、追肥を施…

記事を読む

植え付けと水やり|植え付け時は根を乾かさないのがコツ

2011-09-19 野菜栽培の基本
野菜など植物は、けっこう繊細で、植え付け時に大きなダメージを、与えてしまうことがあります。元気にすくすく育つように、植え付けと水やりをていねいにしてあげましょ…

記事を読む

苗つくりのコツ|おいしい野菜はじょうぶな苗から

2011-08-25 野菜栽培の基本
ジャガイモの種芋の植え付けジャガイモの健康に育つ苗家庭菜園でおいしい野菜を収穫するには、良い苗を育て、じょうずに育てることがとても大切です。苗つくりのコツを紹…

記事を読む

タネまきと間引き|健康な苗を育てる方法とコツ!

tanemaki1.jpg
タネまき、簡単なようで意外に難しいです


プランター栽培では、タネ、苗を選ぶときに、
耐病性があり生命力が強く、
早く収穫できる早生の品種を選びます。
ミニ品種もおすすめです。

よい性質が出るよう人工的に掛け合わせて作られた、
F1品種(一代交配種)は、生育が旺盛で、
特性の病気に抵抗性を持つものも多いので、
少し値段は高めですが、利用してみるとよいでしょう。

虫食いなどで株を失ってもよいようにタネはやや多めにまき、
少しずつ間引きながら生育の良いものを残していきます。


タネまき方法

タネまきには主に下記の3種類の方法があります。

・条まき 
 1列にまきます。
 間引くときは、少しずつ等間隔に間引いて、
 最終株間まで広げていきます。
 ニンジンやコマツナなどは、このまき方です。

・点まき 
 1ヶ所に数粒ずつまきます。
 間隔は、最終株間と同じにし、発芽し、
 混んで来たら間引き始め、最後は1本だけ残します。
 果菜や根菜などのほか、育苗する場合も点まきにします。

・ばらまき
 なるべく等間隔になるように一面にタネをまきます。
 発芽し、混んで来たら間引きます。
 袋や鉢栽培を行うときは、このまき方にします。
 袋や鉢栽培の場合は、条まきもやりやすい方法です。


タネまきコツ

植物の特性を知って、タネをまきます。
タネ袋にまき方が記されています。

タネをまく前に、あらかじめ土を湿らせておきます。
サイドに水の流れる溝を作ります。
指で凹みを作ってから、タネをまきます。

一般にタネの厚さの3倍くらい土をかぶせ、
シャワー付きジョウロで十分に水やりをします。

ニンジンやレタスのように、タネが発芽するときに
光が必要な好光性種子のばあいは、
ごく浅い溝にタネをまき、
タネが隠れる程度に薄く土をかぶせます。


間引き方法

間引きで最も大切なことは、
残す株を傷めないようにすることです。

条まきや、双葉・本葉1〜2枚程度の頃は、
残す株のまわりの土が浮き上がらないよう手で押さえて、
周りの株を引き抜きます。

点まきや、株が大きくなってからの間引きは、
間引く株を根元からハサミで切り取ると、
残す株が傷まず安心です。

水やりの方法|時間、タイミング、強さを変えて

mizuyari.jpg
トマトに水やり、朝夕たっぷりと与えます


水やりは、野菜など植物を栽培するのに、
もっとも基本的で難しい作業です。
水は、与えるのを忘れると枯れてしまい、
与えすぎても根腐れを起こしたりします。

とくにプランター栽培では、畑に比べ土量が少なく、
乾燥しやすいという難点があります。
畑栽培では原則的に水やりの必要はありませんが、
プランター栽培の場合は、適度な水やりが必要です。


水やり時間

水やりは、原則的に毎日、朝に行います。
鉢底から水が流れ出すまで水を与えます。

水やりは、乾燥しているときにじゅうぶん与えて、
メリハリをつけるのがポイントです。

夏場は乾きやすいので、土が乾いているようなら、
夕方にも与えます。

夏の炎天下で水やりをすると、
プランターの中で水温が上がり、
根を傷めるので夕方涼しくなるまで待ちましょう。


水やり役割

水やりには、植物の生長や光合成に不可欠な水を供給し、
また肥料が水に溶けて植物に吸収させる働きもあります。

また、底穴から水が流れ出すまで水を与えることで、
水が土の中の古い空気を押し出し、
新しい空気と入れ替わるので、野菜が元気に育ちます。

乾燥させると、水不足でしおれる以外に、
肥料濃度が上がり、根が肥料焼けする恐れもあります。


水やり方法

野菜の成長に合わせて水やりをします。

まだ苗が小さいうちは、若苗を傷つけないよう、
シャワーつきのジョウロでやさしく、
少しずつ水をやります。
水は、根のある株もとのみにかけます。

成長が進んだら、底から水が出るくらいたっぷり与えます。
ホースで泥はねを起こさないよう注意して水やりをしたり、
ジョウロでもシャワー部分を取ってしまって大丈夫です。

水は株元にはかけず、プランターのサイドや条間、
株間に与えます。
こうすることで、水が奥まで浸透し、
条間に施肥した肥料も溶けて養分となります。

逆に株元に水をかけると、根を傷め、土を硬くし、
水はけが悪くなってしまうので注意しましょう。

土づくりのコツ|水はけ通気性が良く肥料もちの良い土を

nasu.jpg
プランターでもりっぱなナスが収穫できます


プランター栽培は、
畑に比べて根のはれるスペースが少なく、
根詰まりで根が酸欠になりやすいです。

さらに、毎日の水やりで土の表面が固まって
通気性が悪くなりがちで、根腐れを起こしやすくなります。

そのため、プランター栽培に使用する土は、
下記の条件を必要とします。


プランター栽培最適とは?

1.水はけ、通気性が良いこと
水はけが良いと、根腐れを心配せずに育てられます。
また、通気性が良いと、根にいつも新鮮な酸素を、
供給することができ野菜がじょうぶに育ちます。

2.適度な保水性、保肥性があること
プランター栽培では、土が乾燥しやすいので、
ある程度保水力が必要です。
毎日の水やりで肥料も抜けやすいので、
保肥力も不可欠です。

3.有機質に富むこと
有機質に富み、有機性も保水性もある土は、
根の栄養吸収を助ける大切な微生物を増やしてくれます。


プランター栽培に使用する土は、
市販の用土を使用するのが一番簡単です。

肥料(元肥)入りの用土もあるので、そのような用土を
使用する場合は、栽培のとき新たに元肥を、
施さないように注意します。

・自分で配合する場合
赤玉土(小)40〜60%、腐葉土30〜40%、
パーライト0〜20%
の割合くらいで混合します。

赤玉土は日向土でも代用できます。
水もち、肥料もちがよく、
水はけも良いベースとなる土です。

腐葉土は、水はけ、通気性が良く、
土の微生物を増やしてくれます。

パーライトは、通気性と保水性を高めてくれ、
土を軽量化します。

・容器に用土を入れるときには
水はけを良くするために鉢底にネットを敷き、
その上に、軽石や鉢底の石、
発泡スチロールを2cm角に切ったものなどを
2〜3cm敷きます。

その上に、用土を容器の8〜9分目まで入れます。
排水を良くするため、サイドに溝を作り、
カマボコ状に土を盛ります。
溝には水や肥料を与えます。

プランター栽培の容器|廃材のリサイクルでも栽培

torobako.jpg
トロ箱を利用した栽培、元気に育ちます


野菜のプランター栽培は、広い庭や畑がなくても、
ベランダ、屋上、車庫の上、玄関先、塀の上など、
太陽がいっぱい当たるところなら、
どこでも気軽に始めることができます。


容器 プランター栽培注意点

台風や地震などが起こって
プランターが落ちても、下を通る方に
怪我をさせないような場所を選んでくださいね!

プランター栽培は、畑での栽培と比べて
目が行き届きやすいため、畑よりも立派な
作物が出来るものも多いですし、
病害虫も畑栽培よりも少ないです。

ただ、プランターという限られた大地で育てるため、
土が少なく、肥料持ちが悪かったり、
逆にやりすぎるとすぐに肥料焼けしてしまいます。

また、根詰まりを起こしやすかったり、
土が乾きやすいという欠点もあります。

しかし、こうした欠点は、工夫次第でクリアできます。


容器 プランター栽培使える容器

一般的な大きさの「標準プランター」で
大抵の野菜は良く出来ますが、ダイコンやニンジンなど、
根の長い根菜は「深型標準プランター」など、
深いタイプの容器を用いましょう。

大きいプランターほど土が多く入るので、
野菜のできも良くなりますが、移動が大変になります。
土を入れた状態で、自分が持ち運べる大きさが基本です。

9号以上の丸鉢を使ってもよいでしょう。

また、廃材を利用しても栽培できます。

例えば、発泡スチロールの箱は、底に穴をあければ、
立派にプランター代わりに使えます。
リンゴ箱程度の大きさがよいでしょう。

また、肥料袋(20L)や土のう袋(30L)は、
底の端を切って土を9分目まで入れて
使うことが出来ます。

リサイクルにもなりますし、場所もとりません。
深さがあるので、ニンジン、ダイコンなども栽培できます。

追肥・中耕・土寄せ|このステップが野菜類を元気に

tuihi.jpg
追肥をしながら土寄せができる作業機も活躍


追肥

野菜は、最初にたっぷり元肥を施して、
十分に初期生長を促すのが一般的です。

生育期間の短い葉物野菜を中心に、
追肥を施さなくても良い種類も多いのですが、
窒素やカリは雨で流失しやすいため、
生育期間の長い野菜では、追肥が必要になってきます。

肥料分は根の先端で吸収されるので、
根の先端付近(葉の先端付近)の表土に追肥を施します。

このとき、肥料が根や茎に、
直接当たらないように注意します。
肥料が根や茎に当たると、
「肥料やけ」が起きることがあります。

肥料やけとは、土中の肥料成分の濃度が高くなりすぎ、
根がひどくいたむことです。
肥料やけになると、生育が悪くなり、
葉の色が、濃い、くすんだような緑色になります。

追肥の方法には、主に下記のようなやり方があります。

・円形施肥
株の周囲に円形状に施肥する方法です。
円は葉の先端付近に描くようにします。
株が大きくなるにつれ、根も伸びてゆくため、
円を大きくしていきます。

・溝施肥
畝間や条間に浅く溝を掘って施肥します。
2回目は1回目の反対側にするなど、
位置を変えていきます。

・つぼ状施肥
棒などで突いて深さ10cm程度の穴をあけ、
そこに肥料を入れて水をかけ、埋め戻す方法です。
追肥するたびに穴の位置を変えます。


中耕土寄せ

追肥の後に続けて行うとよいのが、中耕と土寄せです。

中耕とは、畝の間や株の間を軽く耕すことです。
雨が降るたびにやわらかかった土も徐々に固まってくるため、
クワで表土を薄く削るように耕すと、土が再びやわらかくなり、
新しい空気も入ります。
株の根元を傷つけないように注意しましょう。

その後、土寄せを行います。
土寄せとは、中耕のときに耕した土や、畝間の土を
耕して株元に寄せることです。

雨や風の影響で、株の根元は次第に土から出てきます。
そうなると株は倒れやすくなりますし、
根が乾燥しやすくもなります。
土寄せをすることにより、株を保護することが出来ます。

一般的に追肥をした際、肥料と土を混ぜるように軽く中耕し、
その土を株もとへ土寄せするというように、
追肥、中耕、土寄せは一連の作業として行います。

また中耕は、小さな雑草をとるのにもたいへん役立ちます。

植え付けと水やり|植え付け時は根を乾かさないのがコツ

6603389.jpg


野菜など植物は、けっこう繊細で、
植え付け時に大きなダメージを、
与えてしまうことがあります。

元気にすくすく育つように、
植え付けと水やりをていねいにしてあげましょう。


■植え付け

移殖栽培では、苗を作った場所から、
栄養分を含んだ土へ植え替えることで、
新たに根を出させて生長を促します。

野菜の苗は、根をいじると生育が鈍るため、
根鉢を崩さずに植え付けます。
根を空気にさらさないのがポイントです。

ポット苗はそのまま抜き取って植えつけますが、
苗床などで作った苗も、できるだけ根土をつけて
植え付けます。

畑の土つくりなどは、植え付け1週間前に
終わらせておきます。
理想の植え付け日よりは、穏やかな気候の
晴れた日で、風のない午前中です。

畝の土が乾いているなら、あらかじめ
たっぷり水やりをしておきます。
また、ポットごと苗を水につけて、
十分に鉢土を湿らせておきましょう。

苗は、畝の表面より若干高くなるように植え付けます。
浅すぎると(浅植え)乾きすぎて根づきが悪くなり、
深すぎると(深植え)根が冷えて病害虫が出やすくなります。

植え付け時には、根を乾かさないように
手際よく行うことが大切です。


■水やり

・植え付け後の水やり
植え付け後は、たっぷり水やりをしたくなりますが、
実は植え付け後の水やりはしなくてもよいのです。

根は水を求めて伸びるので、根鉢から新しく植えられた土に
早く根を伸ばさせるため、水やりはしません。
植え付け前に畝に水をまき、苗を水につけておいて、
両方の土をなじませるだけで十分なのです。

そのため、タネまき後はたっぷりと水やりをしますが、
植え付け後は、水やりをしたとしても、
土をなじませる程度、しおれない程度です。

・根付いてからの水やり
根づいてからも、水のやりすぎは土の中の空気を減らし、
根腐れの原因となります。

そのため、畑栽培ではほとんど水やりは不要ですが、
1週間以上雨が降らないときや、
土がカラカラに乾いているときは、水やりをします。

水やりは、夏なら地温を下げるために夕方に、
冬は地温が上がる前の午前中に行います。

水の量は、土の5〜10cm下まで湿るくらい、
たっぷりと与えます。
土が固くなって水がしみていかない場合は、
軽く耕してから水やりをしましょう。

真夏の高温期など乾燥が激しい季節は、
敷きわらやポリマルチで乾燥を抑えてもよいでしょう。

・ポリマルチをじょうずに使って
敷きわらやポリマルチは、雨や水やりに寄る
泥水の跳ね上がりで病害虫が発生するのも
抑える効果がありますので、梅雨時期や
秋の長雨の時期にもしておくとよいでしょう。

苗つくりのコツ|おいしい野菜はじょうぶな苗から

jyagaimo300.jpg
ジャガイモの種芋の植え付け


jyagaimohatuga300.jpg
ジャガイモの健康に育つ苗


家庭菜園でおいしい野菜を収穫するには、
良い苗を育て、じょうずに育てることがとても大切です。
苗つくりのコツを紹介していきます。


まき場所用土

移殖栽培をする場合、タネは苗まで育てる「苗床」にまくか、
トロ箱や鉢、プランターなどにまいて間引きながら育て、
植え付け苗にします。

ポットなどに数粒まいて間引き、1本の苗にする
方法もあります。

家庭菜園くらいの規模なら、箱まきやポットまきが
楽で作りやすいでしょう。

タネをまく用土を、「床土」といいます。
床土は、畑土と堆肥を半々に混ぜて用意しますが、
市販の野菜培養土でもかまいません。

水はけが良く、病気の心配がない土を用いましょう。


タネまき後作業

タネをまいたら、たっぷりと水やりをしてから、
敷きわらやポリマルチなどで乾燥を抑えましょう。
箱まきなら、ぬらした新聞紙を強いてもよいです。
新聞紙は、発芽したら取り去ります。

保温のため、保温帽子=ホットキャップを用いてもよいでしょう。
保温帽子は保温のほか、タネを食べられてしまうのも、
防ぐことができます。


子葉出た後の作業

根や葉が出たら、暑さや寒さ、強い日差しなどで
苗が傷まないよう、保温や遮光の目的で
「トンネル(トンネルマルチ)」をかけたりします。

霜よけには寒冷紗、保温にはビニールで
トンネルをかけます。
寒冷紗をかけるときは、光線不足にならないよう
日中は寒冷紗をはずしましょう。

寒冷紗は遮光効果があるので暑さ対策にも
用いることができます。
また、風通しがよいので蒸れによる病虫害の発生もなく、
アブラムシなどの防虫効果も期待できます。


間引き

発芽して本葉が開いた頃から、混み合った部分の苗を引き抜く
「間引き」を行います。

小さすぎたり大きすぎたりするもの、
病虫害の被害のあるもの、奇形の葉があるものから間引き、
数回の間引きで決められた株間にします。

数回に分けて間引きを行うのは、一度に間引くと
葉が大きくならなかったり、その後の成長で
不具合が出てきたときにカバーできなくなるのを
防ぐためです。

1回の間引き作業で、混み合った部分が半分くらいに
なるのを目安に行います。
間引くときは、隣の残す苗の株元を押さえて、
傷つけないように注意しましょう。


移殖

「移殖」とは植え替えのことで、植え付けまでの間に
他の場所に植え替えることを言います。
移殖することにより根を発達させ、植え付け時の
ダメージを減らすことが目的です。

移殖栽培は、本葉2枚で移植床やポリポットなどに
移殖します。
移殖床なら10〜15cm間隔、ポリポットなら
4〜5号ポットに1本ずつ植えます。

生育状態が悪いようなら、規定の倍に薄めた液体肥料か
硫安1つまみを施すと良いでしょう。


よい苗選び方

植え付けの際には、よい苗を選びましょう。
育成栽培した苗から、
茎葉が元気よく伸び、節間が詰まって
葉と葉の間が狭くてがっしりしていて、
病害虫のない苗を選びます。



管理人=fuji 野菜栽培19年♪
「猫の額 菜園」で、
野菜や果樹を栽培中!
土と植物からエネルギーをもらっています♪

〒メール

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
ブログランキングならblogram

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
●写真協力
・写真素材 フォトライブラリー
・草花写真館
・季節の花300
Add to Google
My Yahoo!に追加
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
相互リンク