根菜類のカテゴリ記事一覧

野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。


 
 スポンサードリンク

カテゴリ:根菜類

根菜類のカテゴリ記事一覧。野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。
ニンジン タネまきのコツ

2012-09-29 根菜類
ニンジン畑ニンジンに限らずどの野菜でもそうですが、生育初期の管理がもっとも大切で、気を使うところです。ニンジンのタネまきのときに気をつけるべきポイントをご紹介…

記事を読む

カブがかかりやすい病気は?

2012-09-28 根菜類
元気なカブを収穫したいですねカブは病気も多く、害虫の被害も多いので初心者には栽培がやや難しい野菜です。 特に連作に弱く、同じところで栽培すると病気が多くなり収…

記事を読む

カブが太らない理由と対策

2012-09-26 根菜類
カブ、このくらい太って欲しいです株は1年中栽培できますが、特に秋まきは育てやすいです。秋まきの適期は、8月下旬〜11月中旬です。もしまき遅れてしまった場合、暖…

記事を読む

ダイコンの病害虫と対策は?

2012-09-24 根菜類
干しダイコンダイコンの病気には、ウイルスが原因のモザイク病、細菌が原因の黒腐病、黒斑細菌病、軟腐病、糸状菌(かび)が原因の炭疽病、黒斑病、白さび病(わっか症)…

記事を読む

ダイコン栽培のコツは?

2012-09-21 根菜類
ダイコンのまるまるした収穫はうれしいですダイコンに限らずどの野菜でもそうですが、生育初期の生長が、収量を決めるといっても、過言ではありません。そのため、生育初…

記事を読む

コールラビの食べ方、調理法は?

2012-04-04 根菜類
コールラビコールラビ(Kohlrabi)はまだ日本では、あまりなじみがありませんが、人気が出てきています。コールラビの語源はドイツ語で、コールはキャベツ、ラビはカブの意…

記事を読む

カブが太る前にとう立ちする理由は?

2012-04-02 根菜類
カブの収穫、楽しいですカブ(蕪)はダイコンよりも栽培期間が短く、また土中に深く入らないため、土地を選ばず簡単に栽培できるので、家庭菜園初心者に向いている野菜で…

記事を読む

カブに「ス」が入ったり黒ずむ理由は?

2012-03-31 根菜類
カブ、ずっしり重い収穫にしたいです■カブに「ス」が入ったり、空洞だったりする理由は?カブにスが入ったり、空洞だったりするのは、収穫が遅れたり、土壌が乾燥するこ…

記事を読む

カブの裂根(実が割れる)を防ぐ方法は?

2012-03-30 根菜類
カブの採り立ては、みずみずしくおいしいですカブは、秋まき小カブで種まきから40〜50日、大カブで60〜100日で収穫となります。少しずつ時期をずらして2〜3回に分けてタ…

記事を読む

浴光催芽|ジャガイモの植え付け遅れの対処法

2012-01-26 根菜類
ジャガイモの浴光催芽このように芽がでてきますC)網走支庁清里地区農業改良普及センター■浴光催芽|ジャガイモの植え付け遅れの対処法通常、ジャガイモのタネイモの植え…

記事を読む

ネコブセンチュウの被害の防ぎ方

2012-01-03 根菜類
ネコブセンチュウに犯された根っこニンジンの害虫としては、葉にはニンジンアブラムシ、キアゲハ、プチヒゲカメムシキクキンウワバ(ヤガ類)、などがつきます。根への被…

記事を読む

ニンジンの根が、途中で裂ける理由と対策

2012-01-02 根菜類
ニンジンを栽培していると、二股になっていたり、裂けていたりすることがありますが、この原因は全く異なります。二股になるのは、根の先端が石や土のかたまりなどの,障…

記事を読む

短根ニンジンと長根ニンジンの栽培方法の違いは?

2012-01-01 根菜類
ニンジンは、中国で成立した東洋種と、ヨーロッパで成立した西洋種があります。東洋種のニンジンは根が長く、”長根ニンジン”とよばれ、西洋種のニンジンは根が短く、”…

記事を読む

ニンジンが股根になる原因と対策

2012-01-01 根菜類
現在栽培されているニンジンは、根の長さが15〜20cm程度が主流で、西洋種を改良したものです。ニンジンにはもう一つ、中国で成立した東洋種もあり、京野菜の金時ニ…

記事を読む

ニンジンのタネが芽を出さない、発芽率が悪い理由は?

2012-01-01 根菜類
ニンジンのタネまきは、畝間40〜50cmに、深さ2〜3cmのまき溝を掘って化成肥料をまき、厚さ1〜2cmの間土をします。タネは2条に、2〜3mm間隔にすじまき…

記事を読む

ダイコンに「す」が入る理由と防ぎ方

2011-12-27 根菜類
ダイコン、収穫時期に採り遅れないようにダイコンは冷涼な気候を好み、17〜20℃でよく育ちます。しかし、10℃以下になると花芽分化がおき、根の肥大が止まってしまいます…

記事を読む

ダイコンの葉が縮み育ちが悪い|モザイク病の症状と予防

2011-12-27 根菜類
モザイク病にかかったズッキーニダイコンには、ビタミンCや消化を助ける、ジアスターゼと呼ばれる酵素が豊富にあります。ダイコンの辛みは、アリルイソチオシアネートと…

記事を読む

ダイコンの表面に傷ができる|キスジノミハムシの防ぎ方

2011-12-27 根菜類
キスジノミハムシの被害C)千草園芸ダイコンは虫にとってもおいしいのか、結構害虫がつきます。できるだけ無農薬で育てたい場合は、害虫の天敵を増やすよう試みてはいかが…

記事を読む

ダイコンの根が太らずとうが立つ理由と防ぎ方

2011-12-26 根菜類
ダイコンの花C)Wikipediaダイコンは日本人にとって”野菜の王様”で、作付面積、収穫量とも第一位です。古くから栽培されているダイコンですが、日本人の食生活の変化や…

記事を読む

ダイコンが二股になる理由と解決策は?

2011-12-26 根菜類
ダイコンは古くから日本人に、親しまれ育てられてきた野菜の一つです。形や肉質、また気候や土壌に対する適応性など、栽培条件に応じて品種改良が進み、多くの種類がつく…

記事を読む

ニンジン タネまきのコツ

  •  投稿日:2012-09-29
  •  カテゴリ:根菜類
CarrotA (2).jpg
ニンジン畑


ニンジンに限らずどの野菜でもそうですが、
生育初期の管理がもっとも大切で、気を使うところです。

ニンジンのタネまきのときに気をつけるべきポイントを
ご紹介いたします。


■ニンジンのタネの種類

ニンジンのタネには、通常のタネの他に、
白い粒状にコーティングされたタネがあります。

これはコーティング種子やペレット種子とも呼ばれ、
まきやすく、発芽しやすいように加工されたタネです。

タネのまき方は普通のタネと同じですが、
コーティング種子は吸水したあとに乾燥するとかたくなり、
発芽できなくなってしまうので、タネまき後は
水切れにならないように毎日水やりをしましょう。


une.jpg
ニンジンの畝を作っているようす


■ニンジンの発芽を成功させるポイント

ニンジンは発芽率が悪く、発芽さえうまくいけば
ニンジン栽培の半分は成功といわれるほど
発芽が重要なポイントです。

発芽をいっせいに揃えることが、生育を揃えて
品質の良いものを収穫することにつながります。

発芽を成功させるには、次のポイントをきちんと
押さえていくことが大切です。

1.覆土は薄く
ニンジンのタネは、光があったほうが発芽しやすい
好光性種子のため、覆土は薄くします

2.水やりをてねいに
タネは一昼夜水に浸してからまき、
発芽までは土が乾かないように毎日水やりをします
水やりをする際は、まいた水が引くまで待って
もう一度与えるくらいに丁寧に作業します

3.乾燥させない 
タネまき後は不織布でべたがけしたり、
もみ殻や切りわらなどで覆って乾燥を防ぎます

*春まきの場合は、梅雨明けまえにタネをまきます。
品種によって、タネまきの適期が違いますので、
タネ袋で確認しましょう。


CarrotA (6).jpg
ニンジンの採り立ては甘いです


■古いニンジンのタネが残っている場合は

ニンジンは発芽率が悪いことで知られています。
古いタネは、なおさら発芽率が悪くなります。

しかし、発芽さえしてしまえば、新しいタネと変わりなく
生長するため、古いタネをまくことには問題ありません。

ただし、どうしても発芽率は落ちるため、
通常の2〜3倍の量のタネをまくと安心でしょう。 

>>ニンジンの育て方(地植え)はこちらです
>>ニンジンのプランター栽培はこちらです

[ニンジン] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ

カブがかかりやすい病気は?

  •  投稿日:2012-09-28
  •  カテゴリ:根菜類
kabuA (1).jpg
元気なカブを収穫したいですね


カブは病気も多く、害虫の被害も多いので
初心者には栽培がやや難しい野菜です。

特に連作に弱く、同じところで栽培すると病気が多くなり
収穫が望めなくなるため、注意します。


kabu1.jpg
キスジノミハムシに、食害されたカブ


■カブがかかりやすい病気は?

カブを収穫すると、表面がかさぶたのように
デコボコしていることがあります。

これは、株が小さいうちにキスジノミハムシの幼虫に
食害されたためです。

キスジノミハムシの幼虫は4月〜10月頃に発生し、
根菜類の根をなめるように食い荒らします。

食害の痕は根が太るとともに大きくなり、
かさぶた状になってしまいます。

また、キスジノミハムシの成虫は葉を食害します。
被害にあうと、葉に1mmほどの穴が開いてしまいます。

キスジノミハムシは、アブラナ科の野菜を連作すると
多発する傾向があるため、連作しないことが第一です。

また、寒冷紗で株を覆って、成虫の飛来を防ぐことも
有効です。


■カブの根肌がガサガサになるのは?

カブの根肌が黄色っぽい鮫肌状にガサガサして、
切ってみると中心部が黒ずんでいることがあります。

これは病気ではなく、ホウ素欠乏症です。
高温期に特に出やすい症状で、発症したものは直らず、
堅くて辛味が強いため、食用になりません。

アブラナ科の野菜はホウ素を多く必要とするので、
元肥にホウ素入りの肥料を入れてから栽培すると良いでしょう。

また、ホウ素は堆肥にも含まれているので、
元肥に堆肥をたっぷりと投入しても良いでしょう。


kabu7.jpg
カブ、元気がなさそうです


■株の葉は害虫の被害にあっても大丈夫?

株は根を食べる野菜なので、葉はある程度害虫に食害されてもよい、
と思っていませんか?

根を太らせるためには葉が光合成をして、
たっぷりと養分を作る必要があります。

葉がなくなると養分を作ることができなくなるため、
食害されないように育てましょう。

>>カブの育て方(地植え)はこちらです
>>カブのプランター栽培はこちらです

[蕪] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ

カブが太らない理由と対策

  •  投稿日:2012-09-26
  •  カテゴリ:根菜類
kabuA (4).jpg
カブ、このくらい太って欲しいです


株は1年中栽培できますが、特に秋まきは育てやすいです。
秋まきの適期は、8月下旬〜11月中旬です。

もしまき遅れてしまった場合、暖地でも寒さが厳しくなってくるので、
そのまま栽培することは難しいです。

適期を守ることが一番ですが、どうしても育てるとしたら、
畝を、保温効果の高い透明マルチで覆い、
15cm間隔くらいでまき穴をあけてタネまきをし、
ポリフィルムなどでトンネルにして
トンネル栽培をする必要があります。


■カブが太らない理由は?

カブの葉ばかり茂って根が太らないのは、
主に2つの原因が考えられます。

一つは肥料が多すぎたこと、
もう一つは間引きの遅れです。

1.肥料が多すぎた
肥料の、特に窒素分が多いと葉ばかり茂る傾向にあります。
通常のカブの元肥は、1u当たり化成肥料150g程度ですが、
根を太らせようと思ってそれ以上与えると、
逆に葉ばかり茂って根は小さくなります。

また、カブは、タネまきの時期によって必要とする窒素量も
変化します。

高温期は肥料を吸収する力が強く、分解も早いため、
温度の高いときほど窒素量を減らす必要があります。

具体的には、高温期の6月〜8月では、1u当たり
必要な窒素は5gですが、低温期の11月〜1月では、
15gと、3倍も必要になります。

化成肥料に換算すると、それぞれ70g,200gです。

育てやすい秋まきでは、元肥としての化成肥料は
1u当たり150gです。
ちなみに春まきは80〜120g、夏まきは70gです。

適正量を守って、収量を上げましょう。


hatuga400.jpg
もう少し育てて間引きをします。間引き菜もおいしいです


2.間引きが遅れた
カブは、間引きが遅れても、
葉ばかり茂って根が太りにくくなります。

双葉が開いたら3cm間隔に、
本葉2〜3枚の頃に5〜6cm間隔に、
本葉4〜5枚の頃に10〜12cm間隔に間引き、
十分な株間をとって、できるだけ根を太らせるようにします。

また、生育の良い株を残すためにも、
発芽を揃える必要があります。 


発芽がそろわないのは、畝が傾いていることが多いです。
板切れなどを押し付けて平らにならし、まき穴の深さと
覆土の厚さも均一にするようにしましょう。

kabuA (8).jpg
カブのホワイトシチューは、とろける感じでおいしいです

>>カブの育て方(地植え)はこちらです
>>カブのプランター栽培はこちらです

[蕪] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ

ダイコンの病害虫と対策は?

  •  投稿日:2012-09-24
  •  カテゴリ:根菜類
daikon (6).jpg
干しダイコン


ダイコンの病気には、ウイルスが原因のモザイク病、
細菌が原因の黒腐病、黒斑細菌病、軟腐病、
糸状菌(かび)が原因の炭疽病、黒斑病、
白さび病(わっか症)、菌核病、べと病(いれずみ症)、
萎黄病、バーティシリウム黒点病、根くびれ病、
腐敗病などがあります。

害虫には、ネコブセンチュウやダイコンシンクイムシ、
カブラハバチの幼虫、ヨトウムシ、アオムシ、コナガ、
アブラムシなどがあります。

この項では、中でも最も一般的な病気である軟腐病と、
主な害虫であるネコブセンチュウについてご説明します。


nanhibyou.jpg
軟腐病にかかったハクサイ


■軟腐病(なんぷびょう)

収穫したダイコンの中が腐ったような状態になっていたら、
軟腐病の被害です。

◎原因としては、下記の2つが考えられます

1.タネまきの時期が早すぎて、真夏の暑い時期に
  栽培時期が重なった

2.栽培中に、根や茎に何らかの傷がつき、そこから土の中の
  軟腐病菌が侵入した

軟腐病はただダイコンが腐るだけでなく、
腐敗臭を伴います。

病気になった株は直らないので、すぐに抜き取って処分し、
ほかの株に伝染しないようにします。

予防としては、タネまき摘期を守ること、
多湿な環境下で発病しやすいため、水はけを良くすること、
間引きの際などに株を傷つけないこと、などが重要です。


sentyu.jpg
センチュウの大発生


■ネグサレセンチュウ

ダイコンの根に、乳白色や黒ゴマのような点ができていたら、
ネグサレセンチュウの被害と考えられます。

畑を変えるか、土壌消毒をします。

マリーゴールドやエンバクには線虫の密度を減らす
コンパニオンプランツとしての効果があるので、
一緒に植えても良いでしょう。

マリーゴールドの効果は、2〜3年持続するといわれています。

daikon (4).jpg
おいしいダイコンで豚汁作りましょう

>>ダイコンの育て方(地植え)はこちらです
>>ダイコンのプランター栽培はこちらです

[ダイコン] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ

ダイコン栽培のコツは?

  •  投稿日:2012-09-21
  •  カテゴリ:根菜類
daikonB.jpg
ダイコンのまるまるした収穫はうれしいです


ダイコンに限らずどの野菜でもそうですが、
生育初期の生長が、収量を決める
といっても、過言ではありません。

そのため、生育初期には、
特に気を使って管理する必要があります。


daikon (9).jpg
マルチングで収穫量が多くなります


daikon (7).jpg
マルチしたダイコン、みごとです!


■マルチの必要性

ダイコンはほぼ1年中作れますが、家庭菜園では秋まきが
最も作りやすいといえます。

ポリマルチは必ずしもする必要はありませんが、
マルチ栽培をすると、狭い面積でも多くの収量が望める
というメリットがあります。

マルチなしで栽培した場合は、幅60cmの畝に1列で栽培しますが、
マルチをした場合は、幅70〜80cmの畝に、40〜50cm間隔で
2列で栽培することができます。

また、マルチをすることにより、除草の手間が省けたり、
冬のトンネル栽培の場合では保温効果が高くなる、などの
メリットもあります。


daikon (2).jpg
間引きでじょうぶなダイコンをつくりましょう


■間引きで丈夫な株を残す

一斉にタネをまいても、発芽や生育状況には違いが出てきます。
そのため、間引きによって、生長の悪い株を取り除き、
生長のよい株のみを育てることは、おいしい野菜を収穫するために
大切なポイントといえます。

◎このような株を残します
・双葉が大きく、形の良い株
・葉が虫などの食害にあっていない株
・生育の良い株

◎間引く株は次のような株です
・双葉の形がゆがんでいる株
・葉に穴が開いている株
・黒ずんでいる株
・葉や茎が間のびしてヒョロヒョロとしている徒長した株
・本葉の数が少なく、明らかに生長が遅い株


■株間を十分にとる

菜園のスペースが狭いと、つい株間を詰めて
たくさん植え付けたくなりますが、
野菜にはそれぞれの種類に応じた適切な株間があります。

適切な株間とは、野菜が元気に育つのに最低限必要な広さです。
これより狭いと生長が悪くなり、
株の本数を増やして収量を増やそうとしても、
狭いスペースなりの生育と収量にしかなりません。

ダイコンの適切な株間は30cm以上ですが、
これより狭いと、地上部は伸びても
根が太ることができなくなることがあります。


■防虫ネットで無農薬栽培

ダイコンなどのアブラナ科の野菜は、害虫の被害にあいやすいです。
そのため、防虫ネットや寒冷紗などを畝全体にかけると、
害虫予防に効果があり、無農薬栽培も可能です。

ネットをかけるタイミングは、タネまき直後です。
芽が出てからでは、虫の卵が産み付けられることもあるので、
タネまき直後がベストのタイミングなのです。

ネットは収穫直前までかけておいてかまいませんが、
収穫の1週間くらいまえにはずし、株によく日光を当ててあげると、
葉がシャキッとして、見た目も良くなります。

>>ダイコンの育て方(地植え)はこちらです
>>ダイコンのプランター栽培はこちらです

[ダイコン] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ

コールラビの食べ方、調理法は?

  •  投稿日:2012-04-04
  •  カテゴリ:根菜類
ko-rurabi.jpg
コールラビ


コールラビ(Kohlrabi)はまだ日本では、
あまりなじみがありませんが、人気が出てきています。

コールラビの語源はドイツ語で、コールはキャベツ、
ラビはカブの意味で、キャベツの仲間です。
根元に近い茎のふくらんだ部分を食べる野菜です。


Kohlrabi (1).jpg
コールラビのバターソテー


Kohlrabi.jpg
コールラビのサラダ


コールラビ食べ方は?

コールラビの風味や食感は、ブロッコリーの茎や
キャベツの芯に似ていると言われます。

実際にブロッコリーの茎やキャベツの芯を
食べてみると、意外とやわらかくて甘味があるものです。

また、若い茎では、リンゴのようなサクサク感と、
みずみずしさもあわせ持っているため、
漬物にすると、やわらかくならずにパリパリ感があり、
とってもおいしく食べられます。


コールラビ調理法は?

下部はかたいので、1cmくらい切り落とし、
全体の皮をむいてから利用します。

収穫が遅れるとかたくなり、裂球することもあるので、
早めに収穫しましょう。

上記のように漬物にしてもおいしいのですが、
秋まきにして霜にあたったものは、
熱を通すと非常に甘味が増します。

早取りにしたものは漬物に、
霜にあたったものは加熱調理と、
使い分けると非常においしくいただけます。

甘味があるため、スープやシチューに入れたり、
ベーコンなどと炒めても良いでしょう。
クセがないので、どんな料理にも合います。

キャベツのような形をしている葉も食べることができます。

>>コールラビの分かりやすい育て方はこちらです

カブが太る前にとう立ちする理由は?

  •  投稿日:2012-04-02
  •  カテゴリ:根菜類
kabu (1).jpg
カブの収穫、楽しいです


カブ(蕪)はダイコンよりも栽培期間が短く、
また土中に深く入らないため、
土地を選ばず簡単に栽培できるので、
家庭菜園初心者に向いている野菜です。

カブは直根類といって主根が肥大するタイプなので、
直まきで栽培します。

移殖すると根が二股になってしまう、
又根になるので、注意しましょう。


kabu.jpg
採り立てのカブを漬物にすると味わいが違います


カブ太る前にとう立ちする理由は?

カブの生育適温は15〜20℃で、涼しい気候を好みます。
そのため、3月下旬にタネをまく春まきと、
9月上旬にタネをまく秋まきがありますが、
特に春まきの場合、遅霜などで低温にあうと
花芽が発生して、とう立ちしてしまいます。

カブはシードバーナリゼーション(種子春化)型といって、
タネが発芽したときから、低温に感応して花芽を分化する、
性質があるためです。

さらに、その後の高温と長日によってとう立ちは促進されるため、
春まきの方が秋まきよりもとうが立ちやすいのです。

とう立ちを避けるには、初心者は秋まきにすることが
一番簡単な対策です。


カブタネまき上手な方法

上記の理由から、タネまき適期は9月上旬です。

カブは、あまり土質を選びませんが、
水分の多い、やや粘質の土が最適です。

タネまきの2週間前までに、1uあたり2握りの
苦土石灰をまいてよく混ぜておきます。

1週間前には、1uあたり堆肥バケツ2杯、
化成肥料1握りを元肥として施してよく混ぜ、
よく耕しておきます。

カブは耕土の深い、排水の良い場所を好むので、
やや深めに、よく耕しておきましょう。
幅60〜100cmの平床にします。

クワの幅の、浅いまき溝を掘り、
溝幅いっぱいにタネをばらまきます。
0.5〜1cmほどの薄い覆土をしたら、
土を軽く押さえ、水をたっぷり与えます。

カブはタネまきから収穫まで水を必要とするので、
しっかりとかけましょう。
 カテゴリ

カブに「ス」が入ったり黒ずむ理由は?

  •  投稿日:2012-03-31
  •  カテゴリ:根菜類
kabu.jpg
カブ、ずっしり重い収穫にしたいです


カブに「」が入ったり、空洞だったりする理由は?

カブにスが入ったり、空洞だったりするのは、
収穫が遅れたり、土壌が乾燥することによる、
生理障害です。

養分は根に貯蔵されますが、収穫遅れなどにより、
株そのものが老化すると、葉で養分を作る能力が低下し、
スが入ると考えられています。

生育後期の高温や乾燥でも、ス入りが早まります。
また、株間が広くて窒素やカリ肥料が多いと生育が早まり、
ス入りや空洞になることが多いといわれています。

収穫適期を逃さず収穫するようにしましょう。


カブ割ると中が黒ずんでいる理由は?


カブやダイコン等の根菜類の中が黒ずんでいるのは、
比較的よく見られる現象で、食べる上では問題ありません。

黒ずみの原因としては、微量要素の不足による生理障害や、
収穫時期に高温や低温にあうことによっても発生すると、
言われています。

そのため、化成肥料よりも堆肥や鶏ふんなど、
微量要素をバランスよく含む有機肥料を施し、
早まきや遅まきを避けて、タネまき適期に、
タネをまくなど、生理障害が起こらないようにすることが、
黒ずみ防止策になります。

>>カブの詳しい育て方はこちらです
 カテゴリ

カブの裂根(実が割れる)を防ぐ方法は?

  •  投稿日:2012-03-30
  •  カテゴリ:根菜類
kabu1.jpg
カブの採り立ては、みずみずしくおいしいです


カブは、秋まき小カブで種まきから40〜50日、
大カブで60〜100日で収穫となります。

少しずつ時期をずらして2〜3回に分けて
タネをまくと、長い間収穫を楽しめます。

カブは、目安となる大きさより小さくても、
形が出来上がってしまったものはそれ以上太りません。
育ちの良くないものでも、形が出来上がったものは
収穫してしまいましょう。

小カブは40〜50日で収穫できるので、
秋まきが最も育てやすいです。
秋まきは9月上旬〜中旬に行います。

春まきは3月下旬〜4月上旬に行いますが、
高温や乾燥の影響で、病気の発生が増えるので、
秋まきに比べるとやや育てにくいです。

春まき、秋まきとも、
収穫が遅れると、スが入ったり、裂根したりします。


カブの裂根実が割れる)を防ぐ方法は?

カブの裂根(実が割れる)の原因は、
いくつかあります。

最も多いのは、収穫遅れです。
収穫が遅れると上部が割れてしまったり、
スが入って品質が落ちてしまいます。
そうなる前に、適期で収穫しましょう。

また、生育の後期に急激に肥大しても
裂根になります。

生育の初期から中ごろにかけて雨が少なく
乾燥気味で生育がゆっくりだったのが、
後半になって降雨などで急激に生長すると
裂根してしまいます。

肥料不足、特にカリ成分の不足も
裂根に関係するといわれています。

裂根を防ぐには、たっぷりの堆肥や
カリ成分としての草木灰などを元肥として施し、
水はけと水もちのよい土に改良し、
生育の初期から順調に成長するようにしましょう。

乾燥が続いた後で急激に水をやったりしても、
裂根になります。

敷きわらや中耕、土寄せなどの作業をこまめにして、
土壌水分の変化をできるだけ小さくしてあげると、
裂根を避けることができます。

また、一度にたくさん間引いて株間を早くから
広げることも、裂根の原因の一つですので、
注意しましょう。

>>カブの詳しい育て方はこちらです
 カテゴリ

浴光催芽|ジャガイモの植え付け遅れの対処法

  •  投稿日:2012-01-26
  •  カテゴリ:根菜類
jyagaimo1.jpg
ジャガイモの浴光催芽


jyagaimo2.jpg
このように芽がでてきます
C)網走支庁清里地区農業改良普及センター


浴光催芽|ジャガイモ植え付け遅れの対処法

通常、ジャガイモのタネイモの植え付けは、
4月上旬までに行います。
植え付け適期を逃すと、肥大に必要な日数が足りず、
小さなイモしか収穫できなくなってしまいます。

しかし、菜園の栽培サイクルの都合などで、どうしても
植え付けが遅くなってしまう場合は、
”浴光催芽”という手段があります。

浴光催芽は、タネイモに光を当てて、
その温熱によって、
丈夫な芽の発生を促します。


浴光催芽方法

浴光催芽のやり方は、まず、植え付けの20日くらい前に、
わらを敷き詰めた発泡スチロールのトロ箱などに、
タネイモを切らずにそのまま並べ、明るいところに置き、
ビニールトンネルで覆います。

日中、温度が高くなるようでしたらビニールをあけて換気し、
夜間は毛布などをかけて保温し、
トンネル内の温度を15〜20℃に保ちます。

タネイモは何回か上下を変えたりして、
芽全体にまんべんなく日光が当たるようにします。
そのまま芽が1cmほど伸びるまで管理します。

芽が1cm以上になったら、
普通のタネイモと同じように切って、
通常通りに植え付けます。


浴光催芽効果

浴光催芽を行うと、初期生育が促進されるため、
イモの肥大が早まるので、植え付けが遅れても、
大きなイモを収穫することができます。 

浴光催芽は、さらに次のような効果が期待できます。

1.植え付け前に、軟弱な芽を除くことができるので、
欠株を防げます

2.草丈が低めな丈夫な株に育つため、倒伏や
病気の発生が減少します

3.植え付け後の生長が早いため、黒あざ病の
被害が抑制されます

4.巨大粒や中心空洞の発生が抑えられます

 カテゴリ

ネコブセンチュウの被害の防ぎ方

  •  投稿日:2012-01-03
  •  カテゴリ:根菜類
Carrot (3).jpg
ネコブセンチュウに犯された根っこ


ニンジンの害虫としては、葉にはニンジンアブラムシ、
キアゲハ、プチヒゲカメムシキクキンウワバ(ヤガ類)、
などがつきます。

根への被害としては、ネコブセンチュウ、
ネグサレセンチュウ、クロモンシロハマキ、
ネキリムシ類などがあります。


ネコブセンチュウ被害防ぎ方

ニンジンの根にこぶができて肥大しない場合は、
ネコブセンチュウが原因と疑うのが良いです。
ネコブセンチュウはニンジンの代表的な害虫で、
1cm未満の小さな糸状の虫で、土壌中に生息しています。

野菜の根に食い込むように侵入し、養分を吸います。

ニンジンの場合は、根にこぶがたくさんできて、
股根となり、生育が阻害されるため、
根も肥大しなくなってしまいます。

主に根が被害を受けるため、株を引き抜くまで、
被害を受けていることが分からないことも多いのです。

他の害虫や病気が考えられない状況で、
朝夕は元気だった葉が、昼間になるとしおれてしまう
ような場合は、ネコブセンチュウが寄生している
可能性があります。

ネコブセンチュウが寄生した株は生育が悪く、
葉は黄色く色あせて伸びが悪くなるため、
よく観察しましょう。


ネコブセンチュウ防除法

ネコブセンチュウに寄生されてからでは、
防除は不可能なので、ネコブセンチュウが、
発生しやすい野菜などとの連作は避けます。

避けたほうが良い野菜は、キュウリなどのウリの仲間、
トマト、ニンジンです。

逆に、センチュウ類があまりつかない野菜を、
ニンジンの作付けの間に2〜3作輪作すると、
被害を防ぐことができます。


このような野菜には、ホウレンソウ、タマネギ、ラッキョウ、
レタス、ネギがあります。

発生を確実に抑えるためには、タネまき前に、
ボルテージ粒剤を土に混ぜて防除します。
ただし、薬剤防除は1作限りなので、
毎回薬剤防除を行うか、輪作をしましょう。
 カテゴリ

ニンジンの根が、途中で裂ける理由と対策

  •  投稿日:2012-01-02
  •  カテゴリ:根菜類
Carrot (1).jpg


ニンジンを栽培していると、二股になっていたり、
裂けていたりすることがありますが、
この原因は全く異なります。

二股になるのは、根の先端が石や土のかたまりなどの,
障害物があり、側根が伸びるためです。
未熟な堆肥や化成肥料などに主根が
直接触れても、二股に分かれてしまいます。

股根を避けるためには、畑を深くまでよく耕し、
肥料と土とをよく混ぜておきましょう。


ニンジンが、途中裂ける理由

ニンジンの根が裂けてしまう理由については、
いくつか原因があります。

一つは、収穫遅れによる過熟現象です。

まだ収穫期になっていない生育途中で裂けてしまった場合は、
土壌中の水分の急激な変化が原因です。
つまり、乾きすぎたり湿らせすぎたりをくり返すと、
根が裂ける原因になりやすいと言われています。

特に、生育初期に低温や乾燥にあい、生育不良になり、
その後高温になったり、急激に水分が補われることで、
生育が促進された場合に、根が裂けてしまいます。

ニンジンは発芽後、根が地下へ長く伸びてから、
根の肥大が始まります。

しかし生育初期に水分不足などで、
生育が悪く、肥大条件が悪いときは、
周皮(表皮の内側の細胞)が硬くなり、
内部が木質化(かたくなること)します。

その後、水分が補給され、肥料が効いてきて肥大条件が整うと、
急激に根が肥大してきますが、
周皮の発達が追いつかず、外皮と内部の
成長バランスが崩れて、根が割れてしまいます。


ニンジンが、裂けることへの対策

裂根を予防するには、水はけ・水もちのよい土で
ニンジンを栽培し、特に初期の生育を順調にすると共に、
収穫が遅れないようにするとよいでしょう。
 カテゴリ

短根ニンジンと長根ニンジンの栽培方法の違いは?

  •  投稿日:2012-01-01
  •  カテゴリ:根菜類
Carrot (6).jpg


ニンジンは、中国で成立した東洋種と、
ヨーロッパで成立した西洋種があります。

東洋種のニンジンは根が長く、”長根ニンジン”とよばれ、
西洋種のニンジンは根が短く、”短根ニンジン”とよばれます。

日本には、室町時代に東洋種が渡来し、
全国で栽培されるようになりました。
西洋種は、江戸時代に渡来しました。

東洋種のニンジンには、京野菜のひとつでもある
”金時ニンジン(京人参)”を筆頭に、
人参特有の臭みが少なく、甘味が強く、
煮崩れしにくいのが特徴です。

しかし、根が30cm以上もあり栽培しにくいため、
現在の主流は、根の短い短根ニンジンです。


短根ニンジン長根ニンジン栽培方法違いは?


短根ニンジンと長根ニンジンの栽培方法は、
タネまきの時期が大きく異なります。

その他には、長根ニンジンの方が根が深く伸びるため、
土をよく耕すことがあります。

また、生育期間も異なります。
3寸ニンジンは発芽後60〜90日、5寸ニンジンは90〜120日、
長根種は120〜140日くらいで、収穫できるようになります。


長根ニンジンタネまき時期

短根ニンジンの場合は、春は3月下旬〜4月上旬、
秋は9月にタネをまきます。
春まきの場合は、その地域のサクラの開花時期が、
タネまき適期の目安となります。

一方、長根ニンジンは、6月下旬〜7月上旬の、
梅雨が明けて、土の湿り気の多い時期にタネをまきます。

この時期を逃してしまうと、発芽率がとても悪くなるため、
タネまき適期を逃さないように注意します。

長根ニンジンの生育適温は18〜20℃です。
また、長根ニンジンは、根の色が濃い品種が多いですが、
根の着色適温は16〜20℃で、12℃以下では着色しません。

また、ある程度の大きさに育った株が、
10℃以下の低温に一定期間さらされると、
花芽が分化し、その後の高温と長日で、
とうが立ってしまいますので注意します。
 カテゴリ

ニンジンが股根になる原因と対策

  •  投稿日:2012-01-01
  •  カテゴリ:根菜類
Carrot (2).jpg


現在栽培されているニンジンは、
根の長さが15〜20cm程度が主流で、
西洋種を改良したものです。

ニンジンにはもう一つ、中国で成立した東洋種もあり、
京野菜の金時ニンジンなどがありますが、
根が長く栽培しにくいことから、
現在は一部の地域でしか栽培されません。


ニンジン股根なるとは?

”股根”とは、二股以上になってしまった作物をさします。
股根はニンジンやダイコンなどの根菜類で見られ、
主根の先端が何らかの障害を受けて、
側根が伸びて肥大する現象です。


ニンジン股根になる原因対策

股根になる原因と対策には、次のようなものがあります。

・タネが古い
⇒新しいタネをまきましょう。

・直根の真下に土塊や石ころがあったり、作土が浅い
⇒主根はまっすぐ下に伸びますが、そこに土のかたまりや、
 石などの障害物があると、股根が発生しやすくなります。
 栽培場所の石などはていねいに取り除き、
 土をよく耕しておきましょう。

・未熟な堆肥や化成肥料を多く散布している
⇒主根が伸びた先に未熟な堆肥や化成肥料などがあり、
 主根が直接それらに触れると、股根が発生しやすくなります。
 土を深く耕し、元肥と土とをよく混和させましょう。

・土壌が酸性化している、またはpHを調整していない
⇒タネまきの2週間以上前に、苦土石灰を1u当たり、
 2握りを施し、良く耕しておきましょう。

・土壌センチュウによる食害の可能性
⇒害虫も主根にとって障害になり、股根の原因になります。
 ニンジンは連作障害は出にくいほうですが、
 連作するとセンチュウの害が出やすいので、
 前作の収穫後には土壌消毒をしたり、
 タネまき前にボルテージ粒剤を、
 土に混ぜて防除しましょう。
 カテゴリ

ニンジンのタネが芽を出さない、発芽率が悪い理由は?

  •  投稿日:2012-01-01
  •  カテゴリ:根菜類
Carrot.jpg


ニンジンのタネまきは、畝間40〜50cmに、
深さ2〜3cmのまき溝を掘って化成肥料をまき、
厚さ1〜2cmの間土をします。

タネは2条に、2〜3mm間隔にすじまきにします。


ニンジンタネ芽を出さない発芽率が悪い理由は?

・もともと発芽率が低い野菜です
ニンジンのタネは、発芽率が50〜60%と、
一般的に良くありません。
そのため、タネを密にまく”厚まき”に
するとよいでしょう。

・光が必要で乾燥に弱い野菜です
また、ニンジンのタネは、発芽するときに
光があった方が発芽が促進される”好光性種子”
ですので、覆土は1〜2mm程度と極薄くするか、
クワの底で押さえる程度にします。

タネまき前に水やりをして、土を湿らせておくと
作業がしやすいでしょう。

また、タネまき後、土が乾くとうまく発芽しないので、
もみ殻や、薄く敷きわらをして乾燥を防ぎます。
もみ殻や敷きわらも厚く敷きすぎると発芽を悪く
するので、注意します。

タネまき後、発芽までは1週間程度かかります。


ニンジン発芽良くする方法

ニンジンのタネは吸水力が弱いので、
1晩水に漬けてあげます。
水は1回取り替えるのがポイントです。

翌朝、布などの上にタネをあけ、
余分な水気を取ります。
そのままではまきにくいので、少し湿った砂と
タネを混ぜると、まきやすくなります。

ただしこの方法は何の加工もしていないタネに限られます。
ニンジンのタネは扁平で軽く、毛もあるため、
均一にまくことが難しいため、”コート種子”といい、
コーティングされているタネもあります。
このようなタネでは、行いません。
 カテゴリ
 タグ

ダイコンに「す」が入る理由と防ぎ方

  •  投稿日:2011-12-27
  •  カテゴリ:根菜類
daikonA.jpg
ダイコン、収穫時期に採り遅れないように


ダイコンは冷涼な気候を好み、17〜20℃でよく育ちます。
しかし、10℃以下になると花芽分化がおき、
根の肥大が止まってしまいます。

そのため、生育適温に合った時期に栽培するよう、
タネまきの時期を逃さないことと、
季節に合った品種を選ぶことが、
ダイコン栽培のポイントになります。

その他には、ダイコンの根が太くまっすぐ伸びるよう、
土を深く、丹念に耕すこともポイントです。

また、良いダイコンを収穫するには、
収穫適期を逃さないことも大切です。
特に、収穫遅れには気をつけましょう。


ダイコン「す」入る理由防ぎ方

一般的に、ダイコンの収穫が遅れると、
すが入ってしまいます。

葉で作られた養分は根に移行して貯蔵されますが、
老化などによってその能力が落ちると、
すが入ってしまいます。
つまり、熟しすぎるとすが入るということです。

ダイコンを少しでも大きくしようと収穫を遅らせると、
結果的にすが入ってしまうということになりかねません。
すの入ったダイコンは、味も食感も落ちてしまいます。

ダイコンのすは、空気穴の役目をしています。
養分や水分が不足しても、すが入るので、
肥料切れ、水切れを起こさないように栽培しましょう。

また、生育の後期に温度が高かった場合や、
株間を広く取り、窒素・カリ肥料が多いと生育が早まり、
す入りになることが多くなります。
軽い土で栽培しても、根の生育が早くなって、
やはりすが入るのが早まります。

このように、根の生育が良すぎるとすが入りやすいので、
品種によっても違いがありますが、
特に春まきダイコンは、
収穫が遅れないようにすることが大切です。


根にすが入っている場合は、古い葉柄にもすが入っているので、
一番外側の古い葉をつけねから3cmほどのところで切ってみて、
中央が透いたようになっていれば、
根にもすが入っていることが多いです。

また、保存中に葉から水分が抜けるとすが入ります。
収穫したダイコンを保存するときは、
葉は早めに切り離しておきましょう。


>>ダイコンの育て方(地植え)はこちらです
>>ダイコンのプランター栽培はこちらです

[ダイコン] ブログ村キーワード

ダイコンの葉が縮み育ちが悪い|モザイク病の症状と予防

  •  投稿日:2011-12-27
  •  カテゴリ:根菜類
mozaiku.jpg
モザイク病にかかったズッキーニ


ダイコンには、ビタミンCや消化を助ける、
ジアスターゼと呼ばれる酵素が豊富にあります。

ダイコンの辛みは、アリルイソチオシアネートという、
からし油の成分で、胃液の分泌を促し、
腸の働きを整え、痰をきる効果があります。

昔の人は、ダイコンを薬代わりに、
たくさん食べていたと言われています。

捨ててしまいがちな葉の部分はさらに栄養豊富で、
ビタミンCやビタミンAなどがたっぷり含まれています。

できれば、葉の部分も食べたいものですね。

現在、主に栽培されているダイコンは青首ダイコンですが、
これは、約40年前に、青首系から病気に強い品種が、
生まれたことがきっかけとなりました。

味も甘くやわらかで、大きすぎないことからも、
人気が出ました。

また、「す」が入りにくく、
上の部分が土から出ているので、
畑から引き抜くのが楽なので、
農家にも歓迎され、全国に広まりました。


ダイコンモザイク病とは?

ダイコンの葉が縮んでしまって、よく育たないのは、
モザイク病による被害が原因です。

モザイク病は、品種や感染した時期によって、
病気の出方はさまざまです。

一般的には、始めに葉脈が透過し、
葉全体にでこぼこしたモザイク症状が現れます。

発育初期にモザイク病に感染してしまうと、
株全体の葉が縮んで萎縮し、生育が遅れ、
根が肥大せず、枯死することもあります。

それ以外の時期に感染しても、
品種によっては根の肉質が硬くなったり(ガリダイコン)、
根の表面にこぶができて、
でこぼこになってしまうこともあります。


モザイク病予防方法

モザイク病はウイルスの伝染によるもので、
アブラムシが媒介することが多いです。
そのため、アブラムシの防除が、
発生予防につながります。

アブラムシは高温乾燥の年ほど多発するため、
そのような年には、生育に影響の出ない範囲で、
できるだけタネまきの時期を遅らせると、
被害を少なくすることができます。 


アブラムシを見つけたら、
大発生する前に捕殺することも大切です。 


また、モザイク病は土壌からの感染もあり、
連作障害の一つでもあります。
アブラナ科の野菜を作ったことのある場所では、
連作は避けましょう。 


>>ダイコンの育て方(地植え)はこちらです
>>ダイコンのプランター栽培はこちらです

[ダイコン] ブログ村キーワード

ダイコンの表面に傷ができる|キスジノミハムシの防ぎ方

  •  投稿日:2011-12-27
  •  カテゴリ:根菜類
kisuji.jpg
キスジノミハムシの被害
C)千草園芸


ダイコンは虫にとってもおいしいのか、
結構害虫がつきます。

できるだけ無農薬で育てたい場合は、
害虫の天敵を増やすよう試みてはいかがでしょうか。

ダイコンの害虫の天敵は、クモです。
クモが少ない場合は、畑の周囲を囲むように、
シロツメクサを植えると、
ゴミムシなどの害虫の天敵を増やすことができます。


収穫したダイコンに、デコボコできるのは?

収穫したダイコンの表面に、デコボコの傷がある場合、
キスジノミハムシの幼虫による被害です。

キスジノミハムシはカブトムシやクワガタムシの仲間で、
成虫の体長は約3mmと小さいですが、
後脚が強く、ノミのように鋭く跳ねます。
キスジノミハムシという名前はこうした特徴に由来しています。

キスジノミハムシは、成虫で越冬し、4月頃から活動を始め、
葉を食害し、葉には小さな穴が点々と見られるようになりますが、
成虫の被害はそれほどではありません。

問題となるのは幼虫です。

成虫はダイコンの根元の土の中に産卵し、
孵化した幼虫は土の中に住み、ダイコンの根を食害します。
食べられたダイコンの表面は、痕が網目状に残り、
被害が大きいと生育不良を引き起こします。

根部が肥大してから食害された部分は、
小さなくぼみや傷となる程度ですが、
幼苗のころ被害を受けた部分は、
ダイコンの肥大に伴って、傷が大きくなります。


キスジノミハムシ被害防ぐには?

成虫と幼虫のどちらも防除したほうがよいでしょう。

成虫の駆除には、4月頃から10日おきに1〜2回、
サイアノックス乳剤などを散布します。

幼虫は土の中にいるため駆除は難しいため、
成虫が卵を産み付けないうちに対処しましょう。

予防としては、アブラムシの飛来防止も兼ねて、
銀色のポリエチレンフィルムをマルチングしておくと、
成虫が寄り付かなくなります。

幼虫に対しては、ボルテージ粒剤を
播種前に土に混ぜると、防除になります。

>>ダイコンの育て方(地植え)はこちらです
>>ダイコンのプランター栽培はこちらです

[ダイコン] ブログ村キーワード

ダイコンの根が太らずとうが立つ理由と防ぎ方

  •  投稿日:2011-12-26
  •  カテゴリ:根菜類
Daikon_blossoms.jpg
ダイコンの花
C)Wikipedia


ダイコンは日本人にとって”野菜の王様”で、
作付面積、収穫量とも第一位です。

古くから栽培されているダイコンですが、
日本人の食生活の変化や核家族化が進み、
ダイコンの主流も、大型から小型のダイコンへと移行し、
現在では青首系が大半を占めています。

ダイコンは暖かくなるとすぐにとうが立ち、
「スズシロ」と呼ばれる白い花をつけます。
「スズシロ」は、春の七草の一つでもあります。

ちなみに春の七草は、「セリ ナヅナ ゴギョウ 
ハコベラ ホトケノザ スズナ スズシロ」ですが、
「スズナ」はカブのことです。

カブやダイコンは、古くから日本人に、
親しまれてきたのですね。


ダイコン太らずとうが立つ理由は?

ダイコンは、発芽すると同時に、
生育のどの段階でも一定期間低温にあうと、
花芽が分化し、*とうが立つという、
性質を持っています。
この場合の低温とは、12度以下を指します。

*とうが立つ=薹が立つ
野菜などの花や茎が伸びて硬くなり、
食べるのに適する時期を逸することです。
人間の盛りが過ぎることにも使います。

春まき栽培の場合、発芽しかかったときに低温に感応し、
花芽が分化、その後の温度上昇により、
根が肥大しないうちにとう立ちしてしまうことがあります。

そのため、早まきをすると、とう立ちしやすくなりますし、
春の気温の不安定な地域では、タネまき適期にまいても
とうが立つことがあります。


とう立ち防ぐ方法は?

まく時期にあったタネを購入することが最も大切です。
秋まき用の品種を春にまくと、非常にとうが立ちやすいです。

また、タネまき適期を守ることも大切です。
特に春まきの場合、早まきにするととうが立ちやすくなります。

また、花芽の分化と、とう立ちとの関係は、
品種によって異なるため、晩抽性(とう立ちの遅い品種)を選べば、
根が肥大しないうちにとうが立つことは少なくなります。

>>ダイコンの育て方(地植え)はこちらです
>>ダイコンのプランター栽培はこちらです

[ダイコン] ブログ村キーワード

ダイコンが二股になる理由と解決策は?

  •  投稿日:2011-12-26
  •  カテゴリ:根菜類
daikonnew1.jpg


ダイコンは古くから日本人に、
親しまれ育てられてきた野菜の一つです。

形や肉質、また気候や土壌に対する適応性など、
栽培条件に応じて品種改良が進み、
多くの種類がつくられています。

たとえば火山灰土では、根が70〜80cmと長いものが作られ、
花崗岩質でかたい地層では、地上に半分以上根が出るものや、
根の短いものが作られています。


ダイコン二股になる理由解決策は?

ダイコンは、土中に深く伸びながら肥大してきます。
その伸びていく過程で、直根の先端にある生長点が、
何らかの理由で障害を受けると、
側根が肥大し始め、先端が二股に分かれてしまいます。
これを、”股根”といいます。

タネまき前に土を耕すときに、深くまでよく耕さないと、
ダイコンが土中に伸びていったときに、
かたい部分に当たると障害を受け、股根になります。
石などにダイコンの先端が当たっても、股根になります。

股根を防ぐには、土を深くよく掘り起こして、
土を十分にやわらかくし、石や土のかたまりなど、
根の生長の障害物となる異物などを、
きれいに取り除いておきましょう。


また、実完熟な堆肥や化成肥料が根に直接触れると、
肥料焼けなど障害を引き起こし、股根になることがあります。

元肥を施すときは、タネまきのときまでに、
しっかり分解されているように、
少なくともタネまきの2週間前までに施すようにします。

元肥は植え付け場所の真下には施さないようにします。
これは、ダイコンが土中に伸びていったときに、
肥料に直接触れないようにするためです。


股根なりにくい品種

現在栽培されているダイコンは、青首ダイコンが多いですが、
その青首ダイコンの片親である”宮重”系の大根は、
股根になりにくいとされています。

しかし、他の品種より股根になりにくいだけで、
根が障害を受ければやはり股根になってしまいます。
長くて真っ直ぐに育ち、肌の美しいダイコンを収穫するためには、
上記のことに気をつけて栽培しましょう。

>>ダイコンの育て方(地植え)はこちらです
>>ダイコンのプランター栽培はこちらです

[ダイコン] ブログ村キーワード



管理人=fuji 野菜栽培19年♪
「猫の額 菜園」で、
野菜や果樹を栽培中!
土と植物からエネルギーをもらっています♪

〒メール

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
ブログランキングならblogram

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
●写真協力
・写真素材 フォトライブラリー
・草花写真館
・季節の花300
Add to Google
My Yahoo!に追加
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
相互リンク