根菜類のカテゴリ記事一覧

野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。


 
 スポンサードリンク

カテゴリ:根菜類

根菜類のカテゴリ記事一覧。野菜 果樹 ハーブ 山野草の分かりやすい育て方。画像満載。
サツマイモ栽培 おいしくない理由は?

2018-02-08 根菜類
おいしくないのは、理由がありますサツマイモは、家庭菜園初心者でも簡単に育てることができます。暑さに強く、水が少なくても肥料が少なくても、生育することができるた…

記事を読む

サツマイモの肥料は?

2018-02-08 根菜類
収穫がとっても楽しみなサツマイモサツマイモは暑さに強く、やせた土地でもたくましく生長する野菜です。乾燥にも強いため、なかなか水やりに行くことができない遠い畑や…

記事を読む

サツマイモ 苗の植え方は?

2018-02-07 根菜類
植え付け後の苗、発根してくると、茎葉がピンとしてきます焼き芋や天ぷら、スイートポテトなど、子供や女性に大人気のサツマイモ。腹持ちもいいですのでダイエットにも効…

記事を読む

サツマイモのプランター栽培|つるは誘引して収穫量もアップ!

2018-02-06 根菜類
サツマイモの味噌汁も格別!土量の多いプランターさえ準備すれば、サツマイモは丈夫で、日照りや乾燥にも強く、肥料も少量でよいので簡単に栽培できます。 家族で手軽に…

記事を読む

サツマイモの育て方|やせ地でも簡単栽培、初心者でも高収穫!

2018-02-05 根菜類
サツマイモ畑やせ地でもよく育ち、丈夫で育てやすいサツマイモは、初めて野菜作りをする人でも失敗なく育てられます。サツマイモの育て方をわかりやすくご紹介しましょう…

記事を読む

タマネギとは?|少しのコツで血液サラサラ効果アップ!

2017-10-03 根菜類
もう収穫です♪■タマネギとはタマネギは、古代エジプトでピラミッドを作る際、ニンニクとともに労働者たちに与えられていた、といわれるほど、歴史の古い野菜です。タマ…

記事を読む

タマネギの大きくおいしい育て方|タネまき、植え付けのコツ

2017-10-02 根菜類
タマネギ、家庭菜園のものはジューシーで甘いですタマネギは、冬越しさせて栽培する代表的な野菜です。タマネギには、ある一定以上の大きさになると、寒さに反応して花芽…

記事を読む

タマネギ 大量保存のコツ

2017-10-01 根菜類
タマネギは、お料理に必須ですね肉じゃが、カレー、シチュー、味噌汁など、日本人の食卓にはタマネギを使った料理がたくさん上ります。それだけ常備していると便利な野菜…

記事を読む

タマネギ栽培 肥料は?

2017-09-27 根菜類
丸々したタマネギを育てたいですねタマネギは、ネギ属の多年草、カレーやハンバーグなど料理にも活躍します。タマネギを家庭菜園で栽培できたらいいですね。タマネギ栽培…

記事を読む

ホームタマネギの育て方

2017-09-26 根菜類
人気のホームタマネギ、小さいタマネギに育っているので栽培が楽ですホームタマネギ栽培をご存知でしょうか?小さい球に育った種球を8月末から9月上旬に植え付け、年内に…

記事を読む

タマネギは、砂質土でもおいしく栽培できる?

2017-09-25 根菜類
タマネギの歴史は古く、紀元前から栽培されている野菜です。タマネギを包丁で切ると涙が出るのは、硫化アリルという成分が原因ですが、実はこの硫化アリルという成分には…

記事を読む

タマネギのプランター栽培|良苗で大玉を栽培できます

2017-09-24 根菜類
タマネギ、トロ箱やプランターでも栽培できますタマネギの収穫後のようすですタマネギのプランター栽培は、管理次第で畑栽培と同じ立派な球に育てることができます。肥料…

記事を読む

ダイコン 葉の利用法は?

2017-09-20 根菜類
無農薬栽培にすれば葉も安心して食べられますダイコン(大根)は、日本人にとっては昔から親しみのある野菜です。品種がもっとも多いということでも知られています。桜島…

記事を読む

ダイコン 肥料の上手な与え方は?

2017-09-17 根菜類
ダイコンは肥料を適切に与えるのがコツですダイコン(大根)は私たちにもっとも馴染みのある野菜のひとつです。品種もたいへん多いことで知られています。あっさりとした…

記事を読む

ダイコン栽培 美味しくない原因は?

2017-09-15 根菜類
家庭菜園で作ったダイコンは、美味になります♪春の七草「すずしろ」とはダイコンのことですね。すでに日本書紀に登場しているほど昔から親しまれてきた野菜です。ですの…

記事を読む

ミニダイコンの育て方|深型プランターでも大収穫

2017-09-05 根菜類
ミニダイコン、葉っぱまでおいしいです中央アジア原産のダイコン(大根)。根はビタミンCやカリウム、カルシウム、食物繊維を含み、葉にはβカロチンやビタミンC、Eなど…

記事を読む

ダイコンの育て方|良い用土作りがおいしさをアップ!

2017-09-03 根菜類
みずみずしくジューシーなダイコンダイコンは畑作りが大切ですダイコンの地植え栽培の方法をご紹介していきます。 栽培ポイント1.畑は深く耕し、かたまりを取り除きま…

記事を読む

ダイコンのプランター栽培のコツ|青首総太りの短根種が最適

2017-09-01 根菜類
ダイコンは、プランター栽培でも、おいしくできますダイコンのプランター栽培のようすダイコンはプランター栽培できないと思われがちですが、品種と容器さえ誤らなければ…

記事を読む

ニンニク 球割れが多い

2016-11-05 根菜類
ちょっと高いけれどホワイト六片がおいしいかなニンニクを収穫してみると、とても軸が太かったり、皮が割れて中の鱗片が見えるものがあります。球割れ自体は、多肥や追肥…

記事を読む

小カブの育て方

2015-02-24 根菜類
日野菜カブ、太さは2〜3cm、長さ25cmほどで美しいカブは、お料理に活躍し、栽培難易度も低く、プランターでも栽培が可能な野菜なので初心者にもオススメです。栽培ポイン…

記事を読む

サツマイモ栽培 おいしくない理由は?

  •  投稿日:2018-02-08
  •  カテゴリ:根菜類
satumaimo09.jpg
おいしくないのは、理由があります


サツマイモは、家庭菜園初心者でも簡単に育てることができます。
暑さに強く、水が少なくても肥料が少なくても、
生育することができるたくましい野菜です。

年間の最高月の平均気温が22℃以上であれば生育可能ですし、
手もかかりませんので週末菜園などにもお勧めです。

秋に収穫して春まで数ヶ月の保存も可能で、
使い道が豊富にあるサツマイモは、
家庭菜園で収穫できると重宝しますね。 



satumaimo06.jpg
ちょっとしたコツで美味になります


■サツマイモ栽培 おいしくない理由は?

せっかくできたサツマイモが、
甘みが足りない、おいしくない、とがっかりしますね。

コツがわかれば、美味なサツマイモを作ることができますので、
以下のことを注意してみてください。

1.定期的に土に空気を入れる
一ヶ月に一度くらいのペースでまわりに出てきた雑草をとりますが、
その時にスコップで根ごと掘り出して耕し、
その時に土に十分な空気をいれてあげましょう。

このひと手間がサツマイモを甘くしてくれます。

2.水はけを良く
サツマイモは日がよくあたり水はけのよい土壌を好みます。
粘土質の土壌の場合は高畝にするなどして排水を良くするようにします。

水はけが悪い場所で育てた場合、甘味がのらない場合があります。


satumaimo02.jpg


3.チッ素を少なく
サツマイモはチッ素が多いと、茎や葉ばかりが大きくなってしまう、
「つるぼけ」をおこしてしまいます。

つるぼけをおこすと根まで養分が行きわたらなくなり、
イモが小さくなったり甘味がなくなったりしますので注意が必要です。

サツマイモはチッ素成分の少ない肥料を与えるようにします。

4.適度な肥料を
肥料がなくても育ちますが、
適度に肥料を施した方がおいしいサツマイモが収穫できます。

肥料を与えすぎるとつるぼけになりますので注意しましょう。

5.追熟する
さらに、サツマイモは寒くなる前に収穫、
その後2週間ほど追熟させることで、
でんぷんが糖にかわり甘くなります。

収穫後、しばらく置いてから食べる方がおいしいくなります。

■サツマイモのわかりやすい育て方
・サツマイモ 黒斑病の注意点
・サツマイモの収穫適期は?
・サツマイモとは?|豊富なビタミンCは加熱にも強い
・サツマイモの育て方(地植え)|やせ地でも簡単栽培、初心者でも高収穫!
・サツマイモのプランター栽培|つるは誘引して収穫量もアップ!
・サツマイモ 苗の植え方は?
・サツマイモ つる返しとは?
・サツマイモの肥料は?
・サツマイモの袋栽培
・サツマイモ 保存方法は?
・サツマイモ 大きくならない原因は?
 カテゴリ
 タグ

サツマイモの肥料は?

  •  投稿日:2018-02-08
  •  カテゴリ:根菜類
satumaimo (1).jpg
収穫がとっても楽しみなサツマイモ


サツマイモは暑さに強く、
やせた土地でもたくましく生長する野菜です。

乾燥にも強いため、なかなか水やりに行くことができない遠い畑や、
日差しが強く乾燥しやすい屋上菜園などにも適しています。

南国の作物なので年間の最高月の平均気温が22℃以上が必要ですが、
暖かい地域であれば、初心者のかたでも栽培ができます。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

サツマイモ 苗の植え方は?

  •  投稿日:2018-02-07
  •  カテゴリ:根菜類
satumaimoB.jpg
植え付け後の苗、発根してくると、茎葉がピンとしてきます


焼き芋や天ぷら、スイートポテトなど、
子供や女性に大人気のサツマイモ。
腹持ちもいいですのでダイエットにも効果的です。

またビタミンCや食物繊維も豊富に含まれ、
保存も長くできますので重宝します。
家庭菜園での難易度は初級。

サツマイモは、救荒野菜とも呼ばれ、
やせ地でも元気に、育つので初心者でも挑戦できます。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

サツマイモのプランター栽培|つるは誘引して収穫量もアップ!

  •  投稿日:2018-02-06
  •  カテゴリ:根菜類
satumaimo10.jpg
サツマイモの味噌汁も格別!


土量の多いプランターさえ準備すれば、
サツマイモは丈夫で、日照りや乾燥にも強く、
肥料も少量でよいので簡単に栽培できます。 


家族で手軽にイモ掘りを体験できます。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

サツマイモの育て方|やせ地でも簡単栽培、初心者でも高収穫!

  •  投稿日:2018-02-05
  •  カテゴリ:根菜類
sweet potatoA.jpg
サツマイモ畑


やせ地でもよく育ち、丈夫で育てやすいサツマイモは、
初めて野菜作りをする人でも失敗なく育てられます。
サツマイモの育て方をわかりやすくご紹介しましょう。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

タマネギとは?|少しのコツで血液サラサラ効果アップ!

  •  投稿日:2017-10-03
  •  カテゴリ:根菜類
tamanegi (3).jpg
もう収穫です♪


■タマネギとは

タマネギは、古代エジプトでピラミッドを作る際、
ニンニクとともに労働者たちに与えられていた、
といわれるほど、歴史の古い野菜です。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

タマネギの大きくおいしい育て方|タネまき、植え付けのコツ

  •  投稿日:2017-10-02
  •  カテゴリ:根菜類
onion (2).jpg
タマネギ、家庭菜園のものはジューシーで甘いです


タマネギは、冬越しさせて栽培する代表的な野菜です。

タマネギには、ある一定以上の大きさになると、
寒さに反応して花芽分化する性質があります。
花芽分化してしまうと、ネギ坊主ができてしまいます。

しかし、苗が小さすぎると発育不足で、
今度は寒さで傷みやすくなってしまいます。

そのため、無事に冬越しさせてタマネギを収穫するには、
苗の質が非常に重要になってきます。 


» 続きを読む

タマネギ 大量保存のコツ

  •  投稿日:2017-10-01
  •  カテゴリ:根菜類
tamanegi04.jpg
タマネギは、お料理に必須ですね


肉じゃが、カレー、シチュー、味噌汁など、
日本人の食卓にはタマネギを使った料理がたくさん上ります。

それだけ常備していると便利な野菜ですが、
保存方法を間違えるとすぐに傷んでしまいます。

上手な保存方法を覚えて、おいしくタマネギをいただきましょう。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

タマネギ栽培 肥料は?

  •  投稿日:2017-09-27
  •  カテゴリ:根菜類
tamanegi.jpg
丸々したタマネギを育てたいですね


タマネギは、ネギ属の多年草、
カレーやハンバーグなど料理にも活躍します。

タマネギを家庭菜園で栽培できたらいいですね。
タマネギ栽培の難易度は中程度。

しかし、元肥や追肥のしかたなどコツを押さえて育てれば、
おいしいタマネギが収穫できます。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ホームタマネギの育て方

  •  投稿日:2017-09-26
  •  カテゴリ:根菜類
home-tamanegi (3).JPG

ho-mutamanegi.jpg
人気のホームタマネギ、小さいタマネギに育っているので栽培が楽です


ホームタマネギ栽培をご存知でしょうか?

小さい球に育った種球を8月末から9月上旬に植え付け、
年内に新タマネギを、手軽に収穫することができます。

*9月上旬以降に植え付けると、翌年の3月が収穫時期となります。

» 続きを読む

 カテゴリ

タマネギは、砂質土でもおいしく栽培できる?

  •  投稿日:2017-09-25
  •  カテゴリ:根菜類
onion (3).jpg


タマネギの歴史は古く、
紀元前から栽培されている野菜です。

タマネギを包丁で切ると涙が出るのは、
硫化アリルという成分が原因ですが、
実はこの硫化アリルという成分には、
様々な体に良い作用があります。

特に注目されているのが、血液をサラサラに、
する作用で、高血圧や糖尿病などの予防に、有効とされています。


タマネギは、砂質土でもおいしく栽培できる?

タマネギは乾燥を嫌うため、
やや湿り気の多い粘土質の土を好みます。

そのため、砂質土(さしつど)では、
育てにくいと思われがちです。

しかし、実はタマネギは他の野菜に比べて、
土質による生育や作柄への影響が、少ない野菜でもあります。

» 続きを読む

タマネギのプランター栽培|良苗で大玉を栽培できます

  •  投稿日:2017-09-24
  •  カテゴリ:根菜類
tamanegi1.jpg
タマネギ、トロ箱やプランターでも栽培できます


tamanegi2.jpg
タマネギの収穫後のようすです


タマネギのプランター栽培は、管理次第で
畑栽培と同じ立派な球に育てることができます。

肥料と水管理で葉を大きく成長させれば、
大玉に育てることができます。

苗は多めに作って、良い苗を厳選することが
タマネギのプランター栽培を成功させるコツです。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ダイコン 葉の利用法は?

  •  投稿日:2017-09-20
  •  カテゴリ:根菜類
daikon-998ae.JPG
無農薬栽培にすれば葉も安心して食べられます

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ダイコン 肥料の上手な与え方は?

  •  投稿日:2017-09-17
  •  カテゴリ:根菜類
daikon-new (2).jpg
ダイコンは肥料を適切に与えるのがコツです


ダイコン(大根)は私たちにもっとも馴染みのある野菜のひとつです。
品種もたいへん多いことで知られています。

あっさりとしたダイコンサラダにしたり、
煮物やおでんにも欠かせない野菜ですね。

使い方が豊富にあり、ある程度保存もできますので、
家庭菜園で作ってみたい野菜です。

栽培難易度も低くおよそ2〜3ヶ月で収穫できますので、
肥料を上手に与えておいしいダイコンを作りたいです。 


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ダイコン栽培 美味しくない原因は?

  •  投稿日:2017-09-15
  •  カテゴリ:根菜類
hurohukidaikon20(1).JPG
家庭菜園で作ったダイコンは、美味になります♪


春の七草「すずしろ」とはダイコンのことですね。
すでに日本書紀に登場しているほど昔から親しまれてきた野菜です。
ですので、漬物や煮物、生でサラダにしたり、ダイコンおろしにしたり、
乾燥させて切り干しダイコンにしたりと利用方法や保存方法も充実しています。

上手に育てると、葉も皮もおいしく食べることができますので、
家庭菜園で栽培して全ての部分を捨てることなく食べたいですね。 


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ミニダイコンの育て方|深型プランターでも大収穫

  •  投稿日:2017-09-05
  •  カテゴリ:根菜類
minidaikon (2).JPG
ミニダイコン、葉っぱまでおいしいです


中央アジア原産のダイコン(大根)。
根はビタミンCやカリウム、カルシウム、食物繊維を含み、
葉にはβカロチンやビタミンC、Eなどが豊富に含まれます。

お鍋のシーズンになると特に欠かせない野菜です。
秋まきのダイコンは比較的育てやすく
おいしいミニダイコンもできるので家庭菜園初心者にもお勧めです。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ダイコンの育て方|良い用土作りがおいしさをアップ!

  •  投稿日:2017-09-03
  •  カテゴリ:根菜類
daikonA.jpg
みずみずしくジューシーなダイコン


daikonx.jpg
ダイコンは畑作りが大切です

ダイコンの地植え栽培の方法をご紹介していきます。 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ダイコンのプランター栽培のコツ|青首総太りの短根種が最適

  •  投稿日:2017-09-01
  •  カテゴリ:根菜類
daikon1.jpg
ダイコンは、プランター栽培でも、おいしくできます


daikon2.jpg
ダイコンのプランター栽培のようす


ダイコンはプランター栽培できないと思われがちですが、
品種と容器さえ誤らなければ、立派なものが作れます。


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ニンニク 球割れが多い

  •  投稿日:2016-11-05
  •  カテゴリ:根菜類
hhite6-tanekyu.jpg
ちょっと高いけれどホワイト六片がおいしいかな


ニンニクを収穫してみると、とても軸が太かったり、
皮が割れて中の鱗片が見えるものがあります。

球割れ自体は、多肥や追肥の遅れなどが原因で起こることが多いのですが、
育てたニンニクの中で球割れしているものが多い場合は、
もしかするとそれ以外のことが原因かもしれません。


[ニンニク 球割れが多い]


■球割れが多い時の短所

ニンニクが球割れしていると、見た目が悪いので、商品価値が下がります。
けれど家庭菜園で育てて、自分で消費する分には、
見た目が多少悪くても気にならないことがほとんどです。

ところが、球割れした原因によっては、
味が落ちたり、保存が効かなくなったりすることがあります。

また、害虫が球割れした隙間から入り込んでしまうこともあります。
このようなことがあるので、家庭菜園であっても、
できるだけ球割れさせないようにしておいた方が得策です。


whit62016-31.JPG
もう分球しています


■球割れが多くなる原因

1. 窒素過多
ニンニクの球割れが多くなる原因として多いのが、多肥にしていることです。
特に、球が肥大する時期に窒素が多くなると、球割れしやすくなります。

ニンニクの球が肥大し始める時期と、トウ立ちして花茎が伸びるのは、時期が重なります。
そのため、窒素が多いと、抽苔する時の軸が太くなる、抽苔不良が起きやすいのです。

抽苔不良が起きると、軸の途中から皮が破れ、
折れ曲がった花茎が飛び出てくることがあります。

そうなると、破れた部分から病気が発生しやすくなるため、良い状態とはいえません。
窒素が多いと、収穫後に食べてみた時、
食味が悪くなることもあるため、できるだけ避けたいものです。

肥料は足りていない状態から足すことはできますが、
すでに多く与えてしまっている場合は、余分な肥料を取り除くことはできません。

肥料切れを避けるのに、肥料を多めに与える人もいますが、やめておいた方が無難です。
春以降、生育が旺盛なのは良いことですが、
抽苔前にやたらと軸が太くなったり、
葉に二重葉の症状が出ている場合は、要注意です。

窒素は水分と一緒に多く吸収されるので、水やりを加減することで、
窒素吸収量をコントロールすることができます。

2. マルチ栽培による温度上昇
黒マルチでニンニク栽培をしていると、球割れの株が多くなることがあります。
春以降の急激な気温上昇によって、ニンニクの生長が良くなりすぎるのです。

特に堆肥をたくさん使って栽培している場合、
マルチ内の温度が上がり、堆肥の分解が促進され、
肥効が高まり、多肥と同じ状態となって球割れを助長することがあります。

マルチ栽培自体は悪いものではありませんが、
品種や育てている地域によっては、マルチがない方が育てやすい場合があります。

3. 収穫直前の水やり
ニンニクの収穫時期が近づいてきた時に、
大雨が降ったり、水やりを頻繁にしていると、
球の生長が止まらず、球割れの原因となることがあります。

収穫する時は、できるだけ土も空気も乾燥している方が、
収穫後の乾燥時に都合が良いので、収穫前は水を少し控えめにするのがポイントです。
水やりを控えることで、窒素過多も防げるのでお勧めです。


whit62016-30.JPG
もう一つ分球、原因は肥料の入れすぎだと思います、
用土再生材を入れすぎた模様


4.収穫の遅れ
収穫が遅れて球が肥大しすぎることで、球割れを誘発することがあります。
葉の色が薄くなってきた頃を見計らって、
試し掘りをしてから収穫するのがお勧めですが、
試し掘り自体が遅れないように注意が必要です。

5. 種球が大きすぎる
ニンニクの植え付けをする時、できるだけ大きな種球を選び、
鱗片をばらした後も、大きな鱗片を選別して植え付けます。

大きな鱗片であるほど、植え付け後のニンニクの生育が良い傾向があるため、
鱗片も大きなものを選びますが、これが球割れの原因となることもあります。

鱗片1個の重さが、15g以上のものを植え付けると、
球割れする確率が高くなるそうです。

これは、元から鱗片が大きくなりやすい品種である、
ホワイト六片などに多い現象です。

大きな鱗片を植えて球割れが多くなってしまった場合は、
次の栽培から、使う鱗片は15g以下にしておくようにしましょう。

また、ジャンボニンニクは、鱗片1個がとても大きく、15gをゆうに超えます。
ただこの場合は、球割れの原因とはなりにくいので、
大きなものをそのまま植え付けても構いません。

■ニンニクのわかりやすい育て方
・ニンニクの育て方|おいしい球を肥大させるコツ
・ニンニクのプランター栽培|病害虫知らず乾燥気味に育てるのがコツ
・ニンニクとは?|様々な薬効を持つ強壮野菜
・ニンニクの芽の栽培方法
・ニンニク 収穫物が小さい|原因と対策は?
・ニンニク 水やりは?
◎ジャンボニンニクの育て方|9〜10月が植え付け適期
 カテゴリ
 タグ

小カブの育て方

  •  投稿日:2015-02-24
  •  カテゴリ:根菜類
kabu013.jpg
日野菜カブ、太さは2〜3cm、長さ25cmほどで美しい


カブは、お料理に活躍し、栽培難易度も低く、
プランターでも栽培が可能な野菜なので初心者にもオススメです。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.地中海沿岸が原産地なので暑さには弱い。
寒さには比較的強いが12 ℃以下の気温が、
一ヶ月以上続くと花が咲き収穫ができなくなるので注意しよう。
2.連作障害があるので、一年間は同じ場所で栽培しないようにします。
3.雨にあたりすぎたり、収穫が遅れると実が割れるので早めに収穫します。
4.タイミングよく間引きをしてカブを大きくきれいに育てます。 



■品種

カブは大きさ別に大カブ、中カブ、小カブ、色カブにわけられます。
カブ栽培初心者の場合は、「小カブ」の栽培がオススメです。


■栽培管理

・まき場所
生育適温が15℃〜20℃ 
冷涼な気候を好みます。

・タネまき
直まきのみで、適期は春まきは3月〜4月、
秋まきは9月から10月下旬となります。

30cmほどの間隔でまいていきます。
覆土をしたら表面をしっかりと押さえて、
タネと土を密着させたっぷりの水を与えます。

・間引き
双葉が開いたころに生長の悪いものを間引きし、
株間が3cm程度になるようにします。

さらに本葉が2〜3枚のころに2回目の間引きをし、株間を5〜6cm程度に、
本葉が5〜6枚のころに3回目の間引きをして、
株間が10cm程度になるようにしていきます。

・水やり
土の表面が乾いていたら水やりをします。

・肥料
2回目と3回目の間引きのあとに液体肥料などの追肥を施します。
その後も生育をみながら1〜2週間に一回程度追肥を施します。

化成肥料の場合は2週間に一回程度、
液肥の場合は1週間に一度程度を目安にしましょう。


kabu011.jpg
トウが立つ前に収穫します


■収穫

種まきからやく45日程度で収穫ができるようになります。
収穫が遅れると「す」が入るので早めの収穫を心がけましょう。


■病虫害

アブラムシ コナガ アオムシなどに注意します。

■関連記事
・カブが丸くならない理由は?
・カブが太らない理由と対策
・カブが太る前にとう立ちする理由は?
・カブに「ス」が入ったり黒ずむ理由は?
・カブの裂根(実が割れる)を防ぐ方法は?
・カブの育て方|間引き、追肥と土寄せで大きく栽培
・カブのプランター栽培|こまめな水やりで、おいしい育て方を
 カテゴリ
 タグ



管理人=fuji 野菜栽培19年♪
「猫の額 菜園」で、
野菜や果樹を栽培中!
土と植物からエネルギーをもらっています♪

〒メール

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
ブログランキングならblogram

カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
●写真協力
・写真素材 フォトライブラリー
・草花写真館
・季節の花300
Add to Google
My Yahoo!に追加
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
相互リンク