Acerola (4).jpg
収穫です


カリブ原産の植物「アセロラ」。
「神の果物」と呼ばれ崇められてきました。
南米ブラジルが世界最大の生産国といわれています。

その他、ハワイ、ベトナムなどで栽培が行われています。
日本では、鹿児島や沖縄での生産が盛んです。

アセロラの初収穫の時期である5月12日は、
「アセロラの日」として沖縄などでイベントが開催されています。


■アセロラの効果は?

なんといってもアセロラは、
ビタミンCが豊富に含まれているのが特徴です。
いちごの約27倍、レモンの約34倍という圧倒的な量を誇ります。

直径2〜3cmの小さな赤い実をつけるアセロラは、
成長過程で紫外線を多く浴びるため、
その紫外線から自身を守るためにビタミンCを大量生産するとか。

そのほか「フラボノイド」という色素成分も豊富に含みます。
ポリフェノールの一種であるフラボノイドは。
発がん性物質の活性を防ぐ働きがあるとされています。

さらに毛細血管を丈夫にする働きもありますので、
動脈硬化の予防にも効果的です。

このフラボノイド、サプリメントなどに、
広く利用されている成分のひとつです。

◎アセロラの具体的効果
・アルコールの作用を緩和
・ニコチンの作用を緩和
・鉄分の吸収を助け貧血を防止
・シミ・ソバカスなどを防ぐ
・美白効果
・ガン予防に有効
・疲労回復を早める
・血液をきれいにし動脈硬化を防ぐ
・皮膚、骨、歯、血管などの結合組織を強化する
・ストレスをやわらげる
・感染症の予防
・炎症を抑制
・生活習慣病の予防・改善
・視力回復
・風邪の予防
・高血圧の予防
・心筋梗塞、脳梗塞の予防


Acerola (2).jpg
アセロラの花


■アセロラの種類

アセロラはたくさんの品種があります。
大きくわけると「酸味系」と「甘味系」の2つにわけられ、

さらにそれぞれの系統の中でもさまざまな品種に分けられます。
果実の大きさ、ビタミンCの含有量などに違いがあります。

◎アセロラを選ぶときには?
果皮が濃い鮮やかな赤い赤色で張りのあるものを選びましょう。
キズがないものを選びます。
日持ちがしないため、すぐに食べない場合は冷凍保存がお勧めです。

■アセロラのわかりやすい育て方

・アセロラの育て方|十分な水やりと日照が大切です
・アセロラ 剪定方法は?
 タグ