turumurasaki (1).jpg
ツルムラサキの葉と花


ツルムラサキは、近日、注目を浴びつつあります。

濃い緑色に紫色の茎という、
あまりおいしそうに見えない「ツルムラサキ」。

しかし、食べるととてもおいしく、
しかも栄養価の高い野菜です。

ほうれん草などと同じ緑黄色野菜の仲間となります。
全体が緑色のツルムラサキもあり、
紫色のものよりも食べやすいといわれています。

家庭菜園でも簡単に栽培できるので、お試しください。

◎ツルムラサキは健康野菜
実はツルムラサキにはさまざまな健康効果があります。
海外でも健康維持食として古くから重宝されていました。

ビタミンCやカロチン、鉄分やカルシウムを多く含んでいます。
カルシウムはほうれん草の4倍もの量が含まれていますね。
骨や歯を丈夫にしてくれる作用があります。

さらに、ビタミンCも多く含まれていますので、
風邪予防や美容にも効果的です。
疲労回復に効果のあるビタミンBも含まれています。

ビタミンEや鉄分、マンガンも含まれていますので、
動脈硬化予防や貧血防止にもおすすめです。


turumurasaki20new20(1).jpg
栽培は簡単です


■ツルムラサキ 食べ方は?

1.ツルムラサキの選び方
ツルムラサキは、色が濃くて肉厚のものがおいしくいただけます。
しゃきっとしている新鮮なうちに食べましょう。

保存する場合は新聞紙にくるんでビニール袋にいれて、
根の方を下にして立てて冷蔵庫に入れておくと長持ちします。


turumurasaki20new20(4).jpg
おひたしが美味しいです


2.ツルムラサキの料理法
ツルムラサキをおいしく食べるために、
たくさんのレシピがあります。

・おひたし
ツルムラサキを茹でて、水気を切って、
食べやすく切った状態で皿にのせます。

その後、鰹節を多めにかけ、
食べるときにマヨネーズと醤油をかけて食べます。
和え物にも向いています。

とろみもありとてもおいしいです。
茹でるときには茎の方からゆでることがポイントです。
肉厚ですのでほうれん草などよりも少し長めに茹でます。

・炒め物
ツルムラサキは油ととても相性がよいので、
炒め物などにもよく合います。
下茹でする必要はありません。
天ぷらなど揚げ物にも向いています。

そのほか、スープ、鍋、パスタの具やサラダなどで食べることもできます。
栄養満点の野菜ですので、積極的に取り入れたいですね。

■ツルムラサキのわかりやすい育て方
ツルムラサキの育て方(地植え)|栽培しやすく放任してもグングン生長!
ツルムラサキのプランター栽培|暑い夏に生長、緑のカーテンにも
 カテゴリ
 タグ