myoga (5).jpg
ミョウガが少しあるだけで美味しい夏が


初心者でも簡単に栽培ができるミョウガ。
座布団一枚分の広さがあれば栽培ができ十分収穫ができます。

ショウガ科の多年草で地下茎が伸びるので、
一度植え付けると、数年間は収穫できるのもうれしいですね。

土壌もあまり選ばず、害虫にもかなり強いといわれるミョウガは、
家庭菜園を始めてみたいという方にも、オススメできる香味野菜です。

夏の薬味に欠かせないミョウガ、
いつでも新鮮な香りと歯触りを楽しめます。

収穫適期を知らないと、この美味しさを味わえないので、
知っておくと良いですね。


myoga (1).jpg
このくらいのときに収穫します


■ミョウガ 収穫のコツ

植え付けた年には多くは収穫できませんが、8月ごろから収穫できます。

6月に苗を植え付けた場合は収穫は翌年からとなります。

7月〜8月に採れるミョウガを「夏ミョウガ」、
9月〜10月に採れるミョウガを「秋ミョウガ」といいます。

一般的に秋ミョウガの方が粒も大きく、色や香りも良いといわれています。
植え付けをしたミョウガの本格的な収穫は2年目の7月ごろから始まります。

ミョウガの花穂には、蕾が3〜10個くらいあるそうです。


myoga (2).jpg
花が咲いてしまうと、花穂=ミョウガはおいしくなくなります


◎収穫のコツは?
茂った葉っぱの根元から、花穂が出てきますのでそこを収穫します。
花穂の太さが1.5cm程度で、開花前のふっくらした感じになったら、
収穫時ですので、手で探って根元から折り取り収穫しましょう。

花穂から花が咲いていたら採り遅れです。 
花が咲いてしまうとスカスカしておいしくありません。
花は一日でしぼみ、すぐに腐りはじめます。

しかし、なんといっても収穫する部分は背が低く、
普通に見ていると雑草と区別がつきませんので工夫が必要です。

植え付け時に、わらを敷き、雑草で見えなくならないように、
こまめに草取りをしておきましょう。
落ち葉などにも隠れがちですので取り除いておくと良いです。
わらを敷いておくと冬の寒さ除けや泥はね対策にもなります。

収穫に慣れてくると、地面を触っただけで、
ミョウガの花穂の存在をわかるようになります。 


収穫時期の6月〜9月の間はマメにチェックしましょう。

ミョウガは、購入するとけっこう高価ですが、新鮮なことは少ないです。
家の狭いスペースで、育てられる新鮮さが命の香味野菜ですのでお勧めです。

■ミョウガのわかりやすい育て方
・ミョウガの育て方|日陰を好むので壁際、木の下を有効活用!
・ミョウガのプランター栽培|深い容器なら高収穫できます!
 カテゴリ
 タグ