suika (11).jpg
甘く美味しくなりますように


夏を感じさせてくれる食べ物というとなんといってもスイカ。

甘くておいしいスイカを収穫できると、とても幸せな気分になりますね。
そんな幸せを呼ぶ甘いスイカを育てるコツがあります。



■スイカを甘く育てるコツは?

1.土壌環境を整える
まずは基本中の基本。
土壌つくりは甘いスイカをつくるためにもとても大切です。
土壌つくりのポイントを畑の場合、
プランター、鉢の場合にわけてご紹介します。

◎畑の場合
苗の植え付け予定日のおよそ2週間前には土壌つくりを始めます。
まずは、通気性をよくし、水はけもよくなるように畑を耕しましょう。

スコップやシャベルで行ってもオーケー。
小石や雑草も取り除きます。

酸性土壌を嫌うので石灰をまいてスイカの栽培に適している、
酸性度pH6.0〜6.5になるようにします。

畝をつくる時に元肥を混ぜます。
肥料が多すぎるとつるボケの原因になりますので、
量には注意が必要です。

◎プランター、鉢の場合
土は、野菜用園芸土(培養土)を使用しましょう。
培養土の場合、元肥を入れる必要はありません。

2.水の吸収を抑える
甘みを上げるには、水の吸収を抑える必要があります。
・高畝にする、
・マルチ栽培にして雨水がしみ込まないようにする
・降雨後に速やかに排水されるようにスイカの周囲に溝をつくる
などの工夫をします。

3.摘果をする
1株のスイカが光合成をして生産する糖分量は決まっています。
果実の個数が多いほど糖分が分散しますので、
思い切った摘果が必要になります。

品種にもよりますが、
・大玉スイカは2本のつるに1個、
・小玉・中玉スイカは4本のつるに3個、
が目安です。


suika06.jpg
スイカを日光にあて、2〜3回位置を変えてあげます


4.玉直しをする
手間がかかりますが、甘いスイカを育てるためには必須です。
まんべんなく日光を浴びることができるように、
スイカを回してあげましょう。

つるごと持ち上げて傷つけることのないように、
つるが上になるように置き直します。

昼間に日光を浴びたスイカは甘みを蓄えます。
夜、寒いほど呼吸量減り、糖分の消費を低く抑えられます。

ですので、日中が温かく、夜に冷え込む地域での、
栽培が、より適しているといえます。

少し手間がかかりますが、
大きな甘いスイカができた時の喜びは格別です!

■スイカのわかりやすい育て方
・スイカ栽培 割れを防ぐには?
・スイカ 収穫時期は?
・スイカのプランター栽培|早めの育苗で夏バテする前に収穫します
・スイカ 実がならない理由は?
・スイカを甘く育てるコツは?
・スイカ かかりやすい病気は?
・スイカ畑の準備
・スイカ 雌花が咲かない
・スイカの摘芯
・スイカ 受粉のコツ
・スイカ栽培 肥料は?
・スイカ 大きくならない理由は?
・スイカ 玉直しの仕方は?
・スイカ黒玉の種類は?
・スイカ 誘引方法は?
・スイカの害虫
・スイカの育て方|摘芯摘果と施肥で、大きく甘く栽培
 カテゴリ
 タグ