hakusai (5).jpg
雪が積もる中……


■ハクサイとは

日本人に親しまれているハクサイは、日清・日露戦争に従軍した日本人が、
中国からタネを持ち帰ったことから広まった、
意外と歴史の浅い野菜です。


■ハクサイの栄養は

ハクサイにはビタミンCが多く含まれていて、
風邪の予防や免疫力のアップに効果的です。

また、カリウムやカルシウム、マグネシウム、
亜鉛などのミネラル類も含みます。

ハクサイは食物繊維が豊富で低カロリー菜野菜のため、
便秘解消やダイエット、美肌効果が期待できます。

また、ハクサイには量は多くありませんが、
”グルコシノレート”という、がん予防に効果があると
いわれている成分も含んでいます。


hakusai (3).JPG
プランター栽培でも、きれいに結球しました


■ハクサイ栽培の楽しみ

白菜の葉はどのようにして結球するかご存知ですか?

葉数が増えると、内側の葉が立ち上がり始めます。
その後、中の葉がどんどん大きくなり、巻き始めます。

お子さんがいらっしゃる方は、
お子さんと観察すると面白がること請け合いですよ。

ハクサイを栽培して、もし株数に余裕があるのなら、
1株でいいのでナバナも作ってみませんか?

実はハクサイはナバナと同じアブラナ科の野菜のため、
花はまるで菜の花のよう。
もちろんナバナとして食べることもできます。

翌年の春まで栽培していると、中心部分から花芽ができ、
とう立ちしてナバナができちゃうんです。
甘くておいしいですよ!


hakusai (8).jpg
つぼみができはじめました


hakusai (7).jpg
かわいい花も咲きます


■ハクサイのおいしい食べ方

ハクサイは鍋料理や漬物、煮物、炒め物、スープなど、
様々な料理に使われています。

東洋の代表的な野菜ではありますが、淡白な味なので、
クリーム煮やトマト風味など、どんな料理にでも合います。

ハクサイは部位によって葉の厚みが異なるので、
厚みのある芯の部分はそぎ切りにすると、
火の通りが均一になり、料理がおいしくなります。

ハクサイの葉にはよく黒い斑点がついていることがありますが、
これは栄養過多になった細胞にあらわれるもので、
食べても問題ありません。


nabe.JPG
家庭菜園の野菜で水炊き、うま〜♪


大きなハクサイは、食べきるのが大変なことがありますが、
そんなときにお勧めな料理がこちらです。

◎ハクサイと豚バラ肉のミルフィーユ鍋
1.ハクサイと豚ばら肉を交互に重ね、3等分〜4等分の長さに切ります。
2.断面が見えるように鍋に敷き詰め、水をハクサイの高さの6分目まで入れ、
  蓋をして、ハクサイが柔らかくなるまで煮ます。

味付はお好みで。

だしで煮含め、ポン酢をかけていただいても良いですし、
鶏がらスープとショウガを入れれば、寒い冬でも温まります。

トマトスープにすれば地中海風になりますし、
キムチチゲにしてもおいしいです。

■ハクサイのわかりやすい育て方

・水はけの悪い土地でハクサイを栽培するには?
・ハクサイの収穫と保存方法
・ハクサイの結球を大きくするコツは?
・ハクサイの育て方(地植え)|外葉と結球を大きく栽培します
・ハクサイのプランター育て方|タネまきが遅れないよう栽培
 カテゴリ
 タグ