satoimo640.jpg
美味しいサトイモが収穫できましたか?


雨毎に冷え込みが増し、秋が深まってきます。

秋冬野菜の生育は、結球や肥大の最盛期に入り、
収穫作業が忙しくなります。 


野菜ごとに作業をご紹介しましょう!

*青いリンクをクリックすると、
わかりやすい育て方のページに飛びます



■タネまきと植え付け


soramame01.jpg
花もきれいで豆もおいしいソラマメ


ソラマメサヤエンドウは、苗を定植する時期です。
草丈7〜8cmの苗を植え付けます。

植え付けたら、不織布や防虫ネットをトンネルがけにするか、
または畝の北側に風除けの笹竹を立てるなどして、
防寒対策を行いましょう。


yasai20(5)-thumbnail2.jpg
防虫防鳥対策をします


タマネギの苗も、定植適期です。
茎径5mm以内の苗を植え付けます。
大苗は、トウ立ちしやすいので、避けます。


■収穫

霜が降りると傷んでしまうので、霜に弱い野菜は
初霜の前に収穫を終えてしまいましょう。


daikon.jpg
甘くて美味しいダイコン!


ダイコンは、収穫の時期となります。
青首種は根の上部が10〜15cmほど地上にせり上がって来た頃が、
収穫の目安です。
白首種は、下葉が1〜2枚枯れてきたころが適期です。


Cauliflower.jpg
カリフラワーも大きくなっています


カリフラワーも、収穫の時期になります。
花蕾の直径が12〜15cmになったら、花蕾のまわりの外葉の
すぐ下を、包丁などで切り取って収穫します。
採り遅れると、色があせて、味も悪くなってしまいます。

キャベツハクサイレタスも、収穫の時期になります。
品種特有の大きさになったら、切り取って収穫します。


satumaimo.jpg
サツマイモ、ほっこりしています


サツマイモ
は収穫終了の時期です。
葉が少し黄色くなったら、収穫適期です。
試し掘りをして、イモの太り具合を確認してから収穫すると良いでしょう。

収穫は晴れた日に行い、掘りあげたイモは、風通しの良い日陰に
2週間以上置いて追熟させると、甘みが増します。

サトイモも収穫終了の時期です。
茎葉の一部が枯れてきたら、地上部を15cmほど残して
カマなどで刈り取ってから掘り上げると、収穫しやすいです。

ショウガ
も寒さに弱いため、初霜までには収穫を終えます。

ニラも、年内の収穫は終了の時期となります。
寒さで地上部が枯れてきたら、株元からハサミで切り取り、
1uあたり3〜4kgの堆肥を御礼肥えとして株元にまくと、
翌年の生育が違います。


Strawberry1.jpg
イチゴの手入れをしておくと病気にかかりにくいです


■家庭菜園の管理

Asparagus04.jpg
家庭菜園で育てると、とっても甘く軟らかいアスパラガス


アスパラガス
は、地上部が枯れ始めるので、
株元から切り取って片付け、御礼肥えとして、
1uあたり3〜4kgの堆肥を株元にまき、
翌年の生育に備えます。

イチゴの古葉かきを行います。
葉4〜5枚を残して、それ以外の古葉やランナーは、
付け根からかき取ります。
 カテゴリ
 タグ