daikon20(6).jpg
ダイコン、黒斑細菌病にかかりやすいです


■斑点性の細菌病の症状

斑点性の細菌病は、文字通り細菌によって生じる病気です。
最初は茎や葉に、水がしみたような小さな斑点ができます。

やがて葉脈に沿って広がり、斑点同士がつながります。
色は淡い黄色から褐色に変化していきます。

病気が進むと葉を腐らせたり、枯れさせたりします。
斑点の部分から白いヤニのような汁が出たら、
それは細菌の塊です。発見次第ふきとります。


■斑点性の細菌病の種類

・斑点細菌病
湿度が高い時期に葉脈にやや角形の大きな斑点が発生します。
キュウリ、メロン、スイカ、カボチャ、レタスなどに多く発生します。

・褐斑細菌病
葉の縁に黄色いかさのある黒褐色の斑点ができます。
メロン、キュウリ、カボチャ、ポトスなどに多く発生します。

・黒斑細菌病
主にアブラナ科野菜の葉や葉柄に、水がしみたような黒い斑点ができます。
ハクサイ、ダイコン、カリフラワー、キャベツ、カブなどに多く発生します。

・腐敗病
レタス腐敗病は、葉に黒褐色の不規則な形の斑点が発生し、腐らせます。
シンピジウムでは葉が褐色になり、病気が進行すると根も腐らせます。


Lettuce.jpg
レタスも意外と腐敗病などにかかります


■斑点性の細菌病の対策

土の中や発病した株に生息する細菌が、
雨や水やりをした時の泥はねから葉につきます。

そして気孔や水孔、小さな傷から植物の中へ侵入します。
温度が高くなると伝染する確率が高くなります。

侵入後茎や葉、果実の組織内で病斑が広がっていきます。
古い葉より新しい葉の方が伝染しやすく、病斑も広がっていきます。

その他タネや接ぎ木用のクリップやかみそり、
誘引用のひもなどからも伝染します。

温度と湿度が高い環境で大きな病斑が作られていきます。
植える時に余裕をもってスペースを空け、
日当たりと風通しのよい栽培環境を整えます。

雨除け栽培も効果的です。
薬剤散布はほとんど期待できません。

発病初期に病気にかかってしまった葉や茎を取り、
これ以上広がらないように防ぎます。
 カテゴリ
 タグ