tomato (6).JPG
トマトは苗立枯病が起きやすいです


■苗立枯病の発生しやすい植物

・発生しやすい野菜
トマト、ピーマン、ナス、キュウリ、ネギ、キャベツなどです。

・発生しやすい草花
キク、デルフィニウム、アスター、ダリアなどです。


■苗立枯病の症状

苗で発生する立枯性の病気です。
土の中に生活しているカビが原因です。

発芽したばかりの苗、本葉が数枚出たばかりの幼い苗、
定植完了後の苗などで発生します。

地際近くの茎が水に浸したように褐色になります
そして細くなって腐敗し、苗が倒れて枯れてしまいます。
多くの野菜、草花のほかイネも発生します。

病原菌の種類が多い中で代表的なものは、
ピシウム菌とリゾクトニア菌です。

ピシウム菌の症状は、地際部分の胚軸や根の一部分が、
緑色を保ったまま腐っていき、倒れて枯れていきます。

リゾクトニア菌の症状は、地際部分が黒や褐色に変わり、
くびれを生じてから枯れて死んでしまいます。


kiku.jpg
キクもかかりやすいので防除しましょう


■苗立枯病の防除

病原菌は、土中に残った発病株の残りかすなどで冬を越し、
次の年の伝染源になっていきます。

地中の温度や水分が好条件になると、胞子が発芽して放出され、
水の中を泳いで植物に付着します。

付着した後、細胞と細胞の間から侵入し、
菌糸を蔓延させてどんどん増えていきます。

発病した株を放置したままにすると、
そこから周りの植物に伝染して広がっていきます。

雨が多く降ったり、水やりを与えすぎたり、
粘土質の土壌で水はけが悪いと発生しやすくなります。

◎防除
防除としては、土壌改良を行い水はけをよくした後に、
消毒を行ったタネをまくようにします。

苗床は湿度が高くならないよう排水に注意します。
ハウスやトンネル内での苗を育てる時は、
換気をよくし、高温過湿にならないように気をつけます。


また地面の温度が低いときにタネをまくと発病しやすくなります。
保温効果のある長繊維不織布をべたがけ被覆しておくと、
発病が抑えられ、健康な株が多くなります。

苗を育てる土も消毒済みのものを使うようにします。
発病してしまった苗は、抜き取って焼却処分します。
 カテゴリ
 タグ