huyuyasai20(1).JPG
草取り、害虫駆除、マルチなどで、対策します


■軟腐病(なんぷびょう)の発生しやすい植物

・発生しやすい野菜
カブ、ダイコン、レタス、キャベツ、ハクサイなどです。

・発生しやすい草花
アイリス、デルフィニウム、シクラメンなどです。


■軟腐病の症状

軟腐病は土の中に住んでいる細菌によって発病します。
ハクサイ、キャベツなどの結球野菜が特に被害が大きいです。

病気にかかると下葉や地際の茎に水がしみたような病斑が出て、
やがて茶色くなりやわらかくなって腐敗します。

腐敗した部分は異臭を放ち、放置すると泡が流れ出ることもあります。

草花では葉の軸に水が染み出したような斑点ができ、
葉が黄色くなって枯れたり、球根がスカスカになったりします。

高温多湿を好み、梅雨や夏の時期に多く発生します。
組織が硬い樹木には発生しません。


■軟腐病の対策

細菌は作物やツユクサ、ヒメジオン、アガサなど
雑草の根のまわりに生息しています。

苗を植えた時に傷つけてしまった根、害虫の食べた跡、
茎や葉の傷、水孔や気孔から侵入します。

茎で繁殖後、水分や養分がいきわたらなくなり軟化、腐敗します。
病斑上の細菌が雨によって飛んだり、人の手についたり害虫から運ばれ、
被害が広がってしまうケースがあります。
特に台風や大雨が降った後は注意が必要が必要です。

軟腐病の対策としては草取りと、害虫駆除をこまめに行います。
そして水はけのよい土壌を整えてから、
適度な株間で苗を植え付け、根、茎、葉を傷めないようにします。

泥はねによる伝染防止に、マルチを使うのも有効です。
軟弱に育つと細菌が入りやすいので、窒素肥料のやりすぎもやめます。

最初から抵抗性品種を選んで栽培すると安心です。
病気にかかってしまった株は、焼却処分します。

微生物防除剤を使う時は、発病前か、初期の段階で散布します。
抗生物質のストレプトマイシンを主成分とする殺菌剤、
ストマイ液剤20などがあります。  
 カテゴリ
 タグ