■灰色かび病の発生しやすい植物

・発生しやすい野菜
レタス、タマネギ、イチゴ、トマト、キュウリなどです。

・発生しやすい草花
パンジー、シクラメン、チューリップ、ゼラニウムなどです。

・発生しやすい果樹
柑橘類、ブドウなどです。

・発生しやすい庭木
サツキ、ツツジ、アジサイ、ボタン、シャクヤクなどです。


noitigo (1).JPG
イチゴが発生しやすいです


■灰色かび病の症状

灰色かび病は有機物や土の中に住んでいるカビによる病気です。
別名ポトリチス病とも呼ばれています。

古くなった下葉、花弁、地際部の茎などが腐敗し、
灰褐色のカビが発生します。

バラ灰色かび病は、花弁にしみのような赤い斑点が生じ、
症状が進むと灰色になり、商品価値を落としてしまいます。
シクラメンでは株元が軟化し、ひどいときは枯れてしまいます。

雨や曇りが続く湿度が高い環境を好むので、梅雨によく発生します。
カビの胞子は曇りの日、雨の日、雨が降った翌日の午前中に
よく飛び、晴れた日はほとんど飛ばない性質を持っています。


■灰色かび病の対策

灰色かび病は有機物や土の中、発病した株の内側にいる病原菌が、
枯れ葉、花がら、地面に落ちた花弁などに付着し、
表皮をすりぬけて植物の内部へ侵入してきます。

果実に残った花がらで病原菌が増えるので、
花がらはこまめに取り除きます。
被害がひどいときは、株ごと焼却処分します。

弱った辱物に病原菌は侵入しやすいので、
植えこむときにはスペースに余裕をもって行います。

日当たり、風通し、水はけのよい環境を整え、元気な株を育てます。
水やりは茎や葉が濡れすぎないよう、できるだけ株元に与えます。

窒素肥料を与えすぎると、植物が軟弱に育ています。
病気にかかりやすくなるので、注意が必要です。 


微生物防除剤の登録がある場合は、発病前あるいは初期の段階に
まくのも一つの方法です。

微生物防除剤とは自然界に存在する細菌を有効成分としている予防薬です。
ポトキラー水和剤などが有名です。
使用回数に制限がなく、農薬使用回数に数えられません。
 カテゴリ