Coffee20(1)-3b428.jpg
花の香りはジャスミンのようです


コーヒーはアカネ科の常緑樹なので、
一年中好きな時に緑を楽しむことができる果樹です。

インテリアとして飾る時は鉢や鉢皿にこだわって、
好きなものを選ぶと心がなごめます。
育ててから4年ぐらい経つと、白い小花を咲かせます。

果実が緑色から赤色に変わった時が収穫時期です。
中のタネを取り出して焙煎し、粉にして自家製コーヒーを楽しみます。

葉は乾燥させて、コーヒー茶として楽しめます。


■コーヒー 枯らさないコツ

1.コーヒーの木の置き場所
コーヒーは夏の高温と直射日光を嫌います。
そして冬は霜に当たらない場所を選びます。

コーヒーは元々熱帯果樹なので、
気温が15℃ぐらいを保てるような環境を作ります。

11月ぐらいには室内へ取り込むようにします。
レースカーテンの越しの窓際など暖かい場所に置きます。

寒い場所にずっと置いておくと、葉が落ちやすくなります。

2.コーヒーの木の水やりと肥料
冬は乾かし気味に、芽が出るころと花が咲く時には、
やや多めに与えます。

特に夏は乾きやすいので1日3回ぐらい、
鉢底から水が流れ出すぐらいたっぷりと与えます。

秋の最低気温が20℃以下になったら、水やりを控えめにします。
冬の水のやりすぎは、根が腐る原因になるので注意します。

肥料は有機質肥料などを春、夏、秋と年に3回ほど与えます。
肥料を与えすぎると樹勢が強くなり、生理落下をしやすくなります。
冬は特に与える必要はありません。

■コーヒーのわかりやすい育て方
・コーヒーの育て方
 タグ