Banana (2).jpg


バナナの幹に見える部分は、茎の一種です。
大きな葉をつけ、高いものでは10mぐらいまで生長します。

十分な日照と水分を好む果実です。
熱帯地方以外では、鉢植え栽培で育てます。

幹についた枯れた古い皮は、中に虫が入ったり、見栄えも悪くなります。
随時はがしたほうが見栄えがよくなります。

バナナは1本だけで結実します。
生で食べるほかに、ジュースやバナナチップス、
ケーキなどに利用されます。


■バナナの品種選び

バナナの品種は300種類以上とたくさんありますが、
大きく分けると生食用バナナと料理用バナナの2種類に分けられます。

1.生食用バナナ
・ジャイアントキャベンディッシュ
国内で一番ポピュラーなバナナです。
スーパーや果物店でよく見かけます。

・セニョリータ
別名モンキーバナナと呼ばれている小さなバナナです。
皮が薄く、甘い風味が特徴です。

2.料理用バナナ
・ツンドク
長さ40cm以上の大型バナナです。
別名ホーンバナナと呼ばれ、牛の角の形に似ています。

・カルタバ
フィリピンで一番使われている料理用バナナです。
角ばって太く、長さは短めです。

3.家庭栽培に適しているバナナ
・三尺バナナ
背丈は1m前後です。台風にも強いので、沖縄でもよく栽培されています。
口径30〜45cmぐらいの鉢植え栽培にすると、実を収穫できるようになります。

・スーパー・ミニバナナ
背丈は60cmぐらいで三尺バナナより小さなサイズで育ちます。
実の大きさは、モンキーバナナと同じぐらいです。
耐寒性は5℃ぐらいなので、温度管理に注意します。

■バナナのわかりやすい育て方
バナナの育て方|冬の防寒対策をしっかりと
 タグ