dekopon1.jpg


デコポンはミカン科ミカン属の柑橘類の品種です。
清見にポンカンを交配してできた交雑種です。

デコポンの正式名称は不知火です。
デコポンは糖度が13度以上のものだけに名前が付けられた名称です。
この名称は柑橘類の農協を経由しない販売には使えません。

香りがよくて果汁も多く、肉質も柔らかいので人気が高い柑橘類です。
生で食べるほかに、ジュース、お菓子の材料にも利用されます。


■デコポン 肥料のコツ

1.デコポンの栽培に適した環境
デコポンはつぎ木苗1〜2年生苗が店頭に並んでいます。
植えつけ場所は冬でも平均気温が16.5℃以上ある温暖な地域で、
最低気温もマイナス3℃以下にならない場所が適しています。

乾燥を大変嫌うので、年間を通してある程度雨が降る場所がよいでしょう。
そして水はけの良い土壌を好みます。

実をすぐならせたくなりますが、最初は樹を大きくすることを優先します。
花が咲くことがあっても植えつけをしてから、
3〜4年目ぐらいをめどに実をならせるようにします。

2.施肥の注意点
デコポンは樹の勢いがあまり強くなく、根の張り方も少ないのが特徴です。
したがって肥料を切らせないよう、注意が必要です。

根の活動がもっとも良い初夏と秋には、
緩効性肥料をゆっくりと効かせると良いです。
葉の色が黄ばんできたら、様子を見ながら即効性の液肥を与えます。

実がつく前は、緩効性肥料春から夏にかけて少量を何度か回数をわけて与えます。
実がなってからは、2月上旬〜3月上旬、4月上旬、6月上旬、
9月上旬、11月上旬と年に5回ほど、緩効性配合肥料を適宜与えます。

水切れをたいへん嫌うので、水管理もあわせて気を配るようにします。

■デコポンのわかりやすい育て方
・ハッサク イヨカンの庭植え|品種により人工授粉が必要です
・ハッサク イヨカンの育て方 鉢植え|品種をよく確かめましょう
・デコポンの育て方|甘くて果汁たっぷりに
 カテゴリ
 タグ