nasi20(4).jpg
ナシ、元気に育ってほしいです


ナシの自生地はニホンナシは、日本中部以南、
朝鮮半島、中国中部です。

セイヨウナシはヨーロッパ中部、地中海沿岸です。
チュウゴクナシは中国北東部です。

ナシはリンゴと同じように3年枝に花を咲かせます。
一度実をつけた短果枝は、3年ほど同じ場所に実をつけます。

品種にもよりますが収穫後追熟を行うと、
香りがより高く、実が柔らかくなって食べごろになります。


6111901.jpg
ナシの葉のようすに気をつけます


■ナシの葉に斑点ができるのは?


1.ナシがかかりやすい病気
ナシがかかりやすい病気の代表選手に「赤星病」があります。
「赤星病」はさび病の一種ですが発生の仕方が独特です。

病原菌が冬の間はカイヅカイブキなどのビャクシン類の枝や葉の上で過ごし、
春になるとナシに寄生します。

つまり「赤星病」はビャクタン類が、
近くに植えてあるとかかりやすいです。 

特に春に雨が多いと発生しやすくなります。

この病気の特徴は、はじめに葉の表面に黄色い斑点が出てきます。
そして6月ごろに、葉裏に毛が生えたような丸い形をした斑点が大きくなり、
やがて葉が枯れてしまい、落葉します。

2.「赤星病」の防除法
対策法としては、近くに生えているビャクタン類を取り除きます。
そして病気にかかってしまった葉は、根気よく取り除いて処分します。
発生予防には発芽前の3月下旬〜4月上旬が適しています。

「赤星病」にかかってしまったらバイトレン水和剤25や、
ビズダインセン水和剤の1000倍液をまくようにします。

■わかりやすい育て方
・ナシの育て方 庭植え|豊水、幸水が育てやすいです
・ナシの育て方 鉢植え|2種以上の品種で結実します
 カテゴリ
 タグ