tomato.jpg
有機肥料はじっくりやさしく効きます


■有機肥料の種類と働き

◎有機質肥料の長所
野菜をずっと続けて栽培していると、
土の栄養分が足りなくなっていきます。
これを補ってくれるのが肥料です。

肥料は大きく無機質肥料と有機質肥料の2種類に分類できます。
無機質肥料は化学肥料とも呼ばれています。

有機質肥料は米ぬか、骨粉、魚粉、乾燥鶏ふん、油かすなど、
自然の動植物を原料としています。

土の中に生活している微生物が原料を分解し、
はじめて根に吸収されます。
そのため結果が出るまで時間を要します。

しかしゆっくりじんわりと効いていくので、
根の負担が少なくおだやかに吸収していきます。

有機栽培では天然微生物を多く含んでいる堆肥や
生ごみ堆肥が肥料作りの重要な役割を果たしてくれます。


yukisaibai (6).jpg
落ち葉も腐葉土堆肥に


yukisaibai (1).jpg
堆肥


・堆肥
有機栽培に必要な土づくりの肥料として、堆肥は一番大切です。
植物栽培には肥料の3要素の窒素、リン酸、カリの他に、
微量要素も必要です。

この微量要素を含んでいるのが堆肥です。
また堆肥は微生物の生活拠点となり土をふかふかにしてくれます。

腐葉土堆肥が一般的です。原料は落ち葉です。
その他には生ゴミから作った生ゴミ堆肥、
牛ふんから作った牛糞堆肥などがあります。

・生ゴミ堆肥(ゴミ汁搾りかす)
家庭から出る生ゴミは栄養価が高いので肥料効果も高いです。
自家製のものは野菜が吸収しやすいよう、十分に完熟させます。


yomogi.jpg
ヨモギの新芽が植物活力剤に


・天恵緑汁
天恵緑汁(てんけいりょくじゅう)は黒砂糖とヨモギの新芽が原材料の植物活力剤です。
肥料ではありませんが、500倍に薄めて農作物に与えると元気に育ちます。

・ボカシ肥料
ボカシとは油かすや米ぬかなどの有機質肥料を
微生物で発酵させた緩効性肥料のことを指します。

ボカシ肥料はタネまきや苗を植え付けた後の元肥、
生育途中で施す追肥、どちらにも利用できます。

・ゴミ汁液肥
ボカシで発酵した野菜からは、飴色の液が出てきます。
この液の中にも微生物は存在します。
これをゴミ汁液肥と呼んでいます。

水で薄めて農作物に与えると、即効性肥料として有効です。
生育途中では数日おきに与えると効果的です。

*それぞれの作り方は後述します
 カテゴリ
 タグ