jyagaimo.jpg
家庭菜園なら有機栽培をしたいですね


美味しい野菜を収穫するためには、水、光、空気の他に
多くの栄養分が含まれている肥料が必要です。

有機質肥料は自然の動植物が原料です。
そして作物に必要な栄養分をバランスよく含んでいます。


hiryo (1).jpg
美味しく安全な野菜を育てるには肥料を知ることも大切


■肥料の三要素

肥料の成分の中で特に重要なのが窒素、リン酸、カリです。 
この3つを肥料の三要素と呼んでいます。

・窒素
窒素は作物の生長を支えるたんぱく質の中心となる必須元素です。
細胞分裂に必要な元素で、葉、根、茎の発育を促進します。

・リン酸
リン酸は太陽エネルギーや呼吸エネルギーを、
作物の生長エネルギーに転換させる働きをする元素です。
根の発育、開花や結実には必要不可欠な栄養分です。

・カリ(カリウム)
カリは光合成による炭水化物のスムーズな生成と、
葉から根、新芽や果実への移動を助ける元素です。

根の発育を促進し、作物が軟弱に育つのを防ぎ、
病害虫や寒さ、干ばつなどに対して抵抗力を高める働きがあります。

窒素やリン酸は多く取り過ぎると生育に支障が出ます。
しかしカリは必要以上に吸収してもあまり影響がありません。
野菜栽培ではカリを多めに施すのが一般的です。


hiryo (3).jpg
有機質肥料でもっとも知られているのが、油かす、鶏糞などです。


■二次要素

窒素、リン酸、カリの他にも多く必要な要素があります。
カルシウム、マグネシウム、イオウは二次要素、
あるいは中量要素と呼ばれています。

カルシウムの働きは、細胞組織を強くし、
根の生育をよくして土壌酸度を中和させます。

マグネシウムの働きは葉緑素を作るので、リン酸の働きを補助します。
イオウの働きは根の生長を促し、タンパク質を作ります。


■微量要素

量は少ないですが、必要な要素が他にもあります。
鉄は葉緑素を作ります。銅はたんぱく質や炭水化物の代謝にかかわります。

亜鉛はたんぱく質を合成し、新しい葉やタネを作る時に関連があります。
ホウ素は根の生成、開花や結実、タネの形成にかかわりがあります。

マンガンは二酸化炭素を固定し、光合成を助ける働きがあります。
塩素はでんぷんと作り、光合成と関連があります。

モリブデンはマメ科のチッ素固定や、タンパク質合成にかかわっています。

 カテゴリ
 タグ