tomato.jpg
トマトも赤く色づいてきました


6月は暖かくなり、野菜の生長が旺盛になる時期です。
それに伴い作業も増えますが、一方で梅雨に入り、
天候不順になるため菜園で作業できる日が
なかなか取れなかったりと、お天気とにらめっこになりますね。

ToDoリストを作るなどして、限られた時間を、
効率的に使えるよう工夫しても良いでしょう。


*青いリンクをクリックすると、
わかりやすい育て方のページに飛びます



033.JPG
カボチャも着果しています


■タネまきと植え付け

エダマメインゲンカボチャゴマラッカセイ
メキャベツセロリスイートコーン
コマツナやミズナ、モロヘイヤなどの葉物野菜などのタネをまけます。


siso (6).jpg
シソを作っておくとお料理に活躍してくれます


また、シソバジルパセリミントなどのハーブ類の
タネもまき時ですので、菜園の一角などにまいておくと重宝します。

暖かくなるにつれ、害虫の被害も増します。
特に幼苗が害虫の被害に合うと致命的ですので、
十分に注意します。


6671883-thumbnail2.jpg
ナスも大きくなってきましたね


■収穫

6月は、キュウリ、ナス、トマトの収穫が始まります。
1番果は、樹を疲れさせないように早めに採ります。

タマネギの収穫は、茎葉が8割倒れたころが適期です。
薄皮の下に黒いカビが生えることがありますが、
畑が十分乾いている時を見計らって収穫し、
収穫後は高温多湿な場所を避けて保存することで、
ある程度防ぐことが出来ます。


GarlicA.jpg
ニンニク、いよいよ収穫です!


ニンニクの収穫は、茎葉が30%程度黄変した頃が目安です。
収穫遅れは裂球や裂皮が増えるため、早めに収穫しましょう。

アスパラガスは、そろそろ収穫を終えます。
翌年収穫できるアスパラガスの量は、今年の収穫打ち切りと
その後の管理で決まるため、いつまでも採り続けないようにします。


■家庭菜園の管理

梅雨に入り、過湿になりやすい時期です。
排水が悪い土地では、畑の周囲に溝を掘り、
畝の中に水が溜まらないようにすると良いでしょう。

多くの夏野菜は、6月中旬より追肥を始めます。
生育が旺盛になる時期ですので、肥料切れにならないよう、
追肥のスケジュールをしっかりと把握しておきましょう。


suika420(1).jpg
スイカやニガウリは人工授粉すると安心です


スイカも旺盛につるを伸ばし花が咲き着果します。
虫が少ない地域では人工授粉しましょう。

ナス、トマト、キュウリなどは、不要なわき芽や花を取り除きます。
スイートコーンも、一番上の雌穂以外を取り除きます。
こうすることにより、栄養分を集中させ、おいしい実になります。

また、芽かきを適時行うことにより、葉が茂りすぎず、
風通しや日当りがよくなることにより、生育も良くなり、
病害虫の被害にかかりにくくなります。


■家庭菜園の病害虫対策

暖かくなってくると、病気や害虫の被害が発生しやすくなります。
特に病気は、発生してからではなかなか治りません。
梅雨時の予防防除が野菜を病害から守ります。

薬剤を使う場合は、風の少ない日の午前中で、
できれば曇りの日に散布しましょう。

6月は、野菜の生育が旺盛になりますが、
雑草の生育もまた旺盛になる時期です。
こまめに除草するようにしましょう。
 カテゴリ
 タグ