papaya (2).jpg
パパイヤ


パパイヤはパパイヤ科パパイヤ属の草本性常緑小高木です。
自生地は熱帯アフリカで、国内では沖縄で栽培されています。

果実は楕円形で強い甘みを持っています。
レモンやライムの絞り汁をかけて生食します。

生食の他には、ジュース、砂糖漬け、アイスクリームなど
楽しみ方はバリーエションに富んでいます。

ビタミンA、Cを多く含み、タンパク質分解酵素を持っているので、
ヘルシーフルーツとしても人気が高いです。
肉の下ごしらえにも利用します。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.高温と直射日光を好みます
2.用土が常に濡れている環境は嫌います
3.開花して雌雄がわかるので植え付け時は苗木を3〜4本用意します



papaya (4).jpg
グリーンパパイヤ


[パパイヤの育て方]


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
沖縄県では庭植えもできますが、一般的には鉢植えで栽培します。

・品種選び
パパイヤは雌雄異株です。しかし苗木の段階では雌雄の区別がつかず、
花が咲いて初めて判別ができます。
このため苗木を3〜4本購入する必要があります。

最近では雄花と雌花が同じ株の中で咲く
両性株「ゾロ系品種」が出回っているので便利です。
購入する時に品種名を確かめるようにします。


papaya (1).jpg
品種名をよく確かめましょう


■植え付け

パパイヤの植え付けは温かくなった4月〜5月が適しています。
最初は6号鉢ぐらいのサイズを用意して苗木を植え付け、
果実をつけるようになったら、10〜12号鉢に植え替えていきます。

用土は赤玉土(小玉)6、腐葉土2、川砂2の割合で作ります。
市販の培養土でも大丈夫です。

植え付けた後は汲み置きした温かい水を十分に与え、
日当たりのよい場所に置きます。

成熟した果実からタネを取って育てても、
5〜6ヶ月後に花を咲かせます。


papaya (6).jpg
日本では鉢栽培が適しています


■仕立て方と剪定

分枝性はほとんどなく、大きなヤツデ状の葉が落ちていきながら、
幹が伸びていきます。

剪定をしなくても新梢が伸びて実がつき、
スタンダード仕立てのように樹形が整います。

3〜4年続けて実をつけると樹勢が弱くなるので、
主幹を切り詰めます。


■栽培管理

・温度管理
生育適温は25℃〜30℃です。
生育期間の5月〜10月は日当たりの良い場所に置きます。
夜間の最低温度が15℃以下になったら室内へ取り込みます。

日照時間が長ければ長いほど、果実の数、果汁や甘みが増します。

冬は10℃以下になると生育がストップし、
葉が黄色くなって落ちてしまうので室内に取り込みます。

特に寒さに弱い小さな苗は、夕方日が落ちる前に
発砲スチロール箱などをかぶせて保温します。
温かい日は屋外で日に当てるようにします。

・水やり
春と秋は1日に1回十分に水を与えます。

夏は1日に2〜3回、鉢底から水が流れ出すぐらいたっぷり与えます。
冬は鉢土が乾いたら与えます。

暖房など加湿している時は、1日に1回をめどに与えます。

・施肥
5月〜10月の生育期間は2ヶ月に1回、鉢の縁に玉肥を3個ぐらい押し込みます。
植え替えをする時は、化成肥料を少量施します。

・受粉
6月〜7月に花が咲き、初めて雌雄がここでわかります。
雌花は受粉しなくても結実することが多いです。

・摘果
2〜3年で実をならすようになります。
実が大きくなお互いに押しあって変形してしまいます。
自然落果を待ってから、虫を食ったもの、小さな果実などを摘んでいきます。


papaya (5).jpg


■収穫

10月〜11月に果皮の色が濃い緑から濃い黄色へ変わったら収穫します。
実が熟していなくても調理用野菜として、
天ぷら、漬物、炒め物に利用できます。

またタンパク質分解酵素を持っているので、
果実と一緒に料理すると肉がやわらかくなります。

■病害虫

・ハダニ
7月〜9月の高温時期に発生します。
葉の裏に寄生し、樹液を吸います。
対処方法は乾燥を好むので、強い水圧で吹き飛ばしてしまいます。

パパイヤは農薬に弱いので、むやみにまくのは避けます。

・線虫
根から栄養分を吸い取って樹を弱らせます。
病気にかかった個所を焼却します。
 タグ