orange (2).jpg
ネーブルオレンジはとくに人気です


オレンジ類はスイートオレンジとも呼ばれ、
柑橘類の中でも品質が高く、世界中で出回っている柑橘類です。

枝がわりや美生変異が多く、品種は100以上あります。
バレンシアオレンジやネーブルオレンジは人気が高いです。

温州ミカンより耐寒性が低いので、
日本ではネーブルオレンジがオレンジの中で一番生産されています。

味は甘く香りも高い実ですが、手で皮はむきにくいです。
生で食べるほかにジュースにしても美味しい果実です。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.夏涼しく、冬暖かい少雨の気候を好みます
2.出来るだけ温かい日当たりの良い場所で栽培します
3.植え付け前に十分に水を吸わせておきます



[オレンジ類 庭植えの育て方]

■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
南関東以西の地域、暖かい場所が適しています。

・品種選び
バレンシアオレンジには、特に品種はありません。
ネーブルオレンジは、果肉がやわらかくタネがないのが特徴的です。
「吉田」「清家」「白柳」「森田」などの品種があります。

その他のオレンジ類には、バレンシアオレンジや
福原オレンジがあります。

バレンシアオレンジは夏、ネーブルオレンジは冬と
品種によって収穫時期が違うことを頭に置いて選びます。


orange (1).jpg
バレンシアオレンジは品種をよく確かめます


■植え付け

寒さが去った3月下旬〜4月上旬に植え付けます。
冬でも暖かい日だまりができる場所で、
冬の寒風と夏の西日が当たらない場所を選びます。

植え付ける前に苗木の根鉢の1/3ほどを崩します。
長い根は切り詰めて整理し、根を水につけます。
十分に水を含ませた後に植え付けます。

植え穴は直径、深さ共に500cmぐらいに掘ります。
その掘り上げた土に腐葉土を混ぜます。
さらにその半分に堆肥、油かす、牛ふんを混ぜ先に埋め直します。

土質は特に選びませんが、粘土質な土は適していません。
植えつけ後は水をたっぷりと与えます。


navel orange (2).jpg
ネーブルオレンジの苗


■仕立て方

主枝を3本ぐらいにした「開心自然形」仕立てが一般的です。

また花芽をよくつけるために2本の枝を左右に誘引する
半円形仕立てもあります。

主枝から短果枝を出させる樹形です。
樹全体の日当たりがよくなるので、実つきがよくなります。


■剪定

剪定は3月上旬〜萌芽する4月ぐらいが適しています。
常緑樹の柑橘類は冬も葉が栄養分を作り出します。
落葉樹のように剪定は強く行いません。

剪定時期に実がついている品種は、不要な枝を切り戻す程度にします。
収穫後に細かい枝を切り戻します。
花芽がついている品種は、枝の先端を切り返さないよう注意します。

オレンジ類は樹勢が強い品種が多いです。
夏枝、秋枝を剪定する時は弱剪定をすると、
弱い新梢が伸びて適度に花芽がつき、短果枝が成長します。


Oranges (1).jpg
オレンジ類は樹勢が強いです


■栽培管理

・施肥
実を充実させるためには、葉をしっかりと育てる必要があります。
春枝の葉は、6月ぐらいまで成長するので、
3月ごろに元肥として有機質肥料の油かすや堆肥を施します。

秋枝が伸びなくなった10月ごろ追肥として、
速効性の化成肥料を施します。

・受粉
5月になると花が咲きます。
1本だけで結実するので、人工授粉は不要です。

・摘果
隔年結果を防ぐため、自然落果が終わったころに摘果をします。
小さすぎる実、上を向いた実、傷ついた実、
大きすぎる実、病害虫にあった実を先に摘みます。

葉の数が50枚〜60枚に1果ぐらいを目安に摘みます。


navel orange (3).jpg
収穫間近のネーブルオレンジ


■収穫

種類、品種によって大きく異なります。
オレンジ類の中でネーブルオレンジが一番早く、
12月〜1月上旬に収穫します。
しばらく保存して追熟すると、2月以降美味しくなります。

福原オレンジは3月〜5月、
バレンシアオレンジは6月〜7月ごろが収穫時期です。

■病害虫

・かいよう病
雨の多い梅雨時期に葉、枝、果実に感染する病気です。
実に感染するとはじめは円形の斑点がコルクのように硬くなり、
周りが黄色く縁どられます。

対策としては、新芽がでるころに殺虫剤をまきます。
風や雨よけも効果的です。

・黒点病
5〜9月ごろに、葉、実、枝に小さな斑点が出てきます。
対処法は病気にかかってしまった枯れ枝をとり除き、焼いて処分します。
 カテゴリ
 タグ