poponomi.jpg
ポポー、健康にも良く人気があります


ポポーはアメリカ東部原産の熱帯果樹ですが、
その割には寒さに強く、病害虫にも強いので栽培しやすい植物です。

枝がやわらかく折れやすいので、風が強い場所は適していません。
また1本でも結実する品種もありますが、ほとんどが受粉樹が必要です

別名はアケビガキと呼ばれているように実はアケビ、カキに似ています。
中身はタネが大きいですがクリーム状にやわらかく甘いので、
森のアイスクリームとも呼ばれています。

暗紫色の釣鐘状の花や秋に葉が黄色に色づく美しさから
鑑賞用の庭木としても人気が高いです。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.雌しべが先に熟す品種があるので、2種類以上植えるか人工授粉を行います
2.直根性なので、細かい根が多く付いた苗木を選びます
3.樹勢が強いので、間引き剪定を行って日当たりを良くします



[ポポー 庭植えの育て方]


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
品種を選べば全国で栽培は可能です。
ただし温暖な気候を好むので、東北地方ぐらいまでが適しています。

・品種選び
大きい実の品種、早い時期に収穫ができる品種、自家性結実品種など
色々な品種がポポーにはあります。

品種がはっきりしていないものも多いので、
2種類以上用意して栽培した方が確実に結実します。


popo20hana.jpg
ポポーの花も美しく驚かされます


■植え付け

ポポーの植えつけは暖かい地域では12月に、
寒さが厳しい地域は気温が上がった3月に行います。

保水性があり、有機質を多く含んだやや粘土質の土壌が適しています。
植え穴は直径、深さとも50cmぐらいの大きさに掘ります。

まず腐葉土、油かす、牛ふんを混ぜた土を植え穴の半分まで入れ、
次に腐葉土を混ぜた土をかぶせます。
苗木の根を広げて深植えにならないように注意します。

水鉢を作り水を十分に与え、支柱で固定させます。
株元を保護するために敷きわらなどでマルチングします。


■仕立て方

ポポーは直立性が強い性質を持っています。
放置しておくと10m以上の巨木になってしまいます。

高さを抑えるために主幹を3mぐらいの高さで切り詰め、
主枝を3本ほど選んで育てる変則主幹形が適しています。


■剪定

木が若いうちは、8月〜9月にかけて徒長枝を強く切り戻し、
枝の角度を広げるように誘引すると、実のつき方がよくなります。

成木の剪定は休眠期の12月〜1月に行います。
込み入った枝、徒長枝、車枝などを間引く程度にします。


■栽培管理

・施肥
3月と収穫後の9月に速効性化成肥料を施します。
元肥として12月〜1月に堆肥など有機肥料と石灰を混ぜて施します。

・受粉
ポポーの花は両性花です。雌しべが雄しべよりも先に熟します。
確実に実をつけるためには2種類以上を育てるか、
雄しべを直接雌しべにつける、人工授粉を行います。

・摘果
自然に落果するケースもありますが、1枝に1〜2果残す程度に摘果します。
葉10枚に対して1果ぐらいの割合が目安です。


popo20mi2.jpg
森のアイスクリームのお味は?


■収穫

収穫時期は10月頃です。果実が黄色く色づきやわらかくなったら収穫します。
収穫後2〜3日追熟すると香りと甘みが増して美味しくなります。


■病害虫

病害虫には強い果樹です。薬剤をまかなくても栽培可能です。
 カテゴリ
 タグ