Blackberrynew (4).jpg
ラズベリーよりやや酸味が強いです


ブラックベリーは北アメリカ原産の木イチゴの仲間です。
ラズベリーよりも寒さには強くありません。

病害虫に強く1本でも結実し、人工受粉も必要ありません。、
樹高も高くないので、栽培しやすい家庭果樹として人気が高いです。

日光を大変好みます。庭植えの植えつけ場所、鉢植えの置き場ともに
日当たりの良い場所を選んで栽培します。

果実はジャム、果実酒、シロップ漬けなどに加工できます。
生で食べるのは酸味が強いものもあるので好き嫌いがあるかもしれません。
ジャムやパイなどのお菓子に使うとたいへん美味です。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.果実の成熟期がやや遅いので、温暖な地域に適しています
2.実がついた枝は新梢に更新しながら枝数を調整していきます
3.保水性と水はけのよい土壌を好みます



[ブラックベリー 庭植えの育て方]


Blackberry (2).jpg
鑑賞していても楽しめる果樹です


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
関東地方以西の地域が適しています。

・品種選び
多くのブラックベリーはトゲがついており、
家庭果樹にはむいていないところがあります。
トゲがない品種としては「ソーンフリー」や「ポイセンベリー」があります。

ただし本来はトゲがある果樹なので、トゲがある品種の方が美味しいです。
ラズベリーと違って一年に一度しか実がなりません。


Blackberry (3).jpg
花も愛らしく人工授粉の必要はありません


■植え付け

ラズベリーと同じようにブラックベリーの植えつけは
温暖地は11月、寒さが厳しい地域は気温が上がった3月に植え付けます。

土壌は適応性が高いので、比較的選ばなくてかまいません。
苗木は一年目の枝が良い状態のものを選びます。

植え穴は直径40cm、深さ40cmほどに掘ります。
その掘り上げた土の1/3に堆肥を入れて先に埋めます。

その後に残りの土を入れ、中央がやや盛り上がるようにします。
苗木は20cmぐらいの長さに切り戻して深植えにします。

ブラックベリーは乾燥に弱いので、株元を中心にビニールなど覆うと
雑草が生える防止や土壌乾燥防止につながります。


Blackberrynew (3).jpg
実り始め色が変わっていきます


■仕立て方

樹形は品種によって地面をはうように伸びるほふく性、
枝が上に伸びる直立性、アーチ状に曲がる半直立性があります。

用途に応じて支柱に絡ませる棒仕立て、
垣根に絡ませる垣根仕立て、自然に任せる株仕立てなどがあります。


■剪定

ブラックベリーの剪定は、夏季剪定(5月中旬〜6月)と
冬季剪定(12月〜3月)2回行います。

ブラックベリーの枝はやわらかく弱いので、
切った個所から乾燥して枯れてしまうケースがあります。
芽を守るため芽と芽の間を切りこむように注意します。

・夏季剪定
株元から20節ぐらいの葉と葉の間を切り返します。
高さは1.5mぐらいが目安です。
切ったことにより枝が分かれ、来年実がつく量が増えます。

・冬季剪定
主な枝は基部から20〜30節ぐらい、側枝は先端を切り戻します。
側枝は基部から5芽は葉芽なので、残すように注意します。

収穫後果実をつけた枝は枯れてしまうので、株元から間引きます。


Blackberrynew (1).jpg
赤い色から黒い色へと熟していきます


■栽培管理

・施肥
肥料がなくても栽培は可能です
春先に化成肥料を施すと株元からシュートが伸びてきます。
収穫後、配合肥料を控えめに施します。

人工授粉、摘果は必要ありません。


■収穫

果実種は一度赤くなってから熟すと黒くなります。
濃い色になった実から収穫していきます。
7月下旬〜8月中旬ごろが目安です。

鋭いトゲを持っているので厚めの手袋を用意しましょう。
ラズベリーと違ってブラックベリーはヘタがとれません。
ヘタをつけたまま果梗の部分から摘み取るようにします。


Blackberry3.jpg
ケーキにも


■病害虫

・カイガラムシ
枝に貝殻状のものがついてしまいます。
見つけ次第、古い歯ブラシなどでこすりとります。

・灰色かび病
梅雨の季節に発生し、果実を腐らせます。
予防としては、花が終わったら薬剤をまきます。

・マメコガネ
葉を食害するので、見つけ次第捕殺します。

・コウモリガ
6月下旬〜7月に茎に入り込み中を食害します。
対処法は株の周りの雑草を取り除き、
株元を腐葉土やわらで覆うと防ぐことが可能になります。
 カテゴリ