raspberry (3).jpg
ラズベリーの花、もう実の形がわかります


ラズベリーはバラ科キイチゴ属の落葉小低木です。
自生地は北アメリカ、ヨーロッパです。

古くからヨーロッパで栽培されてきました。
ブラックベリーと合わせて丈夫で育てやすい果実です。

ラズベリーは日本のバライチゴやモミジイチゴと同じように、
実が熟すと果托から簡単に離れます。
収穫した果実は中が空洞になるので果粒が離れやすくなります。

果実は生で食べる他に、ジャム、果実酒、ジュース、
ケーキやお菓子の材料に使われます。


raspberry (2).jpg
西日が苦手です


[ラズベリー 鉢植えの育て方]


■植え付け

発芽前の3月上旬〜中旬、霜が降りない温暖な地域では11月頃が適しています。
用土の配合は庭土2、ビートモス3、赤玉土4、砂1がよいでしょう。
3〜4芽を残して切り詰めます。

どの品種も鉢やプランターで栽培が可能です。
乾燥を防ぐために木材チップなどを鉢土の表面を覆います。

夏は高温になり過ぎると生育不良になるので、
西日が当たらない場所に置きます。


raspberry (4).jpg
鉢植えは、1〜2年おきに植え替えます


■仕立て方

枝を3本ほど選び、あんどん仕立てにします。
あるいは株仕立てにします。

根が一杯になってしまうと枯れてしまう原因につながります。
1〜2年ごとに植え替えます。


■剪定

冬には花芽がついてきます。
あんどん仕立てにした場合、支柱より飛び出した部分は切り戻します。

翌年花芽から新梢が出て花を咲かせ、実をつけます。
収穫後つけ根から切り取ります。更新のためのシュートを伸ばしておきます。


raspberry (10).jpg
よ〜く見ると、実がたくさんできています


■栽培管理

・水やり
乾燥に弱いので鉢土が乾いたら、暖かい日中に少量の水を与えます。

・施肥
3月と収穫後に玉肥4個ほどを鉢の縁に押し込み与えます。
夏に生育が悪くなり、葉が元気がなくなったら
速効性の化成肥料を施します。

>>ラズベリーの育て方 庭植えもあわせてご覧ください。

 カテゴリ
 タグ