raspberry (7).jpg
人工授粉の必要もなく人気があります


ラズベリーはヨーロッパ、北アメリカ原産の木イチゴの仲間です。
ブラックベリーよりも寒さに強い品種です。

病害虫に強く1本でも結実し、人工受粉も必要ないので、
栽培しやすい家庭果樹として人気が高いです。

果実の色は赤、黒、青緑、黄色など
品種によってバリエーションに富んでいます。

国内の生産地はあまり多くありません。
果実が傷みやすいため完熟した実を味わうには、
家庭で栽培するしかないということです。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.自家受粉をする2季なり性品種が人気が高いです
2.古枝を新梢に更新し、大きく生長したら株分けをします
3.収穫時期が梅雨とぶつかるので、雨よけの準備をします



[ラズベリー 庭植えの育て方]


raspberry (11).jpg
野性味があります


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
関東地方以北の地域と中部地方の高冷地が適しています。

・品種選び
ラズベリーには、ほとんどの品種にとげがあるので注意します。

ニ季なり性の「インディアンサマー」、「セプテンバー」
「サマーフェスティバル」、「ヘリテージ」や
黄色い実をなたせる「ファールゴールド」「ゴールデンクィーン」
などがおすすめです。


■植え付け

ラズベリーの植えつけは温暖地は11月、
寒さが厳しい地域は気温が上がった3月に植え付けます。

土壌は適応性が高いので、比較的選ばなくてかまいません。

植え穴は直径40cm、深さ40cmほどに掘ります。
その掘り上げた土の1/3に堆肥を入れて先に埋めます。

その後に残りの土を入れ、中央がやや盛り上がるようにします。
苗木は20cmぐらいの長さに切り戻して深植えにします。

ラズベリーは乾燥に弱いので、株元を中心に落ち葉、
木材チップ、稲わらなどで覆って土壌が乾かないようにします。


raspberry (5).jpg
ラズベリーの花


■仕立て方

ラズベリーは品種によって株元から枝がまっすぐに伸びる直立性、
枝が弓なり状にあんる半直立性があります。

自然の樹形を活かした垣根仕立て、株仕立てもむいています。


■剪定

ラズベリーの剪定は、夏季剪定(6月)と冬季剪定(12月〜3月)2回行います。

・夏季剪定
6月ごろ勢いよく伸びるシュートを切り戻し、樹形を整えます。
枝を分かれさせて収穫量増加させます。

・冬季剪定
休眠時期の12月〜3月に前年に実をつけて枯れた枝、弱った枝を元から切り戻します。
株元から伸びたシュートは、長い枝で25節ぐらい、中ぐらいの枝で20節ぐらい
残るように切り戻します。


■栽培管理

・施肥
肥料がなくても栽培は可能です
春先に化成肥料を施すと株元からシュートが伸びてきます。

人工授粉、摘果は必要ありません。


raspberry (8).jpg
トゲに気をつけて収穫!


■収穫

ニ季性の品種では7月〜8月上旬と9月中旬〜10月上旬の2回収穫が可能です。
茎や葉にトゲがあるので、厚手の手袋をはめて収穫します。

熟すとヘタから果実が簡単に離れます。
果実の中が空洞になり、形がいびつになりやすいので気をつけます。

たくさん収穫した時は、果実酒やジャムなどに加工したり冷凍保存します。


raspberry (6).jpg
果実酒♪


■病害虫

・灰色かび病
梅雨の季節に発生し、果実を腐らせます。
予防としては、花が終わったら薬剤をまきます。

・マメコガネ
葉を食害するので、見つけ次第捕殺します。

・コウモリガ
6月下旬〜7月に茎に入り込み中を食害します。
対処法は株の周りの雑草を取り除き、
株元を腐葉土やわらで覆うと防ぐことが可能になります。



 カテゴリ
 タグ