lemon1 (5).jpg
レモンがじょうぶに育ってほしいです


レモンは柑橘類の中で一番寒さに弱い種類です。
国内では関東南部以西の太平洋岸の温かい地域、
瀬戸内海付近やや紀伊半島ではでは庭植えが可能です。

実はもちろん、葉も花もレモン特有の香りがします。
結実させない花は、室内で観賞するのも一つの案です。

レモンは完熟すると香りが薄くなる性質を持っています。
色づきはじめたら収穫し、室内で追熟させます。


aomusi-thumbnail2.jpg
アオムシは食欲旺盛


■レモンの葉が枯れる理由

1.レモンの病害虫
レモンは新しい葉が出てくるとアオムシ類が食害します。
卵や幼虫を見つけ次第、捕殺します。
ハダニ、アゲハチョウ、とくにハモグリガの被害にあうと、
その傷口から、かいよう病にかかることがありますの注意します


ゴマダラカミキリ.jpg
ゴマダラカミキリ、手強そうです


2.ゴマダラカミキリの被害
レモンの木が枯れてきた時には、
根元に木屑は出ていないかを確認します。

木屑が出ている場合は、ゴマダラカミキリが、
レモンを枯らしてしまう可能性が高いです。

理由はゴマダラカミキリは樹の中に相当数の卵を産みつけます。
そして2年間木を食べて生きていくので、
放置しておくとほぼ確実に枯れてしまいます。

地際を確認すると、樹皮を縦に割き持ち上げて産卵していた時は、
この部分をドライバーなどでつぶして卵を殺してしまいます。
成虫を見つけた時は捕殺します。

薬剤を使う場合は、地際にトラサイドA乳剤
またはスプラサイドA乳剤を株元に散布します。


2576-1272819953NXBa.jpg
乾燥し過ぎにも気をつけます


3.かいよう病の発生
雨が多く降ったり、強風で葉がこすれると傷口から菌が入り、
かいよう病が発生することがあります。
また、菌が雨と風で飛び散りさらに被害が大きくなります。

鉢植えにしている場合は、軒下などに鉢を移動させます。
庭植えの場合は、雨よけを作って有機物の殺菌剤をまきます。
マルチングも効果があります。

黄色い斑点ができ、感染してしまった部分が固くなり、
表面がガサガサになって落果の原因につながります。
葉が落ちたり枯れたり、枝枯れし樹勢が弱くなります。
対策は雨よけや風よけを作って防ぎます。

■わかりやすい育て方
・レモンの育て方 庭植え|低温に弱いので冬は防寒対策を
・レモンの育て方 鉢植え|春の花だけ結実させて立派な実に
 カテゴリ
 タグ