ume (9).jpg
毎年、高収穫にしたいですね


ウメは中国・中南部が原産の落葉果樹です。 
万葉集にも多く歌われているほど、昔から親しまれています。

寒さに比較的強い性質を持っていますが、
開花が早い品種は凍害にあわないよう注意が必要です。 


梅干し、梅酒、ジャム、ジュース、梅エキスなど食用として利用する他に、
吐き気や下痢を止める薬用植物としても知られています。


Japanese apricotB (4).jpg
花も実も楽しめる樹です


■ウメの実がならない、落ちるときの対処法

1.生理的落果について 
生理的落果はウメをはじめ様々な果樹で見かける現象です。
これは開花しても受粉せずにすぐに花が落ちたり、
受精しても天気などの環境の影響で果実が大きくならず、
ごく小さな時に落ちてしまうことを指します。

2.受粉の注意点
「豊後」や「白加賀」など同じ品種の花粉では受粉しにくい品種があります。
実を確実にならすためには、相性のよい他の品種を近くに植えたり
自家受粉を行う「藤五郎」など小梅類を選んで植えます。

受粉は虫にまかせてもいいのですが、
花と花を直接つけたり、花粉を集め筆や綿棒でつける
人工授粉を行った方が確実に実がなります。


Japanese apricot (1).jpg
人工授粉をすると好結果になります


3.樹の栄養バランスを整えます
新梢が伸びすぎている時は、気がついた時に剪定をします。
木の勢いが強すぎる場合は、チッソ肥料を控えめに与えます。
冬は乾燥しないように水やりに注意します。

生理的落果を抑えることにより、よい果実が実るようになります。
そしてこれが隔年結果を防ぐことにつながります。

■わかりやすい育て方
・ウメの育て方 庭植え|健康効果が高い実をつけます
・ウメの育て方 鉢植え|剪定で収穫が増えます
 カテゴリ
 タグ