ume (6).jpg
ウメの結実には剪定が大切です


ウメ(梅)はバラ科サクラ属の落葉高木で、自生地は中国です。
果実の使い道が広いので、人気が高い果樹のひとつです。

ウメの花は香りが高く、可憐な紅白の花は、
サクラ、桃と並ぶ春を感じさせる代表的な花です。
また樹形も風情があって鑑賞用にもよく栽培される果樹です。

梅酒、シロップ用には実が青いうちに収穫し、
ジャム、梅干し用には完熟してから収穫します。


ume2-300.jpg
毎年、梅酒と梅干を作っています!


■ウメの剪定 時期は?

1.ウメの特性
ウメは芽を吹く力が強いのでしっかりと剪定をして、
樹形を整えていく必要があります。
夏季剪定と冬季剪定の2種類があります。
2.ウメの夏季剪定
ウメは夏季剪定を行わないと強い徒長枝ばかりが伸び、
花がつきにくくなってしまいます。
関東以南では6月〜7月、関東以北では7月頃の収穫後に行います。

込み入った部分や内側に伸びている枝を元から切り戻します。
樹冠内の風通しと日当たりをよくすると、病気にもかかりにくくなります。

樹形を崩してしまう1m以上伸びた長い枝は、
翌年結実することは少ないので枝元から剪定します。


ume (5).jpg
梅の花は良い香り〜♪


3.ウメの冬季剪定
ウメの樹形を整え、開花と結実をよくするために、
冬季剪定を12月頃に行います。

花を観賞したい場合は冬は大まかに剪定をして、
新梢が伸びるまでに本格的に行うようにします。

まず古くなった側枝を切り戻し更新させます。
込み入った部分や同じ方向を向いている枝を間引き剪定します。

主幹の芯を止めたら主に弱剪定を行い、樹形を整えていきます。
新しい枝は1/3ほどの長さに切り詰めておくと、
翌年6月頃までに短い枝が出て、夏に花芽形成が始まるようになります。
長い枝には結実しにくい性質があるので気をつけます。

■わかりやすい育て方
・ウメの育て方 庭植え|健康効果が高い実をつけます
・ウメの育て方 鉢植え|剪定で収穫が増えます
 カテゴリ
 タグ