Feijoa  (11).jpg
美しい良い香りの花は食べられます


フェイジョアはフトモモ科フェイジョア属の常緑低木です。
別名はアナナスガヤバ、パイナップルグアバと呼ばれています。

南アメリカが原産地です。しかしウンシュウミカンより寒さに強いです。
ただし寒さが厳しすぎると落葉し、翌年の花つきが悪くなるので、
防寒対策を行うか、鉢植えでは霜よけをします。

生食する時は果実を半分にし、果肉をスプーンですくいます。
花も甘いので、食べることができます。

完熟した実は適度の酸と多くのペクチンが含まれています。
よって美味しいゼリーやジャムができます。


Feijoa  (2).jpg
実もパイナップルのような香りがします


[フェイジョア 鉢植えの育て方]


■植え付け

暖かくなった3月ごろに根をいじらないように注意し、
6〜7号鉢以上のサイズの鉢に、水はけのよい土で植え付けます。

用土は赤玉土6、腐葉土3、川砂1の割合が適しています。
冬は日当たりのよい室内に取り込んだ方が無難です。


img56734250.jpg
C)日本花卉ガーデンセンター【挿木3年苗】フェイジョア(マンモス)


■仕立て方

フェイジョアは模様木仕立てが適しています。
梅雨に針金を使って側枝を誘引し、水平にします。


■剪定

徒長枝で充実した花芽がついていないものは、先端の1/3ほどの長さで、
芽の上を切り戻します。

先端部分が込み入っている時は、上を向いている枝を残し、
他の枝は間引き剪定を行います。
地際から伸びる枝も切り戻します。


Feijoa  (6).jpg
愛らしい形と風合いの果実です


■栽培管理

・水やり
冬は鉢土が乾いたら、夏は毎日朝夕しっかりと水を与えます。

・施肥
4月、6月、10月に玉肥3個ぐらい鉢の縁に押し込みます。

>>フェイジョアの育て方 庭植えもあわせてご覧ください。

 カテゴリ
 タグ