zakuro450 (1).jpg
話しかけて来そうなザクロ


zakuro450 (2).jpg
花も美しいです


花を鑑賞する目的で育てるザクロを花ザクロ、
果実を栽培する目的で育てるザクロを実ザクロと呼んでいます。

庭木として花の観賞を楽しめる八重咲き品種は結実しないので、
品種選びは慎重に行います。

暑さ、寒さ、乾燥にも強く、病害虫の被害も少ないので、
比較的楽に栽培ができます。

真っ赤に熟した果実はそのまま生で食べるほか、
ジャム、ジュースやや果実酒に加工して利用されています。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.甘い実をつける品種を選ぶと楽しめます
2.開花中は雨に当たらないように注意します
3.摘果で実の数を制限し、質をよくします



[ザクロ 庭植えの育て方]


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
日当たりがよければ、北海道以南の地域なら栽培が可能です。
移植が苦手なので、良い植え場所を熟考してください。

・品種選び
ザクロは1本でも実がつきます。
日本では花木としてザクロを栽培してきたので、
花ザクロの種類は豊富です。

実ザクロで生食出来るのは、「大実ザクロ」「水晶ザクロ」など
数種類しかありません。
果実を楽しむことを目的にする時は、欧米種の「カルフォルニアザクロ」
「アークデニス」など甘みが強い品種もあります。


zakuro (9).jpg
日当たりの良い肥えた土地を好みます


■植え付け

日当たりのよい場所を選び、水はけがよい肥沃な土を用意します。
休眠期の12月〜3月が適しています。

深さ、直径とも40cmぐらいの植え穴を掘ります。
掘り出した土は二つに分け、そのひとつの半分に腐葉土をまぜ、
残りの半分に油かす、鶏ふんなどの堆肥をすき込みます。

腐葉土や鶏ふんを混ぜた土を先に植え穴へ埋め直し、
次に何もしていない土を埋め戻します。

苗の高さは50cmぐらい切り詰め、支柱を立てて固定します。
水鉢を作ってから水をたっぷりと与えます。
主幹となる一本を残し、細い枝が出ている場合は先を切り詰めます。


■仕立て方

ザクロは樹勢が強く、立ち枝を多く発生する性質を持っています。
主幹を3mぐらいの高さに切り詰めたら、主枝を3本ぐらいにします。
徒長枝が多く発生するので、間引き剪定を行います。


■剪定

剪定は12月〜3月ごろが適しています。
主枝や幹から徒長枝が伸び、樹形が乱れてきたら、
形を整えるために徒長枝、込み入った枝を剪定します。

花芽は短い新梢の先につくので、
切り返し剪定を行う時は花芽を切り落とさないようにします。

根際からひこばえが生えることがありますが、
樹形をくずさないよう、春先にかきとります。


zakuro (4).jpg
八重咲き品種は結実しないので注意します


■栽培管理

・施肥
収穫後元肥として12月〜1月にかけて、鶏ふんや油かすなど
有機質肥料を主に果樹の周囲にまきます。

追肥として3月ごろ、即効性がある化成肥料を施します。
果実がつきはじめてから与えると枝が伸びすぎて、
実がつきにくくなるので、注意が必要です。


zakuro (3).jpg
雨が降ったら、晴れた日に人工授粉をしましょう


・受粉
ザクロは自分の花粉で受粉します。
しかし梅雨の時期に上手く行われなかった場合は、
晴れた日に筆などで花の中をなでて、人工受粉を行います。


zakuro450 (3).jpg
果実が裂け始めたら収穫時です


■収穫

収穫時期は9月下旬〜10月ごろです。
実の色が黄赤から赤紫に色づき、果実が裂けはじめたら収穫します。

裂けた部分から雨水がしみ込むと腐ってしまうので、
早目に収穫するか、ビニール袋をかぶせるなど対応します。


■病害虫

ザクロの病害虫の被害はほとんどありません。
カイガラムシが発生したら、ブラシでこすりとります。
コウモリガ、ハマキムシが発生したら手で取って処分します。
 カテゴリ
 タグ