yusuraume.jpg
ユスラウメの実をよ〜く見るとうぶ毛があります


ユスラウメはバラ科サクラ属の落葉低木です。
自生地は中国北部、日本、朝鮮半島です。

ユスラウメの別名は山桜桃、毛桜桃と呼ばれています。
日本には江戸時代に伝わったと言われています。

樹高は1〜1.5mほどと大きくならないので、
狭い場所でも収穫が可能です。
モモの矮性台木としても使われている樹木です。

よく枝分かれする開帳の性質を持っているので、
花、果実ともあまり手入れをしなくても大丈夫です。


yusuraumenew (1).jpg
C)楽天市場 e-フラワー ユスラウメの苗


[ユスラウメ 鉢植えの育て方]


■植え付け

芽が動き出す前の3月上旬ぐらいが適しています。
根が詰まらないよう、定期的に植え替えが必要です。

5〜10号鉢を用意し鉢の底にはゴロ土をいれて、
少し用土を入れてから苗木となじませます。

用土の割合は赤玉土6、腐葉土3、川砂1を混ぜたものが適しています。
太い根を切り、根を広げるようにして植え付けたあと、
日当たりと水はけのよい場所に置きます。


yusuraume (1).jpg
ユスラウメの花


■仕立て方

ユスラウメの特性を生かしたスタンダード仕立てや
模様木仕立てが適しています。


■剪定

小柄な樹なので、樹形づくりにはあまり気にしなくても大丈夫です。
枝が込み入ってくると実つきが悪くなるので、間引き剪定を行います。

細い枝がほうき状に伸びやすい性質を持っています。
交差する枝はどちらか一方を切り戻します。
残した枝の先1/4ぐらいを切り戻します。


yusuraume (4).jpg
赤い実と白い実の品種があります


■栽培管理

・水やり
鉢土の土が乾いたら水を与えます。
過湿を嫌うので、与えすぎに注意が必要です。

・施肥
芽が出る前の2月下旬ごろと、収穫後の6月下旬、10月に
3個ぐらいの玉肥を鉢の縁に押し込みます。

>>ユスラウメの育て方 庭植えもあわせてご覧ください。
 カテゴリ
 タグ