kiwifruit1.jpg
うぶ毛がかわいい♪


キウイフルーツはマタタビ科マタタビ属の落葉つる性です。
自生地は中国が原産で5月中旬ごろ白い花を咲かせます。

キウイフルーツは雌雄異株なので、実をならすためには、
雌株と雄株2種類を用意するか、人工授粉が必要です。
キウイフルーツの鉢植えの育て方をご紹介しましょう。


[キウイフルーツ 鉢植えの育て方]

キウイフルーツの果実はミカンの2倍以上のビタミンCを含んでいます。
また食物繊維も豊富なので、美容と健康につながる食べ物です。

またアクチニジンと呼ばれるタンパク質分解酵素を含んでいるので、
果実を薄く切り、生肉にのせると肉が柔らかくなり美味しくなります。


■植え付け

12月〜3月の休眠時期に植え付けます。
寒冷地では暖かくなった3月に入ってからが無難です。 


ポット苗を植える時は、植え付ける前に根が少し出るよう、
根鉢を崩してからにします。

苗木は雄木と雌木両方を用意します。
園芸店などでは両方をセットで販売していることが多いです。


kiwifruititubomi.jpg
キウイフルーツのつぼみ


■仕立て方

ブドウと同じようにあんどん仕立てがむいています。
7〜8号鉢に植え、直径30cmほどのあんどん支柱を立てます。
支柱の上部につるをまきつけ、絡んだつるは切り戻します。


■剪定

鉢に植え付けてから3年目ぐらいに、伸びた新梢を1/3ほどに切り詰めます。
1枝に2〜3果、鉢全体では10果ぐらいに摘果します。


kiwifruit (3).jpg
夏の水切れに気をつけます


■栽培管理

・水やり
キウイフルーツは水切れに大変弱いです。
表土が乾いたらすぐに水を与え、夏の乾燥には特に注意が必要です。

・施肥
3月、6月、10月に玉肥3個ぐらい鉢の縁に押し込みます。


kf.jpg
美味しい!

>>キウイフルーツの育て方 庭植えもあわせてご覧ください。

 カテゴリ