Peach (3).jpg
家庭で作ったモモはジューシーで美味


モモ(桃)はバラ科サクラ属の落葉高木です。
自生地は中国南西部の高原地帯で、樹高は3mほどに生長します。

モモは品種が多く、果肉が白い系統と黄色い系統に分類できます。
ネクタリンは、モモの中で果皮に毛がない系統に分類されています。

モモは春に五弁または多重弁のピンク色の花を咲かせ、
夏には水分が多く甘い香りが特徴的な果実を実らせます。

モモは自家結実性の性質を持っているので1本でも実がなります。
しかし品種によっては花粉がないものもあるので注意が必要です。


[モモ 鉢植えの育て方]


■植え付け

3月ごろに行います。
根を詰まらせやすいので、2年ごとに植え替えが必要です。 

10〜15号鉢(矮性種は6〜8号でも可)を用意します。
鉢の底にはゴロ土をいれて、少し用土を入れてから苗木を植え付けます。

用土は畑土に3割ほど腐葉土を混ぜたものが適しています。
深植えにならないよう、手でしっかり押してなじませます。

鉢底から水が流れ出すほど大量に水を与えます。
支柱を立てて、高さ70cmぐらいで切り戻します。


momo (2).jpg
人工授粉が必要な品種もあります


■仕立て方

鉢の倍の高さで切り詰め、新梢が固くならない6月〜7月に、
シェロ縄や針金で側枝を誘引した模様木仕立てが向いています。


■剪定

モモは前年に伸びた枝の中間に葉芽と花芽ができます。
その花芽が実をつけますが、花芽だけにすると枯れてしまいます。

葉芽を残すようにして鉢の3倍ぐらいの高さで切り返します。
下部の枝や内向枝など、不要な枝は透かし剪定を行います。


momo (1).jpg
もうすぐ食べごろです


■栽培管理

・水やり
夏は朝と夕方1日2回、それ以外の季節は土の表面が乾いたら水を与えます。
花芽ができて実をならす時期は、葉が枯れない程度に乾かし気味に管理すると
実が甘くなります。

・施肥
3月〜9月に4個ぐらいの玉肥を鉢のふちに押し込むように施します。
油かす2、骨粉1の割合がおすすめです。


momo (6).jpg
モモのゼリー


>>モモの育て方 庭植えもあわせてご覧ください。

■モモのわかりやすい育て方
・モモをおいしく育てるコツ
・モモ 自家受粉できる品種は?
・モモの用土は?
・モモ 袋かけは必要?
・モモ 花が咲かない理由は?
・モモ 実がならない理由は?
 カテゴリ
 タグ