Cherry (3).jpg
宝石のよう


Cherry (4).jpg
近くで見てもうっとり♪


サクランボはバラ科サクラ属の落葉高木です。
自生地はアジア南部や黒海沿岸地方で、樹高は3〜4mほどに生長します。

サクランボはスイートチェリーとサワーチェリーに分類できます。
生で食べるにはスイートチェリー、
果実酒にはサワ―チェリーが向いています。

涼しい気候を好むサクランボですが、
暑さに強い「オウトウ」を選ぶと比較的楽に栽培ができます。

実がなる時期がちょうど梅雨と重なって裂果しやすいので、
雨よけ対策をしっかりと行います。


[サクランボ 鉢植えの育て方]


■植え付け

12月〜3月が適しています。関東地方より以西では12月中がいいです。
苗木は徒長していない、節と節の間が詰まった充実した物を選びます。

6〜8号鉢を用意します。
鉢の底にはゴロ土をいれて、少し用土を入れてから苗木となじませます。

用土の割合は赤玉土6、腐葉土3、川砂1を混ぜたものが適しています。
鉢の高さと同じぐらいの位置で芽の上で切り詰めます。

過湿に弱いので、雨が当たらない日当たりのよい場所に置きます。


sakuranbo_saori.jpg
C)花ひろばオンライン さおりという品種です


■仕立て方

サクランボには模様木仕立てが向いています。
2年目の冬に枝が左右交互になるようバランスよく間引きます。

残す枝の先は1/3ぐらいの長さを切り返します。
実がなるようになったら、1年おきに植え替えます。

3年目以降の冬に、まっすぐ上に伸びる徒長枝は切り落とします。
細い枝や込み入った枝を間引き、鉢の高さの3倍ぐらいの樹高に仕立てます。


■剪定

1年目6月上旬の剪定では、主幹の延長枝は15cmぐらいで切り戻します。
側枝は10cmぐらいの位置で外芽の上で切ります。
側枝は水平、あるいはやや下向きに誘引します。


Cherry (6).jpg
受粉してあげると安心です


■栽培管理

・水やり
発芽から実が緑色の間は十分に水やりをします。
そして実が色づきだしたら、乾かし気味にします。

夏は乾かし気味だと葉先が枯れてしまいます。
必要に応じて朝と夕方1日に2回たっぷりと水を与えます。

・施肥
3月初めに4個ぐらいの玉肥、
収穫後に速効性のある化成肥料を与えます。

サクランボは秋に与える肥料によって育ち方が変わってきます。
落葉したら玉肥4個ぐらいを施し、花芽を作るための養分を蓄えます

>>サクランボの育て方 庭植えもあわせてご覧ください。

 カテゴリ
 タグ