sikuwa-sa- (6).jpg
シークワーサー、癌予防ストレス解消美容にも効果があるとされます!


シークワーサー(シークヮーサー、ヒラミレモン)は、
琉球諸島及び台湾に自生しています。
国内では特産物として沖縄で栽培されています。

シークワーサーの庭植えの栽培方法を分かりやすくご紹介していきます。

シークワーサーの名前の由来は沖縄方言から呼ばれるようになりました。
「シー」は「お酢」、「クワーサー」は「食わせるもの」の意味です。

樹高は5mほどで、花は4月ごろ直径3cmぐらいの白い花を咲かせます。
実は7月ごろからなりはじめ、実の大きさはおよそ25g〜60gです。

沖縄ではレモンの代わりに果汁を料理や醤油と一緒に
酸味のひとつとして、よく利用されています。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.寒さに弱いので、防寒対策をしっかりとおこないます
2.鳥害から守るためには、網掛けが効果的です
3.収穫時期によって、食べ方や加工方法が変わってきます




[シークワーサー 庭植えの育て方]



■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
日当たりのよい場所を選びます。

耐寒性はマイナス5℃とレモンと同じぐらいです。
関東地方でも暖かい地域なら庭植えも可能です。

・品種選び
初心者や寒い地域で栽培するには早生品種がお勧めです。
理由は早生品種は寒さに強く、樹高もコンパクトでよく実がなるからです。

味がよく糖度が高いのは晩生種です。


sikuwa-sa- (3).jpg
4月頃、可憐な花が咲きます


■植え付け

沖縄では12月〜1月の発芽前か、
春に育った葉が生長した梅雨期が植え付けに適しています。

沖縄より寒い地域では暖かくなった3月中旬〜4月ごろが植え付けに適しています。
寒さには弱いので、マルチングなどの防寒対策をおこないます。 


植え付ける1か月前に深さ50cm、直径1mぐらいの植え穴を掘ります。
深植えにならないよう、丁寧に根を広げてから植え付けます。

sikuwa-sa- (7).jpg
C)渓風園(keifuen) 苗木です


■仕立て方

シークワーサーには、主枝を3本ほど選んだ開心自然形仕立てが適しています。
1年目の苗は主幹を地際から30cmぐらいで切り戻します。
*開心自然形仕立てについては、こちらをご覧ください。
>>ユズ 仕立て方と剪定方法は? 図解

亜主枝は3本ぐらいを選び、お互いの枝が重ならないようにします。
日光が樹冠内部に届くように、不要な立ち枝は間引きます。


sikuwa-sa- (4).jpg
剪定と誘引をすると良い実がなります


■剪定

シークワーサーは一般的に樹勢が強い性質を持っています。
特に若いうちは枝が立ち気味に伸びるので、
剪定と同時に誘引もおこなって樹形を整えていきます。

剪定時期は沖縄では12月〜1月、他の地域では3月ごろと
発芽する前が適しています。


■栽培管理

・施肥
生育期間中の2月〜9月は、油かすや鶏ふんなど有機質肥料を
1ヶ月に1回ほど施します。

実がなった後は、新梢が出る前の2月、生理落果後の5月、
樹勢をキープさせるための8月、実をよくならすための10月、
年に4回ほど施します。

・受粉
受粉樹は必要ありません。1本でも結実します。
シークワーサーは雌雄両性花を咲かせる樹であり、自家受粉性もあります。

・摘果
摘果の時期は、生理落果が終わった5月ごろから行います。
小さいサイズの実、病気になったり傷がついてしまった実を摘み取ります。


■収穫

シークワーサーの収穫時期は8月〜翌年の2月にかけて可能です。
酸っぱい味を必要とする時は8〜9月に収穫し、
甘く生で食する時は12〜2月の収穫できるものが適しています。


■病害虫

・かいよう病
葉、枝、果実に感染する病気です。
実に感染するとはじめは円形の斑点がコルクのように硬くなり、
周りが黄色く縁どられます。

対策としては、新芽がでるころに殺虫剤をまきます。

・そうか病
葉、新梢、果実に感染する病気です。
葉はイボイボ状になり、実はかさぶたのように硬くなります。

対策としては、開花時期にペンレートなどの殺虫剤をまきます。

・ハナムグリ
訪花昆虫のひとつで、花の時期に爪や口などで、
果実のものを傷つけて締まる場合があります。

殺虫剤を散布して、防御します。

■参考
・シークワーサーの育て方 鉢植え|水はけのよい土壌を作ります
・シークワーサー 沖縄以外で栽培できる?
・シークワーサー 実がならない理由は?
・シークワーサーの剪定方法は?
 カテゴリ