kaki (1).jpg


近所の園芸好きのおじさまが、
毎年、柿をいっぱいくださいます。

渋柿なのですが、ヘタに焼酎をたらして、
渋味を抜くと、とっても美味しいです。
冷凍庫で凍らせてシャーベットにしても美味。

カキ(柿)は中国が原産の果物です。現在では欧米各地へ輸出されています。
日本では家庭果樹の中でも一番栽培されているほど人気が高いです。

耐寒性はありますが、暖かい地域では甘ガキ、
寒い地域では渋ガキと地元の品種を栽培した方が育てやすいです。

カロチン、ビタミンC、カリウム含有量が多い果実は、
まさに健康食品といえる食べ物です。

たわわに実ったオレンジ色の実と紅葉を同時に楽しめる、
秋を感じさせてくれる果樹のひとつです。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.地域にあった品種を選び、過肥と強剪定を避けます。
2.結実させるためには、雄花が咲く品種を近くに植えます。
3.苗木は実生から作られた共台の接ぎ木苗が適しています。



[カキ 庭植えの育て方]


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
カキには大きく分類すると甘ガキと渋ガキがあります。
甘ガキは関東地方を含む西の地域が適しています。
渋ガキは東北地方を含む南の地域が適しています。

・品種選び
一般的には渋ガキの方が甘ガキよりも大きく生長します。
開張性の品種を選ぶと樹勢があまり強くないので、栽培が楽です。

カキは雌雄異花です。しかし多くの品種は受粉しなくても、
実をならすことが可能です。
渋ガキの方が甘ガキよりも単為結実性が強いです。

甘ガキを育てる時は受粉樹として「禅寺丸」をそばに植え、
人工授粉を行った方が確実に実を収穫できます。


白川郷.jpg
白川郷の柿の木


■植え付け

暖かい地域では11月下旬〜12月、
寒い地域では2月下旬〜3月に日当たりのよい場所に植え付けます。
できるだけ早い時期に植えた方が、よく根が育ちます。

深さ、直径とも40cmぐらいの植え穴を掘ります。
掘り上げた土の半分に腐葉土を混ぜます。
残りの半分に腐葉土、油かす、牛ふん、堆肥などを混ぜ、
こちらを先に埋め入れます。

土壌はやや粘土質で保水性の悪い場所は適しません。
植え付け終わったら、十分に水やりを行います。


■仕立て方

カキの樹齢は長く、木が生長すると背丈が高くなりやすいです。
開心自然形に仕立てると樹高が低くなり、
全体の日当たりもよくなるので適しています。

植え付け時に60cmぐらいの長さに切り戻します。
1年後の冬には枝の先端を切り戻します。

2年後の冬は、主枝として選んだ枝を誘引して形を整えます。
そして昨年と同じように枝の先端を切り戻します。

3年後の冬は、主枝から出る亜主枝、亜主枝から出る側枝が
バランスよく育つよう、込み合う枝は間引き剪定を行います。
5年後以降は樹形が整ってきたら、切り戻し剪定は控えます。


■剪定

冬に入り葉が落ちて、樹全体が休眠している1月〜2月に行います。
剪定は樹形づくりの他に実をならせたい枝に栄養分が行きとどくよう、
整理する目的もあります。

果実をつけていない20cm〜30cmの枝には、
翌年実をならすので切り戻さず残しておきます。

花芽は日当たりのよい場所に良くつきます。
徒長枝や車枝、並行枝、長さ20cm以下の枝は間引くようにします。


■栽培管理

・施肥
カキは他の果樹と比べてカリ分を必要するので注意します。
元肥は12月〜1月に油かす、堆肥などの有機肥料をメインに与えます。

追肥は7月ごろに化成肥料を与えます。
礼肥は収穫後の9月下旬〜10月上旬にチッ素分の少ない、
化成肥料を与えると、翌年果肉が締まった美味しい実がなります。

・受粉
カキは雄花と雌花があるので、ほとんどの品種では人工受粉は必要ありません。
しかし訪問昆虫が少ない場所では、筆などを使って受粉させます。
開花後3日以内が理想的です。


kakinew (1).jpg
見落としてしまいそうな柿の花


■果実管理

・摘蕾
全ての花を咲かせ実をならせてしまうと
栄養分が実に取られてしまい、樹全体への負担が大きくなってしまいます。

そこで蕾が大きくなった5月ごろに余分な蕾や花を取り除きます。
上向き、小さな蕾は取ってしまい、下向き、横向きのものを残します。


kakinew (4).jpg
立派な実になりますように


・摘果
生理落下が終わった後、7月上旬〜中旬にかけて、
樹の負担を小さくするために摘果を行います。

目安は1枝に1果、葉が20枚前後に1果を残すようにします。
優先的に摘果するものは、虫を食っている実、形がいびつな実、
日やけしやすい上を向いている実です。

残す実は下向き、横向きの実、枝の中央でヘタが大きな実です。


kaki (6).jpg
収穫の季節です!


■収穫

10月〜11月にかけて、橙色に色づいたら収穫します。
収穫をしないでいつまでも実をならしておくと、
樹の栄養分を実が取ってしまい、
来年の開花と結実が悪くなるので注意します。

渋ガキのシブ抜きは、収穫後ヘタを焼酎や消毒用のエチルアルコールにつけます。
アルコールにつけたら乾燥しないよう、すぐにビニール袋に入れて密封します。

品種によって渋抜きにかかる期間は違ってきますが、
目安は1〜2週間で抜けます。


■病害虫

・炭そ病
6月ごろ果実や枝、葉に黒い円形の斑点ができてしまい、
症状がひどいと実が落ちてしまいます。

対処方法は病気になった枝を切り落とすか、
トップジンM水和剤を予防散布します。

・落葉病
6月中旬ごろ一番感染しやすく、葉に円形か多角系の斑点ができます。
そして9月ごろ葉が落ちてしまいます。
対処方法は落ちた葉を焼却処分するか、病気にかかった時に薬をまきます。

・カキノヘタムシガ
幼虫がカキの実に入り込み、6月〜7月に実を落としてしまいます。
対処方法は6月、7月下旬〜8月上旬にかけてスミチオン乳剤を散布します。

また冬の時期にカキの樹皮を削っておくと
樹皮がつるつるとした薄い皮になります。

害虫が卵を産む場所がなくなるので、
虫の発生を防ぐことにつながります。

■カキのわかりやすい育て方
・カキの育て方 鉢植え|枝先の花芽に注意して剪定します
・カキ 実がつかない原因は?
・カキの栄養
 カテゴリ
 タグ