tomato5.jpg
暖地ではトマトなど夏野菜のタネまきができます


3月は、暖地と寒冷地では気候がまったく異なるので、
地域によってできる野菜栽培作業が異なります。

◎暖地の場合は?
3月にもなると気温も上がり、
トマトなどの夏野菜のタネまきが始まります。
ただし、陽気が良くなるにつれ、
害虫の活動も活発化するので注意が必要です。

◎寒冷地の場合は?
一部の葉物野菜を除き、
タネまきや植え付けはまだ早いです。
もう少し暖かくなるまで、雪が消えたら、
土づくりに専念しましょう。

*青いリンクをクリックすると、
わかりやすい育て方のページに飛びます


■タネまき

暖地や中間地では、コマツナやホウレンソウ、
シュンギク、ミズナ、サンチュなど、
葉物野菜のタネまきができます。

春まきはとう立ちしやすいので、
とう立ちしにくい品種を選ぶと良いでしょう。

ジャガイモ
良質のタネイモを準備します。
霜がおりなくなったら早めに、
3月までにタネイモを植え付けます。


potatoA.jpg
おいしいジャガイモを作ろう!


■収穫

ナバナ(菜の花)
つぼみが次々につき、収穫の最盛期です。
つぼみがついてきたら、茎を15〜20cmつけて、
手で折り取って収穫します。

完全に開花すると風味が落ちるので、
早めに収穫しましょう。


nanohana.jpg
ナバナ、春の香りです


■家庭菜園の管理

アスパラガス
暖かくなるにつれ、株が再び
生長をはじめます。
3月中旬頃から、月に1回、1uあたり化成肥料30gを
追肥として施すと、4月〜6月まで収穫できます。


Asparagusnew20(1).jpg
菜園産は絶旨!


イチゴ
生長を再開し、株元から新しい葉が伸び、
花芽がつき始めます。
病気を防ぐため、枯れたり霜で傷んだ葉を見つけたら、
付け根から摘み取りましょう。

マルチをしていない場合は、花が咲き始めたら
敷きわらをしくと、実が汚れたり傷んだりするのを防げます。
3月下旬〜4月上旬に、追肥として1株あたり
一つまみ(約30g)の化成肥料をまきます。


Strawberry1.jpg
鳥に盗られないように


エンドウソラマメ
暖かくなるにつれ、草丈が伸びてきます。
エンドウは、追肥として2週間に1回、1uあたり化成肥料
30gをまき、株元に土寄せをします。


soramameA.jpg
うちでも元気に育っています


ニラ
さらにニンニクミョウガラッキョウも冬越しが終わり、
再び葉が伸びてきます。
月に1回、1uあたり30gの化成肥料を追肥として
施しましょう。

暖かくなると雑草も伸び始めます。
こまめに除草しましょう。

■関連記事
・4月の野菜栽培|夏野菜の植え付けが始まります
・野菜栽培 12ヶ月 一覧
・夏野菜 種類と育て方
 カテゴリ
 タグ