Grape (8).jpg


ブドウは、ブドウ科ブドウ属に分類されるつる性落葉果樹です。
現在栽培されているブドウは「ヨーロッパ種」、「アメリカ種」、
そしてそれらを交配してつくられた「欧米雑種」の3種類に大きく分類できます。

ブドウは柑橘類と同じように生産量が多い果樹です。
他の果物と比べて乾燥地でも育つので育てやすいです。

昔、外国で飲料水が少ない地域では、
ワインを水がわりとして利用するほど愛飲されてきました。

日本では主に生食として利用されてきました。
また赤ワインにポリフェノールが多く含まれているため、
抗酸化食品として健康に関心が高い人にも好まれる果実です。


[ブドウ 鉢植えの育て方]


■植え付け

鉢植えに適しているのは、デラウェアなどの中〜小粒品種です。
7〜8号サイズの鉢に水はけのよい土を入れます。

用土の場合は赤玉土6、腐葉土3、川砂1の割合が適しています。
日当たりのよい場所に置いて管理します。


Grape (9).jpg
あんどん仕立てにするのが良いです


■仕立て方

ブドウにはあんどん仕立てが適しています。
鉢の高さの3倍ぐらいの高さに仕上げるとバランスがいいです。

他にはトレリスを利用する方法があります。

p1150496.jpg
父の日に大人気デラウェア 実付き
↑去年、父にプレゼントしたら、美味で美しい樹勢をかなり気に入ってくれています


■剪定

1年目は苗木を5節ぐらいで剪定し、支柱を立てて主枝を伸ばしていきます。
主枝以外は間引き剪定を行います。

2年目に枝がやわらかくなる3月ごろに、鉢の高さの3倍ぐらいの場所に
あんどん支柱を立てて枝を誘引します。

2年目の秋から収穫ができるようになります。
鉢全体で5房ぐらいになるよう房を摘みます。


zeri-.jpg
採れたてのブドウのゼリー!


■栽培管理

・水やり
基本的に乾燥に強い性質です。
夏に表土が乾いたら、たっぷりと水を与えます。

・施肥
3月に玉肥を4個ぐらい、鉢のふちに押し込むように施します。

>>ブドウの育て方 庭植えもあわせてご覧ください。

■ブドウのわかりやすい育て方
・ブドウの花が落ちる理由
・ブドウ 鉢植えのコツ
・甘いおいしいブドウを育てるには?
・ブドウの仕立て方は?
 カテゴリ
 タグ