ume (2).jpg
ウメの実が大きくなっていき色が変わるのも楽しみです


上手に世話をし剪定すると、多くの実がなります。
ウメの樹のわかりやすい育て方をご紹介します。


ウメは遣唐使が中国から伝えたと言われています。
「万葉集」にも多く歌われ、古くから日本人に愛されてきた果樹です。

香りがよい紅白の梅の花は寒さに強く、
2月〜3月にかけて、モモやアンズよりも早い時期に開花します。
サクラと同様春を告げる樹木のひとつです。

果実は梅干し、ウメ酒、ジャムなどに利用できます。
梅干しには完熟前がいいので下にネットを張り、
落下したものを集めて使います。

ウメ酒には完熟前の青い梅、ジャムには黄色い完熟果を使うなど、
用途に応じて実を使うタイミングを計ります。

arrow46-011.gif栽培ポイント
1.寒さに強い性質ですが、開花が早い品種では凍害に注意します。
2.巨木にならないよう、日当たりがよくなる剪定を行います。
3.たくさん短果枝を出させると、実の収穫量がふえます。



[ウメ 庭植えの育て方]


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
日当たりと水はけがよく、耕土のよい土壌を好みます。
開花時期に−3℃にならない場所が適しています。
品種を選べば北海道から九州まで栽培可能です。


ume2-300.jpg
南高梅、おいしいです


・品種選び

多くの品種は自家不結実性ですが、
「甲州小梅」のように1本でも実がなる品種もあります。
他の品種は必ず花粉の多い小梅品種をそばに植える必要があります。

よく実がなる組み合わせは、梅郷×南高×鶯宿です。
実がなりにくい組み合わせは、玉英×豊後、白加賀×豊後です。


■植え付け

ウメは品種によっては剪定をせず放置しておくと、
樹高が10m近く大きく生長します。
庭で植える時は敷地内の南や西の方角が適しています。

ウメは根が動き出すのが早い性質を持っています。
冬に出回った苗を入手したらすぐに植え付けます。

関東よりも南の地域は初冬の12月初旬、
北の地域は萌芽前の3月ごろが適しています。

直径と深さが40cm〜50cmぐらいの植え穴を掘り、
掘り上げた土に腐葉土20リットル、
油かす2リットルぐらいをよく混ぜて埋め直します。

根を平らに広げるように浅く植え、土をかぶせたら軽く踏み固めます。
苗が倒れないよう、支柱を立ててひもで結びつけます。


ume (5).jpg
花も楽しめるのが魅力です


■仕立て方

ウメは開心自然形の仕立て方が適しています。
1年目の冬は、60〜90cmの長さで切り戻します。

2年目の冬は、幹に対して120度ぐらい角度が広い主な枝を3本選び、
間隔は20cm以上あけるようにします。

3年目の冬は、主枝から伸びた枝を60cmぐらいの間隔で、
交互に配置するように間引きます。


■剪定

ウメの剪定は、夏季(6月〜7月)と冬季(11月〜12月)に切り戻します。

・夏季剪定
風通しをよくし太陽の光が内側にも届くように、
徒長枝、下向き・横向きの不要な枝を間引き剪定します。

・冬季剪定
ウメは枝の先端からホウキのような直上枝が出やすい性質を持っています。
直上枝は他の枝の栄養分を取ってしまうので、
全体の樹形をみて主な枝を3本選び、他の枝は切り戻します。

また内側にむかう内向き枝や枝と枝が重なり合った交差枝も取り除きます。
最後に短果枝が多く出るように、残す枝の先端も切り戻します。


ume (1).jpg
梅の実を収穫して、自家製の梅酒は香りが良く甘味を抑えられて最高


■栽培管理

・施肥
ウメは暖かい地域では、12月下旬ごろから根が活動を始めます。
元肥はその前に堆肥などの有機肥料を与えます。

追肥は開花後の3月下旬〜4月上旬、
実を収穫した後の7月〜8月に化成肥料を与えます。

・受粉
ウメの人工授粉は自家不結実性品種、花粉が少ない品種、
訪花昆虫の少ないケースや、室内に置く場合に行います。
開花時期が重なれば、花ウメの花粉でも受粉は可能です。


ume (7).jpg
ウメは摘果の必要はほとんどありません


■果実管理

ウメは摘果は必要ありません。実がなり過ぎた時だけ行います。
生理落果が終わった4月下旬〜5月上旬が適しています。
目安は15葉に1果ぐらいに実を残します。


■収穫

ウメは実を使う目的によって収穫時期が違ってきます。
梅ジュースや梅酒を作る時は、実が青い5月中旬ごろに収穫します。
梅干しや梅ジャム用には実が熟して黄色くなった頃に収穫します。


umesyu400.jpg
自家製の梅で梅酒! おいし〜いですよ 


■病害虫

・アブラムシ類
4月〜6月に発生し、葉が縮れてしまいます。。
対策は早目に発見して枝ごと処分するか、霧水で吹き飛ばします。

・オビカレハ(ウメケムシ)
越冬卵を枝に帯状に生みつけます。見つけ次第剪定します。
幼虫は3月上旬ごろ発生しやすいです。
枝の分岐点に巣を作って葉を食べるので、巣がついた枝ごと処分します。

・黒星病
5月から梅雨の気温が低い時に葉や実に黒い斑点が出てきます。
対策は風通しと日当たりをよくし、チッソ分が多い肥料は控えめにします。

・かいよう病
5月下旬ごろに多くかかりやすい病気です。
やわらかい枝、実、葉にコルクのような斑点が盛り上がります。
剪定をする時に被害にあった部分を焼却して処分します。

■ウメのわかりやすい育て方
・ウメの育て方 鉢植え|剪定で収穫が増えます
・ウメの実がならない、落ちるときの対処法
・ウメの剪定 時期は?
・ウメの品種の選び方
・ウメの花が咲かない理由は?
・ウメの実 収穫時期は?
 カテゴリ
 タグ