natuyasai.jpg


今はスーパーでは、一年中季節の野菜が買えるようになりました。
さらに旬の食べ物、夏野菜は積極的に摂取したいものですね。

では、夏野菜はどんな種類と効果があるのでしょうか。
そして、そのわかりやすい育て方をご紹介します。 



nasu.jpg
・ナス
こちらも、スーパーでは一年中見る野菜ですが、本来は夏に収穫されます。
栄養価自体は低いのですが、油なじみがよく他の食材を引き立ててくれます。
ニンニクが効いた中華や、パスタで食べると美味な野菜です。
>>ナスの育て方へ


tomato.jpg
・トマト
美容効果を期待できるトマトですが、
ビタミンが豊富で夏バテに効果的です。
肉の臭みを消し、脂っこさを消してくれるので、
肉類と合わせて調理されることが多い食材です。
>>トマトの育て方へ


kyuri.jpg
・キュウリ
キュウリには、カリウムが豊富に含まれています。
その為、利尿作用が多く体温を下げてくれます。
二日酔いで体内にたまったアルコールを排出し、
むくみを取り除く効果もあります。
>>キュウリの育て方へ



piman (2).jpg
・ピーマン
ビタミンが豊富で、高血圧予防に効果的です。
緑の他に赤や黄色と鮮やかな色が特徴で、
料理を見た目でも楽しませてくれます。
>>ピーマンの育て方へ


natuyasai (4).jpg
・ゴーヤ
沖縄県を代表するといっても過言ではない野菜です。
やや苦みがありますがビタミンCやミネラルが豊富です。
近日は緑のカーテンとしても人気です。
>>ゴーヤの育て方へ


kabotya.jpg
・カボチャ
秋から冬に食べるイメージのあるカボチャですが、日本産は夏が旬です。
栄養価がとても高く、夏に限らず一年中摂取したい食材です。
>>カボチャの育て方へ


okura.jpg
・オクラ
ネバネバとしており、食欲がなくてもするするとのどを通ってくれます。
血糖値の上昇を抑えるとともに、整腸作用もあります。
>>オクラの育て方へ


corn1.jpg
・トウモロコシ
夏のお祭りでよく見られる焼トウモロコシですが、
食物繊維やカルシウム、ビタミンが豊富です。
コレステロールをさげ、動脈硬化に対しても予防効果があるので、
生活習慣病が気になる方には積極的に摂取してほしい野菜です。
>>トウモロコシ(スイートコーン)の育て方へ


suika.jpg
・スイカ
果肉に多く含まれるカリウムは疲労回復、利尿作用があり、
水分が多いので夏バテに効果的です。
親子で家族で栽培し、食べる楽しみは格別です!
>>スイカの育て方へ


いかがでしょうか? 育てたい野菜はありますか?
どれも健康にはもちろん、生長を見守る楽しさも最高です!

>>夏野菜苗 植え付け時期
 カテゴリ
 タグ