satumaimo (3).jpg
サツマイモの収穫はほんとう楽しみです


サツマイモをせっかく育てたのに、
収穫時期が早すぎた、遅すぎたで、
がっかりすることがありますね。

今年は、収穫適期を見極めましょう。


sweetpotato (3).jpg
深型プランターやトロ箱でも栽培できます


■サツマイモの収穫適期は?

サツマイモに限らず、ジャガイモやサトイモなど、
土の中にできるイモ類は、生育期間が長くなるほど
イモは太り続け、大きくなります。

しかし、菜園に置きすぎて霜にあたると、
イモが腐りやすくなってしまうので、
遅くとも初霜が降りる前(関東地方では11月中旬ごろ)
までに収穫しましょう。

茎や葉が黄色くなり始めたら収穫適期です。
ベニアズマなどの早生品種は、早めに収穫できます。

関東地方以西では、マルチ栽培の場合は9月下旬から、
マルチをしていない場合では、10月下旬〜11月上旬が
収穫適期です。

植え付け後100日ほどたったら、株元を探って
大きそうなイモを試し堀し、試食してみます。
品種の特徴が現れていれば、収穫できます。


◎収穫の方法
まず茎を地際から15cmほどで
ハサミやカマなどで刈り取ります。

次に、株元から15〜20cm離れた所にスコップをさし、
つるの付け根を持って、土中から引き抜きます。

収穫後は、2〜3週間、風通しのよい日陰で干しましょう。
サツマイモやカボチャなど、でんぷんの多い野菜は、
少し時間をおくとでんぷんが糖分に変化して甘くなります。


sweetpotato (4).jpg
サツマイモ畑


■収穫適期に収穫したのにイモが小さいときは

収穫適期に収穫したのに、イモが小さいことがあります。

1株分の茎葉が光合成によって作り出せる養分の量は
決まっています。

イモの数が多くなると、1つ1つの大きさは、
小さくなってしまいます。

イモの数が多すぎて小さくなってしまった場合は、
次回は株間を狭くしたり、イモは葉のつけね(節)にできるので、
水平植えにしていたら、船底植えや斜め植えにしてもいいでしょう。

また、つるボケになっても、茎葉ばかりが育って、
イモが太らなくなってしまいます。

◎つるボケとは?
窒素分を与えすぎると起こります。
植え付け時の元肥をほかの野菜より少なくしたり、
サツマイモ用の肥料を使用すると良いでしょう。

草木灰や塩化カリなどのカリ肥料を多く施すと、
イモの肥大が促進されます。

また、植え付けが遅すぎたということはないでしょうか?
植え付けが遅れると、初霜の時期までに
イモが太りきれないことがあります。
植え付け適期を守りましょう。


satumaimo (1).jpg
サツマイモの花もかわいいです


■サツマイモの保存法

保存する場合、サツマイモは熱帯性の野菜なので、
9℃以下の低温に長期間億と腐敗します。
そのため、冷蔵は避けましょう。

貯蔵の適温は13〜15℃です。
温度が高すぎると、発芽してしまいます。

新聞紙などに包んだら、換気用の小さい穴を開けた
発泡スチロールの箱に入れ、
10℃以下にならない冷暗所で貯蔵します。


sweetpotatoA (2).jpg
ほんものの自家製大学芋

■サツマイモのわかりやすい育て方
・サツマイモ 黒斑病の注意点
・サツマイモとは?|豊富なビタミンCは加熱にも強い
・サツマイモの育て方(地植え)|やせ地でも簡単栽培、初心者でも高収穫!
・サツマイモのプランター栽培|つるは誘引して収穫量もアップ!
・サツマイモ 苗の植え方は?
・サツマイモ つる返しとは?
・サツマイモの肥料は?
・サツマイモの袋栽培
・サツマイモ 保存方法は?
・サツマイモ 大きくならない原因は?
 カテゴリ
 タグ