lamb's ears (2).jpg
ラムズイヤーの銀白色の葉と紫系の花がみごとです


lamb's ears.jpg
花壇でも楽しめるハーブです


ラムズイヤーは、ガーデニング素材としても、
庭植え、寄せ植えなどに人気のハーブです。

科名:シソ科
別名:ワタチョロギ(和名)
英名:lamb's ears
性質:多年草
利用箇所:葉、花

   
arrow46-011.gif栽培ポイント
1.高温多湿に弱いので、半日陰に植え付けます
2.乾燥気味に管理します
3.花後は根元から切り戻し、風通しを良くします



ラムズイヤーは全体が銀白色の柔らかい毛で覆われていて、
ベルベットのようなしっとりした質感です。

ラムズイヤーの香りは弱く、葉にわずかな芳香がある程度ですが、
ほかの植物を引き立ててくれる外観が好まれ、
ハーブガーデンの縁取りや花束、クラフトなどに用いられています。

以前は食用にしたり、生の葉を湿布薬として利用してきましたが、
現在ではもっぱら観賞用として栽培されています。


■栽培管理

高さ20〜90cmになり、地面を這うようにほふく茎を横に伸ばします。
見掛けは繊細ですが、案外丈夫です。

日当たりを好みますが、半日陰でも良く育ちます。

・タネまきと育苗
3月〜4月、ポットに培養土を入れ、
3ヶ所浅い窪みをつけたら、
それぞれに1粒ずつタネをまきます。

ごく薄く覆土したら、たっぷりと水やりをします。

・植え場所
ラムズイヤーは日当たりを好みますが、高温多湿が苦手なので、
夏は風通しの良い半日陰の場所が適しています。

日差しが強いようなら、真夏はすだれを立てかけたり、
日よけネットなどを使って日陰を作ってあげましょう。


lamb's (2).jpg
苗を求めて植えてもよいです


・植え付け
4月〜5月、根鉢を崩さないように株間40〜50cmで植え付け、
軽く押さえたら、たっぷりと水やりをします。

用土にはあらかじめ苦土石灰と元肥を施しておきます。

・追肥と土寄せ
春と秋の生育期に、月に1〜2回、液体肥料を与えます。

肥料が多いと株が大きくなりすぎ、蒸れやすいため、
追肥は少なめに施します。

・水やり
ラムズイヤーは高温多湿に弱いので、暑い時期の水やりは
葉に水がかからないように注意します。

露地栽培の場合は、いったん根付いたら、
極端な乾燥が続く場合以外は、
水やりの必要はないでしょう。

・霜よけ
ラムズイヤーは常緑ですが、冬には葉が少なくなります。
枯れた葉は、そのままにしておくと防寒になります。

寒冷地では、株元に腐葉土やワラを敷いて
簡単な霜よけを行いましょう。

春先になったら短く切り戻して、株元から出る
新芽を伸ばします。


・増やし方
タネまきの他に、株分けでもふやすことができます。
4月か9月が株分けの適期です。


lamb's ears (1).jpg
花が咲いたら収穫です


lamb's (1).jpg
羊の耳のように柔らかい毛に覆われてベルベットのようです


■収穫

4月〜11月、必要に応じて葉を収穫します。

花は、6月〜8月、花が咲いたら収穫します。
花茎の地際近くをハサミで切り取るとよいでしょう。

ラムズイヤーは高温多湿に弱いですが、
花が咲く時期は花茎が何本も立ち上がるため、
風通しが悪くなります。

高温多湿に弱く、茂りすぎると蒸れて枯れることがあるため、
株が込み入ってくる前に適宜切り取って利用しましょう。

花が一通り咲き終わったら、収穫をかねて
花茎の根元から切り戻してしまいましょう。
こうすると風通しが良くなります。


■病害虫

蒸れるとウドンコ病などの病気になりやすくなり、
またナメクジやダンゴムシも発生しやすくなります。
特に株元が蒸れやすいので、茎葉をすいて風通しよく育てます。

アブラムシの被害にもあいやすく、新芽や茎、つぼみについて
栄養分をすってしまうため、見つけ次第防除します。

[ハーブ育て方] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ